に投稿 6件のコメント

トピック_スペースX・実用段階へ【2020/11/17初稿2021/12/31改定】

2020/11/17の日経新聞からトピックスをお伝えします。
米スペースX社の運用する1号機が
15日に打ち上げに成功しました。

日本人宇宙飛行士の野口さんを乗せて
フロリダ州ケネディ宇宙センターから
飛び立ちました。

登場したロケットの名は「クールドラゴン」です。
このロケットはアメリカの実業家イーロン・マスク氏
が設立したスペースXがアメリカ航空宇宙局(NASA)
の支援を受け開発しました。有人輸送の主体を
NASAから民間に移す試みはオバマ政権から始まっていて
コストのかかるスペースシャトルからソビエト製のソユーズ、
そして今回のクールドラゴンへと続きます。

バイデン氏は15日のツイッターで「全ての米国人と日本人と共に
宇宙飛行士の成功を祈る」とコメントしています。

以上、間違い・ご意見は以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが必ず返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/17_記
2021/12/31_原稿改定

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介

 

に投稿 2件のコメント

 エクソソーム実用化【トピックス’20/11/16初回-’21/12/30改定】

2020/11/16の日経新聞記事より
科学関連の情報を
お届けします。

細胞間に宅配網があり、

ガン治療に活用が期待されています。

配送を担う物質はエクソソームという
直径百ナノメートルの微小カプセルです。
血液に乗ってがん細胞に向かい、
到達すると運搬物を取り出します。
血液中で変質する物質の運搬に有効です。
SF作品の「ミクロの決死隊」みたいですね。
ウィルスに体がやられた際に仲間の応援が届くのです。
例えば、がん細胞に対して対抗物質を届けるのです。
卵巣がんに対して動物実験で成果を収めています。

1980年代にエクソソームは細胞の
老廃物を運ぶゴミ袋みたいな物だと
思われてきましたが、2000年代になると
細胞同士の情報伝達に不可欠な物質を
運搬していると知られてきたようです。

東京医科大学のグループは牛乳が含むエクソソームで研究をしています。
入手が容易な牛乳がもつエクソソームで抗がん作用のある
核酸医薬を詰める実験に成功しています。

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点には適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/16_記
2021/12/30_原稿改定

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
に投稿 コメントを残す

【2020年度11月-トピック】
量子計算機実用化の波

2020/11/11の日経新聞記載の情報です。
現代の情報だと考えて下さい。

量子コンピュータが企業活動の現場で
使われ始めてきました。事例として
キューピーでは惣菜工事の生産ライン
で最適なシフトを組む為に量子コンピュータ
を活用しています。今まで数百人のスタッフに
最適な勤務シフトを与えるのは大変な作業でした。
120種以上ある惣菜の品目に対して技量の
バラツキを考慮してシフトを与え現場に割り振ります。

キューピーでは現場を熟知した管理者が
30分以上かけてシフト配置をしていましたが
量子コンピュータを活用して一秒でシフト配置
を終える事が出来ています。導入メリットとして
時間短縮だけでなく不適切な配置に対する
ミスがなくなってきているという
利点も出ています。

現在、量子コンピュータはカナダのDウェーブ社
が先行して実用化していて、最適化問題に強い
メリットを享受しています。キューピーの事例
でも従来型コンピュータでは一日かかっても
最適拍位置が出来なかったのです。

また、日本郵便は配送ルートの最適化に量子コンピューターを使い
同僚の荷物に対して埼玉県での運搬量を8%減らせることを確認しました。
全国に展開すれば100億円規模のコストダウンにつながる見通しです。
デンソーはDウェーブの量子コンピューターでの制御により
無人搬送ロボットの稼働率を80%から95%まで向上させられるとしています。

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/11_初稿投稿
2021/12/17_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

サイト立ち上げました【方針再確認】

本サイト立ち上げにあたり、2020年10月17日に

FanBlogで投稿した記事を残します。

初心に帰ってそれぞれのブログでの

位置付けを確認して今後も発展させていく所存です。

以後もご覧下さい。【以下原稿です】

ご覧頂いているサイトと連動する別サイト作りました。

新サイトです:https://www.nowkouji226.com/
【本サイトURL】

このサイト(ファンブロク)は最新の個別記事を記載して、
新しいサイト(WWWサイト)では包括的な纏め・検索
がし易いように作っていくつもりです。

また、その後の実態としてFANブログと

SEESAAブログが書庫の形で運営されてます。

それぞれのブログから本ブログへのリンクを設ける事で

ブログ界隈の需要を広く集める目的もあります。

別途、ツイッターを中心としたSNSでの世界も広げ、

其処との交流も図っていきます。ご覧下さい。 

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/17_初稿投稿
2021/12/18_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

