に投稿 コメントを残す

E・O・ローレンス
1/31改訂【サイクロトロンを発明し人工放射性元素を実現】

gettyimages-Yale-Uni

こんにちはコウジです!
「ローレンス」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1901年8月8日~1958年8月27日】

 優れた実験家ローレンス

その名はErnest Orlando Lawrence。

ローレンスは優れた実験家で今でも頻繁に

応用されているサイクロトロンを発明した事

で広く知られています。

 

米サウスダコタでノルウェー系の両親に生まれ少年時代は
Merle Tuveと
共に簡易無線装置を作成したりしていました。

その後、サウスダコタ大学時代は医学を志望してましたが、
化学の学士号、物理学の修士号を習得します。

Tuveと共にスワン先生の下で学びますローレンスがイェール大学で
博士号をとった時には光電効果に関する研究をしていたようです。

その後、恩師だったスワン先生がイェール大学を去るタイミングで
カリフォルニア大
に移ります。ローレンスは実験家として大変、
有望視されていました。

ローレンスの業績 

サイクロトロンを使った実験で、ローレンスがその装置を
活用
した応用例が人工放射性元素でした。

ローレンスと彼の率いるバークレー国立研究所は自然界に
存在する元素だけでなく、
不安定な元素を作り出したのです。

強い磁場を使い帯電しているイオンをビーム状に出す事が出来るので
ローレンスの作ったサイクロトロンはイオンが反応する状態を作れるのです。

日本、イギリスが同様な措置を計画していきます。
サイクロトロンを使えば特定金属にイオンビームを
当て続ける事が出来たりする訳です。

こうした装置の開発を通じてローレンスは
人類に新しい知見を
もたらしたのです。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/31_初回原稿
2023/01/31_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
アメリカ関連のご紹介へ
イェール大学関連のご紹介へ
UCBのご紹介

熱統計関連
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Excellent experimenter Lawrence

Its name is Ernest Orlando Lawrence. Lawrence is a well-known experimenter and widely known for inventing the cyclotron, which is still frequently applied.

Born to Norwegian parents, he worked with Merle Tuve as a boy to create simple radios.

Later, Lawrence aspired to medicine when he was at the University of South Dakota, but he earned a bachelor’s degree in chemistry and a master’s degree in physics. He studies with Tuve under Dr. Swan. When Lawrence got his PhD at Yale University, he seems to have been studying the photoelectric effect.

After that, his teacher, Swan, will move to the University of California when he leaves Yale University. Lawrence was very promising as an experimenter.

Lawrence’s achievements

In his cyclotron experiments, Lawrence’s application of using the device was an artificial radioactive element. Lawrence and his Berkeley National Laboratory created unstable elements as well as those that exist in nature.

Since it is possible to emit charged ions in the form of a beam using a strong magnetic field, the cyclotron made by Lawrence can create a state in which the ions react. Japan and the United Kingdom will plan similar measures.

If you use a cyclotron, you can keep shining an ion beam on a specific metal.

Through the development of such equipment
Lawrence gives humanity new insights
he brought it.

に投稿 コメントを残す

W・E・パウリ
1/30改訂【新たな概念として排他律とスピンを発見】

austria-Credit:pixabay

こんにちはコウジです!
「パウリ」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1900年4月25日生まれ ~ 1958年12月15日没】

その名はWolfgang Ernst Pauli

パウリはオーストリア生まれの

スイスの物理学者。パウリの排他率律で有名です。

排他律を排他率と書いてしまいがちですが

排他律です。その「パウリの排他律」は

「パウリの原理」とも呼ばれています。

1945年にアインシュタインの推薦で

ノーベル物理学賞を受けています。

ミドルネールのエルンストはパウリの名付け親、
パウリが尊敬するマッハに由来します。
父方はユダヤ系で有名な出版社を
経営していたようです。

さて、

排他律の具体的な内容に関してですが、
ナトリウムの分光実験から話が始まります。

再現性の高い事実として磁場付加時の分光は
電子の自転に由来するという仮説をパウリは立て、
後にそれをスピンと名付けます。

新しい量子的自由度です。
後に行列力学を基盤とした定式化を行い数学的に表現します。 

パウリと著名人の交流

個人的に興味を引くのはミュンヘン大学でパウリが
ゾンマーフェルト_の指導を受けている点です。

私が講義を受けた先生がゾンマーフェルト_を研究していて、
マッハの名前も、その先生から教えてもらいました。

そして、マッハ・ゾンマーフェルト・パウリとつながったのです。
そしてもう一つ個人的な話を続けます。
今使っているドメインへの投稿です。

何故か半歳程、投稿漏れに気づかずにいたのですが、
ある日「パウリ」について気になって
上記ゾンマーフェルトとの関係を思い出したのです。

そして急ぎ作業を続けていて驚いたのは、
その日がパウリの誕生日だったのです。

パウリが生まれてから220年が終わった瞬間でした。
後述するユング達が極めた深層心理の世界では
意識下と無意識下の間に「潜在意識」を想定しますが、
そんなことも少し考えてしまいました。

よもや潜在意識下で決めた投稿日だったのでしょうか。
または深層意識下で「投稿していませんよ!」
と告げてくれた人がいたのでしょうか。
とか色々と考えてしまいました。

