に投稿 コメントを残す

J・J・サクライ
【1933年1月31日生まれ-8/14改訂】

BERKELEY, CA -

こんにちはコウジです。「JJサクライ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と7/3の時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3575‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒3131
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒5477‗④KazenoKouji‗3422⇒6564
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6706+12041【19747@7/3】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1933年1月31日生まれ ~ 1982年11月1日没】


【スポンサーリンク】

Jサクライとアメリカ

Jサクライの日本語表記は

「桜井純」で日本の東京生まれの人です。

私が使っていていた教科書でカタカナ表記でしたので個人的にはカタカナ表記がしっくりきて、好きです。ミドルネームに由来するすると思われますが、もう一つ「J」をつけて記載する事が多いです。何故ミドルネームがJなのかは未だ調べています。

(以下、少し呟いてみます)よく言及されるのですが、英国の物理学者J・J・トムソンを真似て「J」に由来するという一説があります。ただ、科学史の観点から私は納得いきませんでした。「電子線を考え抜いたトムソン(別途、トムソン卿って居ます)」と「相互作用に対して考え抜いていた桜井さん」は物凄く似通った所があるのですが、それを裏付ける一次情報が得られていないのです。探すことに時間を使わない言い訳としては、桜井さんは日本での活躍が少なく、夭折してる(早くに亡くなっている)という事情もあって日本における交流が少ないと予想出来るからです。仮にご家族が追記集をまとめたりしていたら読んでみたいのですが、そういう類の話も聞きません。そもそも、そういった話が聞かれない時点で仮に、ご遺族が居たとしてもJJサクライの「J」についての由来は明らかにしたくないと
考えている場合も予想されるからです。
追及点を掘り下げる際の
科学史での難しい所を実感しました。
(そして、文字を小さくして呟いてみました)

何れにせよJJサクライの響きは良いですね。

JJサクライは新制高校に在学していた16歳の時に留学生選抜試験に合格し、アメリカに渡りました。学問好きの少年だったのでしょう。その後、ニューヨークにある高校を卒業した後に、ハーバードを主席で卒業しています。

JJサクライと弱い力

その後、JJサクライはコーネル大の大学院で研究を進め、在学中に弱い相互作用の考えを提唱しています。彼の研究では弱い相互作用と強い相互作用が出てくるので少し言及します。そもそも自然界には4つの力があると言われていて、ここでの2つは4つの内の2つなのです。



初学者は4つの力を考える時に「力の働く範囲



力の大きさ」を別々に把握しないといけません。

 

具体的に弱い力は、働く範囲が陽子直径より小さいのです。また、素粒子や準粒子がボゾンを交換して相互作用する中で弱い力は強い力や電磁学に比べて大きさが数桁小さな力として作用します。

弱い相互作用は標準模型での全てのフェルミ粒子とヒッグスボソンに作用します。フェルミ粒子とボーズ粒子を合わせて「素粒子」と呼びますが、相互作用の議論では素粒子間に働く力が議論されるのです。

特にニュートリノは重力と弱い相互作用のみを使って相互作用します。弱い相互作用は束縛状態をもたらしません。重力が天文学的スケールで月と地球の間の相互作用に関与していたり、電磁力が原子間レベルで互いに力を与えあったりする束縛状態とは異なります。また、弱い相互作用とは違い強い核力は原子核の内部で非常に強い束縛状態を持ちます。別言すれば、弱い相互作用は結合エネルギーに関与しません。

JJサクライはこうしたメカニズムを

深く研究していきました。

そして49歳で突然、他界してしまいました。

少し調べてみましたが、その死因に対しては

情報が残されていません。何はともあれ、

惜しい人材を失ったこととなり残念です。

4つの力の理解と加速器を初めとした応用研究は未だ続いています。次々問題が出てきます。そんな議論に参加して欲しかったです。 謹んでご冥福をお祈り致します。

合掌。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/11_初稿投稿
2022/08/14_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介

日本関連のご紹介
アメリカ関連のご紹介へ

UCBのご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

J Sakurai and America

The Japanese notation for J Sakurai is “Jun Sakurai”, a person born in Tokyo, Japan. She used katakana notation in the textbook I was using, so I personally like the katakana notation. She seems to be derived from her middle name, but she is often listed with another “J”. I’m still investigating why her middle name is J.

(Hereafter, I will mutter a little) There is a theory that it is derived from “J” by imitating the British physicist JJ Thomson. However, I was not convinced from the perspective of the history of science. “Thomson who thought out the electron beam (I’m Sir Thomson separately)” and “Mr. Sakurai who thought out about the interaction” have very similar points, but I got the primary information to support it. I haven’t. As an excuse not to spend time searching, Mr. Sakurai is less active in Japan, and she is dying (she died early), so it can be expected that there will be little interaction in Japan. Because. I would like to read it if my family is compiling a collection of additional notes, but I do not hear such stories. In the first place, it is expected that he does not want to clarify the origin of JJ Sakurai’s “J” even if there is a bereaved family at the time when such a story is not heard. I realized the difficult part in the history of science when digging into the pursuit point. (And she tried to make the letters smaller and muttered)

In any case, the sound of JJ Sakurai is good.

JJ Sakurai passed the international student selection test at the age of 16 when he was in a new high school and went to the United States. He must have been an academic boy. Then, after he graduated from high school in New York, he graduated from Harvard as chief.

JJ Sakurai and weak force

Since then, JJ Sakurai has been conducting research at Cornell University’s graduate school, advocating the idea of ​​weak interactions while still in school. I will mention a little because his research shows weak and strong interactions. It is said that there are four powers in the natural world in the first place, and the two here are two of the four.

When considering the four forces, beginners must grasp the “range of force” and the “magnitude of force” separately.

Specifically, the weak force has a working range smaller than the proton diameter. In addition, while elementary particles and quasiparticles exchange bosons and interact with each other, weak forces act as strong forces or forces that are several orders of magnitude smaller than electromagnetics. Weak interactions affect all fermions and Higgs bosons in the Standard Model.

Fermions and bosons are collectively called “elementary particles”, but in the discussion of interactions, the forces acting between elementary particles are discussed. Neutrinos in particular interact only with gravity and weak interactions. Weak interactions do not result in bound states.

This is different from the bound state where gravity is involved in the interaction between the Moon and the Earth on an astronomical scale, and electromagnetic forces exert forces on each other at the interatomic level. Also, unlike weak interactions, strong nuclear forces have a very strong bound state inside the nucleus. In other words, weak interactions do not contribute to binding energy. JJ Sakurai has studied these mechanisms in depth. And at the age of 49 he suddenly passed away. He did some research, but no information was left about the cause of death. Anyway, it’s a pity that he lost a regrettable talent.

Understanding of the four forces and applied research including accelerators are still ongoing. Problems come up one after another.

He wanted me to participate in such a discussion. It was

We sincerely pray for your souls.

Gassho.