に投稿 コメントを残す

R・P・ファインマン
2/23改訂【天才|経路積分やファインマンダイヤグラムを考案】

プリンストン大学キャンパス内

こんにちはコウジです!
「ファインマン」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
ファインマンが生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

経路積分
【スポンサーリンク】
【1918年5月11日 ~1988年2月15日】

アメリカのファインマン

有名な教科書の著者で、私が学生時代からその著書は
日本で使われていました。
世界中でその教科書は使われています。
またファインマンは量子電磁気学の業績で
朝永 振一郎と共にノーベルを受賞しています。。

具体的に、ファインマンの名を聞いて
真っ先に
思い出す業績は経路積分です。
数学的な定式化が驚異的なのです。
【参考_Wikipedeiaの記載:経路積分

その発想はとてもユニークだとも言えます。

経路積分の考え方

二つの経路を初めに考えて、其々からの寄与を
考えていく時に拡張が出来て二つ、三つ、四つ、、、
そして無限大の経路。と経路を
無限大に広げていくのです。

もう少し具体的にファインマンの考えを紹介しますと、
「ダブルスリットの実験を拡張した場合に、
無限の経路を想定すると何も無い空間
を考える事になっていく」という考え方なのです。

この経路に関するファインマンの考え方には数学的な難点
も指摘されているようですが物理の世界では非常に面白い
考えであり、考え進めていきたい視点です。

また、素粒子の反応を模式化したファインマンダイアグラムは
視覚的に、直感的に秀逸です。本当に天才の技に見えました。

業績の話が先行しましたが、最後に
生い立ち,人つながりの話を致します。

ファインマンはユダヤ系なので苦労を強いられています。
ユダヤ人枠で大学に入れなかったりした時代もありました。
後にMITやプリンストン大学で研究を進めます。

電気力学の量子論についてのゼミをプリンストン大学で
行うことになった時には、ゼミの話を聞きつけて
ユージン・ウィグナー、ヘンリー・ノリス・ラッセル、
フォン・ノイマンE・パウリアインシュタイン
が参加していたそうです。天才大集合ですね。

そして、ファインマンはアインシュタインと共に
原爆開発の計画であるマンハッタン計画に参画しています。その中で、率直に意見を述べたメモが
没後の2018年にサザビースで落札されています。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/01_初版投稿
2024/02/24_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
アメリカ関係のご紹介
電磁気関係
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

American Feynman

He is the author of a well-known textbook, and his book has been available in Japan since I was a student. The textbook is used all over the world. He has won the Nobel Prize with Shinichiro Tomonaga for his achievements in quantum electrodynamics. .. Specifically, the first achievement that comes to mind when I hear Feynman’s name is path integral.

The mathematical formulation is amazing.
[Reference_Wikipedeia description: Path integral]

Concept of path integral

Two, three, four, … infinite routes that can be expanded when considering the two routes first and then the contributions from each. And expand the route to infinity. To introduce Feynman’s idea a little more concretely, the idea is that if we expand the double-slit experiment, we will think of an empty space. It seems that Feynman’s way of thinking about this path has some mathematical difficulties, but it is a very interesting idea in the world of physics, and I would like to continue thinking about it. In addition, the Feynman diagram, which models the reaction of elementary particles, is visually and intuitively excellent. It really looked like a genius.

I talked about achievements first, but at the end I will talk about how I grew up and how people connect. Feynman is struggling because he is Jewish. There was a time when he couldn’t enter university because of the Jewish quota, but he pursued research at MIT and Princeton University. When it was decided to hold a seminar on quantum theory of electromechanics at Princeton University, Eugene Wigner, Henry Norris Russell, von Neumann, E. Pauli, and Einstein were attending the seminar. is. Feynman and Einstein are participating in the Manhattan Project, a plan to develop the atomic bomb.
Among them, a memo that frankly expressed his opinion
It was sold at Sotheby’s in 2018 after his death.

に投稿 コメントを残す

D・J・ボーム
_2/22改訂【マンハッタン計画に参画しボーム解釈を提唱】

プリンストン大学キャンパス

こんにちはコウジです!
「D・J・ボーム」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
D・J・ボームが生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

ロシア革命
【スポンサーリンク】
【1917年12月20日 ~ 1992年10月27日】

 ペンシルバニアに生まれたボーム

細かく記載すると、その名は、

デヴィッド・ジョーゼフ・ボーム_

David Joseph Bohm、ヘブライ語表記

ではדייוויד ג’וֹזף בוֹהם, דוד יוֹסף בוֹהם。

偶然ですが、ボームはロシア革命の年に生まれてます。
閉塞的な社会が打破された様子を新大陸で知ったのです。

そんな時代背景もボームの人生に影響を残しているのでは
ないでしょうか。ハンガリー系‎‎ユダヤ人の父と
リトアニア系ユダヤ人の母の間に
ペンシルベニア州で生まれ、
UCB(カリフォルニア州立大学バークレー校)
オッペンハイマーの教えを受けます。

そんな時期に学生時代に当時の知人の影響で
思想的
に影響を受け、異なった社会モデルを持つ
急進的な主義の考えをボームは抱きます。
後にはその為にFBIにマークされます。

