シカゴの画像

ロバート・ミリカン
1868年3月22日 ~ 1953年12月19日


【スポンサーリンク】

ミリカンは非常に優れたアメリカの実験家でした。

コロンビア大学で物理学の博士号をとりますが、ミリカンが

同大学での初めての物理博士習得者だったそうです。

光に粒子性と波動性がある事を実証していく段階で

波動性を前面に出した理論を展開していきます。

ただ、実験事実として粒子性を前提に考えた実験が

非常につじつまの合う結果を出していたことに

ミリカン自身も自問自答を繰返したと思えます。

結果としてアインシュタインが論じた光電効果を

ミリカンも実験的に裏付けます。また、そうした

実験と光の波長からプランク定数を定めました。

加えて、電気素量を導き出した実験も見事です。

金属板の間を落下する液体の運動を考えミリカンらは

重力効果に対してクーロン力の兼ね合いを計算に取込み、

厳密に計測値が求まる油滴重量から電気素量を導きます。

この油滴の実験の素晴らしい所は量子化する事で電子の

粒子性を示した点です。電流が計測されるイメージを考え

みた時に、その担い手の電子が連続量なのか粒子のように

考えられるか、当時は不確かだったのです。

この2つの業績でミリカンはノーベル賞を受けました。

また、ミリカンは非常に優れた教育者として

多くの教科書を世に送り、その中で少し先んじた

概念を紹介しています。更にミリカンは

カリフォルニア工科大学の創設に大きく関わりました。

今でも同大学に彼の名を冠した建物があるそうです。

【そもそも米国の通例で、1号館と言う代わりに
ミリカン・ホールという名をつけたりします】



ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返事できていませんが
問題点に対しては適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/12_初稿投稿
2022/02/26_改定投稿

旧サイトでのご紹介
舞台別のご紹介

時代別(順)のご紹介
アメリカ関連のご紹介

電磁気関係
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Millican was a very good American experimenter.

He holds a PhD in physics from Columbia University, and Millican was the first PhD in physics at Columbia University.

He develops a theory that puts wave nature in the foreground at the stage of demonstrating that light has particle nature and wave nature. However, it seems that Millican himself repeatedly asked himself that the experiment that assumed particle nature as an experimental fact produced very consistent results.

As a result, Millican also experimentally supports the photoelectric effect discussed by Einstein. We also determined Planck’s constant from such experiments and the wavelength of light. In addition, the experiment that derived the elementary charge is also wonderful. Considering the movement of the liquid falling between the metal plates, Millican et al. Incorporated the balance of Coulomb force against the gravitational effect into the calculation.

The elementary charge is derived from the weight of the oil droplet

, for which the measured value can be obtained exactly. The great thing about this oil drop experiment is that it shows the particle nature of electrons by quantization. When I thought about the image of measuring the electric current, it was uncertain at that time whether the electrons of the bearer were considered to be continuous quantities or particles. Millican received the Nobel Prize for these two achievements.

Millican has also sent many textbooks to the world as a very good educator, introducing concepts that are a little ahead of the game. In addition, Millican was heavily involved in the founding of the California Institute of Technology. It seems that there is still a building bearing his name at the university.

[In the first place, it is customary in the United States to call it Millican Hall instead of Building No. 1.]