BERKELEY, CA -

J・R・オッペンハイマー
【1904年4月22日生まれ~1967年2月18日没】


【スポンサーリンク】

 原爆の父オッペンハイマー

オッペンハイマーは原爆の父と呼ばれている側面

ありますが、UCB(カリフォルニア大学バークレー校)

では学生からオッピーという愛称で呼ばれていた

側面もありました。オッペンハイマーの人生は

喜怒哀楽に満ちています。

オッペンハイマーの人生を考えるにあたり、

第一の着眼点としては彼もユダヤ系の血を

引いているという点です。ヒットラーが民族としての

ユダヤ人達に焦点を当て迫害し、敵視していた現実は

動かしがたい事実です。強制収容所に連行

されるような世相の中でユダヤ人達は非常な

危機感を感じていたはずです。その危機感の中で

20世紀初頭の歴史は、天才達が育ち・団結して

新しい物を生み出していたのではないでしょうか。

そんな時代に兵器製造の行為は肯定される話

ではないのですが、当時の論客もユダヤ人迫害

から話を初めて、マンハッタン計画に進む流れ

を紹介していき、大衆に納得し易い話を組み立て

られたでしょう。

ユダヤ系の物理学者達

それ以降100年近くがたとうとしていますが、この考えは幾多の人が繰り広げてきたのではないかと思えますが、再度、私も強調します。具体的な物理の世界での登場人物はアインシュタイン 、シュテルンマックス・ボルンD・J・ボーム 、E・パウリ 、ランダウファインマン

そして今回ご紹介するオッペンハイマーです。(今は此処迄しか思い浮かびませんが後日、思い付くたびに補記します。)
そうしたメンバーがもたらした今世紀初頭の物理学の進展は急速でした。その進展は物理学に留まらず、工学、産業、果ては政治体制に繋がっていきました。1917年ロシア革命に始まった社会体制の変化とも同期していた、と言えるのでは無いでしょうか。今世紀初頭の閉塞感は、それを打ち破る様々な努力によって大きく様変わりしていたと思えます。そして、昨今コロナで不満が高まり、米中関係が緊張していく世相は、やもすれば危ない世界に近づいてるようにも思えます。各人で理性的な判断・発言をしましょう。今、方向付けが重要です。

 オッペンハイマーの関心

さて実際、オッパンハイマーは最終的に

6つの言葉を操ります。少年時代には

鉱物学・数学・地質学・化学に関心を示し

ハーバードを三年で終えてケンブリッジに留学

します。そこから理論物理学のゲッティンゲン大学

に進みボルンと出会います。オッペンハイマーは

ボルンの指導の下で研究を進め共同で

ボルン・オッペンハイマー近似等の業績を上げます。

その後、アメリカに戻りカリフォルニア工科大学や

UCBで教鞭をとりますが、第二次大戦勃発に伴い、

オッペンハイマーはロスアラモス国立研究所の

初代所長に任命されます。そこで原爆を開発したのです。

この仕事は、世界のパワー・バランスを変え、

後の世界を大きく変えました。

晩年のオッペンハイマー

晩年、オッペンハイマーは成し遂げた仕事の意味を自問し、後悔の言葉さえ残しています。戦争時代の原爆開発・使用は国としてのアメリカの中で必要と判断されていましたが、それ以後の時代では原爆を使わなくても各国が持つだけで攻撃対象とされたりしますし、外交で原爆が脅迫の道具として使われていたりします。

そういったことにつながった発明を

オッペンハイマーは「罪」として捉えていて、

水爆の開発には反対していたりもしました。

オッペンハイマーには別の罪(?)もあります。

オッペンハイマーの時代はは冷戦時代なので

学生時代からの共産党とのつながりを指摘され、

最終的には赤狩りの標的とされ続けていました。

常時FBI(司法省管轄のアメリカ連邦捜査局)

の監視下にあったのです。1965年、

がんの為にニュージャージーの自宅で

静かに生涯を終えました。合掌。

英語が話せるようになる「アクエス」
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
アメリカ関係のご紹介へ
イギリス関係のご紹介
ドイツ関連のご紹介

ケンブリッジ大学のご紹介へ
UCBのご紹介へ
量子力学関係

2020/09/21_初稿投稿
2022/04/03_改定投稿
【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Atomic bomb father Oppenheimer

Oppenheimer was sometimes called the father of the atomic bomb, but at UCB (University of California, Berkeley), he was also nicknamed Oppenheim by students. Oppenheimer’s life is full of emotions. When thinking about Oppenheimer’s life, the first point to look at is that he also has Jewish blood. The reality that Hitler focused on and persecuted the Jews as an ethnic group and was hostile to them is an immovable fact. The Jews must have felt a great sense of crisis in the world of being taken to concentration camps. In that sense of crisis, the history of the early 20th century may have been that geniuses grew up and united to create new things. The act of manufacturing weapons is not affirmed in such an era, but the debaters at that time also started talking about the persecution of Jews and introduced the flow to the Manhattan Project, and assembled a story that is easy for the public to understand. Probably.

Jewish physicists

Almost 100 years have passed since then, and I suspect that many people have developed this idea, but I would like to emphasize it again. The characters in the concrete world of physics are Einstein, Stern, Max Born, DJ Baume, E. Pauli, Landau, Feynman,

And this is Oppenheimer. (I can only think of it here now, but I will add it later whenever I come up with it.) The progress of physics at the beginning of this century brought about by such members was rapid. Its progress went beyond physics to engineering, industry, and even the political system. It can be said that it was in sync with the changes in the social system that began in the Russian Revolution in 1917. It seems that the feeling of obstruction at the beginning of this century was greatly changed by various efforts to overcome it. And it seems that the world, where dissatisfaction with Corona has increased and US-China relations have become tense these days, is approaching a dangerous world. Let’s make rational judgments and remarks by each person. Direction is important now.

Oppenheimer’s interest

Well, in fact, Oppanheimer finally manipulates six words. As a boy, he became interested in mineralogy, mathematics, geology and chemistry, finishing Harvard in three years and studying abroad in Cambridge. From there he goes to the University of Göttingen in theoretical physics and meets Born. Oppenheimer conducts research under the guidance of Born and jointly achieves achievements such as the Born-Oppenheimer approximation. He then returned to the United States to teach at the California Institute of Technology and UCB, but with the outbreak of World War II, Oppenheimer was appointed as the first director of the Los Alamos National Laboratory. So he developed the atomic bomb. This work changed the power balance of the world and changed the world later.

Oppenheimer in his later years

In his later years, Oppenheimer asked himself what the work he had accomplished and even left a word of regret. It was judged that the development and use of the atomic bomb during the war was necessary in the United States as a country, but in the subsequent era, even if each country did not use the atomic bomb, it would be the target of attack, and diplomacy. The atomic bomb is used as a threatening tool. Oppenheimer saw the invention that led to that as a “sin,” and he even opposed the development of the hydrogen bomb.

Oppenheimer also has another sin (?). Since Oppenheimer’s era was the Cold War era, he was pointed out that he had a connection with the Communist Party since he was a student, and eventually continued to be the target of the Red Scare. He was always under the supervision of the FBI (Federal Bureau of Investigation under the Department of Justice). In 1965, he quietly ended his life at his home in New Jersey because of cancer. Gassho.