 マンハッタン計画とボーム

第2次世界対戦の時にはボームは師であるオッペンハイマー
に従いマンハッタン計画
に参加します。その計画は
陽子と重陽子の
衝突研究を進め、濃縮ウランを作り原爆を製造
する計画で実行に移されました。

戦後、ボームはプリンストン大学でアインシュタイン
と共に働いていましたが、
いわゆるマッカーシズム(政治的な圧力)
にあい、
プリンストン大学を追われます。

社会主義者としての過去の活動を当局に問題視されたのです。
アインシュタイン
ボームに彼の助手として大学に残る事を勧めました。

ところが、その願いは叶わずにボームはブラジルの
サンパウロ大学に移りました。少し島流し的な印象を持ってしまいます。
菅原道真公の左遷も思い起こされます。

研究者としてボームは幾多の成果を残しています。
先ず
量子力学の解釈の面でボーム解釈。
EPRパラドックスの確認。そして、電磁気学でのA-B効果です。
それぞれ問題の本質をとらえようと考え続けていたように思えます。

こうした業績で、その分野の考えに
今でも残る影響を与えています。

【スポンサーリンク】

間違い・ご意見は
以下のアドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/31_初稿投稿
2024/02/22_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
アメリカ関係のご紹介
電磁気関係
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

Baume born in Pennsylvania

To be precise, its name is David Joseph Bohm, in Hebrew notation דייוויד ג’וֹזף בוֹהם, דוד יוֹסף בוֹהם.

Coincidentally, Baume was born in the year of the Russian Revolution. I think that such a historical background has also influenced Baume’s life. Born in Pennsylvania to a Hungarian Jewish father and a Lithuanian Jewish mother, he is taught by Oppenheimer at the UCB (University of California, Berkeley). At that time, Baume embraced the idea of ​​radicalism, which was ideologically influenced by his acquaintances at the time when he was a student and had a different social model. He was later marked by the FBI for that.

Manhattan Project and Baume

During World War II, Baume follows his teacher Oppenheimer to participate in the Manhattan Project. The plan was put into practice with a plan to produce enriched uranium and produce an atomic bomb by proceeding with research on the collision of protons and deuterium. After the war, Baume worked with Einstein at Princeton University, but was ousted from Princeton University due to so-called McCarthyism. His past activities as a socialist were questioned by the authorities. Einstein advised Baume to stay in college as his assistant. However, that wish did not come true and Baume moved to the University of Sao Paulo in Brazil.

As a researcher, Baume has made many achievements. He first interprets Baume in terms of the interpretation of quantum mechanics. Proposal of the EPR paradox. And the AB effect in electromagnetism. It seems that each of them kept trying to capture the essence of the problem. These achievements still have an impact on his thinking in the field.

に投稿 コメントを残す

矢野 健太郎
2/21改訂【数々の数学書を監修|「解法のテクニック」の著者】

東大

「矢野 健太郎」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
矢野 健太郎が生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

解法のテクニック
【スポンサーリンク】
【1912年3月1日生まれ ~ 1993年12月25日没】

矢野健太郎の多彩な活躍

矢野健太郎は私が使っていた数学の教科書の著者でした。
同名の方で漫画家の「矢野健太郎」と
サッカー選手の「矢野健太郎」が居ますが、
本稿は数学者の矢野健太郎に関する原稿です。

因みに、名前の「矢野」に関するエピソードとして
有名なものがあります。外人との雑談
をする中で
「矢野」って英語でいえばどんな表現?
と聞かれた際に矢野さんは当意即妙で
矢野さんは次のように答えました。

「矢」=「Vector」、「野(野原)」=「Field」。

だから「矢野」って「ベクトル場」ですね。

そう答えたそうです。当然、外人は大喜び。

専門は幾何学関係か解析学関係だったかと。

彫刻家の子として生まれ東京帝大で学びます。

矢野健太郎とパリ大学

矢野健太郎の小学生時代にアインシュタインが来日し
健太郎
は刺激を受けました。また、
帝大の山内恭彦先生から
物理学の理解には
代数幾何学が必要だと教えを受けました。

物理現象のモデル化の有用性を感じた筈です。
その後、矢野はカルタン先生の下で学ぶべく
パリ大学
留学します。パリ大学で纏めた博士論文は
射影接続空間に
関する論文でした。

この頃から統一場理論にも関心を持ちます。

 矢野健太郎とアインシュタイン

戦後にはプリンストン高等研究所で微分幾何学の研究
をしていき、同時期に在席していたアインシュタイン
交流
を持ちます。奥様と一緒にアインシュタイン
写った写真は
大事にしていて、家宝としたそうです。

 

その他、矢野健太郎の著作は多岐に渡り、

受験参考書の定番だった(今でも定番)

解法のテクニック」は矢野健太郎の著作です。

また、アイザックアシモフポアンカレアインシュタイン
書物を日本に紹介する際に監修をしたりしました。

私や皆さんが知った情報も矢野健太郎
の仕事かも知れませんね。そんな、

矢野健太郎はバイオリンが好きな静かな人でした。

安らかな印象を持ち続けたいと思います。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/12_初稿投稿
2024/02/21‗改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
東大関連のご紹介
力学関係のご紹介
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

