に投稿 コメントを残す

ダーヴィット・ヒルベルト
【1862年1月23日 ~ 1943年2月14日】

deutuland


【スポンサーリンク】

 

ヒルベルトの名前を英語でつづるとDavid Hilbertとなり
ドイツ語:でつづるとˈdaːvɪt ˈhɪlbɐtとなります。誰しもが認める
「現代数学の父」がヒルベルトです。遅ればせながら、
誰しもが認める大物をご紹介します。
ヒルベルトは当時プロイセン王国領だったケーニヒスベルク
(今はロシア領であるカリーニングラード)に生まれました。

ヒルベルトはケーニヒスベルク大学に進学し学びますが、この大学では別途、カントが(別の時代に)学び、学長を務めていたような歴史ある大学です。もともとドイツ騎士団だった男が設置した大学で、第二次大戦後はソビエト連邦領として統治されていました。記事を書いている2022年にはウクライナとロシアの紛争が続いていますがロシアの領土を巡る経緯は非常に根深いものがあると感じさせる地方です。思えば旧東ドイツも実質的にロシアの支配下あったとも言えます。プロイセン王国ではありますが、後の時代には別の国であったような地方でヒルベルトは生まれ学びました。後に多彩な才能がヒルベルトを育てました。特にウェーバーはドイツ数学の影響をヒルベルトに与えたと言われています。更に、同大学でヘルマン・ミンコフスキーとアドルフ・フルヴィッツと刺激を与えあう関係を持ちます。なかんずくミンコフスキーとは「最良にして、本当の友人」と感じるような関係を築きました。

またヒルベルトは偉大な数学者を多数、指導輩出しています。教育者として非常に優れています。ヒルベルトはゲッティンゲン大学で色々な人を指導していきました。その中の一人であるヨハネス・ルートヴィヒ・フォン・ノイマン(のちのジョン・フォン・ノイマン)の論文を評価していて、ノイマンは後に原子爆弾やコンピュータの開発で特筆される業績を残します。また、後述する「ヒルベルト空間」の名付け親はノイマンだと言われています。「三次元ユークリッド空間」を発展させていったのです。ヒルベルトは当時22歳であったノイマンをゲッティンゲン大学に招いて育てたのです。また日本人では東大の高木貞治がドイツ留学時代ヒルベルトの指導を受けたと言われています。思い返せば恐縮ながら、私も高木貞治の教科書を使っていたので、日本で数学を志す若者もヒルベルトの影響を受けていたのです。明文化すると少し感慨深いです。

ヒルベルトの業績で大きいと思えるのは数学概念の統合計画」と言える仕事だと思えます。それは不変式論、抽象代数学、代数的整数論、積分方程式、関数解析学、幾何学の公理系の研究、一般相対性理論などで個別にあった公理を整理して応用を考えていき、現実の現象(人間の頭の中での認識群)との相関を考えた時に、多岐に及ぶ業績を「結びつける試み」であると思えます。ヒルベルトの公理論と数学的な整合性の証明に関する一連の計画はヒルベルト・プログラムと呼ばれ、現代で理解されています。後にフォンノイマンも議論を続け、ヒルベルト空間と呼ぶ空間を3次元ミンコフスキー空間から発展させています。また、ヒルベルトの零点定理などに名前が残っています。

何よりヒルベルトはドイツの数学レベルを世界最高の水準ひきあげた数学者達の一人でした。一流の数学者でした。そんなヒルベルトは、晩年にナチスドイツによるユダヤ人迫害を目の当たりにしています。ドイツの数学研究所からユダヤ人たちが一人一人いなくなっていく様子に心を痛めていたそうです。

〆最後に〆

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2022/04/06_初回投稿
2022/04/13_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


 

(対応英訳)

Hilbert’s name is spelled in English as David Hilbert and German: as ˈdaːvɪt ˈhɪlbɐt. The undisputed “father of modern mathematics” is Hilbert. I will introduce the big game that everyone recognizes, though it is late. Hilbert was born in Königsberg (now Russian territory Kaliningrad), which was then the Kingdom of Prussia.

