に投稿 コメントを残す

エンリコ・フェルミ
【1901年9月29日生まれ‐4/8改訂】

こんにちはコウジです。「フェルミ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1901年9月29日生まれ ~ 1954年11月28日没】


【スポンサーリンク】

イタリア生まれのフェルミ

フェルミはイタリアのローマに生まれアメリカで没してます。

アメリカではフェルミの名前を冠した研究所が今でも

シカゴ大学内にあって、そこで議論が交わされています。

その業績は社会的側面が大きいものもある一方で

純理論を突き詰めた後世の多くの物理学者が使う

原理・概念もあります。まさにパラダイムシフトを起こした

立役者です。ミクロの世界を切り開きました。

 

そもそも、フェルミは学生時代から抜きん出た優秀さ

を備えています。一歩一歩、フェルミは議論を展開して

ノーベル賞を受け、その授賞式の際にイタリアから

アメリカに亡命しました。時節柄、奥様がユダヤ人

だつた為迫害されていたのです。

フェルミとマンハッタン計画

アメリカ移住後に

フェルミは有名なマンハッタン計画に参画し、

原子力発電所の創設に携わり社会を大きく変えていきます。

そもそも、計画への参加はオットー・ハーンが

ドイツで核分裂実験に成功した事情が大きいです。

フェルミを初めとした物理学者達が時代に

危惧感を抱いたのです。アメリカを中心とする

資本主義圏が自由を謳歌した点でフェルミの業績は

計り知れないです。反面でスリーマイル島の事故や

福島での原発事故を思い起こすと、

気楽に賞賛ばかりはしていられません。

このブログの中で私が何回か主張しているように

識者が知恵を集結して問いかけなければいけません。

かってのラッセルーアインシュタイン宣言を

思い起こしたいです。一方で我々、大衆も

皆で分かる範囲の言葉を使い意見を交わさねばなりません

可能な範囲で意見を交わして民衆の英知を集結させるべきです。個人個人が平和に対して語る時に少しでもしっかりした考えをもって話さないといけないのです。色々な人と語る時に話が繋がっていく様な議論の土壌を、少しずつ育んでいかないといけないのです。会話をする個人それぞれが、より平和と現実に対してしっかりした考えを持ってほしいです。そんな人が話しやすい雰囲気を出していけるような人になって下さい。自分が話を広げるだけではなくて、相手の意見や気分を理解する力も大きいです。
考えを作るうえで政治家には頼れない昨今です。
各人、しっかりした考えを育んで下さい。

 フェルミトとスピン

さてフェルミに話を戻します。
フェルミは純理論の中で
スピン角運動量に関して議論を進めました。
別のご紹介でボゾン・アインシュタイン
の系を紹介しましたが、フェルミと
ディラック
は別の粒子群に着目します。

後世の理解ではスピン角運動量が
半整数(1/2とか3/2とかいった数)
の粒子はフェルミ粒子(フェルミオン)
と呼ばれボゾンとは別の振る舞いを示します。
具体的なフェルミオンとしてはク
ォークや電子、ミュー粒子、ニュートリノ、
陽子、中性子もフェルミ粒子の仲間です。

こうした概念は電気伝導率の物性を
議論するときには欠かせません。

フェルミの排他律に従う電子の集団を統計的に扱い、
フェルミ統計を確立したのです。例えばこの理論で
金属他の熱伝導が非常によく説明されます。。

こうして沢山の業績を世に残し、

フェルミは天に召されました。

彼は病床で点滴が落ちるのを眺めて、

その流速を出していたと言われています。

フェルミこそ、生粋の物理学者でした。

謹んでご冥福をお祈り致します。


【スポンサーリンク】

以上、間違いやご意見があれば
以下アドレスまでお願いします。
問題点に会しては適時、
改定・訂正を致します。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/13_初回投稿
2022/04/08_改定投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介

オランダ関係の紹介へ
ライデン大学のご紹介へ
アメリカ関連のご紹介へ
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Italian-born Fermi

Fermi was born in Rome, Italy and died in the United States. In the United States, there is still a research institute named after Fermi at the University of Chicago, where discussions are held. While some of its achievements have a large social aspect, there are also principles and concepts used by many posterity physicists who have pursued pure theory. He is the driving force behind the paradigm shift. He opened up the micro world.

In the first place, Fermi has outstanding excellence since his school days. Step by step, Fermi developed his discussions, received the Nobel Prize, and went into exile from Italy to the United States at the award ceremony. At his time, his wife was persecuted because he was Jewish.

Fermi and Manhattan Project

After moving to the United States, Fermi participated in the famous Manhattan Project and was involved in the creation of a nuclear power plant, which would significantly change society. In the first place, participation in the project is largely due to Otto Hahn’s successful nuclear fission experiment in Germany. Fermi and other physicists were worried about the times. Fermi’s achievements are immeasurable in that the capitalist sphere centered on the United States enjoyed freedom. On the other hand, when he recalls the Three Mile Island accident and the nuclear accident at Fukushima, he cannot easily praise him. As I have argued several times in this blog, wisdom must be gathered and questioned. I want to recall the old Russell-Einstein Declaration. On the other hand, we, the general public, must exchange opinions using words that everyone can understand.

We should exchange opinions to the extent possible and bring together the wisdom of the people. When an individual talks about peace, he or she must have a firm idea. We have to gradually nurture the ground for discussions that will connect the conversations when talking to various people. I want each individual who has a conversation to have a firmer idea of ​​peace and reality. Please become a person who can create an atmosphere that makes it easy for such people to talk. Not only do I spread the story, but I also have a great ability to understand the opinions and moods of the other person. Nowadays, we cannot rely on politicians to make ideas. Please nurture a solid idea for each person.