トピック 室温超電動 
米ロチェスター大 高圧下

科学史の観点からトピックスをお伝えします。
米ロチェスター大学のグループが室温超電導
を実現しました。10月中頃にネイチャーに発表
したらしいです。突然ですね。私も
2020/11/02朝の新聞読んで知って、
びっくりしてます。
一般人はびっくり。

267万気圧という条件下でレーザーを使い
摂氏15℃での超電導状態を実現しています。

対象試料のサイズが数十マイクロメートル
の大きさだと言う事も気になります。
圧力条件も実用化の大きな壁でしょう。
とは言え、超電導状態の解明に向けた
大きな一歩と言える気がします。

こうした事実の積み重ねはカメリー・オネス
の実験から始まりました。
絶対零度近くでの抵抗値損失は
再現性の高い事実で、その後、

アメリカで

ジョン・バーディーン

レオン・クーパー

ロバート・シュリーファー

によるBCS理論が提唱され現在に至ります。

私の研究時代にはイットリウムの系(YBCOの系)や
ランタンの系(RSCOの系)の酸化物で高温を模索していました。
別途、青山大学の先生が別種金属で高い転移温度を実現してます。
また、最近では東北大をはじめとするグループが「揺らぎ」
の考えを使って高圧下でより常温に近い現象発現を目指しています。

ほぼ室温超伝導を示す高圧下ランタン水素

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/02_初稿投稿
2021/12/17_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
アメリカ関係へ
電磁気関係

熱統計関連のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

【トピック@2021/12/26整理】
受勲について
【イギリスの叙勲・など】

トピック関連などを改定します。

関連リンクは特に変更しません。ご覧下さい。

【以下原稿です】

フランス人はエッフェル塔に名を残し、
イギリス人は勲章で名誉を称え爵位を授ける。
科学の歴史を整理していて私はそう感じます。

以下に気付く限りの叙勲を連ねますのでご参考に。


二代目コーク伯爵_
ロバート・ボイル

Sir Robert Boyle
_1627年1月25日 ~ 1691年12月31日


アイザック・ニュートン_Sir Isaac Newton

_1642年12月25日 ~ 1727年3月20日


ヴォルタ伯爵_アレッサンドロ・ジュゼッペ・

アントニオ・アナスターシオ・ヴォルタ

Il Conte Alessandro Giuseppe Antonio Anastasio Volta
_1745年2月18日 ~ 1827年3月5日(ナポレオン時代の叙勲)


マイケル・ファラデー_Michael Faraday

_1791年9月22日 ~ 1867年8月25日(叙勲を辞退)


初代ケルヴィン男爵_
ウィリアム・トムソン

William Thomson, 1st Baron Kelvin OM, GCVO, PC, PRS, PRSE
_1824年6月26日 ~ 1907年12月17日


第3代レイリー男爵_
J・W・ストラット

_John William Strutt, 3rd Baron Rayleigh
_1842年11月12日 ~ 1919年6月30日

J・A・フレミング
_Sir John Ambrose Fleming
_1849年11月29日 ~ 1945年4月18日


山川 健次郎男爵_1854年9月9日 ~ 1931年6月26日

 

J・J・トムソン_1856年12月18日~1940年8月30日


初代のネルソン卿__ラザフォード男爵_
アーネスト・ラザフォード

Ernest Rutherford, 1st Baron Rutherford of Nelson, OM, FRS,
_1871年8月30日 ~ 1937年10月19日

なお、ホーキング博士も大英勲章を得ていますが
爵位は受けていません。時の移り変わりでしょうか。

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/24_初回投稿
2021/12/26_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係