まぁ、普通に考えたら単なる偶然ですね。

私の頭の中での奇妙な三角関係はさておき、

パウリは人間的にも面白い人だと思えます。

独自に培った知性で各界の著名人を魅了しているのです。

例えば、博士号を習得した直後、パウリは

ゾンマーフェルトに独逸語での百科事典の記事執筆

を依頼されます。内容は相対性理論に関する記事

でしたが、2か月ほどをつかって完成させました。

その結果はアインシュタイン本人の査読にかなう見事なもので、
今日においても読み応えのある
ものとなっているそうです。

アインシュタインはパウリのミドルネームに
気付いていたのでしょうか。
マッハとの関係を知っていたのでしょうか。

機会があれば調べてみたいと思います。
マッハ・アインシュタイン・パウリの三角関係です。

更に妙な繋がりは心理学者C・G・ユングとの関連です。
パウリは離婚後に精神を病んでいた時期がありました。

今や、夢分析の世界で有名なユングに
完璧主義者のパウリが出合ったのです。

先生と生徒という関係を築き、
生徒としてユングにパウリは科学的な批評を加えます。
互いに有益な関係だったのでしょう。

因みにユング関連での兄弟弟子フロイトもユダヤ系です。
アインシュタインもユダヤ系です。

この切り口で考えていっても特有の文化に起因する
思考的な共有点が見いだせると思います。
思考の方法を考えるうえで、少し興味深い対象です。

パウリと1/137

そして、

パウリは最後まで愛した物理学を愛し続けました。

戦争での苦難の時代の後に帰国して、

病床でも完璧主義者として見舞客と議論を続けました。

その中で語り継がれている話があります。

微細定数と呼ばれる無次元量があって、

それはプランク定数に関わる相互作用を

特徴付ける量です。パウリはその値に最後まで、

こだわり抜きました。

もし、パウリが神に謁見したら、
神に微細定数 1/137.036…の
理論的根拠を尋ねたとしたら、
神様は物凄い速度で計算式を
書き連ねるだろう。その後、
きっとパウリは「違う!」
と唱えて、話し続けるであろう。

よもや、神様さえも「あ!」
と唱えるのではないか、
と不遜にも想像してしまいました。

〆 

 



【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/19_初稿投稿
2021/04/25_原稿改定
2023/01/20_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介

スイス関係のご紹介へ
オランダ関係のご紹介へ
ドイツ関係のご紹介へ
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

 

(2021年10月時点での対応英訳)

Its name is Wolfgang Ernst Pauli

Pauli is an Austrian-born Swiss physicist. It is famous for Pauli exclusion principle. It is easy to write the exclusion principle as the exclusion rate, but it is the exclusion principle. The “Pauli exclusion principle” is also called the “Pauli principle”. He received the Nobel Prize in Physics in 1945 on the recommendation of Einstein.

Middlener Ernst comes from Pauli’s godfather, Pauli’s respected Mach. His father seems to have run a well-known Jewish publisher.

Now, regarding the specific content of the exclusion principle, the story begins with a spectroscopic experiment of sodium.

As a highly reproducible fact, Pauli hypothesized that spectroscopy when a magnetic field was applied was derived from the rotation of electrons, which he later named spin. A new quantum degree of freedom. He later formulates based on matrix mechanics and expresses it mathematically. Twice

Exchange between Pauli and celebrities

Personally, I’m interested in Pauli’s guidance at Sommerfeld at the University of Munich. The teacher I was giving a lecture on was studying Sommerfeld, and he also told me the name of Mach. And he was connected to Mach Sommerfeld Pauli. And I will continue with another personal story. This is a post to the domain you are currently using. For some reason, I was about half a year old and didn’t notice the omission of posts, but one day I was worried about “Pauli” and remembered the relationship with Sommerfeld.

And what surprised me as I continued to work in a hurry was that day was Pauli’s birthday. It was the moment when 220 years had passed since Pauli was born. In the world of deep psychology, which Jung and his colleagues have mastered, we assume a “subconscious” between consciousness and unconsciousness, but I have thought about that for a moment. Was it the posting date decided under the subconscious? I have thought about it.
Well, if you think about it normally, it’s just a coincidence.

Aside from the strange love triangle in my mind, Pauli seems to be a humanly interesting person. His unique intelligence attracts celebrities from all walks of life.

For example, shortly after completing his PhD, Pauzo was asked by Nmarfeld to write an encyclopedia article in German. The content was an article about the theory of relativity, but it took about two months to complete. The result is excellent enough to be peer-reviewed by Einstein himself, and it seems to be readable even today. Did Einstein notice Pauli’s middle name? Did he know his relationship with Mach? I would like to find out if I have the opportunity. It is a love triangle of Mach Einstein Pauli.

A more strange connection is with the psychologist CG Jung. Pauli had a period of mental illness after his divorce. Now, the perfectionist Pauli meets Jung, who is famous in the world of dream analysis. He builds a teacher-student relationship, and Pauli gives Jung a scientific critique as a student. It must have been a mutually beneficial relationship. By the way, Jung’s brother and disciple Freud are also Jewish. Einstein is also Jewish. Even if you think from this perspective, you can find a thoughtful shared point due to the unique culture. It’s a little interesting when thinking about how to think.

Pauli and 1/137

And Pauli continued to love his beloved physics until the end. He returned home after a period of hardship in the war and continued to discuss with visitors as a perfectionist in bed. There is a story that has been handed down in it.

There is a dimensionless quantity called the fine constant, which is the quantity that characterizes the interactions involved in Planck’s constant. Pauli was particular about that value until the end. If Pauli had an audience with God and he asked God for the rationale for the fine constant 1 / 137.036 …, God would write the formulas at a tremendous speed. After that, Pauli will surely say “No!” And continue talking.

I have imagined that even God would say “Ah!”.

に投稿 コメントを残す

J・F・ジョリオ=キューリー
1/29改訂【アルファ線を使いリン30を実現】

ソルボンヌ大学

こんにちはコウジです!
「ジョリオ=キューリー」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1900年3月19日 ~ 1958年8月14日】

今回のご紹介はジャン・フレデリック・ジョリオ=キューリーです。

、J-F・ジョリオ=キューリーはフランスパリに生まれ、
亡くなるまでパリで暮らしました。
そんな人の58年の人生のご紹介です。

名前の綴りはJean Frédéric Joliot-Curieとなります。
著名なキューリー夫妻の娘婿としてご紹介するとわかりやすいでしょうか。

つまり、義理の父はピエール・キュリー、
義理の母はマリー・キュリー。
義理の妹はエーヴ・キュリーとなります。

このご紹介の中でフレデリックとご紹介していきますが、
フレデリックはラジウム研究所でマリ・キューリーの助手となりました。

その研究所でマリの娘イレーヌを知り交際を深め。
まもなく2人は結婚しました。

その時点で姓を「ジョリオ=キューリー」としたのです。
ジョリオはフレデリックの血筋の名前でキューリーは
イレーヌの血筋の名前でした。二人は後に一緒にノーベル賞を受けます。

