に投稿 コメントを残す

ガリレオ・ガリレイ
4/23改訂【近代科学の父、天文学の父|数学的モデルを作り実験】

こんにちは。コウジです。
ガリレオの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

近代科学の源流
【スポンサーリンク】
【1564年2月15日生まれ ~ 1642年1月8日没】

ガリレオの生きた時代

イタリアのガリレオ・ガリレイの名は世界中で
近代科学の父、天文学の父として知られています。

数学的なモデルを確かにして現象から
パラメターを選びその数値を観測可能な
道具を選ぶ事で実験検証する手法は
ガリレオが確立したものです。

そして、
ガリレオの生誕年での西暦はユリウス暦で
死没年の西暦はグレゴリオ暦です。

ガリレオ・ガリレイはそんな
2つの暦を使う時代に生きていました。

そんなガリレオが生きた時代には自然科学の考えに対して

暗黒の時代背景がありました。教会が力を持ち、

表現が不適切とされた時には社会的な制裁を受けました。

ジョルダーノ・ブルーノという哲学者は
火炙りに処されています。

ブルーノの断罪は多岐に渡ります。

その中の一つが天体関連です。

当時の教会の考えでは、地球が太陽や土星の様に

運行してはならないのです。
今では理不尽とも思えますが。

ガリレオとケプラー

ガリレオは同世代のケプラーと交流を持ち刺激し合います。
互いの研究を認め、影響を及ぼすのです。ガリレオは
質の良い観測機器を生み出し、木星の衛星を観測します。
それを遠い地で知ったケプラーがその観測機器(望遠鏡)
を欲しがりますが、ガリレオは「あげる」と約束しながら
結局送らず仕舞いで話は終わります。アーサーケストラー著の
「ヨハネス・ケプラー」より引用しますのでご覧ください。
ガリレオの発見を世間が問題にしている点をケプラーは指摘します。
(以下、太字部が同書からの引用です)

 P306.(1610年8月9日、ケプラーがガリレオに手紙を書きます)
 「(…略…)私どもは哲学的問題ではなく法律的問題を
 扱っているのです。ガリレオは故意に、世間を惑わせたの
 でしょうか。(…略…)我がガリレオよ出来るだけ早く私に
 承認を推薦して下さる事を要望致します。」

⇒今度はガリレオは急いで返事を書きました。

(1610年8月19日パトヴァにてガリレオからケプラーへ)
「我がもっとも学識のあるケプラー。貴下の二通のお手紙を
 私は受け取りました。最初のお手紙は、貴下が既に
 本にされて出版されていますが、(…略…)」

⇒ガリレオは出来るだけ質の良い機械をガリレオに送ると約束
⇒「わが友に送る」と約束していたが約束が果たされる事は無かった

 「相当数の人が『メディチ家の星』を見ているのですが、
 その人たちは皆沈黙するか躊躇しているのです。」

こうしてガリレオは自らがケプラーの「味方」であることを
強調して、ケプラーからの好意を彼なりに受け止めていたのです。
簡単には観測に関わらない(よく見えない!!)星を
星が好きな二人がともに見たがっています。そして、
その二人(ケプラーとガリレオ)が新しい天文体系を
作ろうと知力を振り絞っているのです。

ガリレオの研究環境と業績

そんな時代の中でガリレオも艱難辛苦に晒されます。

権力争いに巻き込まれ、天体に関する考えから

異端審問を受け、社会的立場を悪くします。

軟禁状態におかれ、体調も悪くなっていきます。

そんな有り様を知ったデカルトは論文発表を控えた

と伝えられています。更にはガリレオは失明します。

これは一説には過度の天体観測のせいだとも

言われています。ただ、その後も息子や弟子達の

助けを借りて出版をしたり振り子時計を発明したりしています。

振り子の等時性をもとにして,周期を起点に考えていき、

時を刻む仕組みを設計していたのです。

まさにプロトタイプの精密機械ですよね。

そして、最後は77歳で亡くなっています。

〆最後に〆



テックアカデミー無料メンター相談
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/22_初回投稿
2024/04/23_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
力学関係のご紹介
AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(対応英訳)

First, Galileo’s birth year is the Julian calendar and the death year is the Gregorian calendar. Galileo Galilei lived in an era of using these two calendars.

The name Galileo Galilei of Italy is known all over the world as the father of modern science and the father of astronomy.

Galileo has established a method for experimentally verifying by making sure of a mathematical model, selecting parameters from phenomena, and selecting tools that can observe the numerical values.

When Galileo lived, there was a dark background to the ideas of the natural sciences. He was subject to social sanctions when the church was powerful and improperly expressed. A philosopher named Giordano Bruno is burned at the stake.

Bruno’s condemnation is wide-ranging. One of them is related to celestial bodies. The idea of ​​the church at that time was that the earth should not operate like the sun or Saturn. It seems unreasonable now.

In such an era, Galileo is exposed to hardships.

He gets caught up in a power struggle, gets an inquisition from his thoughts on celestial bodies, and makes his social position worse. He is under house arrest and his condition is getting worse.

It is reported that Descartes, who knew such a situation, refrained from publishing his treatise.

Furthermore, Galileo loses his eyesight. It is said that this is due to excessive astronomical observation in one theory. However, he has continued to publish and invent pendulum clocks with the help of his sons and disciples.

Based on the isochronism of the pendulum, he started thinking from the cycle and designed a mechanism to keep track of time. It’s a prototype precision machine, isn’t it?

And he finally died at the age of 77.

に投稿 コメントを残す

ジョルダーノ・ブルーノ
4/22改訂【宇宙の無限を説き異端審問を受けた殉職者】

こんにちは。コウジです。
ジョルダーノ・ブルーノの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

ブルーノ著作集
【スポンサーリンク】
【1548年生まれ ~ 1600年2月17日没】

ジョルダーノ・ブルーノはイタリア生まれの哲学者にして

ドミニコ会の修道士です。ルネッサンスの時代の人で

有名なガリレオ・ガリレイと生きた時代が重なります。

科学者のご紹介という視点からは少しずれますが、

自然観の変遷という観点から科学史の中で論じます。

ブルーノの時代 

 

コペルニクスの時代から時が過ぎ、

教会の世界観は変化しています。

当時のヨーロッパの人々の世界観について

教会が支配的立場をとるのです。その中で、

現代の我々の視点からは当時人々の不合理さは

受け入れ難いです。最終的にはブルーノは

火炙りに処されてしまいます。宇宙は有限ではなく無限で、

地球や太陽も星の中の1つ、というブルーノの考えは

当時の社会的な価値観と合いませんでした。

当時としては不愉快な考えだとも思われたのです。

そして火あぶり。酷い話です。

ブルーノは異端審問を受け広場で火あぶりに。 

ブルーノの信念

 

何よりも、ブルーノは

ドミニコ会の修道士でした。

「神の作りたもう世界は限り無い」

という信念をもっていて、

権威に立ち向かいつつも

彼なりに良心的な判断をして

考え方を構築していったのです。

 

数学的モデルで検証して欲しかった。

実験結果と照らして判断して欲しかった。

科学が得意な人々と議論して欲しかった。

私は勝手に、そう思います。

名誉回復

 

最後に、ブルーノの名誉回復の話です。

20世紀になってヨハネ・パウロ2世の時代に

過去の見直しが成され、ブルーノの処刑は不当である

として、異端判決を取り消しています。新しい発想を

作り出したブルーノが再評価されたのです。

今、ブルーノは思想の自由に殉じた

”殉職者”として評価されています。



テックアカデミー無料メンター相談
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/23_初回投稿
2024/04/22_改定投稿

(旧)舞台別
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)
イタリア関係
力学関係
AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Giordano Bruno is an Italian-born philosopher and Dominican monk. Bruno lives with the famous Galileo Galilei.

