に投稿 コメントを残す

広重 徹
【1928年8月28日生まれ-8/7改訂】

こんにちはコウジです。「広重 徹」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と7/3の時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3575‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒3131
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒5477‗④KazenoKouji‗3422⇒6564
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6706+12041【19747@7/3】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1928年8月28日生まれ ~ 1975年1月7日没】


【スポンサーリンク】

 広重徹の育った時代

広重博士は京都大学の理学部を卒業した後に大学院をドロップアウトしてます。。戦争の時代に青春時代を過ごし、占領下で多感な時期を過ごし、世相として色々あった時代に研究者としてのスタートをしていたので大変だったろうかと思います。

広重徹は初め素粒子論を専攻していたそうです。

 広重徹と科学史

広重徹は特に科学史の中で社会的側面に焦点をあてて研究をしていました。村上陽一郎本を書いたりランダウローレンツの業績を翻訳して日本に紹介していたりしました。

それだから文章を読んだ時に、きっと感じます。広重徹の守っていた立場があるのです。社会の中で科学史が意味を持ちます。科学史の大きな役割を感じます。社会から過度な期待がある半面で、ある意味で無理解な評価があるのかな、覚悟しながら冷静に話して一般の人々に理解してもらう事が大事です。

何よりも、その理解の中で文章を読んでいる人に整理した形でその時々の「全体像」を伝えて、当時の現象理解と問題点を出来るだけ考えられるように出来るようにします。そうすれば、歴史を語りながら、科学技術の発展に繋がっていくのです。私も科学史の文章を作っている一人だと考えると、少し身の引き締まる思いがします。

名大
名古屋大学

話し戻って、広重徹は30代で博士課程を終えて(於、名古屋大学)、40代で早くして亡くなります。もう少し話しが聞きたかったなぁ、って感じですね。その後、斯様な議論はあまり無いかと思うのです。

また、広重徹の奥様が自分史を残していたのでリンクを残します。広重徹のお人柄が偲ばれると同時に終戦後の世相が感じられて興味深いかと思えます。ご覧下さい。

http://www.asahi-net.or.jp/~fv9h-ab/kamakura/DrMiki.html



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/10_初稿投稿
2022/08/07_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
京大関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

 (2021年11月時点での対応英訳)

The era when Tetsu Hiroshige grew up

Dr. Hiroshige dropped out of graduate school after graduating from the Faculty of Science at Kyoto University. .. .. I think it was difficult because he spent his youth in the era of war, spent a sensitive time under the occupation, and started as a researcher in various times as a social situation. It seems that Tetsu Hiroshige initially majored in particle physics.

Tetsu Hiroshige and the history of science

Tetsu Hiroshige’s research focused on social aspects, especially in the history of science. He wrote books with Yoichiro Murakami and translated the achievements of Landau and Lorenz and introduced them to Japan.

So when he reads the text, he surely feels.

There is a position that Tetsu Hiroshige protected. He feels the great role of the history of science in society. While he has excessive expectations from society, it is important to talk calmly and get the general public to understand, while being prepared to have an incomprehensible evaluation in a sense. Above all, if it is possible to convey an organized “overall picture” to the person reading the text in that understanding so that they can understand the current phenomenon and think about problems as much as possible, while talking about history, It will lead to the development of science.

Considering that I am one of the authors of the history of science, I feel a little tight. Returning to the story, Tetsu Hiroshige finished his doctoral course in his thirties (at Nagoya University) and died early in his forties.

I feel like I wanted to hear a little more. After that, I don’t think there are many such discussions. Also, since Tetsu Hiroshige’s wife left her own history, I will leave a link. At the same time as the personality of Tetsu Hiroshige is remembered, it seems interesting to feel the social situation after the end of the war. take a look.

http://www.asahi-net.or.jp/~fv9h-ab/kamakura/DrMiki.html

Follow me!

コメントを残す