に投稿 コメントを残す

ヨハネス・ケプラー:Kepler
【1571年12月27日生まれ-4/8改定】

deutuland

こんにちはコウジです。「ケプラー」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1571年12月27日生まれ ~ 1630年11月15日没】


【スポンサーリンク】

ケプラーの生い立ち

ドイツに生まれたケプラーは天文学者にして数学者、

哲学者、占星術師でありました。そして、

ケプラーの母は薬草治療をしてました。

ケプラーの天文物理学の仕事として素晴らしい点は、

年間の観測情報から数学を使った考察を進め、

天体の星達が(基本的には平面上で)楕円軌道を描く

とか公転周期と面積速度の関係を導き出すといった

秩序だった理論的な結果を導き出した点です。

ケプラーは「数学モデル」を物理学に当てはめた

初めての物理学者だったという事実も見逃せ無い点です。

今では当たり前に思えるのですがケプラーの時代は

物事を考える土壌が出来上がっていませんでした。

更に実験を結びつけて議論の裏付けをとり、

後の時代の物理学者たちは説得力を増すのです。

 

そんなケプラーは幼少期に苦労します。

ケプラーの父は家族の為に傭兵として戦いに参加します。

ケプラーが5歳から17歳の間、その父は家族と離れ

暮らしていました。そして八十年戦争と呼ばれた戦いで、

父はネーデルランド(今のオランダ)で亡くなります。

加えてケプラー本人は天然痘にかかり視力低下にあい、

一生苦労をしました。また天然痘では、、、

ケプラーは妻子を失ってしまいます。

 

ケプラーの業績

 

そんなケプラーは天文学者として地動説に出合いました。

特にコペルニクスがコペルニクス的転回を打ち出した

タイミングでケプラーは天文を学びましたが、

ケプラーはコペルニクスを全面的に支持します。

そういった考え方を読んだケプラーを

今度はガリレオ・ガリレイが支持します。

そして何よりケプラーはティコ・ブラーエに出会います。

科学が飛躍的に進化する時代があると思えますが、

ケプラーの前後の時代はまさに、そんな時代でしょう。

この時代の動きがあったからこそ、後の時代の思索の中で

力学が生まれてきて、電磁気学が生まれてきたのです。

20世紀の初頭にも国を超えて人々が議論して

科学技術に大きな進展が見受けられました。

そんな視点で「社会史」の側面を垣間見ながら

「科学史」を考えてみると人類の進化を感じられます。

私が「進化」と呼んだ「変化」が好ましいか

という議論がありますが、私は好ましいと思います。

可能性が広がるからです。

技術を制御する責任は別問題で別に議論します。

 

ティコ・ブラーエは遺言で集めた膨大な

データを遺産としてケプラーに残しました。

価値ある貴重なデータをケプラーがが受け取り

そして整理して様々な法則を作り出します。

2人の業績から今に残るケプラーの法則が完成したのです。

惑星の運動は体系立てて幾何学上で表現されています。

ケプラーは星を考える枠組みを作り出したのです。

そして次なる様々な理論体系に繋がっていったのです。

〆最後に〆

英語が話せるようになる「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/19_初版投稿
2022/4/8_改定投稿

旧舞台別まとめ/
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係の紹介へ
ドイツ関連のご紹介へ

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Kepler’s Birth Born

Kepler’s Birth Born in Germany, Kepler was an astronomer, mathematician, philosopher, and astrologer. And Kepler’s mother was doing herbal remedies. The great thing about Kepler’s work in astronomical physics is that it advances mathematical consideration from annual observation information, and the stars of the celestial body draw elliptical orbits (basically on a plane), orbital period and area velocity. It is the point that we have derived an orderly theoretical result such as deriving a relationship. It is also worth noting that Kepler was the first physicist to apply a “mathematical model” to physics.

Kepler struggles in his childhood. Kepler’s father participates in the battle as a mercenary for his family. While Kepler was between the ages of five and 17, his father lived away from his family. Kepler’s father died in the Netherlands in a battle called the Eighty Years War. In addition, Kepler himself suffered from smallpox and suffered from his poor eyesight for the rest of his life. Also in smallpox, Kepler loses his wife and children.

 Kepler’s Work

Kepler came across the heliocentric theory as an astronomer. Kepler learned astronomical, especially when Copernicus launched a Copernican Revolution, but Kepler fully supports Copernicus. Galileo Galilei now supports Kepler who read such an idea. And above all, Kepler meets Tycho Brahe.

It seems that there is an era in which science will evolve dramatically, but the era before and after Kepler is exactly such an era. It seems that the movement of this era was the reason why mechanics was born and electromagnetics was born in the thoughts of later times. Even at the beginning of the 20th century, people from different countries discussed and made great progress in science and technology. If you think about “history of science” while glimpsing the aspect of “social history” from that perspective, you can feel the evolution of humankind. There is some debate about whether “change,” which I called “evolution,” is preferable, but I think it is preferable. Because the possibilities open up. Responsibility for controlling technology is discussed separately on a separate issue.

Kepler’s Data

Tycho Brahe left Kepler with the vast amount of data he collected in his will as his legacy. Kepler receives valuable and valuable data and organizes it to create various laws. From the achievements of the two, Kepler’s law that remains today was completed. The movement of planets is systematically and geometrically represented. Kepler created a framework for thinking about stars. And he was connected to the following various theoretical systems.