This paper discusses Bruno in the history of science from the perspective of nature.

 

Time has passed since the days of Copernicus, and the world view of the church has changed. The church takes a dominant position in the worldview of the European people at that time. Among them, the absurdity of people at that time is unacceptable from our modern point of view. Eventually Bruno will be burned at the stake. Bruno’s idea that the universe is not finite but infinite, and that the earth and the sun are one of the stars, did not fit the social values ​​of the time.

It seemed like an unpleasant idea at the time. And Bruno burns at the stake. It’s a terrible story.

Above all, Bruno was a Dominican monk.
He had his belief that “the world created by God is endless,” and he built his mindset while confronting authority and making his own conscientious decisions.

He wanted it to be verified with a mathematical model. He wanted him to judge in the light of the experimental results. He wanted to discuss with people who are good at science. I think so without permission.

Finally, the story of Bruno’s rehabilitation. In the 20th century, during the time of John Paul II, and the heretical judgment was revoked, saying that the execution was unjustified. Bruno, who created a new idea, was re-evaluated. Bruno is now regarded as a free-spirited line of duty death.

に投稿 コメントを残す

ティコ・ブラーエ
4/21改訂【ケプラーを助手として独自の宇宙論(宇宙体系)を展開】

デンマーク

こんにちは。コウジです。
ティコ・ブラーエの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

【1546年12月14日生まれ ~ 1601年10月24日没】

ティコ・ブラーエの死
【スポンサーリンク】
【;Tycho Brahe‐1546年 ~】

概説

ティコ・ブラーエはデンマークの貴族です。

多彩な能力を持っていて天文学で業績を残した他に、

作家・占星術師・錬金術師としても活動していました。

実際そうした活動領域の「あいまいさ」は当時の科学者

と呼ばれていた人に広く見受けられる傾向で、

自然科学が広く行き渡った我々の時代からは全く

想像出来ない環境です。概念的に今でも

心理学やマーケティングでペルソナという概念が

使われていたりしますが、当時は真面目に悪魔の存在

が信じられていたりしました。むしろ悪魔の概念を、当時の

キリスト教会の指導者達が利用した面もあります。

 

ティコ・ブラーエの鼻

さて、意外なエピソードとして

「ティコ・ブラーエの鼻」の話があります。

その鼻は若き日の決闘によって鼻梁が無くなっていて、

それ以降、ティコは金属製の付け鼻をしていたのです。

 ブラーエの著書アルマゲスト

ティコ・ブラーエの考え方では

地球が世の中の中心にあり、太陽は地球の

周りを回転していると考えていました。天動説です。

天体運動を考えた時にプトレマイオスの

「アルマゲスト」という著作が有名で、慣性を考慮せずに

「地球が動くなら空の鳥は西に流されていく」だから

(実際には)「地球は動かない」人々は信じていました

確かに相対的な位置関係としては

太陽の動きは説明出来ますが、後の学者達

が整理した色々な星のデータベースと

整合性がとれる考えではありませんでしたでした。

特に、コペルニクスの著書である「天球の回転について」

をティコ・ブラーエは所蔵していて

綿密な書き込みをしていたという研究報告もあります。

当時のコペルニクスの著作は売れていない本だったよう

ですが天体関係者達のネットワークの中で「天体の…」

「良書」だと噂され議論の題材となっていたのです。

そのようにして、ティコ・ブラーエが科学的アプローチを

続ける中で当時の知見を使って判断していたのです。

ケプラーの継承

ただ何より、ティコ・ブラーエの観測データは

正確無比でした。後にデータを引き継いだ

ケプラーがコペルニクス的転回をして地動説の知見

に立ち返り、データをもとに地球が自転しながら

太陽の周りをまわる理論を打ち出します。

全体的に見て、ティコ・ブラーエの考えは間違いでしたが、

星の観測の業績としてはとても大きかったと言えるでしょう。

また、色々な人の業績がつながっていく視点で見た時に、

ティコ・ブラーエの残したデータが後に使われていた事実は

とても重要だといえます。間違った点があったことは事実ですが、

ティコ・ブラーエ彼はそれでも追及を続けていて、

彼の残したデータをもとに後の人々が議論をして、

宇宙の理解へと進んでいったのです。

現代の考えに近づきロケットが飛び知見が重なり、

これからも進化するのです。



テックアカデミー無料メンター相談
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/12/22_初版投稿
2024/04/21_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係の紹介へ
力学関係のご紹介

AIツールでの考察へ

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Tycho Brahe is a Danish aristocrat.
In addition to his versatile abilities and achievements in astronomy,
He was also active as a writer, astrologer, and alchemist.
Also, as a surprising episode, there is a story about “Tycho Brahe’s nose”.
The nose of Tycho Brahe has lost its bridge
due to a young duelSince then, Tycho has had a metal nose.

Tycho Brahe thought that the earth was at the center and the sun was rotating around the earth.

It is true that the movement of the sun can be explained as a relative positional relationship, but it was not an idea that was consistent with the database of various stars organized by later scholars.

In particular, there is a research report that Tycho Brahe possessed Copernicus’s book “On the Revolutions of the Heavenly Spheres by Nicolaus Copernicus of Torin 6 Books” and wrote it in detail. That is how Tycho Brahe used his knowledge at the time to make decisions as he continued his scientific approach.

But above all, the observation data of Tycho Brahe is
It was unmatched in accuracy. Kepler, who later took over the data, makes a Copernican revolution, and based on the data, he proposes a theory that the earth rotates around the sun.

Overall, Tycho Brahe’s idea was wrong, but it was a huge achievement in star observation.

Also, from the perspective of connecting the achievements of various people, the fact that the data left by Tycho Brahe was used later is very important. It’s true that there was something wrong, but Tycho Brahe was still pursuing,

Based on the data he left behind, later people argued and proceeded to understand the universe.

Rockets will fly closer to modern ideas, and knowledge will overlap, and they will continue to evolve.

