に投稿 コメントを残す

ヨハン・C・F・ガウス
【1777年4月30日生まれ‐4/28改訂】

deutuland

こんにちはコウジです。「ガウス」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗④KazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1777年4月30日生まれ ~ 1855年2月23日没】


【スポンサーリンク】

ドイツ生まれのガウス

ドイツのガウスは18世紀の数学者にして、物理学者にして、

天文学者です。ガウスの業績として大きいのはガウス分布、

ガウス関数、ガウスの最小自乗法、ガウスの法則等です。

物理というより数学で仕事を残しています。 

物理では磁束密度の単位に名を残しています。

数学で出てくるガウス分布はガウスの考察した関数

で表されていて、現代でも統計データの処理

で多用されます。実際にサンプル数が多くなると

この分布での表現が適していて「データの中心値」

を真ん中にしてグラフが綺麗な左右対称の山型となります。

山の頂上と裾野の「形」がガウス分布特有の形になります。

 

また、地球磁気の研究に関連した話として、

フーリエ級数展開に関しての研究を進め、

高速な計算方法を開発しました。特に、

データ数を2倍し続ける場合についてを議論を構築

していますが、それは後の時代に使われる

高速信号処理器の中での作動原理と本質的に同じものでした。

200年以上前に数学的なデシャブー現象があったのです。

ガウスの法則の導出

電磁気学の世界で出てくる「ガウスの法則とは

電荷量が取り囲む曲面から計算される。

といった有名な法則です。より細かくは

電束を面積分した総和が電荷密度の体積積分の総和と等しいと考えられ、その体積の内側にある電気の源を電荷と定義出来るのです。実際に電気の担い手が電荷だと考えると、地上の電位を基準として特定の等電位の導体を考えてみて、それよれり電荷密度が低い状態を正に帯電した環境、基準より電子密度が濃い状態を負に帯電した環境と考える事が出来るのです。

こういった考え方を進め、ガウスは

電気が流れていく状態を記述しました。

また、よく使われているCGS単位系の中に

ガウス単位系とも呼ばれる単位系があります。

パトロンが生活を支えたりしていたという時代背景

もありガウスは教授となる機会は無かったようですが、

デデキンドとリーマンは彼の弟子だったと言われています。

個人的にはやはり、物理学者というよりも数学者として

沢山の仕事を残してきた人ったと思います。

そして、

独逸人らしい厳密さで現象を極めたのです。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレス迄お願いします。
問題点には適時、
改定・返信をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/28_初稿投稿
2022/04/28_改定投稿


旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
ドイツ関連のご紹介へ
電磁気学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

 

【2021年8月時点での対応英訳】

Gauss of Germany 

Gauss of Germany is an 18th century mathematician, physicist and astronomer. His major achievements in Gauss are Gaussian distribution, Gaussian function, Gaussian least squares method, Gauss’s law, etc. He has left his name in physics as a unit of magnetic flux density.

The Gaussian distribution that appears in mathematics is represented by the function that Gauss considered, and is often used in the processing of statistical data even in modern times. When the number of samples actually increases

The expression in this distribution is suitable, and the graph becomes a beautiful symmetrical mountain shape with the “center value of the data” in the center. The “shape” of the top and bottom of the mountain is unique to the Gaussian distribution.
In addition, as a story related to the study of geomagnetism, Gauss proceeded with research on Fourier series expansion, and Gauss developed a high-speed calculation method. He specifically builds a debate about when he keeps doubling the number of data, which is essentially the same principle of operation in high-speed signal processors used in later times. There was a mathematical deshabu phenomenon over 200 years ago.

It is a famous law that appears in the world of electromagnetism, such as “Gauss’s law is calculated from the curved surface surrounded by the amount of electric charge.”

electrical property of surface

The sum of the surface integrals of the electric flux is considered to be equal to the sum of the volume integrals of the charge density, and the source of electricity inside that volume can be defined as the charge. Considering that the actual bearer of electricity is the electric charge, consider a conductor with a specific equipotential potential based on the electric potential on the ground. You can think of the state as a negatively charged environment. Advancing this way of thinking, Gauss described the state in which electricity is flowing.

In addition, there is a unit system called Gaussian unit system among the commonly used CGS unit systems.

Gauss did not seem to have had the opportunity to become a professor, partly because the patrons supported his life, but it is said that Dedekind and Lehman were his disciples.

Personally, I think Gauss has left a lot of work as a mathematician rather than a physicist.

And Gauss mastered the phenomenon with his unique rigor.