に投稿 コメントを残す

オットー・ハーン‗
【1879年3月8日 – 1968年7月28日】

deutuland

オットー・ハーン(Otto Hahn)は20世紀初頭のドイツの化学者で、
核化学の分野で重要な業績を残しました。

彼は核分裂の現象を解明する上で重要な役割を果たしました。
また、リーゼ・マイトナー(Lise Meitner)との共同研究は、
核分裂の理解に大きく貢献しました。

1938年、オットー・ハーンとリーゼ・マイトナーは
ウラニウムの核を中性子で照射する実験を行い、
その結果としてバリウムとクリプトンが生成されることを発見しました。
この現象は、ウラニウム核が中性子を吸収し、
重い核と軽い核に分裂することを示しており、
これが後に核分裂として知られるようになりました。

しかし、1938年当時、ハーンはこの現象を
完全に理解することができず、その解釈に関する
理論的な考察を行うことができませんでした。

更に、この話の中で重要なのはマイトナーがユダヤ系だという事情です。
マイトナーはナチスの台頭に従ってドイツ内での研究活動が
難しくなってきます。その後、リーゼ・マイトナーはスウェーデンに亡命し、
オットー・ロベルト・フリッシュ(Otto Robert Frisch)と共同で
核分裂の理論的な解釈を提案しました。その後、
ハーンとマイトナーの共同研究成果が、マイトナーの名前が
冠された形で広く知られるようになりました。

オットー・ハーンとリーゼ・マイトナーの業績は、
20世紀の物理学と化学における最も重要な発見の一つ
である核分裂の理解につながりました。
彼らの実験的結果と理論的解釈は、核物理学と核化学の分野
における革命的な進歩をもたらしました。

ハーンとマイトナーが行ったウラニウムの核を中性子で照射する実験は、当時の核物理学において画期的なものでした。彼らが発見した核分裂の現象は、核が中性子を吸収して分裂することを示唆し、その際に新たな元素が生成されることを示しました。この発見は、後に原子爆弾や核エネルギーの開発につながる重要な基盤となりました。

しかしながら、ナチスの政権によるユダヤ人に対する迫害の影響により、マイトナーの研究環境は悪化しました。彼女はスウェーデンに亡命し、そこでオットー・ロベルト・フリッシュと協力して核分裂の理論的解釈を提案しました。その後、マイトナーの名前が冠された形で、彼らの共同研究成果が広く知られるようになりました。

このように、ハーンとマイトナーの業績は、科学史上永遠に残る重要な貢献であり、彼らの協力関係は科学的発展における模範的な例として賞賛されています。

|コスパ最強・テックジム|
プログラミング教室の無料カウンセリング
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2024/04/02_初回投稿
2024/04/08‗改訂投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
ドイツ関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

₍2024年4月時点での対応英訳)

Otto Hahn was a German chemist in the early 20th century.
He made important achievements in the field of nuclear chemistry.

He played an important role in elucidating the phenomenon of nuclear fission.
In addition, joint research with Lise Meitner
He made a major contribution to the understanding of nuclear fission.

In 1938, Otto Hahn and Lise Meitner
An experiment was conducted in which uranium nuclei were irradiated with neutrons.
They discovered that barium and krypton were produced as a result.
This phenomenon occurs when uranium nuclei absorb neutrons,
This shows that the nucleus splits into a heavy nucleus and a light nucleus.
This later became known as nuclear fission.

However, in 1938, Hahn recognized this phenomenon.
cannot be fully understood and is concerned with its interpretation.
He was unable to make theoretical considerations.

Furthermore, what is important in this story is that Meitner is Jewish.
Meitner’s research activities in Germany began with the rise of the Nazis.
It’s getting difficult. After that, Lise Meitner went into exile in Sweden.
She collaborated with Otto Robert Frisch
He proposed a theoretical interpretation of nuclear fission. after that,
The results of Hahn and Meitner’s joint research will be recognized by Meitner’s name.
It became widely known by its crowned form.

The achievements of Otto Hahn and Lise Meitner are
One of the most important discoveries in physics and chemistry of the 20th century
This led to an understanding of nuclear fission.
Their experimental results and theoretical interpretations are important in the fields of nuclear physics and nuclear chemistry.
brought about revolutionary advances in

Hahn and Meitner’s experiment in irradiating uranium nuclei with neutrons was a breakthrough in nuclear physics at the time. The phenomenon of nuclear fission that they discovered suggested that nuclei absorb neutrons and split, and new elements were created during this process. This discovery was an important foundation that later led to the development of the atomic bomb and nuclear energy.