Hilbert goes on to study at the University of Königsberg, which is a historic university where Kant studied (at another time) and was the president. The university was originally set up by a man who was the Teutonic Order, and was ruled as the Soviet Union territory after World War II. In 2022, when I wrote the article, the conflict between Ukraine and Russia continued, but it is a region that makes me feel that the history of Russia’s territory is very deep-rooted. If you think about it, it can be said that the former East Germany was also under the control of Russia. Although it is the Kingdom of Prussia, Hilbert was born and learned in a region that would have been another country in later times. Later, various talents raised Hilbert. In particular, Weber is said to have influenced Hilbert with German mathematics. In addition, he has an inspiring relationship with Hermann Minkowski and Adolf Hurwitz at the university. Above all, he had a relationship with Minkowski that made him feel “best and true friend”.

Hilbert has also produced many great mathematicians. He is very good as an educator. Hilbert taught various people at the University of Göttingen. He appreciates the paper of one of them, Johannes Ludwig von Neumann (later John von Neumann), who later made remarkable achievements in the development of atomic bombs and computers. In addition, it is said that Neumann is the godfather of “Hilbert space” described later. He developed the “three-dimensional Euclidean space”. Hilbert invited Neumann, who was 22 at the time, to the University of Göttingen to raise him. It is said that Teiji Takagi of the University of Tokyo received guidance from Hilbert when he was studying in Germany. Looking back, I’m sorry to say that I also used Teiji Takagi’s textbook, so young people who aspired to mathematics in Japan were also influenced by Hilbert. I am a little deeply moved when it is written.

What seems to be a big achievement of Hilbert is the work that can be said to be the integration plan of mathematical concepts. It is an invariant theory, abstract algebra, algebraic integer theory, integral equations, functional analysis, research on axioms of geometry, general relativity theory, etc. When considering the correlation with the phenomenon (recognition group in the human mind), it seems to be an “attempt to connect” a wide range of achievements. Hilbert’s program, a series of plans for proof of mathematical consistency with Hilbert’s public theory, is called the Hilbert Program and is understood today. Later, von Neumann continued his discussion, developing a space called Hilbert space from the three-dimensional Minkowski space. In addition, the name remains in Hilbert’s zero point theorem.

Above all, Hilbert was one of the mathematicians who raised the level of mathematics in Germany to the highest level in the world. He was a leading mathematician. Hilbert witnessed the persecution of Jews by Nazi Germany in his later years. He was hurt by the disappearance of each Jew from the Deutsche Mathematics Institute.

に投稿 コメントを残す

ロバート・ボイル
【1627年1月25日生まれ‐4/10改訂】

オックスフォード大学(OXFORD)

こんにちはコウジです。「ボイル」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1627年1月25日生まれ ~ 1691年12月31日没】


