に投稿 コメントを残す

オットー・シュテルン
【1888年2月17日生まれ‐6/27原稿改訂】

BERKELEY, CA -

こんにちはコウジです。「シュテルン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と5/28の時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3533‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒3085
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒4725‗④KazenoKouji‗3422⇒5831
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6618+10556【17174@5/28】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1888年2月17日生まれ ~ 1969年8月17日没】


【スポンサーリンク】

 戦時下の物理学者シュテルン

シュテルンはドイツ生まれの物理学者でナチスに追われ

アメリカへ移ります。シュテルンは先ず、ポーランドの

プラハ大学でアインシュタインに会い、

共にチューリッヒ工科大学に移ります。

きっと気の合う議論相手だったのでしょう。

調べていくと共にユダヤ系である事情が大きい気がしてきました。何より、ホロコーストが実際に行われていた時代ですからね。同じ恐怖と憤りを感じて反体制の話もしていたことでしょう。シュテルンはドイツ本国で当時の感心事であった原子線の研究をします。実験の様子としては、温度をどんどんあげていって金属が光り出してからもさらに温度をあげていきます。例えば、具体的に金属を恒温槽の中にいれて小さな窓から出てくる様子を見るのです。

シュテルンの実験の様子 

その窓から連続して特定の粒子を放出する事で粒子の性質を明らかにしていきます。結果としてヴァルター・ゲルラッハと共に歴史的な実験を完成させました。この実験で注目されるのは「個別粒子の磁気的性質」です。加熱して蒸発させた銀の粒子をビーム状に放出した時にその粒子線に対して磁界をかけるのです。すると、粒子は二つに分かれて一点だった輝点(粒子の当たった場所)が二点の輝点となります。この事実は粒子にスピンがある事で説明が出来るのです。

戦争に伴い、ナチスにハンブルグ大学の地位を追われたシュテルンはアインシュタインと共に1933年アメリカに亡命します。戦後ナチス政権下で教授を続けたゲルラッハと対照的ですね。最終的にはUCB(カリフォルニア大学バークレー校)で名誉教授を務めます。81歳の生涯でした。

〆 

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点には返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/31_初版投稿
2022/06/27_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
アメリカ関連のご紹介へ
カリフォルニア大学関連のご紹介へ
ドイツ関連のご紹介

量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Wartime physicist Stern

Stern is a German-born physicist who is chased by the Nazis and moves to the United States. Stern first met Einstein at the University of Prague in Poland and moved to the ETH Zurich together. Was he a friendly debate? As he proceeded with his investigation, I felt that he was of Jewish descent. Above all, it was the time when the Holocaust was actually taking place. He would have felt the same fear and resentment and talked about the dissident.

Stern will study atomic beams in Germany, which was a sensation at the time. In his experiment, he keeps raising the temperature even after the metal shines. For example, he specifically puts metal in a constant temperature bath and sees it coming out of a small window.

Stern’s experiment

We will clarify the properties of particles by continuously emitting specific particles from the window. As a result, he completed his historic experiment with Walther Gerlach. The focus of this experiment is on the “magnetic properties of individual particles.” When the heated and evaporated silver particles are emitted in the form of a beam, a magnetic field is applied to the particle beams. Then, the particle is divided into two and the bright spot (the place where the particle hits), which was one point, becomes two bright spots. This fact can be explained by the fact that the particles have spin.

Stern, who was displaced by the Nazis from the University of Hamburg due to the war, went into exile in the United States in 1933 with Einstein. This is in contrast to Gerlach, who continued to teach under the Nazi regime after the war.

He will eventually be an emeritus professor at UCB (University of California, Berkeley). He was 81 years old.