に投稿 コメントを残す

ゲオルク・レティクス_
4/20改訂【コペルニクスと天動説をまとめた】

こんにちは。コウジです。
ゲオルク・レティクスの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

天体回転論
【スポンサーリンク】
【1514/2/16 ~ 1574/12/4】

天文学のパイオニア・レティクス

その名はGeorge Joachim Rheticus または
Rhäticus, Rhetikus と記します。

(外国の方ですから正確にコピペしました。)
天文学者レティクスはオーストリアに生まれました。

フェルトキルヒ、チューリッヒ、ウィッテンベルクでレティクスは数学的な素養を収めた後に1537年にウィッテンベルク大学で教授として働きだします。そして、その二年後から二年間の間、コペルニクスと共に暮らします。影響を与えあっていたのです。

当時の学問体系を考えたら
ニュートン力学も成立していませんし、
電磁気に関する理解もありません。
道具立てとして使える学問は
天文学と数学なのです。

あえて他の道具を考えていくとすれば
ユダヤ教の発展と共に伝わってきた
「カバラ」
と呼ばれる数の体系です。キリスト教の色々な
話に基づき
数字一つ一つに意味を付けていきます。
13や7が比較的幸運な番号であるといった次第に
一つ一つの数字に意味が加わるのです。

数秘術としてカバラは占い師が受け継いでいる体系です。
中世には王家の意思決定などの時に(真面目に)「議論」
カバラの流儀で交わされて実際の祭り事が行われていました。

有名人ではミッシェル・ノストラダムスはフランス王家に仕え、
カバラの思想に基づき助言を与え地位を確立しています。
レティクスも何人かのパトロンのもとで研究を続けます。

レティクス時代の宗教と政治

また、当時の宗教は政治的にも力を持っていました。
特に中世以前はキリスト教の教えに従い
協会自治区が地方のあちらこちらにありました。

そうした経緯で、1096年から1303年にかけての期間には
聖地を確保するために十字軍が組織され、
大規模な軍事行動が行われました。

斯様な時代背景のもと、16世紀前半に
宗教改革をしたマルチン・ルター(1483- 1546)
によるコペルニクス(1473 – 1543)への批判が有名です。

宗教が科学に対する影響は大きいのです。ルターは
聖書の一節であるヨシュアによる

「日よとどまれ」(ヨシュア10:12~13)

という言葉に着目しています。

「地球が動いているのではなくて太陽が動いている」
という概念が聖書の中での世界観が天文学にも
適用される事が好ましい世の中だったのです。

実験と経験を重視して考える思考は
ルター思想の中では目立ちません。

ルターによれば千年以上前に著された
聖書の言葉が何より重いのです。

それだからルターはコペルニクス
考えを受け入れていないのです。

教会が権威を持ち堕落しているとの批判的な観点からルターは
神の言葉としての「聖書の文言」
を大事にする聖書絶対主義を掲げました。

キリスト教の中でもプロテスタントとカソリックが
天文学に対して異なる見解を示します。

科学に対してキリスト教が偏見を持っていた事情は1973年に
ヨハネ・パウロ二世が「ガリレオ裁判の過ち」を
公式に謝罪するまで続きます。

レティクスとコペルニクス

精力的にレティクスはコペルニクスを支持し続けました。
時代背景にも関わらずに天動説を進めていきます。

コペルニクスの死後まもなく発刊された
「天球の回転について」

において天動説を形にします。

後世の天文学者が大事に使っていく概念を作り上げたのです。
いわゆる「コペルニクス的転回」が大部分の人に
理解されなかった時代に、
レティクスは理解と復旧を進めました。



テックアカデミー無料メンター相談
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2022/10/05_初版投稿
2024/04/20‗改訂投稿

舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
電磁気関係
オーストリア関連のご紹介
AIによる考察(参考)

ーこのサイトはAmazonアソシエイトに参加していますー

(2022年10月時点での対応英訳)

Rheticus is an astronomer

I write down the name with George Joachim Rheticus or Rhäticus, Rhetikus.
(because he was foreign one, I copied and pasted it exactly.)
Rheticus is an astronomer born in Austria.

After having put the mathematical quality in felt Kirch, Zurich, Wittenberg, Rheticus begins to work as a professor in Wittenberg University in 1537. And, during two years after two years later, Rheticus lived with Copernicus. They affected each other.

The Newton dynamics was not there at that time, and there was no understanding about the electromagnetism, too. They must study Dynamics to be usable as preparations was astronomy and mathematics.

Era of Rheticus 

There was a system of the number called “The Cabala” that came with development of Judaism if I think about other learmings daringly. They add a meaning to one one number based on Christian various stories. They gave a meaning  to each gradually each number to be the number, that 13 and 7 are relatively lucky.

This thought is the system which a fortune-teller still inherits as a number secret art. They had done such a “discussion”  at the time of decision making of the royal family seriously in the Middle Ages, and every real festival was held.

Michelle, nostole dams served a French royal family in the famous people and Michelle gave advice based on Cabara and establish a position.
Rheticus continues studied it with some patrons, too.

On the oyher hand, the side that religion at the time had power politically was very strong. There was an association autonomous district in local many places according to Christian teaching before the Middle Ages in particular. They had organized Crusade to secure a “sacred place as process” in the times of the Crusade during a period from 1096 through 1303, and they had carried out a large-scale military campaign.

Rheticus and Religion

Copernicus criticism by Martin Luther who did the Reformation in the cause, the early 16th century of the background in such times has it pointed out. Religion has a big influence on science. By Jehosua who is one node of the Bible as for Luther “stay a day”, and pay the attention to the word (Jehosua 10:12 – 13).

It was the world where it was preferable for a view of the world in the Bible, “the earth did not move, and the sun moved” to be applied to astronomy. The thought to focus on an experiment and experience in the thought of Luther, and to think about is not founded. Words of the Bible written according to Luther more than 1,000 years ago are heavy Important above all.

Because it is it, Luther does not accept a thought of Copernicus. Luther raised the Bible aesthetic absolutism to take good care of “the words of the Bible” as words of God from a critical point of view that Chnrch was corrupted if they paid a church for too many authority.

In addition, Protestantism and a Roman Catholic show a different opinion for astronomy in Christianity.
that the circumstances that Christianity prejudiced against for science continue until John Paul II apologizes for “the mistake of the Galileo trial” formally in 1973

Rheticus continues supporting Copernicus without being concerned in the background in those days and pushes forward the Ptolemaic theory.

Rheticus made the Ptolemaic theory a form in “about the turn of the celestial sphere” published soon posthumously of Copernicus. Rheticus made up the concept that a later astronomer used carefully. In the times when so-called “Copernican change” was not understood by most people, Rheticus pushed forward understanding and restoration.

