に投稿 コメントを残す

フォン・ノイマン
2/8改訂【映画作品「博士の異常な愛情」のモデルとなった天才】

「フォン・ノイマン」の原稿を改定します。
今回の主たる改定はAI情報の再考です。また、
フォン・ノイマンが生まれた頃、ベートーベンはもう居ません。
(彼の人生は1770年12月16日頃 – 1827年3月26日)

初見の人が検索結果を見て記事内容が分かり易いように再推敲します。

SNSは戦略的に使っていきます。そして記述に誤解を生む表現がないかを
チェックし続けてます。ご意見・関連投稿は歓迎します。

フォン・ノイマンの生涯
【スポンサーリンク】
【1903年12月28日 – 1957年2月8日】

フォン・ノイマンの生い立ち

ノイマンはハンガリー系のドイツ人でアメリカに亡命します。
ハンガリー名ではナイマン・ヤーノシュ:nɒjmɒnˌjɑ̈ːnoʃ、
ドイツ名ではヨハネス・ルートヴィヒ・フォン・ノイマン
:Johannes Ludwig von Neumann,

そして、ノイマンは誰しもが認める天才です。
後述するプリンストン大学時代にアインシュタインが
ノイマンを評して天才と呼んでいたそうです。
(ノイマンもアインシュタインを天才と呼んでいたそうです)
ノイマンは少年時代から英才教育を受け、ディケンズの小説を
一字一句間違えず暗唱していたと言われます。
また、車を運転しながら読書していたと言われます。

数学・物理学・コンピューター科学で多才な才能を
発揮した人です。映画のモデルにもなっています。

冒頭に掲載した映画作品は
フォン・ノイマンをモデルにしたと言われています。

原子爆弾やコンピューターの開発

フォン・ノイマンは1930年にプリンストンに招かれ、
プリンストン高等研究所の所員に選ばれています。

因みに、その時に同時にメンバーとして選ばれた一人が
アルベルト・アインシュタインでした。
戦争へ向かうアメリカで軍事関係の研究を進めます。

特に、フォン・ノイマンはロスアラモス国立研究所で
アメリカ合衆国による原子爆弾開発のための
マンハッタン計画に参加します。アメリカという国家が
多くの才能をアメリカの理想の為に集めていました。
沢山の予算が動きます。

そして、
弾道研究所に関わるENIACのプロジェクトに参加して
ノイマンも電子計算機のプロジェクトを進めていくのです。

ノイマンの別の関心事として衝撃波の伝達の研究分野がありました。
所謂「FAT・MAN」(長崎に投ちたプルトニウム型原子爆弾)
のための爆縮レンズを開発していくのです。

兵器開発に科学者が関わっていく良い例です。
「(効率的に)人を沢山殺そう」という考えと
「科学的探究心」は瞬時に置き換える事が出来るのです。
結果として科学者に殺意がなくても効果的な兵器が作れます。

フォンノイマンの考え方を表す言葉

名言として残されている一つをご紹介します。
「思考こそが一次言語であり、
数学は二次言語である。
数学は、思考の上に作られた、
一つの言語に過ぎない。」
私的に考えてみても
実際に物理モデルを構築する前の「思考」が大事で、
それは掴み様の無い物です。幾何学的な図形で抽象的に
表現してみたり群論を使って整理してみたりします。
数学や物理モデルは思考を形作る道具となります。
見つかった「秩序」を数学的表現で表すのはその後の段階で、
さらには大衆に分かるように色々な言葉で肉付けします。
物理学者はこの作業を無限に繰り返さなければいけません。
そんなノイマンは1955年に骨腫瘍・あるいは、すい臓がん
と診断されました。
放射能に関わる研究を重ねた結果でもあります。
同僚のエンリコ・フェルミも1954年に
骨がんで亡くなっています。
科学の発展の為に晩年を捧げた人生でした、
ご冥福をお祈りいたします。



ワールドトーク|日本人講師とオンライン英会話の無料体験レッスン【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
問題点に対しては適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2021/10/01_初版投稿
2024/02/08_原稿改定

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
アメリカ関係のご紹介
電磁気関係
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

The background of von Neumann

Neumann is a Hungarian German who goes into exile in the United States. He is said to have been reciting Dickens’ novels word for word, having been educated as a gifted boy in Hungary for Naiman Janos: nɒjmɒnˌjɑ̈ːnoʃ and in Germany for Johannes Ludwig von Neumann. increase.

He is also said to have been reading while driving a car. He is a versatile talent in mathematics, physics and computer science and is also a movie model. The movie work posted at the beginning is
It is said to have been modeled after von Neumann.

Development of atomic bombs and computers

Von Neumann was invited to Princeton in 1930 and was selected as a member of the Princeton Institute for Advanced Study. By the way, one of the members who was selected at the same time was Albert Einstein. He pursues military research in the United States heading for war.

In particular, von Neumann will participate in the United States’ Manhattan Project for the development of an atomic bomb at the Los Alamos National Laboratory. And Neumann will also proceed with this computer project by participating in the ENIAC project related to the Ballistic Research Laboratory.

Another concern of Neumann was the field of study of shock wave transmission. He will develop a detonation lens for the so-called FAT MAN (plutonium-type atomic bomb thrown at Nagasaki). It’s a good example of how scientists get involved in weapons development. The idea of ​​”killing a lot of people (efficiently)” and “scientific inquiry” can be instantly replaced.

A word that expresses the idea of ​​von Neumann

I would like to introduce one that remains as a saying.
“Thinking is the primary language,
Mathematics is a secondary language.
Mathematics was built on thought,
It’s just one language. “

It is important to think before actually building a physical model, which is something that cannot be grasped. Try to express it abstractly with geometric figures or organize it using group theory. The mathematical expression of the found “order” will be expressed later, and will be fleshed out in various words so that the public can understand it.

Physicists have to repeat this task indefinitely. Neumann was diagnosed with bone tumor or pancreatic cancer in 1955. He is also the result of his repeated research on radioactivity. His colleague Enrico Fermi also died of bone cancer in 1954. I pray for the souls of his later life for the development of science.

Follow me!

コメントを残す