に投稿 コメントを残す

ピーター・ゼーマン
【1865年5月25日生まれ‐6/7改訂】

こんにちはコウジです。「ゼーマン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と4/5時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3452‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2876
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒3212‗④KazenoKouji‗3422⇒4088
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6328+7300【13628@4/5】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1865年5月25日生まれ ~ 1943年10月9日没】


【スポンサーリンク】

その名の綴りはPieter Zeeman

ゼーマンはオランダの小さな町、

ゾンネメレに生まれています。

またゼーマンはローレンツと同じ時代の理論家で

ローレンツと同時にノーベル賞を受賞してます。

当然、アインシュタインとも交流をもちます。

ゼーマンにとって幸運だったのは

ローレンツカメリー・オネスに師事した事

です。稀代の理論家と実験家の指導のもと、

ゼーマンは素晴らしい環境で育ちます。

そんなゼーマン等が出した結果がゼーマン効果です。

具体的には磁場中に置かれたナトリウム原子のスペクトル

を観察した時に、それが分裂していたのです。

ローレンツとゼーマンによってなされた説明は

ナトリウム原子の内部構造についてのものでした。

細かくは原子内部の電子が電荷を持ち、

磁場中では今で言う縮退状態からの開放される

ので(スピンの性質から)放射特性が変化するのです。

更には、その電荷の物理量が別に理論を進めていた

J・J・トムソンのそれと近しい値をとった事で

ローレンツとゼーマンの理論は説得力

をもちました。結果、

ノーベル賞が贈られます。

また、ノーベル賞受賞後

ゼーマンはアムステルダムで
研究所を運営し、そこで電磁光学
の研究を進めています。特に、
移動する媒質の中での光の伝播
に関しても研究していますが、
それは相対論の形成に有益
ローレンツアインシュタイン
も評価していたと言われています。
因みにこの3人を考えると年齢順で
ローレンツ(1853年生まれ)
ゼーマン(1865年生まれ)
アインシュタイン(1879年生まれ)
の順番です。実験事実が確立していき、
相対性理論が熟成されていくのです。

ローレンツとゼーマンの素晴らしい
点はナトリウム原子の構造を
解明した手法にあったと思います。
実験結果の積み重ね、仮設の設定、
そして全てを使った理論構築の
モデルはその後に多くの学者が活用可能で
再現可能な手法だったかと思えます。
その後に他の原子も次々と性格が
明らかにされていきます。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近は全て返信出来てませんが
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/31_初版投稿
2022/06/07_改定投稿

舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介

オランダ関係の紹介へ
ライデン大学のご紹介

熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年9月時点での対応英訳)

The name is spelled Pieter Zeeman.

Seeman was born in the small Dutch town of Zonnemaire. Zeeman is a theorist of the same age as Lorenz and has won the Nobel Prize at the same time as Lorenz. Naturally, he also interacts with Einstein.

Fortunately for Zeeman, he studied under Lorenz and Kamerlingh Onness. Under the guidance of rare theorists and experimenters, Zeeman grows up in a wonderful environment. The result of such Zeeman is the Zeeman effect. Specifically, when I observed the spectrum of the sodium atom placed in the magnetic field, it was split.

The explanation given by Lorenz and Zeeman was about the internal structure of the sodium atom. In detail, the electrons inside the atom have an electric charge, and in a magnetic field, they are released from the degenerate state as they are now called, so the radiation characteristics change (due to the nature of spin).

Furthermore, Lorenz and Zeeman’s

theory was convincing because the physical quantity of the electric charge took a value close to that of J.J. Thomson, who was advancing the theory separately. As a result, the Nobel Prize will be awarded.

After receiving the Nobel Prize, Zeeman runs a laboratory in Amsterdam, where he pursues research in electromagnetic optics. He is particularly studying the propagation of light in moving media, which is said to have been useful in the formation of relativity and was also appreciated by Lorenz and Einstein. By the way, considering these three people, in order of age
Lorenz (born 1853)
Zeeman (born 1865)
Einstein (born 1879)
It is the order of. Experimental facts will be established and the theory of relativity will be matured.

I think the great thing about Lorenz and Zeeman was the method of elucidating the structure of the sodium atom. It seems that the accumulation of experimental results, the setting of temporary settings, and the model of theory construction using all of them were methods that many scholars could utilize and reproduce after that. After that, the characteristics of other atoms will be revealed one after another.

Follow me!

コメントを残す