に投稿 コメントを残す

マレー・ゲルマン
__【1929年9月15日-8/9改訂】

gettyimages-Yale-Uni

こんにちはコウジです。「ゲルマン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と7/3の時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3575‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒3131
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒5477‗④KazenoKouji‗3422⇒6564
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6706+12041【19747@7/3】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1929年9月15日 ~ 2019年5月24日】


【スポンサーリンク】

 ニューヨーク生まれのゲルマン

ゲルマンは米ニューヨーク生まれの理論家です。素粒子論の世界でノーベル賞を受けています。

ゲルマンの名を本来はゲル-マンと書きますが、
【Gell-Mannと書きますが、】

本稿ではゲルマンとしています。
記述が楽で、読みやすいからです。

ゲルマンはイェール大で学士号を受け、MITで博士号を受けました。その後、プリンストン高等研究所、コロンビア大、シカゴ大、カリフォルニア工科大で研究を続けます。サンタフェ研究所の設立者の一人でもあります。ゲルマンの研究実績としてはクォークの提唱が大きかったですね。加速器の開発後には様々な粒子が未整理のまま次々と発見され、それらの関係と性質は未解決な部分が残るままに、問題が蓄積されていきます。それらを整理・理解する手段がクォークだと言えるでしょうか。ゲルマンの理解体系では対象性が使われていて、ストレンジネスやカラーといった概念で素粒子が理解されていきます。
秩序ある奥深い理論だと思います。

 ゲルマンとファインマン

さて、ゲルマンの業績として素粒子の分類に関する側面を取り上げてきましたが、ゲルマンの研究での真骨頂は粒子の反応に関しての研究ではないでしょうか。関連してR・P・ファインマンという論敵がいました。あくまで伝えられている内容なのですが、ゲルマンとファイン・マンの論争はまるで子供の喧嘩みたいにも思えます。激怒したファイン・マンが、「貴様の名前綴りからハイフォン消すぞ!」【Gell-Mann改めGellmannとするぞ!の意】と怒鳴りつけたら、「ゲルマンがお前の名前をハイフォン付きで書いてやる!」【Feynman改めFeyn-Manとしてやる!の意】と言い返す有り様だったようです。アメリカ人の感覚なのでしょうか。西部劇の勢いなのでしょうか。ただ少し理解出来るかも、と思ったのは互いの愛する家族を侮辱していたのですね。瞬間的に家祖も汚す発想は、頭の切れる天才同士の喧嘩だったのでしょう。より効果的な屈辱の与え方を考えて。。。
いや、やはり激怒して
子供じみた喧嘩してたのかもしれません。;)

そんなゲルマンとファイン・マンは
それぞれに素晴らしい業績を残しました。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/05_初稿投稿
2022/08/09_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
アメリカ関連のご紹介へ
イェール大学関連のご紹介へ
纏めサイトTOP
電磁気関係
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年11月時点での対応英訳)

Germanic born in New York

German is a theorist born in New York, USA.

He has received the Nobel Prize in the world of particle physics.

Originally the name of German is written as Gell-Man,

[I write Gell-Mann, but]

In this paper, it is German.

It’s easy to write and easy to read.

German received a bachelor’s degree from Yale University and a PhD from MIT. He then continues his research at Princeton Institute for Advanced Study, Columbia University, University of Chicago, and California Institute of Technology. He is also one of the founders of the Santa Fe Institute. Quark’s proposal was a big part of his German research achievements. After the development of the accelerator, various particles are discovered one after another without being organized, and problems are accumulated while the unsolved parts of their relationships and properties remain. Can we say that quarks are the means to organize and understand them? In German’s understanding system, symmetry is used, and elementary particles are understood by concepts such as strangeness and color.
I think he is an orderly and profound theory.

Germanic and Feynman

Now, as German’s achievements, we have taken up the aspect of the classification of elementary particles, but I think the true value of German’s research is the research on particle reactions. Relatedly, there was an opponent named R.P. Feynman. It’s just been told, but the Germanic and Fineman controversy seems like a quarrel between children. Furious Fine Man said, “I’ll erase the haiphong from your name spelling!” [Gell-Mann will be changed to Gellmann! When yelling, “German will write your name with a haiphong!” [Feynman will be changed to Feyn-Man! It seems that it was like saying back. Is it an American feeling? Is it the momentum of the Western drama? I thought it might be understandable, but it was insulting each other’s loved ones. The idea of ​​instantly polluting the ancestors was probably a quarrel between smart geniuses. Think about how to give more effective humiliation. .. ..
No, I’m still angry
It may have been a childish quarrel. 😉

Such Germanic and Fine Man
Each has made great achievements.

Follow me!

コメントを残す