【スポンサーリンク】

アイルランドの貴公子ボイル

その名は正確には

サー・ロバート・ボイル: Sir Robert Boyle_

英国アイルランド生まれの物理学者です。

初代コーク伯爵リチャード・ボイルと

キャサリンの間に7番目の男子として生まれ

アイルランド現地の家庭に里子に出されます。

その結果、ボイルはアイルランド語を

理解し、通訳レベルまで習得しました。

ボイルはフランス人の家庭教師と

海外旅行をしていて、1641年冬には

イタリアのフィレンツェで過ごし、

ガリレオ・ガリレイの教えを受けます。

ガリレオは1642年に亡くなりますが、

まさに晩年のガリレオと接したのですね。

今の日本人ならボイルは中学生の年齢でしょうか。

多感な時期に良い刺激を受けた事でしょう。

帰国後のボイル

1644年に大陸の長旅を終えるとボイルは

多くの時間を科学に使い、後の王立協会

に繋がる集まりである「ロンドン理学協会」、

別名、「不可視の学院」とも呼ばれた集まりに

参加するようになります。

ボイル家の先代が亡くなって

いましたので、ボイルはアイルランドでの

立場もあったのですが、ロンドンで頻繁に

会合が開かれた事情もあり、ボイルは最終的には

オックスフォードに移り住みます。

実験器具が入手し辛いといった切実な

側面もあったようです。

ボイルとその法則

その後、フックを助手としてボイルは空気

ポンプを制作して圧力の研究を始めます。

フランスのパスカルが同じ時代に研究をしていること

を考えると当時の物理学会での関心が

圧力にあった事が分かりますね。ニュートン力学

が成立していない時代には「力を加える」こと

よりも「圧力を加える」方が定量的に現象を把握出来る

作業だったとも言えるでしょうか。フック

ボイルの助手なので、ばねに関わる力の定式化が

出来ていないと思われます。そんな時代に力は

重力と関連して評価するしかなかったのでしょうか。

個人的に関心を持ってしまいました。

やがてはボイルの研究は圧力と体積との関係を

示す、ボイルの法則に繋がります。

ただ1660年迄にボイルは

「体積は圧力に反比例する」と明言していて、

書物での記録はあるようですが、

温度や分子量との関連を含め、

現象の定式化には至らなかったようです。

『実際の定式化はヘンリー・パワー

Henry Power FRS (1623–1668))によって

1661年になされているようです。』

【以上、3行は英語版Wikipedia情報】

このボイルの考案した「ボイルの法則」が一つの基礎となり

熱・統計力学の土台が構築されていきます。

更にこの後、

J・C・シャルルが考案した「シャルルの法則」が

温度との関係を与えますので高校レベルの知識として

「ボイル・シャルルの法則」が確立される訳です。

低圧力・高温度の条件下で、異なる気体間で法則が成

り立つことは自明ではないのですが

経験的法則として成り立ち、

後に様々な方式で発展していきます。

最後に、ボイルは錬金術の伝統を受継いで

いましたが、近代的な視点を持ち「元素」を想定して、

混合物と化合物を明確に区別した点で秀でています。

ボイルが明確にしたパラダイムシフト

は非常に大きな業績だと言えるのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/04_初稿投稿
2022/04/10_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係のご紹介
イタリア関係のご紹介

オックスフォード関連
熱統計関連のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

【対応英訳】

His name is Sir Robert Boyle.

He is a physicist born in Ireland, England. He was born as the seventh boy between the first Earl of Cork Richard Boyle and Catherine and is fostered in a local Irish family. As a result, Boyle understood Irish and mastered it to the level of an interpreter.

In his younger days, Boyle travels abroad with a French tutor and spends the winter of 1641 in Florence, Italy, where he is taught by Galileo Galilei.

Galileo died in 1642, and Boyle had in contact with Galileo in his later years. Is Boyle the age of junior high school for Japanese people today, isn’t it? He would have been well inspired during a sensitive period.

After completing his long journey on the continent in 1644, Boyle spent a lot of his time in science, attending a gathering that later led to the Royal Society, also known as the “London Science Society,” also known as the “Invisible College.” 

Boyle had a position in Ireland because the predecessor of the Boyle family had died, but due to frequent meetings in London, Boyle eventually moved to Oxford.

He seems to have had an urgent aspect that it was difficult to obtain laboratory equipment. After that, with Hook as his assistant, Boyle created an air pump and began researching pressure.

Considering that Pascal in France was doing research at the same time, you can see that the interest at the Physical Society  at that time was about” pressure “. In an era when Newtonian mechanics was not established, it can be said that “applying pressure” was a task that could quantitatively grasp the phenomenon rather than “applying force”. Since the hook is a boil assistant, it seems that the force related to the Spring has not been formulated. Was force only evaluated in relation to gravity in such an era?

I’m personally interested. Boyle’s research eventually led to Boyle’s law, which shows the relationship between pressure and volume.

However, by 1660, Boyle had stated that “volume is inversely proportional to pressure,” and although there seems to be a record in his book, the phenomenon was not formulated, including the relationship with temperature and molecular weight. It seems.

“The actual formulation seems to have been done in 1661 by

Henry Power FRS (1623–1668)).”

[The above 2 lines are English translation version of Wikipedia information]

The “Boyle’s Law” devised by Boyle will be the basis for building the foundation of statistical mechanics. Furthermore, after this, “Charles’s law” devised by JC Charles gives a relationship with temperature, so “Boyle-Charles’s law” as high school level knowledge is established. It is not obvious that the law holds between different gases under low pressure and high temperature conditions, but it holds as an empirical law and later develops in various ways.

Finally, Boyle has inherited the tradition of alchemy, but excels in having a modern perspective and assuming “elements” to make a clear distinction between mixtures and compounds. It can be said that the paradigm shift that Boyle clarified is a very big achievement.