に投稿 コメントを残す

お問い合わせ等もろもろ_他
【トピックの情報も残します】

トピック関連などを改定します。

関連リンクは特に変更しません。ご覧下さい。

【以下原稿です】

このブログを作っていく改定で、

始めはブログの羅列を重ねてきました。

数年ぶりのブログ作成であって

見て頂いている方を意識して

いなかった面があると思います。

お恥ずかしい。そこで、

更新している私の現状を関心ある読者に伝え
今後の運営について意見を取り入れていく仕組みを
作りたいと考えています。

無論、日々の科学者列伝の更新は可能な限り続け、
内容をより確かな物にしていきたいです。
そして、自身の娘が知識を吸収していくように顔の見えない皆様も少しずつ知識と想像の枠を広げていって欲しいと思います。私も知見を増やしたい。意見をよりしっかりした物にして、現実の生活でも無理のない範囲で色々な議論を広げたいのです。斯様な目的を意識して、その為の一つの場としてこのブログが役に立てば嬉しいのです。

また、分野別の枠組みで網羅されない話は以下に列記して補いたいと思います。ログ自体はどんどん流れて
どんどん埋もれていく物だと思いますが。

・爵位について

・(平賀源内) ⇒ 科学史の対象に移行、記事廃止
・トピック_高温超電導

・別サイト立ち上げました

・トピック_量子計算機実用化の波
・(小柴昌俊)⇒ 科学史の対象に移行、記事廃止
・トピックス エクソソーム実用化へ
・トピック_スペースX実用段階へ

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/19_初稿投稿
2021/12/15_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介 



に投稿 コメントを残す

フランス関係の人々
【パスカル・ラプラス・キューリ夫妻・等のご紹介】

パリの夕暮れ

フランス関係と関連大学のまとめを改定します。

更新内容はリンクの改定です。ご覧下さい。【以下原稿です】

↑Credit:Pixbay↑

↑Credit;Pixabay↑

始めに

フランス関係の人々を纏めました。

フランス共和国。その人口は、おおよそ6千3百万人弱。

日本の半分に満たないですね。反して国土は広く

食物自給率も高いです。その話を知った時は意外でした。

そして以下の登場人物はフランス人ですが、

この中で多くの人を今迄、

私はフランス関連の人として意識していませんでた。

整理してみると蒼々たるメンバーですね。

パスカルもクーロンもラプラスも居ます。

そんな歴史を持った国です。

そしてキューリ夫妻もピカールも居ます。

そんなフランスの歴史を感じさせます。

そしてフランスの誇りを感じさせます。

年代順にご覧下さい。

時代順のご紹介

ブレーズ・パスカル_1623年6月19日 ~ 1662年8月19日

ロバート・ボイル_1627年1月25日 ~ 1691年12月31日【フランス人教師に師事】

ダニエル・ベルヌーイ_1700年2月8日 ~ 1782年3月17日

ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
_1736年1月25日 ~ 1813年4月10日

シャルル・ド・クーロン
_1736年6月14日 ~ 1806年8月23日

ジャック・C・シャルル_1746年11月12日 – 1823年4月7日

ピエール・ラプラス_1749年3月23日~1827年3月5日

アンドレ=マリ・アンペール_1775年1月20日 – 1836年6月10日

オーギュスタン・J・フレネル_1788年5月10日 ~ 1827年7月14日

ルイ・コーシー_1789年8月21日 ~ 1857年5月23日

N・L・S・カルノー_1796年6月1日 ~ 1832年8月24日

レオン・フーコー_1819年9月18日 ~ 1868年2月11日

A・H・ルイ・フィゾー_1819年9月23日 ~ 1896年9月18日

アンリ・ポアンカレ_1854年4月29日 ~ 1912年7月17日

ピエール・キューリ_1859年5月15日 ~ 1906年4月19日

マリ・キュリー_1867年11月7日 ~ 1934年7月4日

ポール・ランジュバン_1872年1月23日 ~ 1946年12月19日

アウグスト・ピカール__1884年1月28日 ~ 1962年3月24日

ルイ・ド・ブロイ
_1892年8月15日~1987年3月19日

矢野 健太郎_1912年3月1日 ~ 1993年12月25日

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
返信・改定を致します。

nowkouji226@gmail.com

2020/12/04_初版投稿
2021/12/24_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計力学関係
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