Various activities of Kentaro Yano

Kentaro Yano was the author of the textbook I was using. There is a manga artist “Kentaro Yano” and a soccer player “Kentaro Yano” who have the same name, but this article is about the mathematician Kentaro Yano. By the way, there is a famous episode about the name “Yano”. What kind of expression is “Yano” in English while chatting with foreigners? When asked, Mr. Yano was selfish
“Arrow” = “Vector”, “Field (field)” = “Field”, so “Yano” is a “vector field”. I heard that he answered. Naturally, foreigners are overjoyed. Was my specialty related to geometry or analysis? He was born as a child of a sculptor and studied at the University of Tokyo.

Kentaro Yano and the University of Paris

Kentaro Yano was inspired by Einstein’s visit to Japan when he was in elementary school. Also, Professor Yasuhiko Yamanouchi of Imperial University taught me that algebraic geometry is necessary to understand physics. It seems that he found the usefulness of modeling physical phenomena. After that, Yano will study abroad at the University of Paris to study under Professor Cartan. His dissertation he compiled was a dissertation on the projective connection space. From this time on, he was also interested in unified field theory.

Kentaro Yano and Einstein

After the war, he studied differential geometry at the Princeton Institute for Advanced Study and interacted with Einstein, who was present at the same time. He cherished the photo of Einstein with his wife and made it a heirloom.

Kentaro Yano has a wide variety of authors, and Kentaro Yano’s “Solution Technique”, which was a staple of examination reference books. He also supervised the introduction of Isaac Asimov, Poincaré and Einstein’s books to Japan. The information that I and everyone knew may be Kentaro Yano’s work. Kentaro Yano was a quiet person who liked the violin. He wants to keep a peaceful impression.

に投稿 コメントを残す

武谷三男 
2/20改訂【利益・便益と それに伴う被曝の有害さ・リスクを考察|三段階理論での現象把握を考察】

こんにちはコウジです!
「武谷三男」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
武谷三男が生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

原爆の秘密

【スポンサーリンク】
【1911年10月2日生まれ – 2000年4月22日没】

武谷三男の研究基盤

武谷三男は京大理学部で理論物理学の基礎を修めました。

武谷三男の主な関心は原子核の振る舞いや素粒子論です。

湯川秀樹や坂田昌一と共同で研究を進めていった時代の人です。
反ファシズムの立場だった武谷は原子核関連の開発と
発展についての発言で
政治的ともいえる言葉を
残しています。
原爆や水爆の
開発に対しての是非について発言しています。

また会津に亡命していたロシア人の奥様との縁
にも興味を覚えます。まさかあの人と、
とかいった話が出てきそうです。

いずれにしても武谷は未だ曖昧だった原子核に対して
形を与えていった時代の人なのです。

一つ一つ現象を見ていき、定式化していったのです。
何より武谷は独自の方法論を駆使したのです。

武谷の三段階理論

ここで、方法論として三段階理論と呼ばれた
論法を用いて武谷は論拠としていましたので
ご紹介します。
(以下ウィキペディアから引用)

①現象論的段階
量子力学の範疇に入る現象で
「測定にかかるもの」を
そのまま記述する
(第一)段階

②実体論的段階
上記現象の方程式を作る前に、
現象論的段階に出てこない実体
(模型、粒子など)を知る
(場合によっては新たに導入する)
(第二)段階

③本質論的段階
現象論的段階で記述される現象を、
実体論的段階で導入した実体も含めて、
方程式など主として
数学的手法で記述する
(第三)段階
【引用ここまで】

この武谷の理論は測定方法の面から考えたときに、

「観測問題の制限」を意識した理論だと言えるでしょう。

その時代から数十年遡って思い返せば、
量子力学創設の時代以前にはすべての段階
意識化されていなかったのです。

また、米国のビキニ環礁での水爆実験に際し、
問題点を掘り下げて定量的な指標を考察して
放射線の許容量(がまん量とも表現しました)
議論していきました。

具体的に「急性の放射線障害」と「長期的に蓄積される効果」
を明確に区別して
議論すべきだと主張していきました。
昨今の福島原発での処理水放出でこうした議論が
生かされているでしょうか。一行の価値ありです。

当時、立教大学の教授であった武谷は、
放射線防護の概念を考え直し、「自然科学的な対象の概念」
に留まらず、
放射線利用の「利益・便益と
それに伴う被曝の有害さ・
リスク
ともいえる社会的概念」
として
考え直した功績も指摘されています。

〆最後に〆

【スポンサーリンク】
以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2022/01/01_初回投稿
2024/02/20_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
京大関連のご紹介
力学関係のご紹介
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

【2022年1月時点での対応英訳】

 Base of Taketani

Taketani Mitsuo studied the basics of theoretical physics

at the Faculty of Science, Kyoto University.

His main interests are nuclear behavior and particle physics.