に投稿 コメントを残す

ハイゼンベルク
【1901年12月5日生まれ‐4/9改訂】

deutuland

こんにちはコウジです。「ハイゼンベルグ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1901年12月5日生まれ ~ 1976年2月1日没】


【スポンサーリンク】

 ハイゼンベルグの不確定性関係

ハイゼンベルクは行列形式

の導入や、不確定性関係等

の適用で、量子論を形作った

一人です。バイエルン王国

に生まれミュンヘン大学

ゾンマーフェルトに学び

マックス・ボルンの下で

助手を務め、コペンハーゲン

ニールス・ボーアの下で

修業します。そうした一線級の

議論の中で理論の形式を整えます。

量子論の本質的な概念である

不確定性原理はボルンやヨルダン、

ハイゼンベルクによって確立されました。

可視化で想像できる世界がどこまで細かく

考えていけるかという命題に対しての一つの

回答が不確定性関係を含む量子力学の体系です。

 ハイゼンベルグと同時代の偉人達

そして加えて、ハイゼンベルクはシュレディンガーポール・ディラックと同じ時代に生き、積極的に行動すればアインシュタインボースとも議論が出来ました。。そうした天才達がミクロの原理を一つ一つ解きほぐしたのです。

まだ見えない原子レベルの大きさの事象を推察する手法が色々と試みられて、その結果を説明する理論が発展したのです。不確定性関係の発表が1927年なのですが、同時期には数多くの革新的な発表がされて量子力学の対象の理論と応用技術が飛躍的に発展した時代でした。

同時に大変な時代背景、第二次世界大戦があり
ハイゼンベルクはアインシュタインが作った
相対論を駆使したりユダヤ人物理学者を養護
していたので、ナチス党員の物理学者から
「白いユダヤ人」と呼ばれ苦労しています。
プランクからの指摘もあり
戦後の体制を見据えてハイゼンベルクはドイツ
に残りました。

 サイクロトロンとハイゼンベルグ

しかし戦時下ですので物理の知識を
ナチスの為に使う事になり、色々考えたようです。
実際にハイゼンベルクのシンクロトロンが火災を起こし
世界でニュースとなったと聞き、アメリカに亡命していた
アインシュタインは大変驚きます。
実際にその事件が彼に原爆開発を決意させたとも言われています。そして、大戦が深まる中でナチス側も原子力爆弾の実用化を模索していた中で当時のドイツ内でのハイゼンベルグの立場は極めて苦しくなります。実際にハイゼンベルグが積極的な態度をとったとしたら恐ろしい事です。歴史には「たら・れば」はよく語られていて、、仮にナチスが原爆を持っていたら、
連合国との原爆の応酬で
とても恐ろしい状況になっていた筈です。

量子力学の計算を進めていて感じたのですが、オブザーバブルに対する状態の時間発展を表す表式は数学的な厳密さを持つ半面で、状態を表している物理表現として洗練されてます。ハイゼンベルク等の提唱した行列形式はそこにつながっていきます。又、いくつかの思考実験で裏打ちされた不確定性関係は量子力学の現象理解の中では本質的です。

またハイゼンベルクはピアノの名手
だったと言われていています。
聞いてみたかったですね。

 

英語が話せるようになる「アクエス」
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/08/19_初回投稿
2022/04/09_改訂投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
オランダ関係
ライデン大学

ドイツ関係のご紹介
デンマーク関係
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021/10月時点での対応英訳)

Heisenberg’s Uncertainty Principle

Heisenberg is one of the people who shaped quantum theory by introducing the matrix form and applying the uncertainty relation. Born in the Kingdom of Bavaria, he studied under Sommerfeld at the University of Munich, worked as an assistant under Max Born, and trained under Niels Bohr in Copenhagen. He formalizes his theory in such first-class discussions. The uncertainty principle, which is an essential concept of quantum theory, was established by Born, Jordan, and Heisenberg. One answer to the proposition of how finely the world that can be imagined by visualization can be considered is the system of quantum mechanics including the uncertainty relation.