However, Meitner’s research environment deteriorated due to the persecution of Jews by the Nazi regime. She fled to Sweden, where she collaborated with Otto Robert Frisch to propose a theoretical interpretation of nuclear fission. Since then, the results of their joint research have become widely known, bearing Meitner’s name.

The work of Hahn and Meitner is thus a timeless and important contribution to the history of science, and their collaboration is hailed as an exemplary example of scientific development.

に投稿 コメントを残す

バールーフ・デ・スピノザ‗
4/8改訂【1632年11月24日 – 1677年2月21日】

Riden univ

こんにちはコウジです。スピノザの原稿を改訂します。

今回の改定点は対応英訳の付記です。【以下原稿】

オランダの哲学者をご紹介

バールーフ・デ・スピノザ(Baruch De Spinoza [baːˈrux spɪˈnoːzaː])です。そも

そも、本ブログでは物理学者や数学者のご紹介が中心ですが、そうした学問での「世界観」を構築した人物をご紹介しておきたいのです。

全く定量的な議論を行わなかった事例としてジョルダーノ・ブルーノ等が思い浮かびますが定量的な表現を含んでいると言えば言える議論をしていたのです。また、スピノザはその著作が後世に大きな影響を与え、ラテン語名ベネディクトゥス・デ・スピノザ(Benedictus De Spinoza)でも知られています。

そもそも、私がスピノザの名を思い出したのは太田氏の本、「ガチョウ娘に花束を」のなかで‗アインシュタインの関連で出てきた記述がきっかけです。その著作は現代の哲学や倫理学においても重要な影響を持ち続けています。彼の最も有名な著作は『エチカ』(Ethics)であり、これは彼の倫理学的な思想を体系化したものです。

スピノザの一元論

スピノザの思想の中核には、「神即自然(Deus sive Natura)」という概念があります。彼は神と自然を同一視し、宇宙を神あるいは自然として一元的に捉えました。この思想は決して無神論ではなく、むしろ宗教的な解釈にも独自の視点を提供しました。具体的な思想は、宇宙を神や自然として一元的に捉えることを特徴とし、無神論とは異なる考え方です。この思想では、宇宙自体が神や自然の偉大なる存在であり、あらゆる現象や事象はその一部であると捉えられます。

この考え方は、宗教的な解釈とも関連していますが、独自の視点を提供することで、従来の宗教的な概念や信念に新たな理解をもたらすことがあります。たとえば、宇宙を神や自然として捉えることで、神秘主義や自然崇拝の観点から宇宙や自然に対する畏敬の念や敬虔さが生まれる可能性があります。

その意味で敬虔な態度の科学者と相性が良いのです。

スピノザ思想は、哲学や宗教の分野で議論されることがあり、さまざまな宗教や信条の枠組みを超えて、宇宙や自然に対する新しい理解や関係性を模索するための一助となるかもしれません。

また、スピノザは人間の心理や倫理に関しても深く考察しました。彼の倫理学は、人間が真の幸福を追求するために自然の法則に従うことを強調しました。そのため、道徳的な行為は自然法則に従うことによって生まれ、真の自由と幸福をもたらすと考えました。多くの人にシックリくる考え方にも思えますね。ただ、残念なことに自然な思想ですので、税や年貢を納めるという考えや、兵役を課すという考えと親和性がありません。

スピノザの思想は当時の宗教的・哲学的な枠組みに挑戦し、そのために当局から迫害されることもありました。しかし、彼の影響は後世の哲学者や思想家に大きなインスピレーションを与え、その重要性は今日でも高く評価されています。

〆最後に〆

 



テックアカデミー無料メンター相談
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2024/04/01_初版投稿
2024/04/08‗改訂投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
オランダ関係の紹介へ       
ライデン大学のご紹介へ
電磁気学の纏め
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2024年4月時点での対応英訳) 

Introducing Dutch philosophers

Baruch De Spinoza [baːˈrux spɪˈnoːzaː]. In the first place

In the first place, this blog mainly introduces physicists and mathematicians, but I would like to introduce the people who have created the “world view” in these fields.

Giordano Bruno comes to mind as an example of someone who did not engage in quantitative discussions at all, but whose arguments could be said to include quantitative expressions. Spinoza was also known by his Latin name Benedictus De Spinoza, as his writings had a great influence on later generations.