 

に投稿 コメントを残す

コペルニクス
【レクティスと地動説を推進して世界観を転換】

deutuland

こんにちは。コウジです。
コペルニクスの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

哲学者たちの天球
【スポンサーリンク】
【1473年2月19日生まれ ~ 1543年5月24日没】

コペルニクスの若き時代

コペルニクスは王領プロイセンの一部であった現在のポーランドで生まれました。特に第2次大戦までのナショナリズムの時代には、その地に生まれた人々はドイツ人であると言われたりしていましたが、今日ではドイツ系ポーランド人と呼ばれることが多いです。15世紀になり、地中海沿岸で生まれた科学の芽が世界中へと広がっていきます。天文学の知見も色々な所で議論されています。

プトレマイオスの時代からコペルニクスの時代まで千数百年が経っている点も指摘すべきです。後に考察しますがプトレマイオス後の長い期間の常識をコペルニクスは覆します。世界観の転換です。 

生活の面を考えていくとコペルニクスは職業として天文学に専念出来る仕事に従事していませんでした。日々の仕事としては宗教の布教に伴う様々な仕事をしていたようです。そんなコペルニクスは若い時代にイタリアに2度留学に出ておりボローニャ大学とパトバ大学で、それぞれ法律と医学を学んでいます。この時代、見聞を広める為に大変な思いをしたと思います。

コペルニクスの経済的な仕事

様々な仕事の一つとして、

コペルニクスは聖堂参事会の財産管理

をしていましたが、その仕事の中で

「悪貨は良貨を駆逐する」

という概念を初めて用いています。

良質のお金は各人の手元に残されて、

流通する貨幣は質の悪いものになっていくのです。

流通紙幣の品質に関連した議論です。

そういった社会的な活動もしていたという事実は
特筆すべきです。いずれにしてもコペルニクスは
知識人としての活動を続けていました。半面で、
時代の流れがありドイツ騎士団がポーランド王領
プロイセン内ヴァルミアに侵攻する中で
コペルニクスの生活は変わっていきます。

コペルニクスの宗教的側面

宗教的なコペルニクスの人生の側面を

考えてみると、教会側からコペルニクスが

何時も批判にさらされていた訳ではないようです。

コペルニクス自身が教皇に『天球の回転について』

と名付けた著書を献呈していたりする事実も有り、

コペルニクスと教会側との一定の良好な関係があります。

その半面でガリレオの時代には同書が閲覧出来ない

措置が取られていたり、著名な

宗教家であるルターが考えを批判をしています。

コペルニクスは聖書の考えに沿わないと解釈したのです。

幾多の時代の世界観を大きく変える議論だったのです。

別途、地動説を唱えていたプトレマイオスの論陣も、また

当時の科学的な知見に立脚して議論を進めていますが、

その中ではまだ確立されていなかった「慣性」という概念が

理論に必要だった筈だと後に科学史で議論されています。

ちなみに、コペルニクス以前の時代の天体運動の常識では

プトレマイオスの「アルマゲスト」という著作が有名で、

慣性を考慮せずに「地球が動くなら空の鳥は西に流されていく」

だから(実際には)「地球は動かない」といった判断基準

で話を進めていました。

コペルニクスと学問

さて、1539年にヴィッテンベルク大学の教授であった

ゲオルク・レティクスがコペルニクスを尋ねましたが、

面会の中でレティクスはコペルニクスから地動説の思想を

説明してもらい得心し、その考えを継承・発展したい

と思うようになりました。コペルニクスとレティクス

師弟関係が始まっていくのです。

コペルニクスが直面した「天体と人体」の関係 

こんな話を私が調べていき興味を持った点は

コペルニクスが研究領域を確立していく道筋です。

当時は天文学という学問分野は明確にありませんでしたが、

コペルニクスは医学を修める中で、医学の学問体系に

含まれていた「天体と人体」という関連に着目して、

基礎分野となる天体の知識が当時不足していた事実

に気付くのです。今の我々にとって(一見すると)

天体の運動は月くらいしか人間に関係があると思えません。

関連を極めていく事情も釈然としない部分があります。

また、当時の天文の知識は不十分だった筈です。

いわゆる「天動説」に立脚した理解体系では

「つじつまの合わない」事態に突き当たったはずです。

彼らの自然との対話の中で、

レティクスはコペルニクスの理論を急速に吸収し、

理論体系の流布へ向け出版をするように

コペルニクスに進言します。。そうした話を受け

コペルニクスは自らの理論を纏めていこうと考えました。

「天球の回転について」の出版 

1539年にはレティクスが自身の天文学の師、

ヨハネス・シェーナーに長い手紙を送りました。

その手紙の中においてコペルニクスの理論の抜粋

を盛り込んでいます。その写しをレティクス

グダニスクの出版業者に持ち込み、翌年には

「最初の報告」として出版しました。そこでコペルニクスは

レティクスと共に執筆を進めました。その2年後には

「天球の回転について」の草稿が完成し印刷されたのです。

所がレティクスのライプツィヒ大学の数学教授への

就任に伴い、レティクスが後任指名した神学者

アンドレアス・オジアンダーが校正を続けます。

しかしそうした中、コペルニクスは脳卒中で倒れ、

半身不随となり、完成した製本原稿を読むことは

できませんでした。最終的に仕上がった印刷物は、

コペルニクスが亡くなった当日に

彼のもとに届いていたという逸話が残っています。

享年70歳の生涯でした。

〆最後に〆



High-Performer
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2021/04/01_初版投稿
2024/04/19_改定投稿

纏めサイトTOPへ】
舞台別のご紹介へ】
時代別(順)のご紹介】
イタリア関係のご紹介へ】
ドイツ関連のご紹介へ】
力学関係のご紹介へ】
AIを使った考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


対応英訳

 Copernicus was born in  Poland

Copernicus was born in what is now Poland, which was part of the Royal Prussia. Especially in the era of nationalism until World War II, it was said that the people born there were Germans, but today they are often called German Poles. Copernicus did not engage in astronomy-focused work as his profession. As for his daily work, he seems to have done various jobs associated with the mission of religion. Copernicus went to Italy twice when he was young and studied law and medicine at the University of Bologna and the University of Padua, respectively.

As one of those jobs, Copernicus managed the property of the Chapter Chapter, and in that job he used the concept of “bad money drives out good money” for the first time.

Good quality money is left in the hands of each person, and the money in circulation becomes poor quality. This is a discussion related to the quality of banknotes in circulation. The fact that he was also involved in such social activities is noteworthy. The life of Copernicus changes as the Teutonic Order invades Warmia in Polish Royal Prussia.

Another aspect of Copernicus 

Commenting on that aspect of Copernicus’s life, it seems that Copernicus was not always criticized by the church. There is also the fact that Copernicus himself dedicates a book entitled “On the Revolutions of the Heavenly Spheres by Nicolaus Copernicus of Torin 6 Books” to the Pope, and a certain good relationship with the church side can be seen.

On the other hand, in Galileo’s time, measures were taken to prevent the book from being read, and prominent Luther criticized it. It was an argument that drastically changed the world view of many times.

Separately, Ptolemy’s argument, which advocates the heliocentric theory, is also proceeding with discussions based on the scientific knowledge of the time, but the concept of “inertia”, which had not yet been established, must have been necessary for the theory. It was later discussed in the history of science.

Now, in 1539, Georg Joachim Reticus, a professor at the University of Wittenberg, asked Copernicus, where he was convinced that Copernicus explained the idea of ​​the heliocentric theory, and would like to inherit and develop that idea. It came to be. The teacher-apprentice relationship between Copernicus and Retics begins.

