レイリー男爵 ; J・W・ストラット
1842年11月12日~1919年6月30日


【スポンサーリンク】

 レイリー卿について

この原稿ではURLに爵位である

”Baron Rayleigh”を使っています。

その名を改めて書下すと、第3代レイリー男爵

ジョン・ウィリアム・ストラット

John William Strutt, 3rd Baron Rayleigh

 

分かり易い業績で紹介していくと、レイリー卿は

晴れた日の空の青さを説明しました。

子供が、「空はなぜ青いの?」って聞いた時に、

どうこたえるか考えてみて下さい。。

その業績

専門的に言えば散乱光の研究をしていた訳です。

そんなレイリー卿は入射波と反射側の散乱波を考え、

それらの波長と空気中の分子の性質を考えたのです。

結果、昼間の空は青く、夕方は赤いのです。

レイリー散乱と呼ばれる考え方です。

別途、ご紹介している

クィーンのブライアンの研究とも関連しています。

そもそも、光を波長の観点から考え直して「赤く見える光の波長」や「青く見える光の波長」を明確にして議論していった事実と、地上との温度差の事実を関連付けて考えています。その関連を考えた時点で自然現象が物理的議論の枠組みで説明できたのです。

またその他のレイリー卿の業績は、

地震の表面波の解析(レイリー波)、

ラムゼーと研究したアルゴンの発見、

初期段階の熱放射理論である

レイリー・ジーンズの法則等があります。

 

その人柄

別の一面としてレイリー卿は量子論や相対論に厳しい立場をとっていたと言われています。実際の所レイリー卿は長い事、エーテルを考え続けていた様です。当時の考えでは否定する事は出来ない物だったとも言えるでしょう。実際にその何年後も実験的にエーテルを実証しようとしています。私はレイリー卿の肩を持ってしまいますが、実験事実の蓄積が無い状態で軽はずみに決断を求めるのは危険です。精査した考えを納得のいく説明で語っていかなければいけません。それだから、考えを育む時間も大切なのです。

またレイリー卿の素晴らしい栄誉を連ねていくと

コプリメダル受賞、ノーベル賞受賞、

第2代キャンデビッシュ研究所所長、

標準局(イギリス国立物理学研究所)の運営理事会議長

と続きます。何より

人材を育てた業績は大きく、ジョセフ・ジョン・トムソン

ジャガディッシュ、チャンドラ、ボースを育てました。

爵位としてのレイリーは彼の長男で物理学者だったロバート・ジョン・ストラが受け継いでいます。物理学者が受け継いでいる事実が好印象でした。きっと息子さんと御弟子さんが議論したりもしたんでしょうね。そう考えたいです。

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/28_初回投稿
2022/05/11_改定投稿

【スポンサーリンク】

 

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係
ケンブリッジ関連
力学関係
熱統計力学関係
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

[2021年9月時点での対応英訳]

About Sir Rayleigh

In this manuscript, the URL “Baron Rayleigh” is used.

To rewrite the name, John William Strutt, 3rd Baron Rayleigh.

Introducing his easy-to-understand achievements,

This Sir Rayleigh explained the blueness of the sky on a sunny day.

Think about how your child will respond when asked, “Why is the sky blue?” ..

 

Achievements made by Sir Rayleigh’s 

Technically speaking, he  had studyed scattered light.” Sir Rayleigh” considered the incident waves and the scattered waves on the reflecting side, their wavelengths, and the properties of the molecules in the air. As a result, the daytime sky is blue and the evening is red. This is a concept called Rayleigh scattering. It is also related to Queen’s Brian’s research, which is introduced separately.

Other achievements of Sir Rayleigh include analysis of surface waves of earthquakes (Rayleigh wave), discovery of argon studied with Ramsey, and Rayleigh-Jeans’ law, which is an early stage thermal radiation theory.

 Personality of Sir Rayleigh

It is said that Sir Rayleigh took a strict position on quantum theory and relativity. Everybody knows Sir Rayleigh  had been thinking about ether for a long time. It can be said that he was an undeniable thing at that time. He is actually trying to experimentally demonstrate ether years later. He will carry Sir Rayleigh’s shoulders, but it is dangerous to lightly seek a decision without the accumulation of his experimental facts. He must explain his scrutinized ideas with a convincing explanation. That’s why time to nurture his ideas is also important.

In addition, “Sir Rayleigh’s wonderful honors will be followed by the Copley Medal, the Nobel Prize, the 2nd Director of the Candevis Institute, and the Chairman of the Steering Board of the Standards Bureau (National Institute of Physics, England)”. He has cultivated talent above all, and his achievements have been great, and he has cultivated Joseph John Thomson and Jagdish Chandra Bose. And Rayleigh’s title is inherited by his eldest son and physicist Robert John Stra. I was impressed by the fact that physicists have inherited it. I’m sure his son and his disciples had a discussion. I want to think so.