In the first place, I remembered Spinoza’s name because of a description in Mr. Ota’s book “Flowers for the Goose Girl” in connection with Einstein. His works continue to have an important influence on modern philosophy and ethics. His most famous work is Ethics, which systematizes his ethical ideas.

Spinoza’s monism

At the core of Spinoza’s thought is the concept of “Deus sive Natura.” He equated God and nature, and viewed the universe as either God or nature. This idea was by no means atheistic, but rather provided a unique perspective for religious interpretation. Concrete ideology is characterized by a unified view of the universe as God and nature, and is a different way of thinking from atheism. In this way of thinking, the universe itself is considered to be the great existence of God and nature, and all phenomena and events are considered to be a part of it.

This idea is also associated with religious interpretation, but by providing a unique perspective, it can bring new understanding to traditional religious concepts and beliefs. For example, viewing the universe as God or nature can generate awe and reverence for the universe and nature from the perspective of mysticism and nature worship.

In that sense, they are compatible with scientists who have a pious attitude.

Spinoza’s ideas are often discussed in the fields of philosophy and religion, and may help us explore new understandings and relationships with the universe and nature, transcending the framework of various religions and beliefs.

Spinoza also deeply considered human psychology and ethics. His ethics emphasized that humans follow the laws of nature in order to pursue true happiness. Therefore, he believed that moral behavior comes from following natural law and brings true freedom and happiness. This seems like an idea that would appeal to many people. Unfortunately, however, because it is a natural ideology, it has no affinity with the idea of paying taxes or annual tribute, or with the idea of imposing military service.

Spinoza’s ideas challenged the religious and philosophical framework of his time, and for this he was sometimes persecuted by the authorities. However, his influence was a great inspiration to later generations of philosophers and thinkers, and his importance is still appreciated today.

に投稿 コメントを残す

ジャン・ル・ロン・ダランベール:Jean Le Rond d’Alembert:1717年11月16日 – 1783年10月29日

パリの夕暮れ

ジャン・ル・ロン・ダランベール:Jean Le Rond d’Alembert
は18世紀のフランスの数学者・物理学者で、彼の名前は数学や
物理学の様々な分野で知られています。実父は聖ラザロ騎士団員。

彼はニュートンの力学を発展させ、
その中で神の概念と自然の概念を分離することを試みました。

ダランベールの業績の中でも特に有名なのは、
彼が力学の法則を数学的に厳密な形で記述しようとしたことです。
彼はニュートン力学を受け継ぎつつも、
数学的な厳密性を追求しました。

その過程で、彼は物理学的な法則や現象を説明する際に、
神の介入や超自然的な要素を排除する方針をとりました。

ダランベールは、自然の法則は神の介入なしに成り立つと信じ、
その立場から力学や天体力学の理論を発展させました。
彼は数学的手法を駆使して物理的現象を説明し、神の介入や
超自然的な要素を仮定せずに自然の法則のみで解釈しようとしました。

「力学は単なる実験科学ではなく、混合応用数学の第一部門である」との説を主張しました。ダランベール力学の大きな功績は、ニュートン力学を肯定しながらも、そのなかにみられた神の影響を払拭した点にある。また「動力学」の項目では「ダランベールの原理」を明らかにしている。

このように、ダランベールはニュートン力学の枠組みを受け継ぎつつも、
物理学の理論をより数学的に厳密化し、神の介入や超自然的な要素を
排除することで、近代的な物理学の基礎を築きました。その影響は、
後の時代の物理学や数学の発展にも大きな影響を与えました。

コスパ最強・テックジム|プログラミング教室の無料カウンセリング【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

20214/03/07_初稿投稿 

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

アマーリエ・エミー・ネーター Amalie Emmy Noether‗1882/3/23 – 1935/4/14

deutuland

ユダヤ系ドイツ人エミー・ネータ

エミー・ネータの名前は‗太田氏浩一の本
「ほかほかパン 物理学者のいた街」で知りました。

出来立てのパンのように温かいイメージです。

そして早口で話すユダヤ系のドイツ人。それが
「代数学の母」エミー・ネーターだと言えましょう。

アマーリエ・エミー・ネーターは、数学における
重要な概念である環、体、多元環の理論を発展させる
ことで、その名声を確立しました。以下に、彼女の
主な貢献として挙げられるものを具体的に説明します:

環の理論の発展:

ネーターは環の理論を深く探究し、その構造や性質に関する重要な結果を示しました。環は数学的構造の一般化であり、整数環、多項式環などの重要な例が含まれます。彼女の業績は、環論の基礎を確立し、この分野の発展に大きく貢献しました。

体の理論の貢献:

ネーターは体の理論にも重要な貢献をしました。体は、加法と乗法の演算が定義され、特定の性質を持つ集合です。彼女の研究は、体の拡大、体の構造、そして体の理論における重要な定理の証明に焦点を当てました。

多元環の理論の発展:

多元環は、環の一般化であり、スカラーの積によって要素を乗算する代数的構造です。ネーターは多元環の理論を探求し、その基礎を築きました。特に非可換多元環に関する彼女の業績は、数学の理論の発展において重要な役割を果たしました。

これらの業績は、ネーターが抽象代数学の分野において
先駆的な研究を行い、その成果が数学の基礎理論や
応用分野に大きな影響を与えたことを示しています。

また、物理学においては現象理解を対称形から考える
「ネーターの定理」が重要です。

最後に、ネーターの人柄が伝わるエピソードをご紹介します。:

大学の建物が州の祝日で閉まっていた時の話です。
ネーターは外にあるの階段に
そのクラスの生徒たち
を集めました。連絡の行き違いでしょうか。生徒さんと

ネーターが教室に入れない日があったのです。
そんな日にはネーターは森を通って

地元の喫茶店で講義をしていたそうです。

また、第三帝国がユダヤ人迫害を始めた
時期には、大学に入れないのでネーターは
自宅に生徒を集めて講義をしていました。
そんな風にしてエミー・ネーターは
数学を発展させ続けていました。

コスパ最強・テックジム|プログラミング教室の無料カウンセリング【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2024/04/06_初稿投稿
2024/04/13‗改訂投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介

ドイツ関連のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

₍2024/4月時点での対応英訳)

German Jewish Emmy Neta

Emmy Neta’s name is‗Koichi Ota’s book
I learned about it from “Hotada Bread: The Town Where the Physicists Worked”.
The image is warm, like freshly made bread.

And a fast-talking Jewish German. that is
You could say she’s Emmy Noether, the “mother of algebra.”

Amalie Emmy Noether is an expert in Mathematics.
She develops the theory of important concepts rings, fields, and multidimensional algebras.
By doing so, she established her reputation. Below is her
Here are some of her major contributions:

Development of ring theory:

Noether deeply explored the theory of rings and showed important results regarding their structure and properties. Rings are a generalization of mathematical structures and include important examples such as integer rings, polynomial rings, etc. Her work established the foundations of ring theory and greatly contributed to the development of this field.

Contributions of field theory:

Noether also made important contributions to the theory of the body. A field is a set for which addition and multiplication operations are defined and has specific properties. Her research focused on field extensions, field structure, and proving important theorems in field theory.

Development of the theory of algebras:

An algebra is a generalization of rings, an algebraic structure whose elements are multiplied by a product of scalars. Noether explored and laid the foundations for the theory of algebras. Her work, especially on noncommutative algebras, played an important role in the development of mathematical theory.

These achievements are the result of Noether’s achievements in the field of abstract algebra.
She conducted pioneering research, and the results of her research led to the foundational theory of mathematics.
This shows that it has had a significant impact on applied fields.

She also points out that in physics, understanding phenomena is considered from the perspective of symmetry.
“Noether’s theorem” is important.

Finally, I would like to introduce an episode that conveys Noether’s personality. :

This was when the university buildings were closed for a state holiday.
The students of that class are outside on the stairs.
We collected. Was it a miscommunication? with students
There were days when Noether was not allowed in the classroom.
On such days, Noether walks through the forest
Apparently she was giving a lecture at a local coffee shop.

Also, the Third Reich began persecuting Jews.
At that time, she would not be able to enter university, so Noether
I used to gather her students at her home and give lectures.
That’s how Emmy Noether
He continued to develop his mathematics.