He is in collaboration with Hideki Yukawa and Shoichi Sakata

He is a man of the era when he was advancing research.
T
aketani, who was in an anti-fascist position

Remarks on nuclear-related development and development

He leaves behind words that can be called political.

He is about the pros and cons of atomic and hydrogen bombs.

Also, a Russian wife who was in exile in Aizu

I am also interested in the relationship with. No way, with that person

There seems to be a story like that.

In any case, Takeya was still ambiguous

He was a man of the era that gave shape to the atomic nucleus.

He looked at the phenomena one by one and formulated them.

Above all, Takeya established a methodology.

Three step of Taketani

Here, as a methodology, a three-step theory

Because Takeya used the reasoning called

I will introduce you. (Quoted from Wikipedia below)

① Phenomenon stage
A phenomenon that falls into the category of quantum mechanics
“What is measured”
Describe as it is
(the first stage

② Realistic stage
Before making the equation of the above phenomenon
Entities that do not appear in the phenomenological stage
Know (models, particles, etc.)
(In some cases, newly introduced)
(Second) stage

③ Essentialist stage
Phenomena described at the phenomenological stage,
Including the substance introduced at the realist stage,
Mainly equations etc.
Describe with mathematical methods
(Third) stage
[Quote so far]

This Takeya’s theory is based on the measurement method.

It can be said that the theory is conscious of the limitation of the observation problem.

Looking back decades from that era,

All stages before the era of quantum mechanics

Was not conscious.

Also, during a hydrogen bomb test at Bikini Atoll in the United States,

Dig into the problem and consider quantitative indicators

Radiation allowance (also referred to as the amount of radiation)

I continued to discuss.

Specifically, “acute radiation injury”

A clear distinction between “long-term accumulated effects”

I insisted that it should be discussed.

Takeya, who was a professor at Rikkyo University at that time,

Rethinking the concept of radiation protection,

Beyond the “concept of natural science objects”

“Benefits / benefits of radiation use and the harmful effects of radiation exposure /

As a “social concept that can be called a risk”

His rethinking achievements have also been pointed out.

に投稿 コメントを残す

坂田 昌一
2/19改訂【相互作用の過程を議論|電磁場の量子化を行った先駆者】

こんにちはコウジです!
「坂田 昌一」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
坂田 昌一が生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

星新一ショートショート
【スポンサーリンク】
【1911年1月18日生まれ ~ 1970年10月16日没】

坂田晶一の生きた時代 

坂田昌一は素粒子を研究した物理学者です。

湯川秀樹朝永一郎らと同じ時代を生き、議論を交わし、
物理学会を切り開きました。
京都帝国大学を卒業していて
名古屋帝国大学で教えています。

また意外なご縁なのですが、坂田昌一の奥様の信子さんは
SF作家・星新一の従兄弟になのです。

坂田モデルの坂田博士 

坂田昌一の理論物理学での業績は「電磁場の量子化」
に関するものが
あげられます。質点の議論が進んで、
相互作用の過程を議論していったのです。

その当時は場を量子化する時に電子の
「質量が発散する」現象が
問題でした。
その問題に対して坂田昌一は
中間子の概念を使って問題解決に挑みます。

最終的には、この量子電磁力学での問題は
朝永振一郎がくりこみ理論使い説明し解決します。
また
坂田昌一は湯川秀樹の中間子に
関する論文で
協同執筆者を務めています。坂田さんって
そんな仕事をしていった人なんですね。

また、坂田昌一の業績としては、
陽子・中性子・ラムダ粒子を基本粒子と考え、
その構成に対する「坂田モデル」
を提唱した点が、
特筆すべきでしょう。その坂田モデルは
大貫 義郎益川敏英、小林誠
ら次の理論的な土台となり
議論が進んだのです。
それぞれ次世代の議論へと繋がった、確かな成果です。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/12_初稿投稿
2024/02/19_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
京大関連のご紹介
力学関係のご紹介
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

The time when Dr. Sakata lived

Shoichi Sakata is a physicist who studied elementary particles. He lived in the same era as Hideki Yukawa and Ichiro Tomonaga, exchanged discussions, and opened the Physical Society of Japan.

He is a graduate of Kyoto Imperial University and teaches at Nagoya Imperial University. In addition, Shoichi Sakata’s wife, Nobuko, is a cousin of science fiction writer Shinichi Hoshi.

Dr. Sakata of Sakata model

Shoichi Sakata’s achievements in theoretical physics are related to the quantization of electromagnetic fields. At that time, the problem was that the mass of the electron diverged when the field was quantized.

Shoichi Sakata tries to solve the problem by using the concept of mesons. Finally, this problem in quantum electrodynamics will be explained by Shinichiro Tomonaga using renormalization theory. Shoichi Sakata is also a co-author of a paper on Hideki Yukawa’s mesons.

It should be noted that Shoichi Sakata’s achievements are that he considered protons, neutrons, and lambda particles as elementary particles, and proposed a “Sakata model” for their composition. The Sakata model became the next theoretical foundation for Yoshiro Onuki, Toshihide Maskawa, and Makoto Kobayashi, and discussions proceeded. These are solid results that have led to discussions for the next generation.

