に投稿 コメントを残す

ヨハネス・ケプラー:Kepler
【1571年12月27日生まれ-4/8改定】

deutuland

こんにちはコウジです。「ケプラー」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1571年12月27日生まれ ~ 1630年11月15日没】


【スポンサーリンク】

ケプラーの生い立ち

ドイツに生まれたケプラーは天文学者にして数学者、

哲学者、占星術師でありました。そして、

ケプラーの母は薬草治療をしてました。

ケプラーの天文物理学の仕事として素晴らしい点は、

年間の観測情報から数学を使った考察を進め、

天体の星達が(基本的には平面上で)楕円軌道を描く

とか公転周期と面積速度の関係を導き出すといった

秩序だった理論的な結果を導き出した点です。

ケプラーは「数学モデル」を物理学に当てはめた

初めての物理学者だったという事実も見逃せ無い点です。

今では当たり前に思えるのですがケプラーの時代は

物事を考える土壌が出来上がっていませんでした。

更に実験を結びつけて議論の裏付けをとり、

後の時代の物理学者たちは説得力を増すのです。

 

そんなケプラーは幼少期に苦労します。

ケプラーの父は家族の為に傭兵として戦いに参加します。

ケプラーが5歳から17歳の間、その父は家族と離れ

暮らしていました。そして八十年戦争と呼ばれた戦いで、

父はネーデルランド(今のオランダ)で亡くなります。

加えてケプラー本人は天然痘にかかり視力低下にあい、

一生苦労をしました。また天然痘では、、、

ケプラーは妻子を失ってしまいます。

 

ケプラーの業績

 

そんなケプラーは天文学者として地動説に出合いました。

特にコペルニクスがコペルニクス的転回を打ち出した

タイミングでケプラーは天文を学びましたが、

ケプラーはコペルニクスを全面的に支持します。

そういった考え方を読んだケプラーを

今度はガリレオ・ガリレイが支持します。

そして何よりケプラーはティコ・ブラーエに出会います。

科学が飛躍的に進化する時代があると思えますが、

ケプラーの前後の時代はまさに、そんな時代でしょう。

この時代の動きがあったからこそ、後の時代の思索の中で

力学が生まれてきて、電磁気学が生まれてきたのです。

20世紀の初頭にも国を超えて人々が議論して

科学技術に大きな進展が見受けられました。

そんな視点で「社会史」の側面を垣間見ながら

「科学史」を考えてみると人類の進化を感じられます。

私が「進化」と呼んだ「変化」が好ましいか

という議論がありますが、私は好ましいと思います。

可能性が広がるからです。

技術を制御する責任は別問題で別に議論します。

 

ティコ・ブラーエは遺言で集めた膨大な

データを遺産としてケプラーに残しました。

価値ある貴重なデータをケプラーがが受け取り

そして整理して様々な法則を作り出します。

2人の業績から今に残るケプラーの法則が完成したのです。

惑星の運動は体系立てて幾何学上で表現されています。

ケプラーは星を考える枠組みを作り出したのです。

そして次なる様々な理論体系に繋がっていったのです。

〆最後に〆

英語が話せるようになる「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/19_初版投稿
2022/4/8_改定投稿

旧舞台別まとめ/
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係の紹介へ
ドイツ関連のご紹介へ

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Kepler’s Birth Born

Kepler’s Birth Born in Germany, Kepler was an astronomer, mathematician, philosopher, and astrologer. And Kepler’s mother was doing herbal remedies. The great thing about Kepler’s work in astronomical physics is that it advances mathematical consideration from annual observation information, and the stars of the celestial body draw elliptical orbits (basically on a plane), orbital period and area velocity. It is the point that we have derived an orderly theoretical result such as deriving a relationship. It is also worth noting that Kepler was the first physicist to apply a “mathematical model” to physics.

Kepler struggles in his childhood. Kepler’s father participates in the battle as a mercenary for his family. While Kepler was between the ages of five and 17, his father lived away from his family. Kepler’s father died in the Netherlands in a battle called the Eighty Years War. In addition, Kepler himself suffered from smallpox and suffered from his poor eyesight for the rest of his life. Also in smallpox, Kepler loses his wife and children.