 

に投稿 コメントを残す

ルドルフ・ディーゼル
‗: Rudolf Diesel、1858/3/18 – 1913/9/29

deutuland

パリ生まれのディーゼル

ディーゼルはフランスの製本業を営んでいた父のもとに
パリで生まれます。1870年の普仏戦争勃発に伴い、
多くのドイツ人はフランスから退去させられました。
ディーゼル一家もロンドンに移住します。
12歳の時にルドルフは、ドイツ語の教育を
受ける為にアウクスブルクの母方の叔父と叔母の下へ
送られました。1873年にトップの成績で学校を卒業し、
工業学校を経てミュンヘン工科大学へ進みます。

そもそも、私は
太田氏の小説「ほかほかのパン」で
ディーゼルの名前を思い出しました。

ルドルフ・ディーゼルに対するイメージは
ヤンマー社の彦根研究所で初期型のエンジン
を見た時の思い出しかありませんでした。

調べてみると、実の所は色々な足跡を残しています。
ルドルフ・ディーゼルは、ディーゼルエンジン
の発明者として知られていますが、彼の足跡は
その発明にとどまりません。以下に、
彼の主な業績や足跡を紹介します。

ディーゼルエンジンの発明:

ルドルフ・ディーゼルは、1892年に初めてディーゼルエンジンの特許を取得しました。これは内燃機関の一種であり、蒸気機関と比較して効率が高く、燃料の消費量が少ない特徴を持っています。ディーゼルエンジンは、自動車、船舶、発電所など広範囲にわたる産業で使用されています。

技術革新の推進: ディーゼルは、燃料の消費を最小限に抑えつつエネルギーを効率的に変換する方法を探求しました。彼の発明は、産業革命以降の技術革新に大きな影響を与えました。

産業界への貢献:

ルドルフ・ディーゼルは、彼の発明を実用化するために努力し、産業界にその技術を普及させました。これにより、機械化された生産プロセスが可能となり、産業の発展に寄与しました。

教育活動:

ディーゼルは後進の育成にも力を注ぎました。彼はエンジニアリングの教育に熱心であり、多くの学生や技術者を指導しました。

社会的影響:

ルドルフ・ディーゼルの発明は、エネルギーの効率的な利用によって社会に大きな影響を与えました。それにより、交通手段や産業活動の発展が促進され、経済の成長に寄与しました。

遺産と認識:

ディーゼルエンジンの普及と彼の業績に対する認識は、
世界中で広く認識されています。彼の名前は、
エンジンや自動車産業、エネルギー分野など、
多くの分野で永遠に記憶されるでしょう。
私が彦根で見た遺産は一端に過ぎません。

これらは、ルドルフ・ディーゼルが残した
主な足跡の一部です。
彼の業績は、
現代の産業社会においても
重要な役割を果たしています。



テックアカデミー無料メンター相談
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレス迄お願いします。
問題点には適時、
改定・返信をします。

nowkouji226@gmail.com

2024/04/05_初稿投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
ドイツ関連のご紹介へ
電磁気学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

ピエール・ガッサンディ:Pierre Gassendi、1592年1月22日-1655年10月24日

パリの夕暮れ

数学、物理学を考えるうえでの思想史を紐解きます。ガッサンディーです。
ニュートン。デカルトなどの物理学者たちに影響を与えたフランス人です。

ガッサンディーはプロヴァンス地方でディーニュ=レ=バン近郊
シャンテルシェ(Champtercier)の農村に生まれました。

若き日ののガッサンディは懐疑論者シャロンなどの影響を強く受けています。
アリストテレスの権威を嫌い、対立する考えのスコラ派解釈版アリストテレスを
激しく攻撃するパンフレットをまとめて出版しました。やり過ぎで怖くなった
知人の忠告で5巻分は焼却処分したそうです。

大きくなったガッサンディーはディーニュ大学で聴講し、
言語学と数学で才能を発揮します。他大で哲学を学んだ後に
16歳で修辞学を教え、神学と哲学の教授となりました。

1612年には大学で神学を講義しています。1617年に僧職に就きました。
段々にに神学研究から遠のきます。1633年には聖堂参事会員となり
ディーニュ聖堂学院の学長となっています。

具体的なガッサンディからの批判は、彼が大事にする
「唯物論を教会の教理に順応」したデカルトの手法
に向けられています。「感覚から与えられる印象」
を疑った「デカルト的懐疑」を「観念的な遊び」だと見たのです。

「存在は思惟によってのみ認められる」とするデカルトに対し
「存在は、まさしく思惟からと同様に、他のいかなる
作用からも推測することができる」と反論しました。
(以上、「」部はWikipedelia の写し)