Heisenberg and his contemporaries

In addition, Heisenberg lived in the same era as Schrodinger and Paul Dirac, and if he acted positively, he could argue with Einstein and Bose. .. These geniuses unraveled the micro-principles one by one. Various methods have been tried to infer events of atomic level that are not yet visible, and the theory that explains the results has been developed. The Uncertainty Principle was announced in 1927, and at the same time, many innovative announcements were made and the theory and applied technology of the object of quantum mechanics developed dramatically.

At the same time, due to the difficult historical background and World War II, Heisenberg used the relativity created by Einstein and cared for Jewish physicists, so he was called “white Jew” by Nazi physicists. I’m having a hard time. Heisenberg remained in Germany in anticipation of the postwar regime, as pointed out by Planck.

Cyclotron and Heisenberg

However, since it is during the war, knowledge of physics
It was decided to use it for the Nazis, and it seems that he thought about various things.
The Heisenberg synchrotron actually ignited
Einstein, who was in exile in the United States, is very surprised to hear that he has become news in the world.
It is said that the incident actually made him decide to develop the atomic bomb.

And as the war deepened, the Nazi side was also searching for the practical application of nuclear bombs, and Heisenberg’s position in Germany at that time became extremely difficult. It would be scary if Heisenberg actually took a positive attitude. “Tara, if” is often spoken in history, and if the Nazis had an atomic bomb, it would have been a very scary situation due to the exchange of the atomic bomb with the Allies.

He felt that he was proceeding with the calculation of quantum mechanics, but the expression that expresses the time evolution of the state with respect to the observable is mathematically rigorous, but it is refined as a physical expression that expresses the state. .. The matrix format proposed by Heisenberg and others will lead to that. Also, the uncertainty relation backed by some thought experiments is essential in understanding the phenomenon of quantum mechanics.

Heisenberg is a master of the piano
It is said that it was.
I wanted to listen.

に投稿 コメントを残す

17世紀生まれの
物理学者のまとめ【2022年3月改定】

こんにちはコウジです。「17世紀生まれー」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、人物増補です。特に提携終了となった「テキストポン」などの商標は順次置き換えていきます。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

以下に17世紀生まれとそれ以前に生まれたの物理学者をまとめます。自然科学が大きく前進した時代で多くの学問分野が発展しています。占星術、魔法学と区別できないような雰囲気で数学や物理学が発展していきました。
そんな時代です。

年齢順に見てみると新たな視点が生まれます。
ご覧下さい。

ピタゴラス_BC582 ~ BC496
デモクリトス_BC470  ~BC399
アルキメデス_BC287頃 ~ BC212
N・コペルニクス_1473年2月19日 ~ 1543年5月24日
ティコ・ブラーエ_ 1546年12月14日-1601年10月24日
ジョルダーノ・ブルーノ_1548年 ~ 1600年2月17日
ガリレオ・ガリレイ_1564年2月15日 ~ 1642年1月8日
ヨハネス・ケプラー_1571年12月27日 ~ 1630年11月15日
ブレーズ・パスカル_1623年6月19日 ~ 1662年8月19日

ロバート・ボイル_1627年1月25日 ~ 1691年12月31日
クリスティアーン・ホイヘンス_1629年4月14日 ~ 1695年7月8日
アイザック・バロー_1630年10月 ~ 1677年5月4日
ロバート・フック_1635年7月28日 ~ 1703年3月3日
アイザック・ニュートン_1642年12月25日 ~ 1727年3月20日
P・V・ミュッセンブルーク_1692年3月14日 ~ 1761年9月19日
コリン・マクローリン_1698年2月 ~ 1746年6月14日

 




以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2021/06/09_初回投稿
2022/03/20_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

に投稿 コメントを残す

お問い合わせ等もろもろ_他
【トピックの情報も残します】

トピック関連などを改定します。

関連リンクは特に変更しません。ご覧下さい。

【以下原稿です】

このブログを作っていく改定で、

始めはブログの羅列を重ねてきました。

数年ぶりのブログ作成であって

見て頂いている方を意識して

いなかった面があると思います。

お恥ずかしい。そこで、

更新している私の現状を関心ある読者に伝え
今後の運営について意見を取り入れていく仕組みを
作りたいと考えています。

無論、日々の科学者列伝の更新は可能な限り続け、
内容をより確かな物にしていきたいです。
そして、自身の娘が知識を吸収していくように顔の見えない皆様も少しずつ知識と想像の枠を広げていって欲しいと思います。私も知見を増やしたい。意見をよりしっかりした物にして、現実の生活でも無理のない範囲で色々な議論を広げたいのです。斯様な目的を意識して、その為の一つの場としてこのブログが役に立てば嬉しいのです。