に投稿 コメントを残す

物質同士が真空で引き合う?!【狭い空間でのカシミール効果とその検証】

カシミール効果の検証

先ず本稿は2024年1月7日の記事からの情報で起草しています。近接した2つの物体が量子力学的な効果で引き合うという現象です。

電磁力でもなく万有引力でもない力でマクロなスケールの物体が引かれ合う現象は不可思議だと言えますが、正に量子的な効果だと言えます。

蘭ヘンドリク・カシミール

そもそも、こうした現象は理論的に予言されていました!!オランダのヘンドリックカシミールが真空中で生じると1948年に予想していたのです。

量子力学的に考えて、板の内側の狭い空間(数十nm)での真空状態を考えた時に板の内側での波動関数が外側と異なる筈なのです。結果として板同士が引き合う力が生じます。板の内側の波動関数の方が外側よりも秩序を持っているからだとも言えますね。エネルギーに相当する振動(波)を観測する作業となります。

ゆらぎの効果と制御

カシミール効果の検証は困難でしたが技術の進展に伴い、最近観測されるようになりました。1997年に実験で確かめられています。(参考:京都大学での測定

産業ではトヨタ中研でロードベアリングでの応用を考えているそうです。またMEMS(超微小電気機械システム)への応用が検討されています。江崎ダイオードを実用化したように独自の技術が期待できますね。

名大での2012年の実験

そもそも「ゆらぎの」現象が顕著となる設定は不確定性原理を十分に考察する必要があります。

その不確定性原理を覆す観測が2012年に名古屋大学で報告されています。

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2024/02/18_ 初稿投稿
2024/02/29_改訂投稿

旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係へ
電磁気関係へ
熱統計関連のご紹介へ
量子力学関係へ
AIでの考察(参考‗以下8行)
【量子力学において、物体が近接している状況では、電磁力や重力といった古典的な力だけでなく、】
【量子効果によっても相互作用が起こります。これは「量子力学的な引力」と呼ばれることがあります。】
【具体的な例としては、カスミール効果が挙げられます。これは、2つの平行な平板が非常に近接していると、】
【真空中における零点振動により、これらの平板が引き合う現象です。カスミール効果は量子場論の一部であり、】
【真空中の量子フラクトゥエーションによって引き起こされるものです。】
【このような量子的な引力効果は、通常の重力や電磁気力とは異なる特性を持ち、微小な距離や】
【微小なスケールでの相互作用に関与します。これは古典的な物理学の範疇を超えるものであり、】
【近年ではナノテクノロジーや微小な物体の挙動の理解において重要な要素となっています。】

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

ニコライ・N・ボゴリューボフ
2/18改訂【固有値を使い定常状態を表現したロシア人】

deutuland

こんにちはコウジです!
「ボゴリューボフ」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
ボゴリューボフが生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

カピッツァの手紙
【スポンサーリンク】
【1909年8月21日 ~ 1992年2月13日】

ロシアの物理学者

名前から分かるかとおもいますが、

ボゴリューボフはロシアの物理学者です。

本稿を記載するにあたり改めて
ボゴリューボフ
の「人となり」
を調べてみましたが
伝わっていません。
ボゴリューコフの名で検索をかけると
私のブログが上位に出てきてしまう有様です。

ボゴリューコフは20世紀初頭の生まれなので
革命前後のソビエト連邦で青年期を迎え、
閉鎖的な学会環境で研究を進めていた
考えるべきなのでしょう。

因みに、プランクメダルを受けていますので
ドイツ関係の画像を使っています。

ボゴリューボフの業績

何よりも、数学的にボゴリューボフ変換と呼ばれる
考えを打ち出し
行列形式で表される
状態遷移を角化する事で表現していると言えるでしょう。

別言すれば、観測にかかる定常状態を数学手法を使って作りだしています。つまり、数学的にいう固有値問題に帰着させて定常的な状態を表現しているのです。数学的な作業をしてみた結果がどういった現象に対応しているか物理的に説明する事が出来るのです。 

この定常状態を使い、ボゴリューボフは現実にヘリウムの超流動状態を表しました。ボーズ粒子の超流動をボゴリューボフ変換で示しフェルミ粒子の超電導をボゴリューボフ変換で示す訳です。役にたちますね。


【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/08_初稿投稿
2024/02/18_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
ドイツ関連のご紹介
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

Russian physicist

As you can see from the name, Bogoliubov is a Russian physicist. In writing this article, I re-examined Bogoliubov’s “becoming a person”, but it has not been conveyed. If you search by that name, my blog will appear at the top.

Since Bogoryukov was born in the early 20th century, it should be considered that he was adolescent in the Soviet Union before and after the revolution and was conducting his research in a closed academic environment. By the way, he has received a Planck medal, so he uses images related to Germany.

Bogoliubov achievements

Above all, it can be said that he mathematically expresses the idea called Bogoliubov transformation by diagonalizing the state transitions expressed in the form of a matrix.

In other words, the steady state of observation
It is created using mathematical methods.
In other words, reduce it to the mathematical eigenvalue problem.
It represents a steady state.

