J・C・マクスウェル
【1831年6月13日 ~ 1879年11月5日】


【スポンサーリンク】

マクスウェルの人物概要

その名を細かく記載すると、J・C・マクスウェル

:James Clerk Maxwell_。

マクスウェルは電磁気学を確立しました。

何より場の理論の基礎を作りあげ、

電場と磁場の関係をマクスゥエル方程式

で関連付けてまとめ上げ、

定式化をしたのです。更には、

直行する電場と磁場からなる「電磁波」

の関係を数式として確かにして、

媒体である光の進行相度が

光速度となる事を理論的に導きました。

天才肌のマクスウェル

大英帝国のエディンバラで生まれたマクスウェルは

文理の面で、それぞれ早熟な才能を示ました。

14歳の時に書いた詩が地元の新聞に掲載されています。

言語学・修辞学の高度な習得を感じさせますね。

また同時期に、焦点を用いて「卵形線」を定義して、

「ピンと糸」を使った工夫で描き出す手法を提案していて、

論文に纏めています。マクスウェルに限らず当時の

物理学者は今よりも多面的に現象を論じ、

考えてていてた傾向はあるようです。

そんな時代を差し引いても天才肌ですね。

マクスウェルも光学・熱力学で業績を残します。

電磁波が光学的に縦波・横波で議論されています。

現代では高校レベルの知識ですが

当時、説明するのは大変だったと思います。

マクスウェルの残した業績

マクスウェルの業績で個人的にもっとも

評価したいのは何よりも「場の考え」の確立です。

静的な意味での場と時系列で変化する

動的な意味での場は大きく違うと思えます。

マクスゥエルは後者の意味での「場」を

定式化して後の理論家達に

進むべき道を示したパイオニアでした。

実際に後のアインシュタインニュートンよりも

マクスウェルを近しく感じています。共に「場」を

考えていった系譜の人々なのではないでしょうか。

ニュートンよ許したまえ」という言葉を使い、

アインシュタイン絶対時間を否定して

相対性理論を構築していくのです.

先ほど電磁波が「光速で伝わる」と述べましたが、

電磁波を「情報」と置き換えて考えると

より分かりやすいかもしれません。

その時々の「場」の状態を決めている情報が

光速度で伝わっていく表現を

作っていった一人がマクスウェルなのです。

そして偶然ですが、マクスウェルの没年に

アインシュタインが生まれています。

マクスウェルが亡くなったのは40代なので

もう少し活躍して欲しかったと思います。 

〆最後に〆

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/04_初稿投稿
2022/05/04_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係
ケンブリッジ関連
電磁気学関連のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

 

【2021年9月時点での対応英訳】

Maxwell’s personal profile

To elaborate on its name, James Clerk Maxwell.

Maxwell established electromagnetics.

There, he laid the foundation for field theory, and formulated the relationship between electric and magnetic fields by associating them with the Maxuel equation. Furthermore, he confirmed the relationship between the orthogonal electric field and the “electromagnetic wave” consisting of the magnetic field as a mathematical formula, and theoretically derived that the progressive phase is the speed of light.

Genius skin Maxwell

Born in Edinburgh, the British Empire, Maxwell showed precocious talent both in literature and in science. A poem he wrote when he was 14 was published in a local newspaper. He makes us feel the advanced acquisition of linguistics and rhetoric.

At the same time, he proposed a method of defining an “oval line” using focus and drawing it with a device using “pins and threads”, and summarized it in a treatise. It seems that physicists at that time, not just Maxwell, tended to discuss and think about phenomena from a more multifaceted perspective than they do now. It’s a genius skin even if the times are subtracted.

Maxwell also makes a mark in optics and thermodynamics. Electromagnetic waves are optically discussed as longitudinal waves and transverse waves. Today, it’s high school level knowledge, but I think it was difficult to explain at that time.

Achievements left by Maxwell

What I personally want to evaluate most about Maxwell’s achievements is the establishment of the “electromagnetic field idea”. It seems that the electromagnetic field in the static sense and the electromagnetic field in the dynamic sense that change over time are very different.

Maxuel was a pioneer who formulated the “electromagnetic field” in the latter sense and showed the way to later theorists.

In fact, later Einstein feels closer to Maxwell than Newton. I think they are people of genealogy who both thought about “electromagnetic field”. Using the phrase “Forgive me, Newton,” Einstein denies absolute time and builds the theory of relativity.

And by chance, Einstein was born in the year of Maxwell’s death.

Maxwell died in his 40s, so I hope he’s a little more active. Twice