また、分野別の枠組みで網羅されない話は以下に列記して補いたいと思います。ログ自体はどんどん流れて
どんどん埋もれていく物だと思いますが。

・爵位について

・(平賀源内) ⇒ 科学史の対象に移行、記事廃止
・トピック_高温超電導

・別サイト立ち上げました

・トピック_量子計算機実用化の波
・(小柴昌俊)⇒ 科学史の対象に移行、記事廃止
・トピックス エクソソーム実用化へ
・トピック_スペースX実用段階へ

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/19_初稿投稿
2021/12/15_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介 



に投稿 コメントを残す

フランス関係の人々
【パスカル・ラプラス・キューリ夫妻・等のご紹介】

パリの夕暮れ

フランス関係と関連大学のまとめを改定します。

更新内容はリンクの改定です。ご覧下さい。【以下原稿です】

↑Credit:Pixbay↑

↑Credit;Pixabay↑

始めに

フランス関係の人々を纏めました。

フランス共和国。その人口は、おおよそ6千3百万人弱。

日本の半分に満たないですね。反して国土は広く

食物自給率も高いです。その話を知った時は意外でした。

そして以下の登場人物はフランス人ですが、

この中で多くの人を今迄、

私はフランス関連の人として意識していませんでた。

整理してみると蒼々たるメンバーですね。

パスカルもクーロンもラプラスも居ます。

そんな歴史を持った国です。

そしてキューリ夫妻もピカールも居ます。

そんなフランスの歴史を感じさせます。

そしてフランスの誇りを感じさせます。

年代順にご覧下さい。

時代順のご紹介

ブレーズ・パスカル_1623年6月19日 ~ 1662年8月19日

ロバート・ボイル_1627年1月25日 ~ 1691年12月31日【フランス人教師に師事】

ダニエル・ベルヌーイ_1700年2月8日 ~ 1782年3月17日

ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
_1736年1月25日 ~ 1813年4月10日

シャルル・ド・クーロン
_1736年6月14日 ~ 1806年8月23日

ジャック・C・シャルル_1746年11月12日 – 1823年4月7日

ピエール・ラプラス_1749年3月23日~1827年3月5日

アンドレ=マリ・アンペール_1775年1月20日 – 1836年6月10日

オーギュスタン・J・フレネル_1788年5月10日 ~ 1827年7月14日

ルイ・コーシー_1789年8月21日 ~ 1857年5月23日

N・L・S・カルノー_1796年6月1日 ~ 1832年8月24日

レオン・フーコー_1819年9月18日 ~ 1868年2月11日

A・H・ルイ・フィゾー_1819年9月23日 ~ 1896年9月18日

アンリ・ポアンカレ_1854年4月29日 ~ 1912年7月17日

ピエール・キューリ_1859年5月15日 ~ 1906年4月19日

マリ・キュリー_1867年11月7日 ~ 1934年7月4日

ポール・ランジュバン_1872年1月23日 ~ 1946年12月19日

アウグスト・ピカール__1884年1月28日 ~ 1962年3月24日

ルイ・ド・ブロイ
_1892年8月15日~1987年3月19日

矢野 健太郎_1912年3月1日 ~ 1993年12月25日

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
返信・改定を致します。

nowkouji226@gmail.com

2020/12/04_初版投稿
2021/12/24_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計力学関係
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

日本人物理学者のまとめ
【理研の3太郎からの日本物理学史】

日本関係と関連大学のまとめを改定します。

更新内容はリンクの改定です。ご覧下さい。【以下原稿です】

↑Credit:Pixbay↑

【↑_Credit:Mike Swigunski】

ここでは日本人物理学者を纏めています。その人口は2020年時点で1億2581万人(世界第11位_Wikipedia情報)で狭い国土に多くの人々が暮らしています。特に東京に3700万人が生活していると言われています。諸説ありますが歴史的には神武天皇の即位を建国とする考えがあり、その考えに従うととBC660年から統一国家として存続しています。そんな日本において、物理学がヨーロッパ中心からアメリカ中心に移る時代に、これらの先駆者たる日本人が着実に物理学への理解を進めていたのです。人口に占める割合で考えたら物理学者が多い気がします。そう考えると、物理好きの国民かも知れませんね。そして、今も多くの論文を作り出しています。