フレデリックとイレーヌの夫婦は同位体元素への反応過程を研究して
新しい物質を作り上げたのです。

具体的にはアルミニウムに対してアルファ線を照射したときに
人工放射性同位元素である30P(リン30)が発生したのです。

その後、フレデリックはフランス原子力庁の長官として
フランス初の原子炉を1947年に建設するプロジェクトに加わります。

原子力の平和的な利用と環境に及ぼす影響については
各論があると思えますが、今のフランスの電源構成に
大きな影響を与えた人だと言えます。

政治的な活動としてフレデリックは第二次世界大戦時には
ナチスドイツに対抗するレジスタンス運動に参加しました。

そして終戦後は先述したフランス原子力庁の仕事をしながら
フランス国立科学研究センター総裁、
コレージュ・ド・フランスの教授も務めていました。

他、パグウォッシュ会議(核兵器と戦争の廃絶を訴える国際会議)
の創始、世界平和評議会の初代議長、
フランス共産党の党員と多方面で尽力し活躍をしました。

教育者としてフレデリックは日本初の女性物理学者である
湯浅年子に物理学を指導しています。

その実績も我々日本人には新鮮なのではないでしょうか。
本当に多彩な魅力を持っていた人だと言えます。

更に意外な側面は柔道との関わりです。
フレデリックはフランス柔術クラブの名誉会長でした。
柔道創始者の嘉納治五郎も就いていた役職です。
フレデリックがいかにフランス国民から敬愛されていたかがわかりますね。

 

〆最後に〆

TechAcademy [テックアカデミー]
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2022/04/05_初回投稿
2023/01/29_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介

力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


 

(対応英訳)

Introducing this time is Jean Frederick Jorio-Curie, but JF Jorio-Curie was born in Paris, France and lived in Paris until his death. This is an introduction to such a person’s 58-year life. His name is spelled Jean Frédéric Joliot-Curie. Is it easy to introduce as the son-in-law of the famous Mr. and Mrs. Curie? That is, his father-in-law is Pierre Curie and his mother-in-law is Marie Curie. His sister-in-law will be Ave Curie.

In this introduction, I will introduce you to Frederick, who became an assistant to Marie Curie at the Radium Institute. He got to know Mali’s daughter Irene at the institute and deepened his relationship. Soon the two got married. At that point he changed his surname to “Jorio-Curie”. Jorio was the name of Frederick’s lineage and Curie was the name of Irene’s lineage. The two will later receive the Nobel Prize together.

The couple of Frederick and Irene studied the process of reaction to isotopes and created a new substance. Specifically, when aluminum was irradiated with alpha rays, the artificial radioisotope 30P (phosphorus 30) was generated.

Frederick then joined the project to build France’s first nuclear reactor in 1947 as Secretary of the French Atomic Energy Agency. There seems to be some debate about the peaceful use of nuclear energy and its impact on the environment, but he is one of the most influential people in France’s current power mix.

As a political activity, Frederick participated in the resistance movement against Nazi Germany during World War II. And after the end of the war, he was also the president of the French National Center for Scientific Research and a professor at Collège de France, while working for the French Atomic Energy Agency mentioned above. H

e and others have worked extensively with the founding of the Pugwash Conference (an international conference calling for the abolition of nuclear weapons and war), the first chairman of the World Peace Council, and members of the French Communist Party.

As an educator, Frederick teaches physics to Toshiko Yuasa, Japan’s first female physicist. I think that achievement is also fresh for us Japanese. It can be said that he really had a variety of charms.

A more surprising aspect is the relationship with judo. Frederick was the Honorary Chairman of the French Jiu-Jitsu Club. He was also in the position of Judo founder Jigoro Kano. You can see how Frederick was loved by the French people.

に投稿 コメントを残す

S・ナート・ボース
1/28改訂【インド独自の理解体系で学びボーズ粒子を定式化】

オックスフォード大学(OXFORD)

こんにちはコウジです!
「ボース」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1894年1月1日生まれ ~ 1974年2月4日没】

BOSEという名前の読み方

ボーズ(BOSE)は珍しいインド人物理学者です。

フルネームで名前を書き下すと、

 サティエンドラ・ナートボース

:Satyendra Nath Bose となります。

以下、ボーズの名前に濁音がついていますがご了承下さい。

名前の最後の「ズ」の所です。BEC(ボーズアインシュタイン凝縮)、
ボゾンといった用語で学生時代に議論して、
その感覚がどうしても消えません。

そもそも実際の綴りはBOSEでしすし、
正式にはボースと発音するようで、
Wikipediaの記載もボースです。しかし、そもそも、

ここに拘っている人は少ない印象です故、特に訂正しません。

BOSEの物理学での業績

さて、インドは独自の数学体系を持ち計算(暗算)方式も
独自の形式を持ちます。

そんな学問体系で素粒子の世界に挑んだボーズは
統計力学で今世紀初頭にEinsteinと共に今でいう
BOSE粒子群(BOSON)の
振る舞いを定式化するのです。

1924年にアインシュタインへ論文を送った時点が始まりです。

その論題は「プランクの放射法則と光量子仮説」でした。
アインシュタインはその仕事を
高く評価して後にそれを発展させますが、
学会で討議する以上の交流は未だ私には調べきれていません。

インド独自の学問体系の中でボーズ粒子は育っていったと考えています。
後に英国の王立協会からフェローに任命されていますので
最後のリンクにイギリスは含めました。

BOSNとFERMION

前段の知識として後世の理解で整理すると
「素粒子はスピン角運動量の数で
BOSONとFERMIONの
二種類に分かれます。」

いわゆる凝縮系の世界でもBOSONは特異な振る舞い
を示します。
具体的にBOSONとは光子、音子、
ウィークボソン、
グルーオン、π中間子やK中間子、
D中間子、
B中間子、ρ中間子、等でスピンの奇遇性から
ボゾンに分類されて、
BOSE-EINSTEIN統計に従います。

BOSEの人物像

ただ残念な事に西洋の学者と異なり、
インド系のボーズは「人となり」が伝わっていません。

何よりボーズの業績である、BOSONで名を残しています。
私がインドに行って調べたいくらいですがあいにく機会ができません。
いつか調べてみたいと思っています。

その時は関係者と話す時に「ボース」と心がけながら
話そうと思います。人の名前は間違えると
違和感を与えますからね。

いや、ひょっとしたら関係者も
「ボーズ」を多用するかもしれません。
その確認も小さな楽しみです。

【スポンサーリンク】

以上、間違いやご意見があれば
以下アドレスまでお願いします。
問題点には適時、
返信・改定を行います。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/12_初回投稿
2023/01/28_改訂投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
イギリス関係
熱統計力学関係

量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

How to read BOSE(iN jAPAN)

BOSE is a rare Indian physicist. If you write down the name with the full name,

Satyendra Nath Bose

: It will be Satyendra Nath Bose. Please note that the name of Bose has a voiced sound below. This is the last “Z” in the name. When I was a student, I argued with terms such as BEC (Bose-Einstein Condensation) and Boson, and that feeling never disappeared.