The result of doing mathematical work
What kind of phenomenon is supported
It can be explained physically. Twice

Using this steady state, Bogoliubov
He actually represented the superfluid state of helium.
Bogoliubov transformation shows the superfluidity of boson particles
Superconductivity of fermions by Bogoliubov transformation
It is a translation to show. It will be useful.

に投稿 コメントを残す

伏見康治
2/17改訂【原子力三原則|対象の美・折り紙を考えた物理学者|国会議員】

東大

こんにちはコウジです!
「伏見康治」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
伏見康治が生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

紋様の科学【伏見康治著】
【スポンサーリンク】

【1909年6月29日 ~ 2008年5月8日】

伏見先生の多彩な活躍

伏見康治は愛知県名古屋市に生まれます。そして東京で育ちます。
何だか一般サラリーマン家庭の生まれ育ちを想像してしまいます。
伏見先生は20世紀の生まれの人ですから、それはそれで納得です。

ただし、その後の動きが活発です。
東大の 理物を卒業し東大で助手を務めた後に、
新設された阪大に着任して1934年には理学部長を務めます。

更には1936年には年には名古屋大学プラズマ研究所の新設に伴い、
所長として就任しています。結果として
二つの旧制大学の名誉教授を務める事となります。

併せて1952年からは日本学術会議会長、
1958年から6年間は公明党所属の参議院議員として科学者の立場で政策に関わっています。

以下では国会議員も勤めた「伏見先生」について語っていきたいと思います。
「先生お願いします!」って感じです。

一貫した科学者サイドの見識

科学者として伏見先生は
「原子力の平和利用」を推進し、大きな役割を果たしました。
日本における原子力の研究がとても大事であると認識しています。
被爆国である日本独自の視点から平和利用を考えていました。
具体的に「原子力三原則」でまとめています。

「自主、民主、公開」の三原則を起草して茅誠司と連名で
伏見先生は「茅・伏見の原子力三原則」を考えています。

対称の美

物理学を研究・体感する中で伏見先生は
「対称の美」に対する美学を持っていました。
特に、その数式的な表現と万人受けする印象に着目しています。

例えば自分の子供が幾何学模様に対して関心を抱いたら、
そこを掘り下げて「どこまで習ったの?」とか
「何で学校で教えないんだろう?」とか色々な視点で
議論していったのです。1960年代には「紋様の科学」としてまとめています。

水素エネルギーの推進

朝日新聞が水素エネルギー開発の全面的にバックアップを表明したタイミングで、
伏見先生は原子力開発に関わっていきます。

1952年に朝日新聞の木村部長(科学部の部長)から声をかけられたことがきっかけです。

伏見先生は2月に朝日講堂で開催された公開講演会で講師として
「核融合の現状と問題点」と題して講演しました。

その時の御縁と元来、伏見先生が水素エネルギーを支持していたこともあり
次世代燃料として水素を勧めておられました。
クリーンなエネルギーだと考えていたのです。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2023/04/02‗初稿投稿
2024/02/17‗改訂投稿

旧舞台別まとめへ
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2023年4月時点での対応英訳)

Dr.Fushimi’s Diverse Activities

Koji Fushimi was born in Nagoya, Aichi Prefecture. And he grows up in Tokyo.
I somehow imagine that he was born and raised in an ordinary office worker family.
Fushimi-sensei was born in the 20th century, so that makes sense.

However, there has been a lot of activity since then.
After graduating from the University of Tokyo with a degree in physics and working as an assistant at the University of Tokyo,
He joined the newly established Osaka University and in 1934 he became the Dean of the Faculty of Science.

In 1936, he assumed the post of Director of the newly established Nagoya University Plasma Research Institute. as a result
He will serve as an emeritus professor at two old-system universities.

He also served as president of the Science Council of Japan from 1952.
For six years from 1958, he was involved in policy as a member of the House of Councilors belonging to the New Komeito Party from the standpoint of a scientist.

Below, I would like to talk about Mr. Fushimi, who also served as a Diet member.
It’s like, “Teacher, please!”

Consistent Scientist Insight

Professor Fushimi played a major role in promoting the “peaceful use of nuclear energy.” He recognizes that nuclear research in Japan is very important. He was thinking about peaceful uses from the unique perspective of Japan, a country that suffered atomic bombings. He specifically sums it up in the “Three Principles of Atomic Energy.”

He drafted the three principles of “independence, democracy, and openness”, and jointly with Seiji Kaya, he considered “three principles of nuclear power of Kaya and Fushimi”.

beauty of symmetry

Fushimi-sensei had an aesthetic for “symmetrical beauty.” In particular, he focuses on its mathematical expression and universal impression.

For example, if my child was interested in geometric patterns, I would delve into it and discuss things from various perspectives, such as “How much did you learn?” is. In the 1960s he summarized it as “The Science of Patterns”.

Promotion of hydrogen energy

When the Asahi Shimbun announced its full support for hydrogen energy development, Professor Fushimi became involved in nuclear power development.

In 1952, he was approached by the head of the Asahi Shimbun,
Mr. Kimura (head of the science department).