平賀源内_1728 ~ 1780年1月24日(番外編)
山川 健次郎_1854年9月9日 ~ 1931年6月26日
田中舘愛橘_1856年10月16日 ~ 1952年5月21日
長岡半太郎_1865年8月19日 ~ 1950年12月11日
本多光太郎_1870年3月24日 ~ 1954年2月12日
高木 貞治_1875年4月21日 ~ 1960年2月28日
寺田寅彦__1878年11月28日 ~ 1935年12月31日
大河内正敏 _1878年12月6日 ~ 1952年8月29日
石原純_(あつし)_1881年1月15日 ~ 1947年1月19日
西川 正治_1884年12月5日 ~ 1952年1月5日
仁科 芳雄_1890年12月6日 ~ 1951年1月10日

朝永振一郎_ _1906年3月31日 ~ 1979年7月8日
湯川秀樹__1907年1月23日 ~ 1981年9月8日_
坂田 昌一__1911年1月18日 ~ 1970年10月16日
矢野 健太郎_1912年3月1日 ~ 1993年12月25日
久保 亮五_1920年2月15日 ~ 1995年3月31日
竹内均_1920年7月2日 ~ 2004年4月20日

中嶋 貞雄_1923年6月4日 ~ 2008年12月14日
南部 陽一郎_1921年1月18日 ~ 2015年7月5日
江崎玲於奈_1925年3月12日 ~ 【ご存命中】
小柴昌俊_1926年9月19日 ~ 2020年11月12日
西島 和彦_1926年10月4日 ~ 2009年2月15日
小出昭一郎_1927年3月25日 ~ 2008年8月30日
広重 徹 1928年8月28日 ~ 1975年1月7日
大貫 義郎_1928年 ~ ご存命中
有馬朗人_1930年9月13日 ~ 2020年12月6日

J・J・サクライ_1933年1月31日 ~ 1982年11月1日
ムツゴロウさん【本名:畑 正憲_1935年4月17日 -ご存命中】
益川敏英_1940年2月7日生まれ~2021年7月23日

バカラ、スポードなどの洋食器のことならSohbi

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/27_初回投稿
2021/12/23_改定投稿

旧舞台別まとめ(外部リンク)
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

デンマーク関連の物理学者
アンデルセンの国・ボーアの国

デンマーク

デンマーク関係と関連大学のまとめを改定します。

更新内容はリンクの改定です。ご覧下さい。【以下原稿です】

↑Credit:pixabay↑

デンマークは漢字で書くと「丁抹」。また総人口は投稿の時点で580万人程度。アンデルセンの国、デンマークではコペンハーゲンに集った仲間達が時代を変えました。20世紀の初頭にコペンハーゲンに集まった人々が量子力学の定式化を進めました。コペンハーゲン学派と呼ばれていたメンバーが有名です。ニールス・ボーアが招聘したボーア研究所が拠点でそこから革新的な新概念が生まれていったのです。年代別にご覧下さい。


ティコ・ブラーエ
_ 1546年12月14日-1601年10月24日


ハンス・エルステッド
_1777年8月14日 ~ 1851年3月9日


ニールス・ボーア
_1885年10月7日 ~ 1962年11月18日


ハイゼンベルク
1901年12月5日~1976年2月1日
(研究者として)


ランダウ
_1908年1月22日 ~ 1968年4月1日
(研究者として)


エドワード・テラー
__1908年1月15日 ~ 2003年9月9日
(研究者として)

英語が話せるようになる「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/28_初版投稿
2021/12/22_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