What I was interested in investigating such a story is the way Copernicus establishes his research area. At that time, the academic field of astronomy was not clear,

Many aspect of Copermolcus

While studying medicine, Copernicus focused on the relationship between celestial bodies and the human body, which was included in the academic system of medicine, and realized that he lacked knowledge of celestial bodies, which is the basic field at that time. At first glance, for us now, the movement of celestial bodies seems to be related to humans only for the moon.

There is a part that is not surprising even in the circumstances that go extremely far there.

Also, the knowledge of astronomical science at that time must have been insufficient. The understanding system based on the so-called “Geocentric theory” must have encountered a situation that “doesn’t make sense”.

In such a dialogue with nature, Retics rapidly absorbs Copernicus’s theory and advises Copernicus to publish it for the dissemination of the theoretical system. .. In response to such a story, Copernicus decided to put together his own theory. In 1539 Retics sent a long letter to his own astronomy teacher, Johannes Schöner.

Last ofCopermocus 

The letter contains an excerpt of Copernicus’s theory. Retics brought a copy to a Gdansk publisher and published it as the “first report” the following year. So Copernicus worked with Retics. Two years later, the draft of “On the Revolutions of the Heavenly Spheres” was completed and printed.

With the appointment of Retics as a professor of mathematics at Leipzig University, the theologian Andreas Oziander, appointed by Retics, will continue to proofread.

However, in the meantime, Copernicus suffered a stroke and became paralyzed and could not read the completed bound manuscript. There is an anecdote that the final printed matter arrived at Copernicus on the day he died.
At that time, He was 70 years old.

に投稿 コメントを残す

クラウディオス・プトレマイオス
4/18改訂【三角法を考案し天動説の体系を考案】

こんにちは。コウジです。
プトレマイオスの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

アルマゲスト
【スポンサーリンク】
【_83年頃 – 168年頃】

アルマゲストの著者プトレマイオス

(ラテン語表記: Claudius Ptolemæus)

天動説を強力に展開した書籍である「アルマゲスト」を
著したプトレマイオスは古代ギリシアの天文学者(の祖)で
古代ギリシャ語では Κλαύδιος Πτολεμαῖος, と表記されます。
プトレマイオス後、中世のケプラーやガリレオの
登場する時代まで
プトレマイオスの学説は広く支持され
その後の神学の理論的な基礎にもなっていきます。

天動説は地球が世界の中心近辺にあり、太陽や月は地球の周りを
ほぼ円形上の軌跡をたどって移動しているという理論です。
今回取り上げているプトレマイオスは(自著の)アルマゲストで
天動説の理論的な枠組みを作り上げ
当時の
観測レベルでつじつまの合う天文体系を作り上げたのです。

中世における天文学の進展

その後、多くの観測がなされ、
中世に至って「ティコ・ブラーェ」
等の観測データを
ケプラーが体系立てるまでは主に天動説が正しいと

思想の世界では一般に信じられていました。

さて、
一般の人々が「天文学」をどう考えているかを考えてみます。

天文学は慣れ親しんだ夜空を表し、非常に分かりやすいです。
ところが、その内容を考えていくと内容は理解してません。

特に定量的な点を考えてみると観測にかかるのは、
この時代は星の位置だけです。色と温度の関係も
分かりませんし、量子力学の背景が無いので
内部の推定も出来ません。 

多くの人は中学生くらいの時期に天文学を教養として
勉強しますが
大抵はほとんど忘れます。
特に定量的な表現は忘れます。

太陽の質量がどのくらいであるとか、
地球との距離がどのていどあるか

などの値を正確に言える人がどのくらいいるでしょうか。
1000人に一人もいないと思います。試験前に勉強して
後に忘れて、忘れたことは気にしません。
大事ではないのです。

それだから、
詳しいことはどうでもよくて天動説でも
地動説でも
どちらでもいいと思います。
どちらでも説明がつくのです。

プトレマイオスの業績

プトレマイオスの作り上げた三角法は重要です。
三角関数表作成とともに発展してきました。
三角法は今の三角関数の起源となっています。

三角法は弦の長さと円弧の長さの関係を使っています。
現在使われている三角関数が角度と弦の長さを使っている
関係の基本となっているので三角法は重要です。

建築現場でも多用しています。自動車や航空機の設計でも
三角関数は必須です。

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com



【スポンサーリンク】

2022/10/04_初回投稿
2024/04/18_原稿改訂

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2022/10月時点での対応英訳)

Author Ptolemy of the almagest

The Ptolemy who wrote “Almagest” which is the book which presented the Ptolemaic theory strongly is transcribed into ΚλαύδιοςΠτολεμαῖος by the Ancient Greek in astronomers (father) of the ancient Greece.
The theory of Ptolemy is supported widely until the times when Kepler and Galileo of the Middle Ages appear, and it is in the later theological theoretical basics afterwards.

The Ptolemaic theory has earth in the world central neighborhood and is a theory that the sun and the moon almost trace the trace in the circle around the earth and move.
Ptolemy built up a theoretical frame of Copernican theory in almagest and built up a correct astronomy system of the consistency at an observation level at the time.

Astronomical progress in the Middle Ages

Much observation was accomplished and were able to believe observation data such as “Tycho ブラーェ” generally afterwards in the world of the thought to the Middle Ages until Kepler put up a system if the Ptolemaic theory was right mainly.

I think about how general people are thinking about “astronomy” here.
The astronomy expresses the night sky where I got used to and is very plain.

However, most of the contents do not understand it when they think about the contents.
Many people study astronomy as culture at the time of a junior high student, but almost usually forget it. I forget the particularly quantitative expression.
How much will the person whom mass can say a value which degree distance with the earth has how long to exactly with sun be?
I think that there is no it in 1,000 people. I study before an examination and I forget it afterwards and do not mind that I forgot it. It is not important.

Because it is it, the detailed thing does not matter, and even the Ptolemaic theory is the Copernican theory, but thinks that both are enough. Either is explicable.

Achievements of Ptolemy

In addition, the trigonometry that Ptolemy made up is important.
It developed with trigonometric function tabulation.
The trigonometry is the origin of the present trigonometric function.

The trigonometry uses the relations of the length of the string and the length of the arc.
The trigonometry is important now as it is the basics of the relations that a used trigonometric function uses an angle and the length of the string for.

I use many it in the building site. The trigonometric function is required by the design of a car and the plane.

