シカゴの画像

E・ウィグナー
_【1902年11月17日 ~ 1995年1月1日】


【スポンサーリンク】

その名を書き下すと

ユージン・ポール・ウィグナー

(Eugene Paul Wigner)。

ハンガリー生まれのユダヤ人です。

後程詳しくご紹介しますが、ウィグナーは

ポール・ディラックの義理のお兄さんで、

BCS理論の作成者3人組の中心、

バーディーンの指導教官です。

物凄い人脈を持っている人ですね。

また、「原子核と素粒子の理論における対称性の発見」に対して1963年のノーベル物理学賞を受賞しています。対称性に着目した素粒子の整理は有効でその分類方法が無ければ進まなかった話が沢山あります。

 

 ドイツでのウィグナー

ユージン・ウィグナーは現在のベルリン工科大学を卒業後そこで勤務していましたがナチスドイツのユダヤ人迫害に対して研究継続の困難を感じアメリカに亡命をします。米国に亡命後はウィスコンシン大学で物理学の教授を務め、その後にプリンストン大学で数学の教授を務めました。

そんなウィグナーはレオ・シラードエドワード・テラーらと、ナチスドイツが原子爆弾を開発した時の危険性をアメリカ政府に対して訴えていきました。

実際にベルリンを追われた過去を持つウィグナーは現実に当時の状況を分析していたのだろうと思います。つまり、当時のドイツの科学の水準を分かっていてナチスが有していた兵器を理解していたから、ナチスによる原爆開発の危険を強く感じていたのだと思えます。ただ、実際の歴史を知っている今の我々にとって見たら取り越し苦労です。

ノルマンディー上陸作戦以降の連合軍の通常兵器での反攻を思えば、優秀とはいえ、一国のドイツがヨーロッパ大陸を長期間占領し続ける事は出来なかったでしょう。現在で考えると強大化する中国に対して欧米諸国がどういった対応をするか気になる所でありますよね。いずれにせよ、英米が原爆を所有するきっかけをウィグナー達は作ったのです。

 原爆とウィグナー

ウィグナーはアメリカの原爆開発のきっかけとなったアインシュタイン名による大統領宛書簡の起草対してシラードやテラーと連名で加わりました。加えて、原爆を開発するマンハッタン計画にはメンバーとして加わりました。晩年にウィグナーは哲学的な傾向を深め、講演録「自然科学における数学の理不尽な有効性」を残しています。著名なこの著作は多分野に影響を与えています。

また、ウィグナーの妹は食事の席にディラックを招いた縁で、

彼の奥さんになっています。とても意外な取り合わせですね。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をしていきます。

nowkouji226@gmail.com

2021/04/06_初版投稿
2022/07/01_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
ドイツ関連のご紹介

アメリカ関連のご紹介へ
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

 

(2021年11月時点での対応英訳)

If you write down the name

Eugene Paul Wigner.

He is a Hungarian-born Jew. As I will explain in detail later, Wigner is Paul Dirac’s brother-in-law and the supervisor of Bardeen, the center of the trio of creators of BCS theory. He has a tremendous network of contacts, isn’t he? He also received the 1963 Nobel Prize in Physics for his “discovery of symmetry in the theory of nuclei and elementary particles”. There are many stories that the arrangement of elementary particles focusing on symmetry is effective and would not have progressed without the classification method.

Wigner in Germany

Eugene Wigner worked there after graduating from the current Berlin Institute of Technology, but found it difficult to continue his research on the persecution of Jews in Nazi Germany and went into exile in the United States.

After his exile in the United States, he was a professor of physics at the University of Wisconsin and then a professor of mathematics at Princeton University. Wigner, along with Leo Szilard and Edward Teller, appealed to the US government about the dangers of Nazi Germany developing an atomic bomb.

I think Wigner, who had a past of being ousted from Berlin, was actually analyzing the situation at that time. In other words, he knew the level of German science at the time and understood the weapons that the Nazis had, so it seems that he was strongly aware of the danger of the Nazis developing an atomic bomb. However, for those of us who know the actual history, it is a difficult move. Given the counterattack of the Allied forces with conventional weapons since the Invasion of Normandy, Germany would not have been able to continue to occupy the continent for a long time, albeit excellent. When you think about it now, you are wondering how Western countries will respond to the growing power of China. In any case, the Wigners created the opportunity for Britain and the United States to own the atomic bomb.

Atomic bomb and Wigner

Wigner joined Szilard and Teller jointly in drafting a letter to the president in the name of Einstein, which triggered the development of the American atomic bomb. In addition, he joined the Manhattan Project to develop the atomic bomb as a member.

In his later years Wigner deepened his philosophical tendencies, leaving behind his lecture “The Unreasonable Effectiveness of Mathematics in the Natural Sciences”. His prominent work has influenced many disciplines. Wigner’s sister is also his wife because he invited Dirac to his dining table. It’s a very surprising combination.