パリの夕暮れ

レオン・フーコー
【1819年9月18日生まれ ~ 1868年2月11日没】

 
【スポンサーリンク】

フーコーの有名な実験

「フーコーの振り子」という装置

を発明した事でフーコーは有名です。

振り子の運動に地球の運動を反映させるのです。

色々な国の科学博物館で見る事が出来ます。

中国でも韓国でもアメリカでも見る事が出来ます。

日本でも国立科学博物館を初めとして、

全国の数十か所で見る事が出来ます。

振り子の運動は地球の時点とは独自に

繰り返される慣性に縛られた運動であるので

地球の運動が進むにつれて、東西南北とずれるのです。

そのずれは24時間後に元の位置に戻ります。

地球の自転方向と逆に少しずつずれていって

24時間後に元の位置に戻るのです。

対象とする振り子を北極か南極に設置すると

一番分かり易いです。赤道上では分かりにくいです。

そういった誰にでもわかる優れた実験を駆使して

地球の自転を実験的に明らかにしました。

1851年のパンテオンでの公開実験で

最終的に仮説を実証してみせます。

 

実験構築を行ったフーコー

フランス生まれのフーコーはパリで

印刷業を営んでいた父のもとに生まれます。

幼い頃から科学工作が好きでした。

子供時代は病弱で医学を志していましたが血液恐怖症

だったりした為、お医者様になるのは断念したそうです。

10代になり、写真技術の改良をしていたフーコーは

物理学者アルマン・フィゾーと知り合いになり交流を深めます。

フィゾーとは良い関係を持ち続け

初めの時期は協同研究をしていました。

 

1847年頃からフィゾーとフーコーはそれぞれ独自に

研究を進めます。歯車を使いフィゾーが光速度を求め、

回転している鏡を使いフーコーは

媒質中の光速度の差異を求めました。

私が何より興味深いのはフーコーやフィゾーの

頭の中にある理論的な考察が

閃きによって実験に昇華するプロセスです。

大抵の考えは実験で確認するまで

分からないことが沢山出てきます。

特定の理論はあくまでモデルの

一つなので、より厳密に考えていったら、

その時に知られてるモデルが適用できない場合

もありうるのです。必要に応じて

適用モデルの修正が必要です。

等時性の理論をフーコーは優れた実験で

わかり易く示したと言えます。

それはとても秀逸な実験でした。

 

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/08/29_初版投稿
2022/04/30_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
力学関係のご紹介

[このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています]

【2021年8月時点での対応英訳】

Foucault’s famous experiment

The name Foucault is famous for its device called “Foucault Pendulum”. The movement of the pendulum reflects the movement of the earth. You can see it at science museums in various countries. You can see it in China, South Korea, and the United States.

You can see it in dozens of places nationwide, including the National Museum of Nature and Science in Japan. Because the movement of the pendulum is a movement bound by inertia that repeats independently from the time of the earth.

As the movement of the earth progresses, it shifts from north, south, east, and west. The deviation will return to its original position after 24 hours. Gradually deviate from the direction of rotation of the earth

It will return to its original position after 24 hours. It is easiest to understand if the target pendulum is installed in the North Pole or the South Pole. It is difficult to understand on the equator. We have experimentally clarified the rotation of the earth by making full use of such excellent experiments that anyone can understand. We will finally prove the hypothesis in a public experiment at Pantheon in 1851.

experimental construction of Foucault

Foucault was born to his father, who was in the printing business in Paris, France. He has been fond of scientific crafts since he was a child. He was sick and aspired to medicine when he was a kid, but he gave up on becoming a doctor because he had blood phobia.

As a teenager, Foucault, who was improving his photographic skills, became acquainted with physicist Hippolyte Fizeau and deepened his interaction. He continued to have a good relationship with Fizeau and was doing collaborative research in the early days.

From around 1847, Fizeau and Foucault will carry out their own research. Using gears, Fizeau calculated the speed of light, and using a rotating mirror, Foucault calculated the difference in the speed of light in the medium.

What is most interesting to me is the process by which the theoretical considerations in Foucault and Fizeau’s mind are sublimated into experiments by inspiration.

There are many things that most ideas cannot be understood until they are confirmed by experiments. A specific theory is just one of the models, so if you think more strictly,

It is possible that the model known at that time is not applicable. The application model needs to be modified if necessary. Foucault can be said to have demonstrated his theoretical principles in an easy-to-understand manner through excellent experiments. It was a very good experiment.