に投稿 コメントを残す

アルキメデス
4/17改訂【兵器を発案し円周率を推定(幾何学的考察)】

こんにちは。コウジです。
アルキメデスの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

天秤の魔術師
【スポンサーリンク】
【紀元前287年頃 ~ 紀元前212年】

多彩な人であったアルキメデス

【英:Archimedes・希: Ἀρχιμήδης】
アルキメデスは、古代ギリシアの数学者で、物理学者で、
技術者で、発明家で、天文学者です。
古代においてのトップクラスの科学者といえます。
鉤爪の兵器や光線の兵器を発案する一方で、
多角形をつきつめて
円周率を推定していたりしました。
具体的には「原理的に考えて」四角形の中に丸があり、
その中に三角があるのなら、大きさの順序は
◇>〇>▽
となるはずです。
「面積が等辺の二乗の次元を持つ」という理解が
出来た時点で等辺が「1」の◇と▽の面積が
それぞれ「1」「1/2」なので間にある円の面積は
(上記の二乗の係数をπすると)
自動的に「1」>「π/4」>「1/2」となるのです。
だから当然4>π>2
五角形と四角形で考えていけばπの精度は上がります。
六角形と五角形で考えていけばπの精度は更に向上。 
最初に思いついたアルキメデスは偉い!
という話なのです。 
アルキメデスは古代ローマ時代に生きた人で、
その生涯は、アルキメデス亡くなった後に、
後の世界の歴史家たちによって
記録を元に推定されました。
歴史上の人物は誰しも記録に頼る
部分があるのですがアルキメデス
の場合は特に死後何百年経ってから
編纂されたとされており、それ故に
不確かな部分が多いです。何より
アルキメデスは多くの仕事を残しました。

アルキメデスの業績

アルキメデスの友人等が、
その伝記を残しておらず、
正確にわかっているのは
戦記に裏付けられた
最後の瞬間だけなのです。
アルキメデスがローマ軍の
シラクサ攻囲戦で死んだことが、
彼の死に関する故事の記述から
正確に判明しているのです。
例えば、アルキメデスの生年は、
死んだ日時の年齢から逆算して
「推定」されています。
アルキメデスの関心は美学に基づいていて、
純理論による論理体系の構築が特徴です。そして半面で
実利的な有用性が顕著です。具体的にアルキメデスの原理とは、
アルキメデスが発見した流体力学での法則です。
圧力というパラメターを発見される前に、
圧力のもたらす(半面的な)効果を利用しました。
論理的に考えていき対象があった部分の
空間が及ぼしている力を浮力として考えたのです。
定式化された形としては、
「流体(液体や気体)中の物体は、対象となる物体が
【押しのけている流体の重量】と同じ大きさで
(ベクトル的に)逆向きの浮力を受ける」
という原理です。他、円周率や数列で
アルキメデスは仕事を残しています。

アルキメデス最後の逸話

話戻って、アルキメデスの亡くなる時のお話です。
その評判を知っていた指揮官・マルケッルスは、
アルキメデスには危害を加えないよう指示しました。
彼の家にローマ兵が入ってきた時、アルキメデスは
砂盤(今でいえばノートの役割)に描いた図(円形)
の上で、何か考えこんでいました。
入り込んだ部屋がアルキメデスの部屋だとは理解していない
ローマ兵が名前を聞きましたが、没頭していたアルキメデス
は無視し、そのことに兵は腹を立てアルキメデスを殺したのです。
アルキメデス最期の言葉は
「私の円をこわすな!」(Noli turbare circulos meos!)
だったと言われています。そのローマ人は命令に反し、
アルキメデスを殺害してしまったのです。

そして、後にアルキメデスを殺害してしまった事を
とても遺憾に思い、苦慮したと言われています。



はじめての副業コース
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com
2022/01/06_初稿投稿
2024/04/17‗改訂投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

【2022年1月時点での対応英訳】

[English: Archimedes / Greeks: Ἀρχιμήδης]
Archimedes is an ancient Greek mathematician, physicist, engineer, inventor, and astronomer. He is one of the top scientists in classical antiquity. He devised claw weapons and ray weapons, and used polygons to estimate pi.

Archimedes was a person who lived in ancient Roman times, and his life was estimated based on records by historians of the later world after Archimedes died.

Every historical figure relies on records, but Archimedes is said to have been compiled hundreds of years after his death, so there are many uncertainties. Above all, Archimedes left a lot of work.

Archimedes’ friends and others have not left the biography,

and only the last moment supported by the war record is known exactly.

Archimedes died in the Roman siege of Syracuse, exactly as the story of his death reveals.

For example, Archimedes’ year of birth is “estimated” by back-calculating from the age of his death.

Archimedes’s interest is in the construction of a logical system based on a pure theoretical structure based on aesthetics, and the practical aspect is remarkable.

Specifically, what is Archimedes’ principle?
It is a law in fluid mechanics discovered by Archimedes.
Before discovering the parameter of pressure
He took advantage of the one-sided effect of pressure.
The part where there was an object to think logically
He considered the force exerted by space as buoyancy.

As a formalized form,
“An object in a fluid (liquid or gas) is a target object.
With the same size as [the weight of the fluid being pushed away]
Receives buoyancy in the opposite direction (vectorly) ”
Is the principle. In addition, in pi and sequence
Archimedes is leaving work.

Returning to the story, it is the story of Archimedes’ death.
Marcus, a soldier who knew his reputation,
He ordered to his stuff as Archimedes not to harmed !
When Roman soldiers entered his house, Archimedes
Figure (circular) drawn on the sandboard (the role of a notebook now)
On top of that, Archimedes was thinking about something.
The Roman doesn’t understand that the room he entered is

Archimedes’ room.

Roman soldiers heard the name, but Archimedes was absorbed
Ignored, and the soldiers got angry and killed Archimedes.

Archimedes’ last words
“Don’t break my circle!” (Noli turbare circulos meos!)

It is said that it was. Military personnel violate orders, about Archimedes.
He is said to have suffered because he was very regrettable to had  killed Archimedes.

に投稿 コメントを残す

こんにちは。コウジです。
デモクリトスの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

ギリシア哲学史
【スポンサーリンク】
【BC460年頃 ~ BC370年頃】

 原子論の始まり

デモクリトスは、古代ギリシアの哲学者です。苗字と名前がありそうだから調べてみたら見つかりません。この時代には未だ無いのかも知れません。何よりデモクリトスは初期の原子論を明確に示した人です。

デモクリトスはレウキッポスを師匠として、その理論を確立しました。ベルシャの僧侶やエジプトの神官に学び、果てはインドやエチオピアまで出かけて見聞を広めたそうです。そんな活動的な人生を歩んでいて、仕舞いには生活に困るようになってしまい、最後は故郷のご兄弟に扶養の世話になっていたそうです。ただ死後はデモクリトスの著作物の公開朗読によって多額の贈与を受け国葬されたと伝えられています。こうした話を聞くと人徳について考えてしまいますね。デモクリトスはまさに「人が語り継ぎたい」と考えるような立派な人だったのです。隣人にそう思わせる人柄だったのです。

デモクリトスと統計的総合作用

 小さな単位元を設けて統計的な総合作用として特定の物体を考えていく「手法」がデモクリトスによって始められました。世界解釈として非常に重要です。ハイゼンベルグはその著書「現代物理学の自然像」(1955)において指摘しています。
「デモクリトスは次の命題を立てている。『甘いもの、または酸っぱいものはただ見かけだけであり、色はただ見かけだけであり、実際にはただ原子と空間があるだけである。』 」