 Kepler’s Work

Kepler came across the heliocentric theory as an astronomer. Kepler learned astronomical, especially when Copernicus launched a Copernican Revolution, but Kepler fully supports Copernicus. Galileo Galilei now supports Kepler who read such an idea. And above all, Kepler meets Tycho Brahe.

It seems that there is an era in which science will evolve dramatically, but the era before and after Kepler is exactly such an era. It seems that the movement of this era was the reason why mechanics was born and electromagnetics was born in the thoughts of later times. Even at the beginning of the 20th century, people from different countries discussed and made great progress in science and technology. If you think about “history of science” while glimpsing the aspect of “social history” from that perspective, you can feel the evolution of humankind. There is some debate about whether “change,” which I called “evolution,” is preferable, but I think it is preferable. Because the possibilities open up. Responsibility for controlling technology is discussed separately on a separate issue.

Kepler’s Data

Tycho Brahe left Kepler with the vast amount of data he collected in his will as his legacy. Kepler receives valuable and valuable data and organizes it to create various laws. From the achievements of the two, Kepler’s law that remains today was completed. The movement of planets is systematically and geometrically represented. Kepler created a framework for thinking about stars. And he was connected to the following various theoretical systems.

に投稿 コメントを残す

ガリレオ・ガリレイ
【1564年2月15日生まれ‐4/7改訂】

こんにちはコウジです。「ガリレオ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗④KazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1564年2月15日生まれ ~ 1642年1月8日没】


【スポンサーリンク】

ガリレオの生きた時代

先ずガリレオの生誕年での西暦はユリウス暦で

死没年の西暦はグレゴリオ暦です。

ガリレオ・ガリレイはそんな

2つの暦を使う時代に生きていました。

イタリアのガリレオ・ガリレイの名は世界中で近代科学の父、天文学の父として知られています。数学的なモデルを確かにして現象からパラメターを選びその数値を観測可能な道具を選ぶ事で実験検証する手法はガリレオが確立したものです。

そんなガリレオが生きた時代には自然科学の考えに対して

暗黒の時代背景がありました。教会が力を持ち、

表現が不適切とされた時には社会的な制裁を受けました。

ジョルダーノ・ブルーノという哲学者は火炙りに処されています。

ブルーノの断罪は多岐に渡ります。

その中の一つが天体関連です。

当時の教会の考えでは、地球が太陽や土星の様に

運行してはならないのです。今では理不尽とも思えますが。

ガリレオの研究環境と業績

そんな時代の中でガリレオは艱難辛苦に晒されます。

権力争いに巻き込まれ、天体に関する考えから

異端審問を受け、社会的立場を悪くします。

軟禁状態にあり、体調も悪くなっていきます。

そんな有り様を知ったデカルトは論文発表を控えた

と伝えられています。更にはガリレオは失明します。

これは一説には過度の天体観測のせいだとも

言われています。ただ、その後も息子や弟子達の

助けを借りて出版をしたり振り子時計を発明したりしています。

振り子の等時性をもとにして,周期を起点に考えていき、

時を刻む仕組みを設計していたのです。

まさにプロトタイプの精密機械ですよね。

そして、最後は77歳で亡くなっています。

〆最後に〆

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/22_初回投稿
2022/04/07_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(対応英訳)

First, Galileo’s birth year is the Julian calendar and the death year is the Gregorian calendar. Galileo Galilei lived in an era of using these two calendars.

The name Galileo Galilei of Italy is known all over the world as the father of modern science and the father of astronomy.

Galileo has established a method for experimentally verifying by making sure of a mathematical model, selecting parameters from phenomena, and selecting tools that can observe the numerical values.

When Galileo lived, there was a dark background to the ideas of the natural sciences. He was subject to social sanctions when the church was powerful and improperly expressed. A philosopher named Giordano Bruno is burned at the stake.

Bruno’s condemnation is wide-ranging. One of them is related to celestial bodies. The idea of ​​the church at that time was that the earth should not operate like the sun or Saturn. It seems unreasonable now.

In such an era, Galileo is exposed to hardships.