なによりガッサンディはその時代に唯物論を復権しました。

ガッサンディは先ず物理学者であり、経験論者でした。

それだからエピクロスの原子論を好み、エピクロスの「快楽主義」
にまつわる偏見を取り除くことでエピクロスの道徳的な純潔さを擁護しました。

大きな業績だと思えるのは、唯物論と「無神論」が同一ではない
という証明です。ガッサンディはエピクロスの考えに、に立脚して論証しました。

宇宙論においてはガッサンディーはプトレマイオス、コペルニクス、ティコ・ブラーエ
と連なる思想の流れを大事にしました。

時間と場所という概念に対して神の概念を考えないで考察しています。そして
物質(原子)は神によって最初の運動を与えられたのである
という思想を持っていました。思想的にニュートンの原子論は
ガッサンディの方法で組み立てられていると言われています。

晩年、
1645年にパリのコレージュ・ロアイヤルの数学教授となり、
1648年に体調を崩すまで講義を行った。パリで没します。〆

|コスパ最強・タイパ最強・テックジム|
プログラミング教室の無料カウンセリング
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。
nowkouji226@gmail.com

2024/03/05_初稿投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
スイス関係のご紹介
力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

ピエール・ラプラス‐Pierre-Simon Laplace1749/3/23-1827/3/5

パリの夕暮れ

天文学者ラプラス

ラプラスはフランスの数学者にして物理学者、天文学者です。

ニュートンの後に時代に天文学の理解を進めました。名著である
「天体力学概論」(traité intitulé Mécanique Céleste)「確率論の解析理論」
をまとめています。 1789年には、その功績を評価され
ロンドン王立協会フェローに選ばれています。

ラプラスの業績

ラプラシアン(ラプラス作用素):Δの二乗:ベクトルの勾配と表現できます。

ラプラス方程式:ラプラシアンを=0としたは2階の微分方程式で,
一般的に3つの座標変数をちます。

カント-ラプラスの星雲説:1755年にカントが唱え、96年にラプラスが補説。
太陽系の起源として星雲状ガス塊であるとの考えました。

決定論者ラプラス

ラプラスは決定論者です。ある時点の後に起きるすべての現象は、
それ以前の条件に起因し、完全に決定されていると考えていました。

Wikipediaによると決定論とは「ある特定の時間の宇宙のすべての粒子の運動状態が
分かれば、これから起きるすべての現象はあらかじめ計算できるという考え方」です。

「全ての事象の原因と結果は因果律に支配されているが故に、未来は一意的に決定される」
とする「因果的決定論」に属しています。
決定論のなかでも「強い」部類のものであるとされているのです。

但しラプラスは真面目に考えています。いわゆるラプラスのいう
「ラプラスの悪魔」に対して考察しているのです。
考えたら無茶苦茶な悪魔です。

「ある瞬間における全ての物質の力学的状態を知ることが出来る。
同時に、全てののデータを解析できるだけの能力の知性」という悪魔です。

まさに「決定論的での神ってる存在」です。
因果律に重みを置きすぎているともいえますね。

定まっている未来を完全に見通すことができる者」という
概念的なとしての「仮定(命題)」だといえます。

政治家ラプラス

ラプラスはナポレオン・ボナパルトの統領政府で1ヵ月余の間、
内務大臣に登用され元老院議員を努めていました。。
その後に王政復古の大号令が出されて後は、ルイ18世の下で
貴族院議員として活躍しています。意外な一面ですね!!

|コスパ最強・タイパ最強・テックジム|
プログラミング教室の無料カウンセリング
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。
nowkouji226@gmail.com

2024/04/03_初稿投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

オットー・ハーン‗
【1879年3月8日 – 1968年7月28日】

deutuland

オットー・ハーン(Otto Hahn)は20世紀初頭のドイツの化学者で、核化学の分野で重要な業績を残しました。彼は核分裂の現象を解明する上で重要な役割を果たしました。また、リーゼ・マイトナー(Lise Meitner)との共同研究は、核分裂の理解に大きく貢献しました。

1938年、オットー・ハーンとリーゼ・マイトナーはウラニウムの核を中性子で照射する実験を行い、その結果としてバリウムとクリプトンが生成されることを発見しました。この現象は、ウラニウム核が中性子を吸収し、重い核と軽い核に分裂することを示しており、これが後に核分裂として知られるようになりました。