In the first place, the actual spelling is BOSE, and it seems to be officially pronounced as Bose, and the description on Wikipedia is also Bose. However, in the first place, I have the impression that few people are concerned about this, so I will not make any corrections.

BOSE’s achievements

By the way, India has its own mathematical system and its own calculation (mental arithmetic) method. Bose, who challenged the world of elementary particles with such an academic system, uses statistical mechanics to formulate the behavior of what is now called the BOSE particle group (BOSON) with Einstein at the beginning of this century.

He began when he sent a treatise to Einstein in 1924. The subject was “Planck’s law of radiation and the photon hypothesis.” Einstein appreciates his work and develops it later, but I haven’t been able to find out more than the discussions at the conference. I believe that bosons grew up in India’s unique academic system. I was later appointed as a Fellow by the Royal Society of England, so I included the United Kingdom in the last link.

BOSN and FERMION

Elementary particles can be divided into two types, BOSON and FERMION, according to the number of spin angular momentums. Even in the so-called condensed world, BOSON behaves peculiarly.
Specifically, BOSON is classified into bosons based on the oddity of spins such as photons, phons, weak bosons, glueons, π mesons, K mesons, D mesons, B mesons, and ρ mesons, and follows BOSE-EINSTEIN statistics.

BOSE portrait

Unfortunately, unlike Western scholars, Bose of Indian descent does not convey “becoming a person”. Above all, he has left his name in BOSON, which is the achievement of Bose. I would like to go to India to find out, but unfortunately I can’t get the chance. I would like to find out someday. At that time, when I talk to the people concerned, I will try to talk with “Bose” in mind. If you make a mistake in a person’s name, it will make you feel uncomfortable. No, maybe the people involved may also use “Bose” a lot. The confirmation is also a little fun.

に投稿 コメントを残す

アーサー・コンプトン
1/27改訂【粒子の波動性と粒子性を研究】

SolvayConf-1927

こんにちはコウジです!
「コンプトン」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1892年9月10日 ~ 1962年3月15日】

コンプトン効果

アメリカのコンプトンは波動の粒子性を示した実績と

マンハッタン計画で指導的役割を果たしたこと

知られています。コンプトンは1919年に英国の

キャンデビッシュ研究所に留学しました。

キャンでビッシュ研究所でガンマ線の散乱・吸収を研究します。
「波動のコンプトン効果」を発見するのです。

コンプトンの考えは今では量子力学の基幹をなしていますが、
大まかには以下の理解を
していれば良いと思います。つまり、

「微視的に物事を考え始めた時に粒子性と

波動性が同時に具現化する」

ということです。

コンプトンの考えで話を進めると自由電子により散乱された
X線量子がより長い波長となるという事実に対して

「波長が長くなる状態」つまり

「光線のエネルギーが落ちる状態」で

子性に着目して弾性散乱の視点で考えていくのです。

コンプトンの微視的な視点 

具体的に量子力学では不確定関係という枠組みで物事を考えます
ので2つの値が同時に確定しなかったりします。

例えば位置と運動量を同時に確定しません。また、
時間とエネルギーを同時に確定しません。但し、
時間×エネルギーや位置×運動量といった値を
物理量として確定出来るのです。

これは作用と呼ばれる次元の物理量です。
時間という物理量やエネルギーという物理量と
関連していますが異なります。

以上は量子力学を理解した人々には納得出来ても
一般の人々には中々説明がし辛い部分です。

誤解無く伝わっているかいつも不安になります。
そんな意識改革をコンプトンが進めていたのですね。
波動として考えていたガンマ線やX線に粒子性を見出したのです。

コンプトンとマンハッタン計画 

また、コンプトンはマンハッタン計画を進めた主要メンバーでもあります。
そもそも原子爆弾は
原子炉の製造から計画しなければいけません。
計画の中
でウランをプルトニウムに変換して、
プルトニウムと
ウランの混合物からプルトニウムを分離するプロセス
が必要です。コンプトンはこのプロセスをSEとして設計してプロジェクトが
進んでいく現場で働きました。

また、原子爆弾を兵器として使用するには敵国で使用時に、
出来るだけ早くに最大限の攻撃力を
発揮しなといけませんが、
そうした損傷兵器
の仕組みをを設計する方法についても
コンプトンは計画をしていきました。

なお同計画はオッペンハイマーの設計もあり、
フェルミローレンスとの議論も経ています。
全米の知能を集め計画を進めていたのです。

 

そしてコンプトンの業績はノーベル賞を初めとする
々たる栄誉で称えられています。それと同時に、
マンハッタン計画の主導者として計画自体の是非を論じる際に
何度もコンプトンの名があがります。

もともとは、コンプトンはもともと星の好きな少年でした。
そんな所からガンマ線の究明に話が進みましたが、
彼の名はガンマ線検出の為のNASAの衛星に残されています。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/07_初稿投稿
2023/01/27_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介

アメリカ関連のご紹介へ
イギリス関係
ケンブリッジ関連

熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Compton effect

Compton in the United States is known for its track record of wave particle nature and for its leadership role in the Manhattan Project. Compton studied abroad at the Candevisch Institute in the United Kingdom in 1919, where he studied gamma-ray scattering and absorption.

There he discovers the “Compton effect of waves”.
This idea is now the basis of quantum mechanics, but I think it is good to have the following general understanding. In other words, “when you start thinking microscopically, particle nature and wave nature are realized at the same time.” If we proceed with that idea, we will focus on the particle nature in the “state where the wavelength becomes longer”, that is, the “state where the energy of light rays falls”, in contrast to the fact that the X-ray quantum scattered by free electrons has a longer wavelength. Think from the perspective of elastic scattering.

