東大

西島 和彦
【1926年10月4日生まれ ~ 2009年2月15日没】

【↑_Credit:Wikipedia】


【スポンサーリンク】

 西島和彦の生い立ち

西島和彦は茨城県に生まれました。
東大を卒業後に大阪市立大学で教鞭
をとります。その後、イリノイ大学の後に
東京大学、京都大学で教鞭をとります。

そんな経歴の中において、西島和彦の業績として特筆すべきはストレンジネスの提唱でしょう。ストレンジネストは素粒子の性質を吟味していく中で有用な概念です。西島和彦が活躍した当時は電荷量、バリオンといった値が知られていたようですが、それに加えてストレンジネスといったパラメターを西島和彦は導入して、素粒子の性質を語る礎を固めていったのです。

  素粒子と西島和彦

西島和彦が素粒子を考えていく中で、特定の粒子と反粒子が対になって生成される場合が多く見受けられたりしましたが、そのメカニズムは説明されていませんでした。生成にかかる時間を考察して、反応の中間に存在するであろう中間子を考察していったのです。保存される量として質量の他に別の量を考えていき、散乱断面積の計算を追従し辻褄(つじつま)の合う理論を構築します。果てしない思考の作業です。

西島和彦は学生時代に中野董夫、
マレー・ゲルマンとストレンジネスを法則化
しました。強い相互作用や電磁相互作用
において反応の前後でストレンジネスが
保存されるのです。そうした物理量を一つ一つ
生み出していく事がとても大事です。

 西島和彦とストレンジネス

西島和彦らが考え出したストレンジネスは直接観測にかかるものでは無く、反応の前後で、ストレンジクォークと反ストレンジクォークの数を使って定義されます。そして、ストレンジネスを使った中野西島ゲルマン・モデルは坂田模型やSU3と呼ばれるモデルへ、クォークモデルと繋がり素粒子の振る舞いを明らかにしていくのです。

そして、統一的な現象理解へと繋がるのです。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/12_初稿投稿
2022/07/26_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
東大関連のご紹介
京大関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月現在での対応英訳)

History of Kazuhiko Nishijima

Kazuhiko Nishijima was born in Ibaraki prefecture.
He teaches at Osaka City University after graduating from the University of Tokyo
Take. Then he came after the University of Illinois
He teaches at the University of Tokyo and Kyoto University.

In such a career, the most notable achievement of Kazuhiko Nishijima is the advocacy of strangeness. It seems that values ​​such as charge amount and baryon were known at that time while examining the properties of elementary particles, but in addition to that, Kazuhiko Nishijima introduced parameters such as strangeness and the foundation for talking about the properties of elementary particles. Was solidified.

Elementary particles and Kazuhiko Nishijima

While Kazuhiko Nishijima was thinking about elementary particles, it was often seen that specific particles and antiparticles were formed in pairs, but the mechanism was not explained. He considered the time it took to generate and the mesons that would be in the middle of the reaction. He considers other quantities in addition to mass as the quantity to be conserved, and follows the calculation of the scattering cross section to construct a theory that fits the bill. He is an endless task of thinking.

Kazuhiko Nishijima made strangeness a law with Tadao Nakano and Murray Gell-Man when he was a student. Strangeness is preserved before and after the reaction in strong and electromagnetic interactions. It is very important to create such physical quantities one by one.

Kazuhiko Nishijima and Strangeness

The strangeness devised by Kazuhiko Nishijima et al. Is not directly related to observation, but is defined using the number of strange quarks and anti-strange quarks before and after the reaction. Then, the Nakano Nishijima German model using strangeness connects with the quark model to the Sakata model and the model called SU3, and clarifies the behavior of elementary particles.

And it leads to a unified understanding of the phenomenon.