In February, Prof. Fushimi gave a lecture titled “Current Status and Problems of
Nuclear Fusion” at a public lecture held at the Asahi Auditorium.

At that time, Dr. Fushimi originally supported hydrogen energy,
and he recommended hydrogen as a next-generation fuel.
He was clean energy, he thought.

に投稿 コメントを残す

ネイサン・ローゼン
2-16改訂【ワームホールを考案|EPRパラドックスで相関を追及】

シカゴの画像

こんにちはコウジです!
「ローゼン」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
ローゼンが生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

【Nathan Rosen, 1909年3月22日 – 1995年12月18日】

パラドックス大図鑑
【スポンサーリンク】
【1909年3月22日 – 1995年12月18日】

 

ユダヤ人物理学者ローゼン

その名前は Nathan Rosen。
ローゼンはイスラエル建国後はイスラエルでも活動しました。
ニューヨーク出身のユダヤ人物理学者。MITで学んでいます。

ローゼンはいわゆるワーム・ホールの発案者でもあり、
EPRパラドックスを考えた三人のひとりです。
量子的ふるまいの局所性を相対論的に完全に
説明できない(矛盾するだろう)という指摘であって、
量子力学的なモデルと相対論的モデルでの記述が
同時に記述できないのです。

簡単に言えば「もつれた状態」で空間的
距離を置いたスピン(別の議論では光子)
妙なふるまいを示すのです。

量子的なもつれ(エンタングルメント)の
記載に修正の必要があるのか、
相対論での記述に修正が出来るのか、
突き詰めていく手掛かりになります。

EPRパラドックスにおいてはもつれ
(エンタングルメント)
の状態が議論され、

「EPRの 前提の下では量子力学の確率的手法を
再現で きない場合がある」と考えると良いです。

または
「統計的な条件設定をしなければいけない」
特殊な場合があって、量子もつれが背景にあり
「理解しにくい現象もあるんだなぁ。」
という前提から話始めた方が良い、
と考えた方が良いです。

ベルの不等式が成り立ち、
量子テレポーテーションが議論される昨今、
基礎理論の解釈は完全になされているか
色々な側面で説明がなされています。

量子論も相対論も其々で様々な説明(効果)を
可能にしているのですが、完全に全てを
記述できると言えないのでしょうか。
この記載をするとどうしても
歯切れの悪い文章になってしまいます。
「局所的実在論」という言葉がありますが、
物理量の把握には究極の難しさがあります。

私もこの場でうまく説明が出来ているとは思えません。
ただ、物理の記載であることは確かで、
発展していく可能性を含めた議論ではあります。



【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返事できていませんが
問題点に対しては適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2022/01/04_初稿投稿
2024/02/16_改定投稿

旧サイトでのご紹介
舞台別のご紹介

時代別(順)のご紹介
アメリカ関連のご紹介

電磁気関係
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2022年1月時点での対応英訳)

Jewish physicist Rosen

Its name is Nathan Rosen.
Rosen was also active in Israel after the founding of Israel.
He is a Jewish physicist from New York. He had studyied at MIT.

Rosen was also the inventor of the so-called wormhole,
He is one of the three in the EPR paradox.
Relativistically complete locality of quantum behavior
It was pointed out that it could not be explained (it would be inconsistent),
The description in the quantum mechanical model and the relativistic model
It cannot be described at the same time.
Quantum entanglement
Is it necessary to correct the description?
Is it possible to correct the description in relativity?
It will be a clue to the end.

Various explanations (effects) for both quantum theory and relativity
It’s possible, but it’s completely everything
Can’t you say that you can describe it?
If you make this description,
The text will be crisp.
There is a word “local realism”,
Understanding the physical quantity is the ultimate difficulty.
However, it is certain that it is a description of physics,
It is a discussion that includes the possibility of development.

に投稿 コメントを残す

ジョン・バーディーン
2/15改訂【トランジスタの発明とBCS理論で二度のノーベル賞受賞】

こんにちはコウジです!
「バーディーン」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
バーディーンが生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

金属絶縁体転移
【スポンサーリンク】
【1908年5月23日 ~ 1991年1月30日】

超電導現象の理論的基礎を与えたバーディン

本稿は何度も追記したいです。

それは私にとって、関心のある

低温電子物性の話だからです

今回は極低温での現象理解を進めたバーディンについて
ご紹介致します。
バーディンは
二回のノーベル賞を受けています。

一回目はベル研での仲間とのトランジスタの発明、
二回目はイリノイ大学の仲間たちと確立したBCS理論です。

前述したカメリー・オネスの超電導現象の発見以後、その現象を説明する為に色々な理論が試みられでしょうが、イリノイ大学のバーディンを中心とした3人がBCS理論を確立します。バーディン、レオン・クーパーロバート・シュリーファー  3人の名前の頭文字を並べてBCS理論と呼ばれます。