Compton’s microscopic perspective

Specifically, in quantum mechanics, things are considered in the framework of an uncertain relationship, so two values ​​may not be fixed at the same time. For example, the position and momentum are not fixed at the same time. Also, time and energy are not fixed at the same time. However, values ​​such as time x energy and position x momentum can be determined as physical quantities. This is a physical quantity of a dimension called action. It is related to but different from the physical quantity of time and the physical quantity of energy.

The above is a part that is difficult to explain to the general public even if it is convincing to those who understand quantum mechanics. I’m always worried if it’s transmitted without any misunderstandings. Compton was promoting such a change in consciousness. He found particle nature in gamma rays and X-rays, which he thought of as waves.

Compton and Manhattan Project

Compton is also a key member of the Manhattan Project. In the first place, the atomic bomb must be planned from the production of the reactor. Therefore, a process is required to convert uranium to plutonium and separate plutonium from the mixture of plutonium and uranium. Compton designed this process as an SE and worked in the field where the project progressed.

In addition, in order to use an atomic bomb as a weapon, it is necessary to exert maximum attack power as soon as possible when using it in an enemy country, and Compton also plans how to design the mechanism of such a damaged weapon. I went on. The plan was also designed by Oppenheimer and has been discussed with Fermi and Lawrence. He was gathering intelligence from all over the United States and working on a plan.

And Compton’s achievements are praised for its lush honors, including the Nobel Prize. At the same time, as the leader of the Manhattan Project, he is often mentioned when discussing the pros and cons of the plan itself.

Originally, Compton was originally a star-loving boy. From that point on, we went on to investigate gamma rays, but his name remains on NASA’s satellite for gamma ray detection.

に投稿 コメントを残す

ルイ・ド・ブロイ
1/26改訂【仮説を極めて物質波を生んだフランス貴族】

SolvayConf-1927

こんにちはコウジです!
「ド・ブロイ」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1892年8月15日生まれ~1987年3月19日没】

名門家に生まれたド・ブロイ

ルイ・ド・ブロイはフランス貴族、公爵の血を引いてます。

その血筋は由緒正しいのです。そもそも、

フランス国王ルイ14世により授爵頂いていた

名門貴族・ブロイ家の血筋であって、ルイ・ド・ブロイは

直系子孫です。兄の没後は兄に子供が居なかった

事情もあって、正式に侯爵家の当主を務めています。

ルイ・ド・ブロイはフランスの首相を二期務めた第4代の当主である
アルベール・ド・ブロイの孫です。それだから、
ルイの生誕時に、その父は当時公子でした。
こんな逸話が沢山あるのですね。

そんなルイ・ド・ブロイは独自に優れた仮説を進め、

ド・ブロイ波(物質波)の考えにたどり着くのです。

ドブロイの物質波 

そのルイ・ド・ブロイの考えは初めは中々
理解されませんでした。
関連して
超有名なエピソードがあります。

ルイ・ドブロイの博士論文の審査過程で教授達が
ド・ブロイの考えを理解出来ず、
かのアインシュタインに意見を求めたのです。

すると、
「ド・ブロイの考えは博士論文よりも
ノーベル賞に値する」
とアインシュタインから評価され、
絶賛され、更に物質波の考えを進めていく事が出来たのです。

その考えはパラダイムシフトでした。
粒子の二面性の考えは
現代量子力学の根幹をなしていて、
とても大事な考えです。
ドブロイを含めた学者達が議論を重ね、
当時の物理学の常識を変えていったのです。

 

物質の二面性

波が粒子性を持つのと同時に、
粒子である
と考えられていた電子も、
実際には波動性を持つだろう
という考え
がドブロイ波の本質です。

現代量子力学の理解ではこの二面性は当たり前ですが、
波動性を持つ故に特定元素の周りを周期的に
運動する
と考えた時に電子は
特定波長の整数倍のみ許された
軌道を描いている
と考えられるのです。

実際に我々は原子の周りを運動する電子を
直接の観測にかける事は出来ません。

しかし、水素、ヘリウム、リチウム、、と色々な原子を
考えていった時に、それらを構成する
陽子と中性子の
結合条件を詳細に吟味した結果として
電子の軌道半径
は規則があり、
ド・ブロイ波の理論が理に叶うのです。

逆に考えれば特定波長の整数倍の運動しか、
その電子が取る状態は許されないのです。

特定原子核の周りを回る電子は特徴的な波長の整数倍
を定常状態として周期運動を続け、
定常状態間の遷移が
起きる際に放射線が生じる事実は、
ドブロイを初めとする
考えがあってこそ
成立する概念なのです。

それこそが電子の存在なのです。

実際に数年後にルイ・ド・ブロイは
ノーベル賞
を受賞します。

いつの時代も中々、斬新な新しい考えは
理解出来されないものですね。

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
必要箇所は適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/08/19_初回投稿
2023/01/26_改定投稿

TechAcademy [テックアカデミー]
【スポンサーリンク】

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
力学関係のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

De Broglie was born into a prestigious family

Louis de Broglie is of the duke’s blood, a French aristocrat. The lineage is venerable. In the first place, Louis de Broglie is a direct descendant of the prestigious nobleman, the Broy family, who was conferred by King Louis XIV of France. He is officially the head of the Marquis family, partly because his brother had no children after his brother’s death.

Louis de Broglie is the grandson of Albert de Broglie, the fourth head of the French Prime Minister for two terms. So, at the time of Louis’ birth, his father was a prince at the time. There are many such anecdotes. Such Louis de Broglie advances his own excellent hypothesis and arrives at the idea of ​​de Broglie wave (material wave).

Matter wave of debroi

The idea of ​​Louis de Broglie was not well understood at first. There is a related super famous episode. During the process of reviewing Louis de Broglie’s dissertation, the professors could not understand De Broglie’s ideas and asked Einstein for his opinion.

Then, “De Broglie’s idea deserves the Nobel Prize more than his dissertation,” was evaluated and praised by Einstein, and he was able to further advance the idea of ​​material waves. The idea was a paradigm shift. The idea of ​​two-sidedness of particles forms the basis of modern quantum mechanics and is a very important idea. Scholars, including Matter Wave, had many discussions and changed the common sense of physics at that time.

Two-sidedness of matter

The essence of de Broglie waves is the idea that at the same time that waves have particle nature, electrons that were thought to be particles will actually have wave nature. This duality is natural in the understanding of modern quantum mechanics, but when we think that it moves periodically around a specific element because it has wave nature, it is said that the electron draws an orbit that is allowed only an integral multiple of the specific wavelength. You can think of it. In fact, we cannot directly observe the electrons moving around an atom.

