に投稿 コメントを残す

A・A・マイケルソン
【1852年12月19日-5/26改訂】

シカゴの画像

こんにちはコウジです。「マイケルソン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗④KazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1852年12月19日 ~ 1931年5月9日】


【スポンサーリンク】

稀代の実験家マイケルソン

その名を全て書き下すとAlbert Abraham Michelson。

ユダヤ系の血を引くアメリカ人です。

マイケルソンは物理学の中でも特に光学に対して

関心を示し、干渉計を発明しました。。その後、

有名な干渉実験を実現します。マイケルソンはその後も

様々な研究者と実験をしていきますが、光の干渉を原理

として使っていて光路が長い程、精度が高くなります。

そこで、マイケルソン達の装置は大がかりな物に

なっていきますが、結果として様々な外乱に晒され、

誤差との戦いが続きました。装置を据え付ける地盤、

微振動、感光装置、その他に様々な

配慮を払わねはならなかったのです。

実験の時代背景 

こうした実験が行われた背景としてはそもそも、

マイケルソンの時代にエーテルという光の伝播媒質

が論じられていました。光が波であれば当然、

媒質は考えていく物です。ローレンツの理論

での変換は干渉のずれを収縮が打ち消す、

といった結果をもたらします。エーテルを想定した

マイケルソンの実験結果は様々な議論に繋がり

媒質としてのエーテルは現在、否定されています。

この有名な実験が広く認められ、マイケルソンは

アメリカ人として初のノーベル物理学賞を受けます。

近年、マイケルソンの実験手法は
別の成果をもたらしました。
2015年9月、2基のマイケルソン
干渉計を使い、直接的に重力波を
観測にかけたのです。
稀代の実験家の拘りが数十年後に
結実したと言えるでしょう。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/27_初回投稿
2022/05/26_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介

アメリカ関連のご紹介へ
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2020年9月時点での対応英訳)

Exprimentist Michelson

Albert Abraham Michelson if you write down all the names. He is an American of Jewish descent.

Michelson was particularly interested in optics in physics and invented the interferometer. .. After that, he realizes the famous interference experiment. Michaelson will continue to experiment with various researchers, but he uses the principle of light interference, and the longer the optical path, the higher the accuracy. There, Michaelson’s equipment became a large-scale one, but as a result, it was exposed to various disturbances, and the fight against error continued. We had to pay attention to the ground on which the device was installed, micro-vibration, photosensitive devices, and so on.

Backglound of the Experiment

n the first place, the light propagation medium called ether was discussed in Michaelson’s time as the background to these experiments. Of course, if the light is a wave, it is something to think about. The transformation in Lorenz’s theory results in the contraction canceling out the deviation of the interference. Michelson’s experimental results assuming ether have led to various discussions, and ether as a medium is currently denied. This famous experiment was widely recognized and Michaelson received the first American Nobel Prize in Physics.

In recent years, Michelson’s experimental methods have yielded other results. In September 2015, Michelson used two Michelson interferometers to directly observe gravitational waves. It can be said that the insistence of a rare experimenter came to fruition decades later.