このコンビの始まりはバーディンがクーパーを招聘する事から始まります。そこにバーディン研究室の大学院生、シュリーファー が加わり研究が進みます。

後に話す中嶋氏とのエピソードやベル研での仲間たちとのトランジスタの発明を考えてみて下さい。物理で理論を切り開いていく楽しさが感じられるのではないでしょうか。(他の専門分野の方でも感じられるでしょう。)
自分自身で思索にふける時間を経て、
議論をすることで理論が発展していくのです。
特にバーディンは議論の上手い人だったといえます。

バーディンは議論をして「興奮する時間」
を大事に使えたのです。

また別ブログで少しバーディンについてつぶやいてみました。

BCS理論とは 

BCS理論の内容はフォノン(音子)を介した電子が対になった結果(クーパ対の考え方)、そのコンビがスピンを打ち消し合って結合するという理論でした。相転移温度をその理論で説明し、今日、超伝導を考えるうえで理論の基礎となっています。

このBCS理論の妙はフェルミオンである電子が凝縮状態をとるところにあります。本来、同じ状態(位相等を考えた時のパラメター)をとる事が出来ない電子が対になってボゾン化することで巨視的な現象にとして観察される超伝導現象が実現するのです。

そもそも、金属中を移動する電子を単純な質点のモデルで考えると
「正荷電をもった原子核の間を負電荷が自由自在に無抵抗で動き回る事」は到底出来ません。何らかの相互作用が起きて金属内での抵抗が生じます。ところが、電子の波動関数を考え、波動的側面が顕著に現れる状態を考えていくのが超伝導現象だと言えます。

そして現象発現の条件として大事な尺度の一つが
温度だったのです。2023年時点での関心は
遷移を起こす温度のメカニズムを解明する事です。

現在での転移温度は「高温超電導」
と言ってもマイナス百℃以下ですので
転移温度に至るまでは液体ヘリウムや
液体窒素を使って冷却しなければいけません。

超電導現象の応用 

実用化しているリニアモーターカーや量子コンピューター等の応用技術も冷却した上で超電導現象を実現しているので、コストと安定性が課題となっています。転移温度が変わっていって、より常温に近い温度で現象を起こすことが出来ればメリットは非常に大きいです。

温度に関わるメカニズムとして中嶋貞雄がバーディンに与えたヒントが繰り込み理論の応用でした。そのヒントは手法だったともいえますが、電気伝導に関わる要素(素粒子)が「どういった条件で」、「どういった役割を果たすか」が重要です。その手掛かりの一つが「ゆらぎ」に関するメカニズムではないかと考えている人が居ます。今後の大きな課題です。


【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/15_初稿投稿
2024/02/15_改定投稿

【スポンサーリンク】

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
アメリカ関連のご紹介へ
熱統計関連のご紹介
量子力学関係

AIでの考察(参考)

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

Theoretical basis of superconducting phenomenon

I would like to add this article many times. That’s because it’s about the low-temperature electronic characteristics that I’m interested in. This time, I would like to introduce Birdin, who has advanced the understanding of the phenomenon at extremely low temperatures.

Birdin has received two Nobel Prizes. The first is the invention of the transistor with his colleagues at Bell Labs, and the second is the BCS theory described below. Since the discovery of the superconducting phenomenon of Camery Ones mentioned above, various theories may have been tried to explain the phenomenon, but three people led by Birdin of the University of Illinois establish the BCS theory. Bardeen, Leon Cooper, and Robert Schrieffer are called BCS theory by arranging the initials of the three names.

The beginning of this duo begins with Birdin inviting Cooper. Schrieffer, a graduate student from the Badin laboratory, will join the group to advance the research.

What is BCS theory?

The content of BCS theory was the theory that as a result of pairing electrons via phonons (sounds) (the idea of ​​Cooper pairs), the combinations cancel each other out and combine. The phase transition temperature is explained by the theory, and today it is the basis of the theory when considering superconductivity.
The mystery of this BCS theory is that the fermion electrons take a condensed state. Originally, electrons that cannot take the same state are paired and bosonized, and the superconducting phenomenon observed as a macroscopic phenomenon is realized.

In the first place, considering the electrons moving in a metal as a simple mass model, it is impossible for a negative charge to move around freely and without resistance between nuclei with a positive charge. Some interaction occurs and leads to resistance. However, it can be said that the superconducting phenomenon is to create a state in which the wave function appears prominently by considering the wave function of electrons.

One of the important measures for that condition was temperature. At this time, the interest is to elucidate the temperature mechanism that causes the transition. At present, the transition temperature is less than minus 100 ° C even if it is called high-temperature superconductivity, so it is necessary to cool it with liquid helium or liquid nitrogen until the transition temperature is reached.

Application of superconducting phenomenon

Since the superconducting phenomenon is realized after cooling the applied technologies such as linear motor cars and quantum computers that have been put into practical use, cost and stability are issues. If the transition temperature changes and the phenomenon can occur at a temperature closer to room temperature, the merit is very great.

The hint given to Bardeen by Sadao Nakajima as a mechanism related to temperature was an application of renormalization theory. It can be said that the hint was a method, but “under what conditions” and “what role” the elements (elementary particles) involved in electrical conduction play are important. Some people think that one of the clues is the mechanism related to “fluctuation”. This is a big issue for the future.