に投稿 コメントを残す

大河内正敏
【1878年12月6日生まれ‐6/18原稿改訂】

東大

こんにちはコウジです。「大河内正敏」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と5/28の時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3533‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒3085
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒4725‗④KazenoKouji‗3422⇒5831
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6618+10556【17174@5/28】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1878年12月6日生まれ ~ 1952年8月29日没】


【スポンサーリンク】

大河内家の御曹司

大河内正敏は旧上総大多喜藩主にして子爵の

大河内正質の息子として生まれました。

正敏は学習院初等科に進み、大正天皇と共に学びます。

また大河内とは珍しい名字だなと思っていたら

奥様も大河内家から娶っていたりして、なんだか

皇族みたいな感じがしました。平民とは違う華麗なる一族

って感じです。鹿鳴館で踊っていても違和感ありません。

政界では子爵議員として貴族院で議員を2期務めます。そんな中で若かりし無名の田中角栄を可愛がっていたといわれます。そんな人なので理化学研究所の3代目所長に就任したした時は理研研究員にして、貴族院議員で子爵、そして東京帝大教授でした。そんな偉人を今回はご紹介します。

大河内正敏の業績

大河内正敏は東大で物理学を学んでましたが時節柄、寺田寅彦と飛行弾丸の研究をしていたようです。物理学を駆使すれば流体力学や表面の解析が出来ます。

大河内正敏が進めた具体的な別の活用事例としては、ピストンの開発があります。ここでもシリンダー内の熱流体解析や、摂動面の摩擦特性を解析出来ます。この研究は後の株式会社リケンにつながります。戦後にリケンのグループは、GHQより十五大財閥の一つとして指定を受けます。

そして、眠りに

こうした業績を残して今、大河内正敏は埼玉県にある

平林寺で永眠しています。

その近くには理化学研究所の分室があり、

今でも研究者たちが世界に冠たる研究を続けています。

【スポンサーリンク】

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
最近は返信出来ていませんが
全てのメールを読んでいます。
適時返信のうえ改定を致しします。

nowkouji226@gmail.com

2020/12/17_初版投稿
2022/06/18_改訂投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
東大関連のご紹介
力学関係のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Okochi family sergeant

Masatoshi Okochi was born as the son of Masatoshi Okochi, the former lord and viscount of the Otaki feudal lord of Kazusa. Masatoshi goes to Gakushuin Elementary School and studies with Emperor Taisho. Also, when I thought that Okochi was a rare surname, my wife was also a kid from the Okochi family, and I felt like a royal family. It feels like a splendid clan different from the commoners. I’m sure they were dancing at Rokumeikan.

He is a member of the House of Lords for two terms as a Viscount member in politics. Under such circumstances, it is said that he loved the young and unknown Kakuei Tanaka. As such, he was a RIKEN researcher, a member of the House of Lords, a Viscount, and a professor at the University of Tokyo when he became the third director of RIKEN. I would like to introduce such a great man this time.

Achievements of Masatoshi Okouchi

Masatoshi Okouchi studied physics at the University of Tokyo, but he seems to have been studying flying bullets with Torahiko Terada. He can use physics to analyze fluid mechanics and surfaces.

Another specific use case promoted by Masatoshi Okouchi is the development of pistons. Here, too, you can analyze the thermo-fluid inside the cylinder and the friction of the perturbing surface. This research will lead to RIKEN CORPORATION later. After the war, this group was designated by GHQ as one of the 15 major conglomerates.

And to sleep

With these achievements, Masatoshi Okouchi is now sleeping at Heirinji Temple in Saitama Prefecture. There is a branch office of RIKEN nearby, and researchers are still conducting world-class research.