に投稿 コメントを残す

L・オイラー
【1707年4月15日生まれ-4/19改定】

こんにちはコウジです。「オイラー」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗④KazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【スポンサーリンク】

L・オイラーのLはレオンハルトのLです。

オイラーの業績 

スイスのオイラーは当時の18世紀の数学界の中心となり、後の世に数学が厳密になっていく一方で、モデルが洗練されていくのですが、それを使いこなす為の基礎を固めました。その活動範囲は多岐にわたります。他の人が見つけたと思っていた業績が、実はオイラーの仕事の焼き直しだったりした事が多々ありました。後に出てくるガウスと合わせて数学界の二大巨人であると言われているのです。加えて、

オイラーは右目を失明していたので

「単眼の巨人(サイクロプス)」

と数学界で呼ばれていたそうです。

まさに怪人ですね。同時に

天文物理学でも業績を残しています。

物理学で使う数学手法も残しました。オイラーが

定式化した自然対数と三角関数の関係は

私自身も何度も何度も、繰り返し使いました。

オイラーの人生 

さて、オイラーの人生における転機は

大学時代に師となるベルヌーイが

その才能を見出したタイミングでした。

神学の道を目指していたオイラーの

両親をベルヌーイが説得して

オイラーは数学の道を選びます。

 

オイラーは招かれて外国で数年

過ごしたりしながら研究を続け

ましたが、視力が低下していき

遂には失明してしまいます。

それでもオイラーは精力的に

論文執筆の活動を続けました。

頭の中で計算式を操り、

口頭で協力者に内容を伝え、

文章に起こしてもらい、

論文を次々と完成させたのです。

そんな困難の中、

オイラーは晩年の研究を続けていました。

人生をかけた研究だったと思います。

〆最後に〆

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/26_初稿投稿
2022/04/19_改定投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
スイス関係のご紹介

量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

【2021年8月時点での対応英訳】

L. Euler’s L is Leonhard’s L.

Job of Euler

Euler in Switzerland became the center of the 18th century mathematics world at the time, laying the foundation for mastering sophisticated models while mathematics became more rigorous in later generations. The range of activities is wide-ranging. In many cases, the achievement that others thought they had found was actually a rehash of Euler’s work. He is said to be one of the two giants in mathematics, along with Gauss, who will appear later. father,

Euler was blind in his right eye, so he was called “monocular giant (cyclopes)” in the mathematical world. It’s just a monster. He also has a track record in astrophysics.

Euler also left behind the mathematical techniques used in physics. I myself used the relationship between the natural logarithm and trigonometric functions formulated by Euler over and over again.

LIFE of  Euler

Now, the turning point in Euler’s life was when his teacher Bernoulli discovered his talent during his college days.

Bernoulli convinces Euler’s parents who were aiming for the theological path, and Euler chooses the path of mathematics.

Euler was invited to spend several years abroad and continued his research, but his eyesight deteriorated and he eventually lost his eyesight.

Still Euler is energetically

He continued his treatise writing activities.

Euler manipulated the formulas in his head, verbally communicated to his collaborators, had them transcribed, and completed his treatises one after another.

In the midst of such difficulties, Euler continued his studies in his later years. I think it was a study that took his life.