However, when considering various atoms such as hydrogen, helium, and lithium, as a result of detailed examination of the bonding conditions of the protons and neutrons that compose them, there is a rule in the orbital radius of the electron, and de Broglie. The theory of waves makes sense. Conversely, the electron is only allowed to move an integral multiple of a specific wavelength.

The fact that electrons orbiting around a specific nucleus continue to move periodically with an integral multiple of the characteristic wavelength as a steady state, and radiation is generated when a transition between steady states occurs is only possible with the idea of ​​de Broglie. It is a concept to do. That is the existence of electrons.

In fact, a few years later Louis de Broglie will win the Nobel Prize. It’s hard to understand new ideas in all ages.

に投稿 コメントを残す

J・チャドウィック
1/25改訂【中性子を発見しガン治療に応用】

こんにちはコウジです!
「チャドウィック」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1891年10月20日 ~ 1974年7月24日】

ラザフォードの弟子チャドウィック

ジェームズ・チャドウィックは研究環境で恵まれていました。

マンチェスター大学の時代からラザフォードの指導を受け、
海外修業時代にはガイガーの下で放射線計測の知見を積み上げました。

開発されたばかりのガイガーカウンターを使い
放射線特性での実績をあげます。第一次大戦終了後は
ケンブリッジ大学のキャベンディッシュ研究所で
再び
ラザフォードの下で研究を続けます。

ドクター修了後も10年以上、
ラザフォードの助手を務めていました。

キャンデビッシュ研究所での討論や助言は
多分に
有益だったであろうと思われます。

チャドウィック以外にも有能な研究者達が集まっていました。
その中で
議論を交わしたのです。そんな中で
チャドウィックは
中性子を発見していきます。

チャドウィックと中性子

ベリリウムにアルファ粒子を衝突させたボーテ【Walther Bothe(独)】
1950年代の実験でチャドウィックは知見を得て、電荷をもたない
理論的な粒子である「中性子」
を予感し考察を進め、キューリ夫妻の息子である
イレーヌ・ジョリオ=キュリーによるポロニウムとベリリウムで行った
1932年の実験検証を進めます。実験装置を工夫し、
理論を完成させます。

原子核の理解にとって大きな前進です。
中性子が説明されたのです。

ハイゼンベルク が中性子とは陽子と電子の組ではなく
新たな核子であると
考察していましたが質量は未確定でした。

その時点では実態の完全把握が未完でした。
そうした
中性に対してチャドウィックは明確に質量を示し、
重陽子の光壊変によって中性子質量を確定します。

質量の発見で原子構造をまた一つ明らかにしたのです。
更にチャドウィックは中性子がガン治療に有益であろうと考えます。

 軍需産業と物理学者

ただ残念な事に、チャドウィックの時代は世界大戦の時代と重なります。
マンハッタン計画では
イギリスチームのリーダーとして計画を進めて
いました。
トリニティー実験も目の当たりにしたようです。

自身が心血を注いで作り上げた概念が政治的に
利用されていく有り様をチャドウィックは、
どう感じていたのでしょうか。
不満だった筈です。

その他、パウリとの議論の発展、
サイクルトロンの導入、
ノーベル賞の賞金の
使い道については
追って、きちんと整理して再投稿したいです。

本稿はひとまず筆を納めます。

チャドウィックはキーズ・カレッジの学寮長として
晩年を過ごしています。そして、リヴァプール大学
には
彼の名を冠した研究所が残っています。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/29_初回投稿
2023/01/25‗改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係
ケンブリッジ関連

熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Rutherford’s disciple Chadwick

James Chadwick was blessed with a research environment. He has been under the guidance of Rutherford since the days of the University of Manchester, and during his overseas studies he accumulated his knowledge of radiation measurement under Geiger. He uses the newly developed Geiger counter to achieve a proven track record in radiation characteristics.

After the end of World War I, he continued his work under Rutherford again at the Cavendish Laboratory at the University of Cambridge. After graduating from his doctor, he was an assistant to Rutherford for more than 10 years. The discussions and advice at the Candebish Institute were probably helpful. In addition to Chadwick, talented researchers were gathered. We had a discussion in that. Meanwhile, Chadwick discovers neutrons.

Chadwick and neutrons

In the 1950s experiment of Beaute [Walther Bothe (Germany)] in which alpha particles collided with berylium, Chadwick gained knowledge and foresaw “neutrons”, which are theoretical particles without electric charges, and proceeded with consideration. We will proceed with the 1932 experimental verification of polonium and berylium by Irene Joliot-Curie, the son of Mr. and Mrs. Curie.

He devises experimental equipment and completes the theory. It’s a big step forward in understanding the nucleus. Neutrons were explained. Heisenberg considered that neutrons are new nucleons rather than proton-electron pairs, but their masses are uncertain. At that time, a complete grasp of the actual situation was incomplete.

Chadwick clearly indicates the mass for such neutrality, and the neutron mass is determined by the photodestruction of deuterons. The discovery revealed another atomic structure. In addition, Chadwick believes that neutrons may be beneficial in treating cancer.

Munitions industry and physicist

Unfortunately, the era of Chadwick overlaps with the era of World War. He was the leader of the British team in the Manhattan Project. He also seems to have witnessed the Trinity experiment. How did Chadwick feel that the concept he had created with all his heart and soul was being used politically? He must have been dissatisfied.

In addition, I would like to keep track of the development of discussions with Pauli, the introduction of Cycletron, and the use of the Nobel Prize money, and repost it properly. This article will be written for the time being. Chadwick spends his later years as a dorm director at Keys College. And the University of Liverpool still has a laboratory bearing his name.

