に投稿 コメントを残す

ガリレオ・ガリレイ
【1564年2月15日生まれ‐4/7改訂】

こんにちはコウジです。「ガリレオ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と5/28の時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3533‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒3085
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒4725‗④KazenoKouji‗3422⇒5831
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6618+10556【17174@5/28】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1564年2月15日生まれ ~ 1642年1月8日没】


【スポンサーリンク】

ガリレオの生きた時代

先ずガリレオの生誕年での西暦はユリウス暦で

死没年の西暦はグレゴリオ暦です。

ガリレオ・ガリレイはそんな

2つの暦を使う時代に生きていました。

イタリアのガリレオ・ガリレイの名は世界中で近代科学の父、天文学の父として知られています。数学的なモデルを確かにして現象からパラメターを選びその数値を観測可能な道具を選ぶ事で実験検証する手法はガリレオが確立したものです。

そんなガリレオが生きた時代には自然科学の考えに対して

暗黒の時代背景がありました。教会が力を持ち、

表現が不適切とされた時には社会的な制裁を受けました。

ジョルダーノ・ブルーノという哲学者は火炙りに処されています。

ブルーノの断罪は多岐に渡ります。

その中の一つが天体関連です。

当時の教会の考えでは、地球が太陽や土星の様に

運行してはならないのです。今では理不尽とも思えますが。

ガリレオの研究環境と業績

そんな時代の中でガリレオは艱難辛苦に晒されます。

権力争いに巻き込まれ、天体に関する考えから

異端審問を受け、社会的立場を悪くします。

軟禁状態にあり、体調も悪くなっていきます。

そんな有り様を知ったデカルトは論文発表を控えた

と伝えられています。更にはガリレオは失明します。

これは一説には過度の天体観測のせいだとも

言われています。ただ、その後も息子や弟子達の

助けを借りて出版をしたり振り子時計を発明したりしています。

振り子の等時性をもとにして,周期を起点に考えていき、

時を刻む仕組みを設計していたのです。

まさにプロトタイプの精密機械ですよね。

そして、最後は77歳で亡くなっています。

〆最後に〆

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/22_初回投稿
2022/04/07_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(対応英訳)

First, Galileo’s birth year is the Julian calendar and the death year is the Gregorian calendar. Galileo Galilei lived in an era of using these two calendars.

The name Galileo Galilei of Italy is known all over the world as the father of modern science and the father of astronomy.

Galileo has established a method for experimentally verifying by making sure of a mathematical model, selecting parameters from phenomena, and selecting tools that can observe the numerical values.

When Galileo lived, there was a dark background to the ideas of the natural sciences. He was subject to social sanctions when the church was powerful and improperly expressed. A philosopher named Giordano Bruno is burned at the stake.

Bruno’s condemnation is wide-ranging. One of them is related to celestial bodies. The idea of ​​the church at that time was that the earth should not operate like the sun or Saturn. It seems unreasonable now.

In such an era, Galileo is exposed to hardships.

He gets caught up in a power struggle, gets an inquisition from his thoughts on celestial bodies, and makes his social position worse. He is under house arrest and his condition is getting worse.

It is reported that Descartes, who knew such a situation, refrained from publishing his treatise.

Furthermore, Galileo loses his eyesight. It is said that this is due to excessive astronomical observation in one theory. However, he has continued to publish and invent pendulum clocks with the help of his sons and disciples.

Based on the isochronism of the pendulum, he started thinking from the cycle and designed a mechanism to keep track of time. It’s a prototype precision machine, isn’t it?

And he finally died at the age of 77.