に投稿 コメントを残す

ピエール・ガッサンディ:Pierre Gassendi、1592年1月22日-1655年10月24日

パリの夕暮れ

数学、物理学を考えるうえでの思想史を紐解きます。ガッサンディーです。
ニュートン。デカルトなどの物理学者たちに影響を与えたフランス人です。

ガッサンディーはプロヴァンス地方でディーニュ=レ=バン近郊
シャンテルシェ(Champtercier)の農村に生まれました。

若き日ののガッサンディは懐疑論者シャロンなどの影響を強く受けています。
アリストテレスの権威を嫌い、対立する考えのスコラ派解釈版アリストテレスを
激しく攻撃するパンフレットをまとめて出版しました。やり過ぎで怖くなった
知人の忠告で5巻分は焼却処分したそうです。

大きくなったガッサンディーはディーニュ大学で聴講し、
言語学と数学で才能を発揮します。他大で哲学を学んだ後に
16歳で修辞学を教え、神学と哲学の教授となりました。

1612年には大学で神学を講義しています。1617年に僧職に就きました。
段々にに神学研究から遠のきます。1633年には聖堂参事会員となり
ディーニュ聖堂学院の学長となっています。

具体的なガッサンディからの批判は、彼が大事にする
「唯物論を教会の教理に順応」したデカルトの手法
に向けられています。「感覚から与えられる印象」
を疑った「デカルト的懐疑」を「観念的な遊び」だと見たのです。

「存在は思惟によってのみ認められる」とするデカルトに対し
「存在は、まさしく思惟からと同様に、他のいかなる
作用からも推測することができる」と反論しました。
(以上、「」部はWikipedelia の写し)

なによりガッサンディはその時代に唯物論を復権しました。

ガッサンディは先ず物理学者であり、経験論者でした。

それだからエピクロスの原子論を好み、エピクロスの「快楽主義」
にまつわる偏見を取り除くことでエピクロスの道徳的な純潔さを擁護しました。

大きな業績だと思えるのは、唯物論と「無神論」が同一ではない
という証明です。ガッサンディはエピクロスの考えに、に立脚して論証しました。

宇宙論においてはガッサンディーはプトレマイオス、コペルニクス、ティコ・ブラーエ
と連なる思想の流れを大事にしました。

時間と場所という概念に対して神の概念を考えないで考察しています。そして
物質(原子)は神によって最初の運動を与えられたのである
という思想を持っていました。思想的にニュートンの原子論は
ガッサンディの方法で組み立てられていると言われています。

晩年、
1645年にパリのコレージュ・ロアイヤルの数学教授となり、
1648年に体調を崩すまで講義を行った。パリで没します。〆

|コスパ最強・タイパ最強・テックジム|
プログラミング教室の無料カウンセリング
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。
nowkouji226@gmail.com

2024/03/05_初稿投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
フランス関連のご紹介
スイス関係のご紹介
力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】