しかし、1938年当時、ハーンはこの現象を完全に理解することができず、その解釈に関する理論的な考察を行うことができませんでした。

更に、この話の中で重要なのはマイトナーがユダヤ系だという事情です。マイトナーはナチスの台頭に従ってドイツ内での研究活動が難しくなってきます。その後、リーゼ・マイトナーはスウェーデンに亡命し、オットー・ロベルト・フリッシュ(Otto Robert Frisch)と共同で核分裂の理論的な解釈を提案しました。その後、ハーンとマイトナーの共同研究成果が、マイトナーの名前が冠された形で広く知られるようになりました。
オットー・ハーンとリーゼ・マイトナーの業績は、20世紀の物理学と化学における最も重要な発見の一つである核分裂の理解につながりました。彼らの実験的結果と理論的解釈は、核物理学と核化学の分野における革命的な進歩をもたらしました。

ハーンとマイトナーが行ったウラニウムの核を中性子で照射する実験は、当時の核物理学において画期的なものでした。彼らが発見した核分裂の現象は、核が中性子を吸収して分裂することを示唆し、その際に新たな元素が生成されることを示しました。この発見は、後に原子爆弾や核エネルギーの開発につながる重要な基盤となりました。

しかしながら、ナチスの政権によるユダヤ人に対する迫害の影響により、マイトナーの研究環境は悪化しました。彼女はスウェーデンに亡命し、そこでオットー・ロベルト・フリッシュと協力して核分裂の理論的解釈を提案しました。その後、マイトナーの名前が冠された形で、彼らの共同研究成果が広く知られるようになりました。

このように、ハーンとマイトナーの業績は、科学史上永遠に残る重要な貢献であり、彼らの協力関係は科学的発展における模範的な例として賞賛されています。

|コスパ最強・テックジム|
プログラミング教室の無料カウンセリング
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2024/04/02_初回投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
ドイツ関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

バールーフ・デ・スピノザ‗
【1632年11月24日 – 1677年2月21日】

Riden univ

オランダの哲学者をご紹介

バールーフ・デ・スピノザ(Baruch De Spinoza [baːˈrux spɪˈnoːzaː])です。そも

そも、本ブログでは物理学者や数学者のご紹介が中心ですが、そうした学問での「世界観」を構築した人物をご紹介しておきたいのです。

全く定量的な議論を行わなかった事例としてジョルダーノ・ブルーノ等が思い浮かびますが定量的な表現を含んでいると言えば言える議論をしていたのです。また、スピノザはその著作が後世に大きな影響を与え、ラテン語名ベネディクトゥス・デ・スピノザ(Benedictus De Spinoza)でも知られています。

そもそも、私がスピノザの名を思い出したのは太田氏の本、「ガチョウ娘に花束を」のなかで‗アインシュタインの関連で出てきた記述がきっかけです。その著作は現代の哲学や倫理学においても重要な影響を持ち続けています。彼の最も有名な著作は『エチカ』(Ethics)であり、これは彼の倫理学的な思想を体系化したものです。

スピノザの一元論

スピノザの思想の中核には、「神即自然(Deus sive Natura)」という概念があります。彼は神と自然を同一視し、宇宙を神あるいは自然として一元的に捉えました。この思想は決して無神論ではなく、むしろ宗教的な解釈にも独自の視点を提供しました。具体的な思想は、宇宙を神や自然として一元的に捉えることを特徴とし、無神論とは異なる考え方です。この思想では、宇宙自体が神や自然の偉大なる存在であり、あらゆる現象や事象はその一部であると捉えられます。

この考え方は、宗教的な解釈とも関連していますが、独自の視点を提供することで、従来の宗教的な概念や信念に新たな理解をもたらすことがあります。たとえば、宇宙を神や自然として捉えることで、神秘主義や自然崇拝の観点から宇宙や自然に対する畏敬の念や敬虔さが生まれる可能性があります。

その意味で敬虔な態度の科学者と相性が良いのです。

スピノザ思想は、哲学や宗教の分野で議論されることがあり、さまざまな宗教や信条の枠組みを超えて、宇宙や自然に対する新しい理解や関係性を模索するための一助となるかもしれません。

また、スピノザは人間の心理や倫理に関しても深く考察しました。彼の倫理学は、人間が真の幸福を追求するために自然の法則に従うことを強調しました。そのため、道徳的な行為は自然法則に従うことによって生まれ、真の自由と幸福をもたらすと考えました。多くの人にシックリくる考え方にも思えますね。ただ、残念なことに自然な思想ですので、税や年貢を納めるという考えや、兵役を課すという考えと親和性がありません。