デモクリトスは統計的な手法を発展させられる時代には生きていませんが、「統計的考え方の土壌を作った」と断言できます。味覚が『甘い!!』とか感じる状況はハイゼンベルグの枠組みでは原子と空間が統計的な性質の「組み合わせ」で作っていくのです。そして、デモクリトスの命題を解決するための「原子と空間の新しい理論」をハイゼンベルグは全力で模索したのです。
食物は、燃やしてしまえば匂いも舐めた味もほぼ均一化されるのです。
人間生活の上で大事なものは対象物の、①特定時間での統計的法則性でありまた、観測する(または過去の事象の場合はパラメターを採取する)②タイミングなのです。結果として統計的な作業の結果は事実の近似として「統計の解」が求まります。その「解が最適解であるか?」という議論が出来るのです。

また、上記①、②と最適解の判断が、会話の中で出来ていない人は残念な人として扱われてしまいます。皆さん、少しでも良い議論を交わして下さい。

デモクリトスは哲学、詩学、倫理学、数学、天文学、音楽、生物学などで博識を示し、「知恵 (Sophia)」の異名を受けていました。私の視点では(物理学の観点から)原子論を創り出した点が特に重要です。

物質根源への定性的アプローチ 

物質の根元についての学説は、(後の)アリストテレスが完成させた四大元素(火・空気・水・土)が別途あって、時代ごとに原子論か四代元素かのどちらかが主流となって人々は根源物質を考えていました。デモクリトス以後、原子論は長らく反主流でしたが、ジョン・ドルトンの時代に彼によって優勢となりました。

【ドルトン以降の原子論は、デモクリトスの説と全く同じではありません。】ドルトンの時代には対象原子の質量やサイズに関する議論は無かったようですが、物質の根源物質を原子として考えて、元素の種類があると考えたのです。

実際には核反応で原子は変化していきますが、日常生活を
支えている物質が「元素」という最少単位を使って表現出来る
とデモクラテスは議論していったのです。
化学的手段が無い時代に、こうした基礎知見を
確立できたのは驚くべき考察力です。

デモクリトスの導き出した洞察は
後の物理学の発展に大きく寄与しました。
どんどん現在でも知識が深められているのです。

〆最後に〆



【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2021/10/06_初版投稿
2024/04/05_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
ドイツ関連のご紹介
力学関係のご紹介
AIでの考察記事(他サイト

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

The beginning of atomism

Democritus is an ancient Greek philosopher. I can’t find it when I look it up because his last name and name are likely to be there. It may not be there yet in this era. Above all, Democritus is a person who clearly showed the early atomism.

Democritus established the theory with Leucippus as his mentor. He learned from Bersha monks and Egyptian priests, and eventually went to India and Ethiopia to spread his sights. He was living such an active life, and his disposition made him difficult to live, and in the end he was taken care of by his brothers in his hometown. However, after his death, it is reported that he was given a large gift and was state funeral by public reading of Demox’s work.

Democrates has shown knowledge in philosophy, poetry, ethics, mathematics, astronomy, music, biology, etc., and has been nicknamed “Sophia”. From my point of view, it is especially important that I created atomism (from a physics point of view).

Qualitative approach to material origin

The theory about the roots of matter has four major elements (fire, air, water, and soil) completed by (later) Aristotelis, and either atomism or the fourth element is the mainstream for each era. People were thinking about the source material. Atomism has long been anti-mainstream since Democrates, but was dominated by him during the time of John Dalton. [Atomism after Dalton is not exactly the same as Democritus’s theory. ] It seems that there was no discussion about the mass and size of the target atom, but I thought that the source substance of the substance was considered as an atom and that there were different types of elements. In reality, atoms change due to nuclear reactions, but Democrates argued that substances that support daily life can be expressed using the smallest unit called “elements.” It is a surprising record that we were able to establish such basic knowledge in an era when there was no chemical means. The insights derived by Democrates contributed significantly to the later development of physics. Knowledge is being deepened steadily even now.

〆Finally〆

に投稿 コメントを残す

オックスフォード大学(OXFORD)

ニューカッスル生れ

ピーター・ヒッグス-Peter Ware Higgsは2024年4月8日にエレインバラ大学のヒッグスしが亡くなりました。享年94才。謹んでお悔やみ申し上げます。

ヒッグス氏は1929年に英国中部のニューカッスルに生まれてます。

ピーター・ヒッグス氏は理論物理学者であり、特に素粒子物理学の分野で知られています。ヒッグスは、ヒッグス粒子(またはヒッグス・ボソン)の存在を予測しました。この粒子は、物質の質量を与える役割を果たすとされ、素粒子の標準模型において重要な位置を占めています。

2013年、ヒッグスはその業績に対してノーベル物理学賞を受賞しました。彼の理論の確証を示す実験結果が得られたことにより、ヒッグス粒子の発見は科学界に大きな影響を与え、標準模型の確立と理解を深める上で重要な一歩となりました。

キングス・カレッジ時代

ヒッグス氏はロンドン大学キングスカレッジで学びます。1950年頃から研究生活をしていたと考えたら、当時の宇宙論はどうだったのでしょうか??素粒子論はどうだったのでしょうか??

1950年代当時の宇宙論と素粒子論は、まだ発展途上の段階でしたが、重要な発展を遂げていました。

宇宙論に関しては、一般相対性理論に基づいた大局的な宇宙モデルが提案され、宇宙が膨張していることが広く受け入れられていました。エドウィン・ハッブルによる銀河の赤方偏移の観測結果が、宇宙膨張の証拠として重要な役割を果たしました。しかし、宇宙初期の状態や大爆発理論はまだ完全に確立されていなかったため、この時期の宇宙論はさまざまな理論が提案されるなかで進化していました。

一方、素粒子論は量子力学と場の理論の枠組みの中で発展していましたが、まだ標準模型のような包括的な理論が確立される前でした。1950年代には、素粒子の発見や特性の理解が進みつつありました。たとえば、1956年には中性子と陽子が弱い相互作用によって相互作用することが示され、弱い相互作用の理論が発展しました。また、量子電磁力学や量子色力学など、素粒子間の相互作用を記述する理論が次第に発展していった時期でもあります。

つまり、ヒッグス氏が研究活動を始めた1950年代には、宇宙論と素粒子論はまだ発展途上であり、様々な新しい発見や理論が提案される時代でした。

南部陽一郎との繋がり

1964年にヒッグス粒子の概念をヒッグス氏は提唱しています。実際に理論の正しさが明らかにされたのは2012年のCERN(欧州原子核研究機構)の加速器による実験でした。ヒッグス粒子の存在については同国のホーキング氏と議論を交わしました。ホーキング氏は存在を否定していたようです。

ヒッグス粒子そもそものアイディアは南部陽一郎の「自発的対称性の破れ」だと言われています。ヒッグス氏は質量の起源も素粒子にあると考えたのです!

