に投稿 コメントを残す

ムツゴロウさん【本名:畑 正憲】
【1935年4月17日生まれ-5/3改訂】

東大

こんにちはコウジです。「ムツゴロウさん」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗④KazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1935年4月17日生まれ -ご存命中】


【スポンサーリンク】

 ムツゴロウさんの人生

2021/08/21現在でご存命中の方であって、

恐縮ですが、ムツゴロウさんの

一面を紹介したいので投稿します。

私は少年時代に面白い人生だと思いました。

ムツゴロウさんという愛称で知られて

いますが、中身は九州男児です。

大分県でバンカラな青春時代を過ごします。

私はその様子をムツゴロウさんの著書である

「ムツゴロウの青春期」で読みました。

ムツゴロウさんが高校時代に

今の奥様に出合い結ばれる様子が

生き生きと描かれ、同時に東京大学を目指し

猛勉強する様子が描かれていました。

若き日のムツゴロウさん

ムツゴロウさんが九州で高校生活を送っていた時代に

「君等が知っちょるか知らんか(私は)知らんが」

という口癖の先生が居て、物理学への魅力を伝えていて、若き日のムツゴロウさん達が集まって話を聞いていて、友達同士で話して共鳴して奮起する筋だったかと思います。そしてムツゴロウさんは猛勉強するのです。そして東京大学に合格するのです。

後で時間を作りムツゴロウの青春期に続く著作の結婚紀、冒険記等も読んでみたいと思いますが、ムツゴロウさんは卒業後に文筆での人生を選び、当時の学研社で活動を始めます。そこに至るまでに色々と考えたと思います。

東大で在学中には駒場寮に暮し医学・動物学・等を学びます。そもそも物理学科という呼び方ではなく東大はⅠ類・Ⅱ類・・・と分けるので(私が知ってた時代。)対象が無機質の剛体であろうがアメーバであろうが研究対象といえば研究対象な訳です。最高学府の頂点として東大は様々な学科を少数精鋭で網羅しています。そもそも微視的な視点に立ち見てみたら其々に性質があり、寿命があるのです。

「意志を持ってるかもしれないアメーバ」

だったり

「半減期を持っている原子核」

を研究している訳です。そんな見方も出来ますよね。
話戻ってムツゴロウさんですが、何時か時間をとって調べて書き足したいです。彼の人生は喜びと失望に満ちていますので。そんな中でムツゴロウさん突き進んでいます。もう少し見続けていたい生き様だと感じます。

ムツゴロウさんには
6億円あると言われていた借金がありましたが、
それも全て返済して現在も動物に関わっています。
リンク:有限会社ムツ牧場



【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
次のアドレスまでお願いします。
問題点には適時、
返信改定を致しします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/14_初稿投稿
2022/05/03_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
東大関連のご紹介
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

Mutsugoro’s life

2021/08/21 I am sorry that I am alive as of now, but I would like to introduce one side of Mr. Mutsugoro, so I will post it.
I thought it was an interesting life when I was a boy.

Known by the nickname of Mr. Mutsugoro, the contents are Kyushu boys. He spends his youth in Oita prefecture. I read the situation in Mr. Mutsugoro’s book “Mutsugoro’s Youth”. It was a lively picture of Mr. Mutsugoro meeting his current wife in high school, and at the same time, a picture of studying hard toward the University of Tokyo.

Young mudskipper

There was a teacher who had a habit of saying, “Do you know or don’t know (I) don’t know?”, Telling the charm of physics, and young mudskippers gathered and listened. I think it was a source of excitement by talking with friends and resonating with each other. And study hard.

Later, I would like to make time to read the marriage history and adventures of Mutsugoro’s youth, but Mr. Mutsugoro chose his life as a writer and started his activities at Gakken at that time. I think he thought a lot before he got there.

At the University of Tokyo, I live in Komaba Dormitory and study medicine, zoology, etc. In the first place, the University of Tokyo is not called the Department of Physics, but it is divided into Class I, Class II, etc. (the era I knew). That’s why.

As the pinnacle of the highest school, the University of Tokyo covers various departments with a small number of elites. In the first place, if you look at it from a microscopic point of view, each has its own characteristics and has a limited lifespan. I am studying “amoeba that may have a will” or “nucleus that has a half-life”. You can see that as well.

Returning to the story, Mr. Mutsugoro, I would like to take some time to investigate and add. Because his life is full of joy and disappointment. Under such circumstances, Mr. Mutsugoro is pushing forward. He feels that he is a way of life that he wants to keep watching for a while.

Mr. Mutsugoro had a debt that was said to be 600 million yen, but he repaid all of it and he is still involved in animals.
Link: Mutsu Ranch Co., Ltd.