日本人物理学者のまとめ
【理研の3太郎からの日本物理学史】

日本関係と関連大学のまとめを改定します。

更新内容はリンクの改定です。ご覧下さい。【以下原稿です】

↑Credit:Pixbay↑

【↑_Credit:Mike Swigunski】

ここでは日本人物理学者を纏めています。その人口は2020年時点で1億2581万人(世界第11位_Wikipedia情報)で狭い国土に多くの人々が暮らしています。特に東京に3700万人が生活していると言われています。諸説ありますが歴史的には神武天皇の即位を建国とする考えがあり、その考えに従うととBC660年から統一国家として存続しています。そんな日本において、物理学がヨーロッパ中心からアメリカ中心に移る時代に、これらの先駆者たる日本人が着実に物理学への理解を進めていたのです。人口に占める割合で考えたら物理学者が多い気がします。そう考えると、物理好きの国民かも知れませんね。そして、今も多くの論文を作り出しています。

平賀源内_1728 ~ 1780年1月24日(番外編)
山川 健次郎_1854年9月9日 ~ 1931年6月26日
田中舘愛橘_1856年10月16日 ~ 1952年5月21日
長岡半太郎_1865年8月19日 ~ 1950年12月11日
本多光太郎_1870年3月24日 ~ 1954年2月12日
高木 貞治_1875年4月21日 ~ 1960年2月28日
寺田寅彦__1878年11月28日 ~ 1935年12月31日
大河内正敏 _1878年12月6日 ~ 1952年8月29日
石原純_(あつし)_1881年1月15日 ~ 1947年1月19日
西川 正治_1884年12月5日 ~ 1952年1月5日
仁科 芳雄_1890年12月6日 ~ 1951年1月10日

朝永振一郎_ _1906年3月31日 ~ 1979年7月8日
湯川秀樹__1907年1月23日 ~ 1981年9月8日_
坂田 昌一__1911年1月18日 ~ 1970年10月16日
矢野 健太郎_1912年3月1日 ~ 1993年12月25日
久保 亮五_1920年2月15日 ~ 1995年3月31日
竹内均_1920年7月2日 ~ 2004年4月20日

中嶋 貞雄_1923年6月4日 ~ 2008年12月14日
南部 陽一郎_1921年1月18日 ~ 2015年7月5日
江崎玲於奈_1925年3月12日 ~ 【ご存命中】
小柴昌俊_1926年9月19日 ~ 2020年11月12日
西島 和彦_1926年10月4日 ~ 2009年2月15日
小出昭一郎_1927年3月25日 ~ 2008年8月30日
広重 徹 1928年8月28日 ~ 1975年1月7日
大貫 義郎_1928年 ~ ご存命中
有馬朗人_1930年9月13日 ~ 2020年12月6日

J・J・サクライ_1933年1月31日 ~ 1982年11月1日
ムツゴロウさん【本名:畑 正憲_1935年4月17日 -ご存命中】
益川敏英_1940年2月7日生まれ~2021年7月23日

バカラ、スポードなどの洋食器のことならSohbi

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/27_初回投稿
2021/12/23_改定投稿

旧舞台別まとめ(外部リンク)
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

デンマーク関連の物理学者
アンデルセンの国・ボーアの国

デンマーク

デンマーク関係と関連大学のまとめを改定します。

更新内容はリンクの改定です。ご覧下さい。【以下原稿です】

↑Credit:pixabay↑

デンマークは漢字で書くと「丁抹」。また総人口は投稿の時点で580万人程度。アンデルセンの国、デンマークではコペンハーゲンに集った仲間達が時代を変えました。20世紀の初頭にコペンハーゲンに集まった人々が量子力学の定式化を進めました。コペンハーゲン学派と呼ばれていたメンバーが有名です。ニールス・ボーアが招聘したボーア研究所が拠点でそこから革新的な新概念が生まれていったのです。年代別にご覧下さい。


ティコ・ブラーエ
_ 1546年12月14日-1601年10月24日


ハンス・エルステッド
_1777年8月14日 ~ 1851年3月9日


ニールス・ボーア
_1885年10月7日 ~ 1962年11月18日


ハイゼンベルク
1901年12月5日~1976年2月1日
(研究者として)


ランダウ
_1908年1月22日 ~ 1968年4月1日
(研究者として)


エドワード・テラー
__1908年1月15日 ~ 2003年9月9日
(研究者として)

英語が話せるようになる「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に関しては適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/28_初版投稿
2021/12/22_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
熱統計関連のご紹介
量子力学関係