に投稿 コメントを残す

ボルン
T-B稿【アインシュタインと「神はサイコロを振らない」と語った男】

SolvayConf-1927

ボルンについての別サイトを見つけました。

トラックバックの為に再度、更新履歴を残します。

https://blog.goo.ne.jp/kayamatetsu/e/8aef2e3e60c14b5f4ff842d2a0cb223e

是非、トラックバック許可頂き、併せて読んでいただけたらと存じます。

(以下原稿です)


【スポンサーリンク】

【1882年12月11日 ~1970年1月5日】

マックスボルンと確率解釈

M・ボルンはユダヤ系ドイツ人なので、

第二次世界大戦時は大変苦労しています。

そんな中でボルンは形成時の量子論において本質的な

概念である「確率解釈」を提唱しています。

私なりに確率解釈を考えてみると、
微視的な現象の観測では一意的に全ての値が定まる事実は無く、
観測する行為は
一定の確率で観測値を得る統計的な行為である
とする
解釈です。
【古典物理学での観測値に対応する物理量は量子論では期待値です。】

特定の観測値を持つ場合は確率で表現されます。
1930年に初版が書かれた教科書
【dirac「量子力学」】から一文を引用します。
「観測結果の計算には避けられない不定さがあり、そして理論のなしうることは、一般には我々が観測をする時にある特定の結果が得られる事の確率を計算するだけである」

ボルンの人間関係

ボルンはドイツ本国で教授職を解雇されたりしていて、
反戦の姿勢、非核の姿勢を貫き
ラッセル=アインシュタイン宣言にも参加しています。

この点ではドイツに残り、原爆開発に参加
していたハイゼンベルクとは全く別の人生を歩んでいます。

ちなみに、

ハイゼンベルクはボルンの門下生です。
オッペンハイマーもまた弟子にあたります。
オッペンハイマーとは
「ボルン・オッペンハイマー近似」と呼ばれる業績を残し、
共に研究していた時代があります。

共にユダヤ系でしたのでボルンはイギリス、
オッペンハイマーはアメリカへと追われていきます。
ユダヤ人排斥運動の中でボルンは教授職を奪われたのです。
戦時下でのどうしようもない事情でした。

彼の解釈で有名なやり取りがあります。

ボルンの考え方である確率解釈に対して反論した

アインシュタインが量子力学の解釈を

サイコロ遊びに例えたのです。

【Wikipedeaより引用:アインシュタインの有名な言葉
「彼(神)はサイコロを遊びをしない」は1926年
にボルンに当てた手紙の中で述べられたものである。】

さいころ遊びに例えた手紙が交わされた翌年の
1927年に
ハイゼンベルグが不確定性関係を定め、
このサイトTOPで写真を使っている
第五回ソルベー会議が開かれます。【於10月】

其処で本質に対して真剣な議論が交わされるのです。
人類の理解が大きく変化していった時代でした。

確率解釈は人類の思想にとって大きなパラダイムシフトです。

ボルンの考え方は、それまでの発想を大きく変えました。

最後にトリビア話

ボルンの孫の一人に歌手であるオリヴィア・ニュートン・ジョン
が居ました。私も初稿を書く際に分かったのですが意外ですね。

勝手に想像するとボルンは如何にもドイツ人らしい人
だったのでしょうね。アインシュタインとのやり取りは、
そんな彼を偲ばせます。

イギリスに亡命後にドイツへ帰国しており、
プランクと同じゲッティンゲン市立墓地に眠っているそうです。
母国の土に帰りたい想いもあったのでしょう。
そしてきっと、
お孫さんのオリビア・ニュートンジョンも墓参りに来るのでしょう。

関連URL(YouTubeへ:)
https://www.youtube.com/watch?v=E-JGTk_WM1k

TechAcademy [テックアカデミー]
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/08/30_初版投稿
2023/01/15_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イギリス関係のご紹介
ドイツ関連のご紹介

量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイト参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Max Born and Probabilistic Interpretation

Since M. Born is a Jewish German, he had a lot of trouble during World War II. Under such circumstances, he advocates “probabilistic interpretation”, which is an essential understanding of phenomena in the early quantum theory. To express the probability interpretation simply, it is an interpretation that the phenomenon related to the observation includes not only the uniquely obtained object but also the event observed with a certain probability. In other words, the observed value is multiplied by the certain probability. It is permissible if it is a match.

Born Relationships

Born has been dismissed as a professor in Germany, and he has been involved in the Russell-Einstein Declaration with an anti-war and non-nuclear stance. In this respect, he remains in Germany and lives a completely different life from Heisenberg, who participated in the development of the atomic bomb. By the way, Heisenberg is a student of Born. Oppenheimer is also a disciple. There was a time when Oppenheimer left a work called “Born-Oppenheimer approximation” and studied together. Both were of Jewish descent, so Born was chased by England and

Oppenheimer was chased by the United States. Born was deprived of his professorship during the Jewish exclusion movement. It was a terrible situation during the war. There is a well-known exchange in his interpretation. Einstein, who argued against Born’s idea of ​​stochastic interpretation, likened the interpretation of quantum mechanics to dice play.

[Quoted from Wikipedea: Einstein’s famous words
“He (God) does not play dice” is 1926
It was stated in a letter to Born. ]

In 1927, the year after this letter was exchanged, Heisenberg established an uncertainty relationship, and the 5th Solvay Conference using photographs will be held on the top of this site. [October] There is a serious discussion about the essence. It was an era when human understanding changed drastically. Probabilistic interpretation is a major paradigm shift for human thought. Born’s thinking changed his way of thinking.

Finally the trivia story

One of Born’s grandchildren was the singer Olivia Newton-John. I also found out when writing the first draft, but it’s surprising. Imagine that Born was a German person. The interaction with Einstein is reminiscent of him. He returned to Germany after his exile in England and is sleeping in the same Göttingen Cemetery as Planck. Perhaps he also wanted to return to his homeland. And I’m sure his grandson Olivia Newton-John will come to visit the grave.

