に投稿 コメントを残す

アイナー・ヘルツシュプルング
‗7/11改訂【H‐R図で恒星を整理して星の明るさと表面温度を考察】

デンマーク

こんにちは。コウジです。
ヘルツシュプルングの原稿を改訂します。

今回の改定点はリンク切れ情報の改定です。
ご覧ください。(以下原稿)

現代天文学
【スポンサーリンク】

【1873/10/8 ~ 1967/10/21】

天文学者をご紹介します。アイナー・ヘルツシュプルング
(Ejnar Hertzsprung)。デンマーク生まれの天文学者です。
ヘルツシュブルングの業績として特に有名なものはH-R図です。

ヘルツシュプルングはヘンリー・ノリス・ラッセルと独立に
提案していますので今では二人の名前を使ってH−R図と呼ばれます。
フェアーな考え方ですね。

H−R図は星の明るさに対して表面温度を考えてます。
H−R図での縦軸には恒星の明るさを考えています。対して
横軸では恒星の表面温度を考えています。
縦横の関係で星の進化などを考えるのです。

①H-R図での縦軸では明るさがが絶対等級としてあらわされています。
図上で上に行くほど絶対等級が小さい(明るい)恒星であると言えるのです。

②H−R図での横軸では、特定の恒星の表面温度が表現されています。
左が高温で、右側が低温です。(多くのH−R図での単位はK:ケルビンです)

H−R図が有益な背景として「恒星の表面温度がその色と関係している」
という話を思い出してください。表面温度が高い恒星は青白く、
温度の低い恒星は赤色に近くなるという傾向があるのです。
(上記②の判断材料です)
また、ある恒星の観測時の
明るさが分かればその恒星までの距離が推定できます。
(上記①の判断基準です)

ヘルツシュプルングの略歴を最後にご紹介します。
ヘルツシュプルングはデンマークのフレデリックスベアに生まれました。
フレデリックスベア工科大学卒業後に数年の期間サンクトペテルブルク
(現在のロシアの都市)で働き、ライプツィヒで写真化学を学んだ後に、
コペンハーゲンで天文学の研究を始めます。

こうした背景を考えると、
当時の学者肌の人々の交流が感じられますね。
ヘルツシュプルングは各国で関心を追い求めています。

私がヘルツシュプルングの名を垣間見るのはその後です。
1909年にゲッティンゲン天文台の天文学助教授、
1919年ライデン大学の教授にして天文台の台長となりましたた。

話戻って業績の話です。ヘルツシュプルングは1905年に
恒星に巨星と矮星などの種類のあることを見出しました。
恒星の「絶対等級」と「スペクトル型の分布図」に
一定の関係があることを示したのです。

「その後ヘルツシュプルングは1913年にはヘンリエッタ・スワン・リービットの
発見したセファイド変光星に着目します。その変光周期と明度の相関から
小マゼラン雲までの距離を計算したのです。

ヘルツシュプルングは星間物質による吸収によ
り距離を小さく見積もったようですが、
初めての「測定」でした。
そしてヘルツシュプルングは2つの小惑星である
(1627)イバールと(1702)カラハリを発見しています。」
(ウィキペディア情報)

フリーランスの貴方へエンジニア案件紹介
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2023/04/04‗初稿投稿
2024/07/11_改訂投稿

旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
デンマーク関連のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2023年4月時点での対応英訳)

I’ll introduce an astronomer, Einar Hertzsprung, Danish astronomer.
Hertzschbruung’s most famous achievement is the H-R diagram.
Hertzsprung becomes independent with Henry Norris Russell
Since I proposed it, it is now called an H-R diagram using their names.
That’s a fair idea.

The vertical axis in the H-R diagram is considered to be the brightness of the fixed star. for
The horizontal axis is the surface temperature of the star.
Think about the evolution of stars in terms of vertical and horizontal relationships.

①Brightness is expressed as an absolute magnitude on the vertical axis of the H-R diagram.
It can be said that stars with smaller (brighter) absolute magnitudes go up on the map.

②The horizontal axis of the H-R diagram represents the surface temperature of a specific star.
High temperature on the left and low temperature on the right. (Units in many H-R diagrams are K: Kelvin)

“The surface temperature of a star is related to its color” as a useful background for the H-R diagram
Please remember the story. A star with a high surface temperature is pale,
on the other hand, cooler stars tend to be redder.
(This is the judgment material for ② above.)
Also, when observing a certain star
If the brightness is known, the distance to the star can be estimated.
(This is the judgment criteria for ① above.)

Finally, I would like to introduce a short biography of Herzsprung.
Hertzsprung was born in Frederiksberg, Denmark.
St. Petersburg for several years after graduating from Fredericksberg University of Technology

After working in (now a Russian city) and studying photographic chemistry in Leipzig,
He begins his astronomical studies in Copenhagen. Given this background,
You can feel the interaction between the scholarly people of that time.
Herzsprung pursues interest in each country.

It is only after that that I catch a glimpse of the Hertzsprung name.
In 1909 he became Assistant Professor of Astronomy at the Göttingen Observatory.
In 1919 he became a professor at the University of Leiden and director of the Observatory.

Let’s go back to his achievements. Hertzsprung in 1905
He discovered that there are different types of stars, such as giant stars and dwarf stars.
Stellar “absolute magnitude” and “spectral type distribution map”
It shows that there is a certain relationship.

“Then Hertzsprung was in 1913 Henrietta Swann Leavitt’s
I will focus on the Cepheid variable stars that she discovered.
From the correlation between the light variation period and brightness,
He calculated the distance to the Small Magellanic Cloud.

Hertzsprung is absorbed by the interstellar medium
It seems that you underestimated the distance
It was his first “measurement”.
and Hertzsprung are two asteroids
(1627) discovered Ivar and (1702) Kalahari. ”
(Wikipedia information)