スピノザの思想は当時の宗教的・哲学的な枠組みに挑戦し、そのために当局から迫害されることもありました。しかし、彼の影響は後世の哲学者や思想家に大きなインスピレーションを与え、その重要性は今日でも高く評価されています。

〆最後に〆

 



テックアカデミー無料メンター相談
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

202404/01_初版投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
オランダ関係の紹介へ       
ライデン大学のご紹介へ
電磁気学の纏め
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

【改訂】東大が量子コンピューターを2023年秋に導入
(IBM社製‗127量子ビット)

東大

こんにちはコウジです!
「東大が量子コンピューター」の原稿を改定します。
今回の主たる改定は新規追記分の補完です。
大分長いこと改定していませんでしたね。

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

(写真は従来の基盤の写真です)

以下投稿の内容は2023/04/22の
日経新聞記載の情報メインです。
現代の情報だと考えて下さい。

新聞記事を離れた所で冷静に考えていくと
税金の使い道の話でもあります。

日本国民の皆様が一緒になって考えて、
出来れば知恵を出し合えたら
より良い展開に
つながる類の話題なのです。しかし、
実のところ、大多数の日本国民は
「量子コンピュータ?言葉は聞くけれども…」
って感じで内容が議論されていません。
議論を喚起しましょう。

本記事では私論を中心に語ります。但し、
記載した量子ビット数は何度も確認しています。

ニュースのアナウンサーも語れる内容が少ない
のでしょう。
そんな中で東大本郷キャンバスでは
記者会見が開かれ、IBM社のフェローが
「有用な量子コンピューターの世界がすぐそこまで来ている」
と語っています。

物理学を専攻していた私でも多分野において下調べが必要です。
当面、「ラビ振動」、「共振器と量子ビットの間の空間」
「ミアンダの線路」、「量子誤り訂正」といった概念を
改めて理解し直さないと最新の性能が評価できません。

特に理化学研究所に導入された機種は
色々な情報が出ていて教育的です。対して
東大が導入するIBM社製の量子コンピューターは
トヨタ自動車やソニーグループなど日本企業12社での
協議会による利用を想定していて、
利益享受を受ける団体が限られています。
今後の課題として利用の解放(促進)が望まれます。 

東京大学が川崎拠点に導入

既に27量子ビットを導入している川崎拠点に2023年の秋に
127量子ビットの新鋭機を導入する予定です。
経済産業省は42億円の支援を通じて計算手法等の
実用面へ向けての課題を解決していく予定です。

一例としてJSR(素材メーカー)が「半導体向け材料の開発」
を想定して活用する方針を打ち出しているようですが
具体的にプロジェクトに参加する事で得られるメリットを
明確にする作業は大変そうです。

現時点での量子コンピューターの国内体制

報道では「量子ビット」の数に着目した表現が多いです。
実際に理化学研究所では2023年の3月に64量子ビットの
装置を導入して研究を進めています。

また、英国のオックスフォード・クァン・サーキッツ
は都内のデータセンターに今年の後半に量子コンピューター
を設置予定で外部企業の利用も想定しています。

対して米国のIBMでは433量子ビットのプロセッサーが開発
されていて、2023年度中には1000量子ビットの実現、
2025年度には4000量子ビット以上の実現を計画しています。 

EV電池開発に革新的貢献ができるか

一例としてIonQ社とHyundai Motor社は共同で
量子コンピューターに対する
バッテリー化学モデル
を開発しています。(2022年2月発表~)

実際に同社は新しい変分量子固有値ソルバー法
(VQE:Variational Quantum Eigensolver)を共同で開発してます。
開発目的はバッテリー化学におけるリチウム化合物や
化学的相互作用の研究への適用です。

 特定の最適化問題を解決するVQEは原理的に
量子コンピューターと親和性が良いです。
変分原理を使用し、ハミルトニアンの基底状態エネルギー、
動的物理システムの状態の時間変化率を考えていくのです。
計算上の限界で、既存システムでは精度に制約がりました。

 具体的に酸化リチウムの構造やエネルギーのシミュレーション
に使用する、量子コンピュータ上で動作可能な
バッテリー化学モデルを共同開発しています

リチウム電池の性能や安全性の向上、コストの低減が進めば
EV開発における最重要課題の解決に向けて効果は大きいです。
【実際、EV価格の半分くらいはバッテリーの価格だと言われています】

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2023/04/23_初稿投稿
2024/03/17‗改訂投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】