 

 

に投稿 コメントを残す

仁科 芳雄
1/24改訂【サイクロトロンを開発した「人たらし」】

東大

こんにちはコウジです!
「仁科 芳雄」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1890年12月6日生まれ ~ 1951年1月10日没】

人を育てた仁科さん

仁科芳雄は稀代の「人たらし」だったと言われています。
仁科さんは人に惚れ込む性格でした。

仁科さんが人に入れあげる性格で、
その人の良い所を見つけて、それを伸ばす。
そんな仁科さんの元に人が集まる。

そんな風にして仁科さんの下に集まった沢山の人達を
育てあげていった凄さが仁科さんにはあるんです。

仁科さん本人はオランダ・コペンハーゲンの
ニールス・ボーアのもとで育ち、その自由闊達な
コペンハーゲンの学風を日本に持ち込み、
多くの学者を育てました。

1928年にオスカル・クラインとコンプトン散乱の
有効断面積を議論しています。

また帰国後にはハイゼンベルクディラック
日本に招待して日本の中での物理学への
理解を深め啓蒙活動を続けています。

更には、師であるボーアを日本に呼び寄せています。

仁科さんとサイクロン 

研究内容として仁科さんはサイクロンの建設を進めて、
様々な成果をあげてます。

そのサイクロンを大型化する際には仁科さんは
大変苦労しています。
先行する
カリフォルニア大学のローレンスとは日米関係の悪化に伴い
関係が悪くなっていったのです。実際、サイクロトロン関係の
情報交換は
軍事的な側面を持つので出来なります。

そして終戦と共に、
仁科さんが
苦心して作り上げたサイクロンは
GHQにより東京湾に破棄されてしまいます。

仁科さんの晩年 

戦後には仁科さんは理化学研究所の所長を務め、
科研製薬の前身となる会社で社長を務めましたが、
肝臓ガンを患い61歳で亡なってしまいます。

放射線被ばくの影響もあったであろうと言われていて、
残念です。多くの人材育成に捧げた人生だったと感じています。

TechAcademy [テックアカデミー]
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
適時、返信・改定を致します。

nowkouji226@gmail.com

2020/12/13_初版投稿
2023/01/24_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
東大関連のご紹介
力学関係のご紹介
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Nishina who raised people

Yoshio Nishina is said to have been a rare “human being”. Nishina-san had a personality that fell in love with people. He has the personality that Nishina puts into a person, and he finds the good points of that person and develops them. People gather under Mr. Nishina. In that way, many people gathered under Mr. Nishina, and Mr. Nishina has the awesomeness of raising them.

Mr. Nishina himself grew up under Niels Bohr in Copenhagen, the Netherlands, and brought his free-spirited Copenhagen academic style to Japan and raised many scholars. He discusses the effective cross-sectional area of ​​Compton scattering with Oskar Klein in 1928. After returning to Japan, he invited Heisenberg and Dirac to Japan to deepen his understanding of physics in Japan and continue his enlightenment activities. In addition, he is calling his teacher, Bohr, to Japan.

Nishina-san and Cyclone

As a research content, Mr. Nishina is proceeding with the construction of a cyclone and has achieved various results. Mr. Nishina is having a great deal of trouble in enlarging the cyclone. His relationship with the University of California, Berkeley, which preceded him, became worse as the relationship between Japan and the United States deteriorated. In fact, exchanging information related to cyclotrons is possible because it has a military aspect. And at the end of the war, the cyclone that was painstakingly created will be destroyed by GHQ in Tokyo Bay.

Nishina’s later years

After the war, Mr. Nishina was the director of RIKEN and the predecessor of Kaken Pharmaceutical, but he suffered from liver cancer and died at the age of 61. It is a pity that he was said to have been affected by radiation exposure. He feels that he was a life dedicated to a lot of human resources development.

に投稿 コメントを残す

エドウィン・パウエル・ハッブル
_【赤方偏移を示し膨張宇宙論を論じました】

シカゴの画像

こんにちはコウジです!
「ハッブル」の原稿を改定します。

投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。
今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使いません。
2021/7/11(日)から始めていてSNSの感じが分かりました。
流入はありますが労力がかかります。
今後はSEO中心に考えてSNSはブログと常時関連させません。
SNSは戦略的に使っていきます。

何より紹介の内容を吟味します。【以下改訂した原稿です】


【スポンサーリンク】
【1889年11月20日 ~ 1953年9月28日】

ハッブルの意外な側面

ハッブルは近代の天文学者で、

膨張宇宙論を特徴づける

ハッブルの法則等が有名です。

そんな大天文学者ですが、高校時代は陸上で
イリノイ州の
記録を更新したりしていました。

そんな少年時代は後の人生と全く違いますね。
そして、
大学時代はボクシングでならし、
とあるプロモーターから世界チャンピオン
との一戦を
持ちかけられた程の強さでした。

これまた意外ですね。

ハッブルの業績

ハッブルの業績で大きいのは赤方偏移の発見でしょう。
1929年にセファイド変光星の観測から
明るさと変光周期の関係観測していく事で
赤方偏移の考え方を導きました。

赤方偏移とはドップラー効果を考慮した考えで
観測可能な大部分の銀河の光が波長の短い方向
(赤い色の方向)へ変化している現象です。

遠ざかっていく救急車の音が鈍くなっていくと
思い出してください。

ハッブルが考える宇宙論では、無論、直接の実験は出来ません。
使える理論も検証の為に理論が必要となる学問体系でした。

反面ハッブル提唱の赤方偏移は宇宙理論に明快な方向性を与え、
次の考えに繋がっていくのです

の後のハッブルの軌跡

赤方偏移の考えから
膨張宇宙論の考えが裏付けられ、ひいては
ビックバーン理論へとつながっていったのです。

また、我々が暮らす銀河と
別の銀河を見つけた業績も特筆するべきです。

 

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/08_初稿投稿
2023/01/13_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
アメリカ関係へ
力学関係
電磁気関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

The surprising side of Hubble

Hubble is a modern astronomer who is famous for Hubble’s law, which characterizes the theory of expanding cosmology. Although he is such a great astronomer, he used to break records in Illinois on land when he was in high school. Such a boyhood is completely different from later life. And when I was in college, I was so strong that I was able to get used to boxing and a promoter offered me a fight against a world champion. This is also surprising.

Hubble’s achievements

Hubble’s achievements will be the discovery of a redshift. He derived the idea of ​​redshift by observing the relationship between brightness and variable period from the observation of Cepheid variable stars in 1929. Redshift is a phenomenon in which the light of most galaxies that can be observed is biased toward a shorter wavelength (red direction) in consideration of the Doppler effect. Recall that the sound of an ambulance moving away is slowing down. Twice

Hubble’s cosmology, of course, does not allow direct experiments. The theory that can be used was also an academic system that required theory for verification. On the other hand, Hubble’s redshift gives a clear direction to the theory of the universe and leads to the next idea.

Hubble’s trajectory after that

The idea of ​​redshift supported the idea of ​​expanding cosmology, which in turn led to the Big Burn theory.

Also noteworthy is his achievement in finding a galaxy different from the one we live in.