に投稿 コメントを残す

ドイツ(deutschland)
関連の物理学者【ケプラー・オッペンハイマーなど】

deutuland

ドイツ関係と関連大学のまとめを改定します。

更新内容はリンクの改定です。ご覧下さい。【以下原稿です】

↑Credit:Pixbay↑


正式には「ドイツ連邦共和国_Deutschland。その人口は8300万人で歴史的にも現在の工業技術面でもヨーロッパで指導的な役割を果たしています。この国の人々が居無ければ後の量子力学の発展もなかったような気もします。単純に考えて、ゲルマンの生真面目な血筋は物理学に向いている気がします。実際、ケプラー・ガウス・プランク・ハイゼンベルグと続いていく系譜は物理学の成立に不可欠だと言いきれます。所が、
、ヒットラーの台頭の中で物理学者は苦労します。白いユダヤ人と呼ばれた人も居ますし、アメリカ等の国外へ亡命をした人も多いです。大きな損失でしたね。その後の進展は科学史上の遺産【マックスプランク研究所など】に大きく依存していると思えてしまいます。ドイツでの新しい研究成果に期待します。ご覧下さい。

N・コペルニクス_1473年2月19日 ~ 1543年5月24日_独系ポーランド人

ヨハネス・ケプラー_1571年12月27日 ~ 1630年11月15日

ヨハン・C・F・ガウス_1777年4月30日 ~ 1855年2月23日_

ハインリヒ・レンツ_1804年2月12日 ~ 1865年2月10日_
ドイツ系ロシア人

J・R・マイヤー_1814年11月25日 ~ 1878年3月20日

H・L・F・ヘルムホルツ_1821年8月31日生まれ – 1894年9月8日没

G・ロベルト・キルヒホフ_1824年3月12日 ~ 1887年10月17日

ヴィルヘルム・C・レントゲン1845年3月27日~1923年2月10日

ハインリヒ・R・ヘルツ_1857年2月22日 ~ 1894年1月1日

マックス・プランク_1858年4月23日 ~ 1947年10月4日

W・C・ヴィーン_1864年1月13日 ~ 1928年8月30日

ゾンマーフェルト_1868年12月5日 ~ 1951年4月26日

高木 貞治_1875年4月21日 ~ 1960年2月28日_ヒルベルトに師事

A・アインシュタイン _1879年3月14日~1955年4月18日【後に亡命】

マックス・ボルン_1882年12月11日 ~1970年1月5日【後に亡命】

F・W・マイスナー_1882年12月16日 ~ 1974年11月16日

ピーター・デバイ_ 1884年3月24日 ~ 1966年11月2日

オットー・シュテルン_1888年2月17日 ~ 1969年8月17日

ヴァルター・ゲルラッハ_1889年8月1日 ~ 1979年8月10日

W・E・パウリ_1900年4月25日 ~ 1958年12月15日

ハイゼンベルク 1901年12月5日 ~ 1976年2月1日

J・R・オッペンハイマー_1904年4月22日 ~ 1967年2月18日

ハンス・アルプレヒト・ベーテ__1906年7月2日 ~ 2005年3月6日

エドワード・テラー _1908年1月15日 ~ 2003年9月9日【後に亡命】

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/29_初稿投稿
2021/12/21_改定投稿

旧舞台別まとめ
纏めサイトTOP

舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介へ

古典力学関係
電磁気関係
熱統計関連
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

スイス関係の物理学者
-英雄ウィリアムテルの国・ユングの国・ハイジの国

スイス関係と関連大学のまとめを改定します。

更新内容はリンクの改定です。ご覧下さい。【以下原稿です】

スイス連邦、伝説の英雄ウィリアム・テルの国、

心理学者ユングの国、そして、アルプスの少女

ハイジの国です。その人口は近年のデータで

860万人程度(世界第99位)と言われています。

小さな国だと思えますが永世中立国として

政治的独自性を保ち、多数の金融機関、

国際機関が置かれていたりします。

本稿では、

そのスイス関連の物理学者をご紹介します。全て網羅されていると思えませんが、集めてみると、個性的な人材ですね。スイスの美しい街並み、豊かな大自然、優しい人々が育んだ、自然科学分野の人材です。ご覧下さい。


ダニエル・ベルヌーイ_1700年2月8日 ~ 1782年3月17日

L・オイラー_1707年4月15日 ~ 1783年9月18日

アウグスト・ピカール_1884年1月28日 ~ 1962年3月24日

W・E・パウリ_1900年4月25日 ~ 1958年12月15日



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信できていませんが、
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2021/03/09_初回投稿
2021/12/20_改定投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
力学関係

電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】