P・W・アンダーソン
【1923年12月13日生まれ ~ 2020年3月29日没】


【スポンサーリンク】

 物性論の大物、アンダーソン博士

その名の綴りは”Philip Warren Anderson”。

物性研究で有名なアンダーソン博士をご紹介します。

所属研究機関としてはハーバード大で学び

ベル研・ケンブリッジ大・プリンストン大学

で勤務しました。米国や英国の綺羅星が並んでます。

素晴らしい研究人生です。

アンダーソンの研究で先ず思いつくものは
アンダーソン局在です。

無秩序系における電子の基本的な性格で、
物性論の一つの基礎原理になっています。
その理論では電子が実空間上で局在した状態は
非局在の状態と明らかに異なり
エネルギー的に区別されます。

 アンダーソンと磁性

当たり前ですが、超電導の話で出てくる位相空間での局在と明確に区別する必要があります。アンダーソン局在では電子が空間的に局在するので、電気伝導について考えた時に「固体中の電子が電導に寄与しなくなる」という事実が大事です。導体が不導体に近いづいていくのです。

更にアンダーソンは、長さ・時間のスケールを
変換する理論をスケーリング理論として展開して
理論を発展させたのです。

また、磁性を紐解く解釈も行っています。
こういった業績を評価され、アンダーソンは
ノーベル物理学賞を受賞しています。

とある研究によると、論文引用の頻度から評価して
アンダーソンは世界で「最も創造的な物理学者」
だという位置づけを得ています。

そしてアンダーソンは 東京大学から名誉博士号
を贈られています。その記念として
物性研で記念植樹されていたようですが、
赤坂・防衛省の近くでしょうか。柏でしょうか。
何時か見に行きたいと思います。

最後に、アンダーソンの
残した言葉を一つご紹介します。

”More is different”

アンダーソンは多様性の中から秩序を拾い出していました。皆さんも多様性に怯まないで下さい。寧ろ、多様性の中で逍遥する心持で複雑怪奇の中で物事の本質を探って下さい。数学的な手法に拘って、何度も検算を繰り返してみても良いと思えます。数学はあくまで現実のモデル化なのですが、本質に近いことが多いです。また、別解を探してみると面白いかもしれません。
少しでも多くの手法で考え続けて下さい。私も励みます。


効果がものすごい高い英会話「アクエス」
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/03_初稿投稿
2022/04/19_改定投稿

舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介

アメリカ関連
イギリス関連
ケンブリッジのご紹介
東大関連のご紹介

熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

Dr. Anderson, a big figure in condensed matter theory

The spelling of the name is “Philip Warren Anderson”. Introducing Dr. Anderson, who is famous for his research on physical properties. As his research institute, he studied at Harvard University and worked at Bell Labs, Cambridge University, and Princeton University. He is lined with Great Britain in the United States and Britain. He has a wonderful research life.

The first thing that comes to mind in Anderson’s research is Anderson localization. It is the basic character of electrons in a chaotic system, and is one of the basic principles of condensed matter physics. According to the theory, the state in which electrons are localized in real space is clearly different from the delocalized state and is energetically distinguished.

Anderson and magnetism

Obviously, it must be clearly distinguished from the localization in topological space mentioned in the story of superconductivity. In Anderson localization, electrons are spatially localized, so the fact that “electrons in a solid no longer contribute to the Hall of Fame” is important when considering electrical conduction. The conductor is getting closer to the non-conductor.

In addition, Anderson developed his theory by developing the theory of transforming the scale of length and time as a scaling theory.

He also interprets magnetism. In recognition of his achievements, Anderson has won the Nobel Prize in Physics.

According to one study, Anderson is positioned as the “most creative physicist” in the world, judging by the frequency of his dissertation citations.

Anderson has received an honorary doctorate from the University of Tokyo. It seems that a commemorative tree was planted at the Institute for Solid State Physics as a memorial, but is it near the Akasaka Ministry of Defense? Is it Kashiwa? I would like to go see it someday.

Finally, Anderson’s
I would like to introduce one word he left behind.

“More is different”

Anderson was picking order out of diversity. Don’t be scared of diversity. Rather, explore the essence of things in a complex mystery with a feeling of wandering in diversity. I think it’s okay to repeat the checkup many times, regardless of the mathematical method. Mathematics is just a modeling of reality, but it is often close to the essence. Also, it may be interesting to look for another solution. Keep thinking in as many ways as you can. I also encourage you.