に投稿 コメントを残す

オットー・ハーン‗
【1879年3月8日 – 1968年7月28日】

deutuland

オットー・ハーン(Otto Hahn)は20世紀初頭のドイツの化学者で、核化学の分野で重要な業績を残しました。彼は核分裂の現象を解明する上で重要な役割を果たしました。また、リーゼ・マイトナー(Lise Meitner)との共同研究は、核分裂の理解に大きく貢献しました。

1938年、オットー・ハーンとリーゼ・マイトナーはウラニウムの核を中性子で照射する実験を行い、その結果としてバリウムとクリプトンが生成されることを発見しました。この現象は、ウラニウム核が中性子を吸収し、重い核と軽い核に分裂することを示しており、これが後に核分裂として知られるようになりました。

しかし、1938年当時、ハーンはこの現象を完全に理解することができず、その解釈に関する理論的な考察を行うことができませんでした。

更に、この話の中で重要なのはマイトナーがユダヤ系だという事情です。マイトナーはナチスの台頭に従ってドイツ内での研究活動が難しくなってきます。その後、リーゼ・マイトナーはスウェーデンに亡命し、オットー・ロベルト・フリッシュ(Otto Robert Frisch)と共同で核分裂の理論的な解釈を提案しました。その後、ハーンとマイトナーの共同研究成果が、マイトナーの名前が冠された形で広く知られるようになりました。
オットー・ハーンとリーゼ・マイトナーの業績は、20世紀の物理学と化学における最も重要な発見の一つである核分裂の理解につながりました。彼らの実験的結果と理論的解釈は、核物理学と核化学の分野における革命的な進歩をもたらしました。

ハーンとマイトナーが行ったウラニウムの核を中性子で照射する実験は、当時の核物理学において画期的なものでした。彼らが発見した核分裂の現象は、核が中性子を吸収して分裂することを示唆し、その際に新たな元素が生成されることを示しました。この発見は、後に原子爆弾や核エネルギーの開発につながる重要な基盤となりました。

しかしながら、ナチスの政権によるユダヤ人に対する迫害の影響により、マイトナーの研究環境は悪化しました。彼女はスウェーデンに亡命し、そこでオットー・ロベルト・フリッシュと協力して核分裂の理論的解釈を提案しました。その後、マイトナーの名前が冠された形で、彼らの共同研究成果が広く知られるようになりました。

このように、ハーンとマイトナーの業績は、科学史上永遠に残る重要な貢献であり、彼らの協力関係は科学的発展における模範的な例として賞賛されています。

|コスパ最強・テックジム|
プログラミング教室の無料カウンセリング
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2024/04/02_初回投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
ドイツ関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】