自発的対称性の破れは、物理学の概念であり、シンメトリーが物理的な状態や系の性質に対して破れる現象を指します。例えば、氷の結晶構造や磁性体の磁化などがこの概念に基づいています。この理論は、シンメトリーが存在する状態よりも低いエネルギー状態が存在することを示唆しています。

ヒッグスは、素粒子が質量を持つメカニズムを理解するために、自発的対称性の破れの概念を応用しました。具体的には、ヒッグスは素粒子が場と相互作用する際に、対称性が自発的に破れることで、質量を持つようになると考えました。これは、ヒッグス場と呼ばれる場の存在を仮定することで実現されます。

ヒッグス場は、宇宙全体を満たしており、素粒子がこの場と相互作用することで質量を獲得します。ヒッグス場の効果が弱い領域では、素粒子は高いエネルギーを持ち、質量がほぼ無視できるように見えます。しかし、ヒッグス場が強い領域では、素粒子はヒッグス場と相互作用し、その結果として質量を持つことになります。

ヒッグス場とその相互作用が素粒子の質量を与えるメカニズムは、標準模型と呼ばれる素粒子物理学の理論の中核をなしています。2012年のCERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)による実験で、ヒッグス粒子の存在が観測され、これが素粒子の質量を与えるメカニズムの一部を確認する重要な証拠となりました。

エディンバラ大より悼辞

エディンバラ大学はヒッグス氏に次のような評価を捧げています。

(ヒッグス氏は)「偉大な教師、指導者でもあり何世代もの和解科学者に刺激を与えた」

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com


【スポンサーリンク】

20214/04/15_初回投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介

力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

 

 

に投稿 コメントを残す

こんにちは。コウジです。
ピタゴラスの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

ピタゴラスの定理100の証明法
【スポンサーリンク】

【BC582 ~ BC496】

謎に包まれたピタゴラスの人生

ピタゴラスは古代ギリシャの数学者です。

皆さんもピタゴラスの定理(三平方の定理)

という言葉は聞いた事があると思います。

初等幾何学で出てくる話で、色々と応用が効きます。

同じギリシャのデモクラテスは朗らかなイメージ

なのに対し、ピタゴラスのイメージは暗く

謎に包まれています。トルコの辺りで生まれた

らしいと言われています。そして、

その後は現代に余り情報が残っていません。そもそもピタゴラスが組織したと言われた教団は秘密主義を徹底して、組織内の話しを外部に漏らすことを厳しく禁じました。実際に秘密結社ですから掟に背いた時は罰を受け、海に突き落とされたそうです。

何度聞いても残酷な話しみたいで、その時代の人は泳げなかったから死刑に相当しました。たまたま漁師で泳げる信者が浮かんできたとしたら、船から棒で突かれたりしたのでしょう。こうした秘密主義の教団だったので、ピタゴラスの肖像画も見れませんし、遺稿も無いそうです。

我々がピタゴラスの人物像を垣間見れるのは2次情報で、教団との関わりが無くなってきた御弟子さんの話とか著作物なのです。そうした2次情報によると、ピタゴラスの若い時代にはエジプトやインドを旅したりしていて、幾何学、天文学、算術、比率、宗教密儀、ゾロアスター教などに関わりピタゴラスは知識を深めました。

 ピタゴラスの独自性

ピタゴラスの考え方で特徴的なのは「あらゆる事象には数が内在している」という客観的な事実の提唱でした。確かに後の理解で整理すると、その時々に万物には質量があり、「固体・気体・液体」といった状態があり、空間上で占めている体積があって、その時の温度があります。

各種パラメターを使い、後の学者たちはそれぞれの関係を法則化して体系化していくのですが、それは後の話です。そうした議論の土壌をピタゴラスじは作り始めたと言えます。非常に大きな進歩だったと思えます。音楽の世界や天文の世界でも数(数値)が大きな役割を果たすことをピタゴラスは示したのです。

ピタゴラス学派の活動と顛末

エジプトでは幾何学と宗教の密儀を学び、フェニキアで算術と比率の知識を得て、ゾロアスター教の司祭のもとで学んだといわれています。そうした修行・研修の時期を過ごした後にピタゴラスはイタリア半島を拠点とし活動しています。

色々な人々をピタゴラスは言動で惹き付け、やがては沢山の弟子を集めピタゴラス学派(ピタゴラス教団)と呼ばれる団体を組織します。この組織にはいつしかパトロンが出来たりした時期もあったのですが、組織に対抗する人も出てきたりして、最終的には暴動が起きてしまいピタゴラスも殺されてしまったようです。物凄く価値のある定式化を行った人があっけない最期を遂げています。輪廻転生を考えて菜食主義で健全な体を作ろうと努力しましたが人徳のない最期を遂げているのです。暴力反対。

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com


【スポンサーリンク】

2021/10/07_初回投稿
2024/04/15_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
ドイツ関連のご紹介
力学関係のご紹介

AIでの考察(参考情報)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

The mysterious life of Pythagoras

Pythagoras is an ancient Greek mathematician. I think you have heard the term ”Pythagorean theorem” (three squares theorem). It is a story that comes out in elementary geometry, and it can be applied in various ways. The same Greek Democrates has a cheerful image, while the image of Pythagoras is dark and mysterious. They said Pythagoras to have been born around Turkey. and,

After that, there is not much information left in modern times. The sect, which they said to have been organized by Pythagoras in the first place, strictly prohibited the leakage of stories within the organization to the outside. Since it is actually a secret society, he was punished when he violated the rules and had pushed into the sea.

No matter how many times I heard it, it seemed  for me like a cruel story, and people of that era couldn’t swim, so it was equivalent to the death penalty. If a believer who happened to be a fisherman had been floating, they would have stabbed  with a stick from the ship. Since it was such a secretive cult, we could not see the portrait of Pythagoras, and there was no manuscript.

For the Pythagoras’s era is extreemly old. What we can get a glimpse of is the story and copyrighted work of the disciple who has lost his connection with the cult in the secondary information. According to such secondary information, Pythagoras traveled to Egypt and India when he was young, and he deepened his knowledge about geometry, astronomy, arithmetic, ratios, religious esoterics, Zoroastrianism, and so on.

Uniqueness of Pythagoras

A characteristic of Pythagoras’s thinking was the advocacy of the objective fact that “every event has a number inherent in it.” Certainly, if we summarize it later, there is a mass in everything at that time, there is a state such as “solid / gas / liquid”, there is a volume occupied in space, and there is a temperature at that time.

Using these various parameters, later scholars will systematize and systematize their relationships, but that is a later story. Pythagoras created the ground for such discussions. I think it was a huge step forward. Pythagoras has shown that he also plays a number of major roles in the world of music and astronomical.

Activities and consequences of the Pythagorean school

Pythagpras had said to have studied geometry and religious esoterics in Egypt, gained knowledge of arithmetic and proportions in Phoenicia, and studied under a Zoroastrian priest.

After spending such training and training, Pythagpras had based in the Italian Peninsula. Pythagoras had attracted various people with words and deeds, and eventually gathers many disciples and organizes an organization They called the Pythagorean School (Pythagorean Church). There was a time when a patron had formed in this organization, but some people opposed the organization, and they said that Pythagoras was eventually rioted and killed.