に投稿 コメントを残す

坂田 昌一
【1911年1月18日生まれ ‐4/23改訂】

名大

こんにちはコウジです。「坂田昌一」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗④KazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1911年1月18日生まれ ~ 1970年10月16日没】

【↑_Credit:Wikipedia】


【スポンサーリンク】

坂田晶一の生きた時代 

坂田昌一は素粒子を研究した物理学者です。

湯川秀樹朝永一郎らと同じ時代を生き、

議論を交わし、物理学会を切り開きました。

京都帝国大学を卒業していて

名古屋帝国大学で教えています。

また坂田昌一の奥様の信子さんは

SF作家・星新一の従兄弟にあたります。

坂田モデルの坂田博士 

坂田昌一の理論物理学での業績は

電磁場の量子化に関するものが

あげられます。当時は場を量子化する

時に電子の質量が発散する事が

問題でした。その問題に対して坂田昌一は

中間子の概念を使って問題解決に挑みます。

最終的に、この量子電磁力学での問題は

朝永振一郎がくりこみ理論使い説明します。

また坂田昌一は湯川秀樹の中間子に

関する論文で協同執筆者を務めています。

また坂田昌一の業績としては、

陽子・中性子・ラムダ粒子を基本粒子

と考え、その構成に対する「坂田モデル」

を提唱した点が、特筆すべきでしょう。

その坂田モデルは大貫 義郎益川敏英、小林誠

ら次の理論的な土台となり議論が進んだのです。

それぞれ次世代の議論へと繋がった、

確かな成果です。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/12_初稿投稿
2022/04/23_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
京大関連のご紹介
力学関係のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

The time when Dr. Sakata lived

Shoichi Sakata is a physicist who studied elementary particles. He lived in the same era as Hideki Yukawa and Ichiro Tomonaga, exchanged discussions, and opened the Physical Society of Japan. He is a graduate of Kyoto Imperial University and teaches at Nagoya Imperial University. In addition, Shoichi Sakata’s wife, Nobuko, is a cousin of science fiction writer Shinichi Hoshi.

Dr. Sakata of Sakata model

Shoichi Sakata’s achievements in theoretical physics are related to the quantization of electromagnetic fields. At that time, the problem was that the mass of the electron diverged when the field was quantized. Shoichi Sakata tries to solve the problem by using the concept of mesons. Finally, this problem in quantum electrodynamics will be explained by Shinichiro Tomonaga using renormalization theory. Shoichi Sakata is also a co-author of a paper on Hideki Yukawa’s mesons.

It should be noted that Shoichi Sakata’s achievements are that he considered protons, neutrons, and lambda particles as elementary particles, and proposed a “Sakata model” for their composition. The Sakata model became the next theoretical foundation for Yoshiro Onuki, Toshihide Maskawa, and Makoto Kobayashi, and discussions proceeded. These are solid results that have led to discussions for the next generation.