He gets caught up in a power struggle, gets an inquisition from his thoughts on celestial bodies, and makes his social position worse. He is under house arrest and his condition is getting worse.

It is reported that Descartes, who knew such a situation, refrained from publishing his treatise.

Furthermore, Galileo loses his eyesight. It is said that this is due to excessive astronomical observation in one theory. However, he has continued to publish and invent pendulum clocks with the help of his sons and disciples.

Based on the isochronism of the pendulum, he started thinking from the cycle and designed a mechanism to keep track of time. It’s a prototype precision machine, isn’t it?

And he finally died at the age of 77.

に投稿 コメントを残す

ジョルダーノ・ブルーノ
【1548年生まれ 4/6改訂】

こんにちはコウジです。「J・ブルーノ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。星の世界を今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1548年生まれ ~ 1600年2月17日没】


【スポンサーリンク】

ジョルダーノ・ブルーノはイタリア生まれの哲学者にして

ドミニコ会の修道士です。ルネッサンスの時代の人で

有名なガリレオ・ガリレイと生きた時代が重なります。

科学者のご紹介という視点からは少しずれますが、

自然観の変遷という観点から科学史の中で論じます。

 

コペルニクスの時代から時が過ぎ、

教会の世界観は変化しています。

当時のヨーロッパの人々の世界観について

教会が支配的立場をとるのです。その中で、

現代の我々の視点からは当時人々の不合理さは

受け入れ難いです。最終的にはブルーノは

火炙りに処されてしまいます。宇宙は有限ではなく無限で、

地球や太陽も星の1つ、というブルーノの考えは

当時の社会的な価値観と合いませんでした。

当時としては不愉快な考えだとも思われたのです。

そして火あぶり。酷い話です。

 

何よりも、ブルーノは

ドミニコ会の修道士でした。

「神の作りたもう世界は限り無い」

という信念をもっていて、

権威に立ち向かいつつも

彼なりに良心的な判断をして

考え方を構築していったのです。

 

数学的モデルで検証して欲しかった。

実験結果と照らして判断して欲しかった。

科学が得意な人々と議論して欲しかった。

私は勝手に、そう思います。

 

最後に、ブルーノの名誉回復の話です。

20世紀になってヨハネ・パウロ2世の時代に

過去の見直しが成され、処刑は不当であるとして、

異端判決を取り消しています。新しい発想を

作り出したブルーノが再評価されたのです。

今、ブルーノは思想の自由に殉じた

”殉職者”として評価されています。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/23_初回投稿
2022/03/26_改定投稿

(旧)舞台別
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)
イタリア関係
力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Giordano Bruno is an Italian-born philosopher and Dominican monk. Bruno lives with the famous Galileo Galilei.

This paper discusses Bruno in the history of science from the perspective of nature.

 

Time has passed since the days of Copernicus, and the world view of the church has changed. The church takes a dominant position in the worldview of the European people at that time. Among them, the absurdity of people at that time is unacceptable from our modern point of view. Eventually Bruno will be burned at the stake. Bruno’s idea that the universe is not finite but infinite, and that the earth and the sun are one of the stars, did not fit the social values ​​of the time.

It seemed like an unpleasant idea at the time. And Bruno burns at the stake. It’s a terrible story.

Above all, Bruno was a Dominican monk.
He had his belief that “the world created by God is endless,” and he built his mindset while confronting authority and making his own conscientious decisions.

He wanted it to be verified with a mathematical model. He wanted him to judge in the light of the experimental results. He wanted to discuss with people who are good at science. I think so without permission.

Finally, the story of Bruno’s rehabilitation. In the 20th century, during the time of John Paul II, and the heretical judgment was revoked, saying that the execution was unjustified. Bruno, who created a new idea, was re-evaluated. Bruno is now regarded as a free-spirited line of duty death.

に投稿 コメントを残す

ティコ・ブラーエ【;Tycho Brahe‐1546年 ~4/5改訂】

デンマーク

こんにちはコウジです。「ティコ・ブラーエ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1546年12月14日生まれ ~ 1601年10月24日没】


【スポンサーリンク】

ティコ・ブラーエはデンマークの貴族です。

多彩な能力を持っていて天文学で業績を残した他に、

作家・占星術師・錬金術師としても活動していました。

実際そうした活動領域の「あいまいさ」は当時の科学者

と呼ばれていた人に広く見受けられる傾向で、

自然科学が広く行き渡った我々の時代からは全く

想像出来ない環境です。概念的に今でも

心理学やマーケティングでペルソナという概念が

使われていたりしますが、当時は真面目に悪魔の存在

が信じられていたりしました。むしろ悪魔の概念を、当時の

キリスト教会の指導者達が利用した面もあります。

 

さて、意外なエピソードとして

「ティコ・ブラーエの鼻」の話があります。

その鼻は若き日の決闘によって鼻梁が無くなっていて、

それ以降、ティコは金属製の付け鼻をしていたのです。

ティコ・ブラーエの考え方では

地球が世の中の中心にあり、太陽は地球の

周りを回転していると考えていました。地動説で

天体運動を考えた時にプトレマイオスの

「アルマゲストという著作が有名で慣性を考慮せずに

「地球が動くなら空の鳥は西に流されていく」だから

(実際には)「地球は動かない」人々は信じていました

確かに相対的な位置関係としては

太陽の動きは説明出来ますが、後の学者達

が整理した色々な星のデータベースと

整合性がとれる考えではありませんでしたでした。

特に、コペルニクスの著書である「天球の回転について」

をティコ・ブラーエは所蔵していて

綿密な書き込みをしていたという研究報告もあります。

当時のコペルニクスの著作は売れていない本だったよう

ですが天体関係者達のネットワークの中で「天体の…」

「良書」だと噂され議論の題材となっていたのです。

そのようにして、ティコ・ブラーエが科学的アプローチを

続ける中で当時の知見を使って判断していたのです。

ただ何より、ティコ・ブラーエの観測データは

正確無比でした。後にデータを引き継いだ

ケプラーがコペルニクス的転回をして地動説の知見

に立ち返り、データをもとに地球が自転しながら

太陽の周りをまわる理論を打ち出します。

全体的に見て、ティコ・ブラーエの考えは間違いでしたが、

星の観測の業績としてはとても大きかったと言えるでしょう。

また、色々な人の業績がつながっていく視点で見た時に、

ティコ・ブラーエの残したデータが後に使われていた事実は

とても重要だといえます。間違った点があったことは事実ですが、

ティコ・ブラーエ彼はそれでも追及を続けていて、

彼の残したデータをもとに後の人々が議論をして、

宇宙の理解へと進んでいったのです。

現代の考えに近づきロケットが飛び知見が重なり、

これからも進化するのです。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/12/22_初版投稿
2022/05/05_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係の紹介へ
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Tycho Brahe is a Danish aristocrat.
In addition to his versatile abilities and achievements in astronomy,
He was also active as a writer, astrologer, and alchemist.
Also, as a surprising episode, there is a story about “Tycho Brahe’s nose”.
The nose of Tycho Brahe has lost its bridge
due to a young duelSince then, Tycho has had a metal nose.

Tycho Brahe thought that the earth was at the center and the sun was rotating around the earth.

It is true that the movement of the sun can be explained as a relative positional relationship, but it was not an idea that was consistent with the database of various stars organized by later scholars.

In particular, there is a research report that Tycho Brahe possessed Copernicus’s book “On the Revolutions of the Heavenly Spheres by Nicolaus Copernicus of Torin 6 Books” and wrote it in detail. That is how Tycho Brahe used his knowledge at the time to make decisions as he continued his scientific approach.

But above all, the observation data of Tycho Brahe is
It was unmatched in accuracy. Kepler, who later took over the data, makes a Copernican revolution, and based on the data, he proposes a theory that the earth rotates around the sun.

Overall, Tycho Brahe’s idea was wrong, but it was a huge achievement in star observation.

Also, from the perspective of connecting the achievements of various people, the fact that the data left by Tycho Brahe was used later is very important. It’s true that there was something wrong, but Tycho Brahe was still pursuing,

Based on the data he left behind, later people argued and proceeded to understand the universe.

Rockets will fly closer to modern ideas, and knowledge will overlap, and they will continue to evolve.