Fermit and spin

Now let’s get back to Fermi. Fermi proceeded with the discussion on spin angular momentum in pure theory. He introduced the Boson Einstein system in another introduction, but Fermi and Dirac focus on different particle swarms. In later understanding, particles with a half-integer spin angle momentum (numbers such as 1/2 and 3/2) are called fermions and behave differently from bosons. As specific fermions, quarks, electrons, muons, neutrinos, protons, and neutrons are also fermions. These concepts are indispensable when discussing the physical characteristics of electrical conductivity.

He established the Fermi statistics by statistically treating the group of electrons that obey the Fermi exclusion principle. For example, this theory explains the heat conduction of metals and others very well. .. In this way, Fermi was called to heaven, leaving many achievements in the world.

Fermi is said to have watched the drip drop on the bed and set the flow velocity. Fermi was a true physicist. He humbly prays for his soul.

 

に投稿 コメントを残す

ヨハネス・ケプラー:Kepler
【1571年12月27日生まれ-4/8改定】

deutuland

こんにちはコウジです。「ケプラー」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1571年12月27日生まれ ~ 1630年11月15日没】


【スポンサーリンク】

ケプラーの生い立ち

ドイツに生まれたケプラーは天文学者にして数学者、

哲学者、占星術師でありました。そして、

ケプラーの母は薬草治療をしてました。

ケプラーの天文物理学の仕事として素晴らしい点は、

年間の観測情報から数学を使った考察を進め、

天体の星達が(基本的には平面上で)楕円軌道を描く

とか公転周期と面積速度の関係を導き出すといった

秩序だった理論的な結果を導き出した点です。

ケプラーは「数学モデル」を物理学に当てはめた

初めての物理学者だったという事実も見逃せ無い点です。

今では当たり前に思えるのですがケプラーの時代は

物事を考える土壌が出来上がっていませんでした。

更に実験を結びつけて議論の裏付けをとり、

後の時代の物理学者たちは説得力を増すのです。

 

そんなケプラーは幼少期に苦労します。

ケプラーの父は家族の為に傭兵として戦いに参加します。

ケプラーが5歳から17歳の間、その父は家族と離れ

暮らしていました。そして八十年戦争と呼ばれた戦いで、

父はネーデルランド(今のオランダ)で亡くなります。

加えてケプラー本人は天然痘にかかり視力低下にあい、

一生苦労をしました。また天然痘では、、、

ケプラーは妻子を失ってしまいます。

 

ケプラーの業績

 

そんなケプラーは天文学者として地動説に出合いました。

特にコペルニクスがコペルニクス的転回を打ち出した

タイミングでケプラーは天文を学びましたが、

ケプラーはコペルニクスを全面的に支持します。

そういった考え方を読んだケプラーを

今度はガリレオ・ガリレイが支持します。

そして何よりケプラーはティコ・ブラーエに出会います。

科学が飛躍的に進化する時代があると思えますが、

ケプラーの前後の時代はまさに、そんな時代でしょう。

この時代の動きがあったからこそ、後の時代の思索の中で

力学が生まれてきて、電磁気学が生まれてきたのです。

20世紀の初頭にも国を超えて人々が議論して

科学技術に大きな進展が見受けられました。

そんな視点で「社会史」の側面を垣間見ながら

「科学史」を考えてみると人類の進化を感じられます。

私が「進化」と呼んだ「変化」が好ましいか

という議論がありますが、私は好ましいと思います。

可能性が広がるからです。

技術を制御する責任は別問題で別に議論します。

 

ティコ・ブラーエは遺言で集めた膨大な

データを遺産としてケプラーに残しました。

価値ある貴重なデータをケプラーがが受け取り

そして整理して様々な法則を作り出します。

2人の業績から今に残るケプラーの法則が完成したのです。

惑星の運動は体系立てて幾何学上で表現されています。

ケプラーは星を考える枠組みを作り出したのです。

そして次なる様々な理論体系に繋がっていったのです。

〆最後に〆

英語が話せるようになる「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/19_初版投稿
2022/4/8_改定投稿

旧舞台別まとめ/
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係の紹介へ
ドイツ関連のご紹介へ

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Kepler’s Birth Born

Kepler’s Birth Born in Germany, Kepler was an astronomer, mathematician, philosopher, and astrologer. And Kepler’s mother was doing herbal remedies. The great thing about Kepler’s work in astronomical physics is that it advances mathematical consideration from annual observation information, and the stars of the celestial body draw elliptical orbits (basically on a plane), orbital period and area velocity. It is the point that we have derived an orderly theoretical result such as deriving a relationship. It is also worth noting that Kepler was the first physicist to apply a “mathematical model” to physics.

Kepler struggles in his childhood. Kepler’s father participates in the battle as a mercenary for his family. While Kepler was between the ages of five and 17, his father lived away from his family. Kepler’s father died in the Netherlands in a battle called the Eighty Years War. In addition, Kepler himself suffered from smallpox and suffered from his poor eyesight for the rest of his life. Also in smallpox, Kepler loses his wife and children.

 Kepler’s Work

Kepler came across the heliocentric theory as an astronomer. Kepler learned astronomical, especially when Copernicus launched a Copernican Revolution, but Kepler fully supports Copernicus. Galileo Galilei now supports Kepler who read such an idea. And above all, Kepler meets Tycho Brahe.

It seems that there is an era in which science will evolve dramatically, but the era before and after Kepler is exactly such an era. It seems that the movement of this era was the reason why mechanics was born and electromagnetics was born in the thoughts of later times. Even at the beginning of the 20th century, people from different countries discussed and made great progress in science and technology. If you think about “history of science” while glimpsing the aspect of “social history” from that perspective, you can feel the evolution of humankind. There is some debate about whether “change,” which I called “evolution,” is preferable, but I think it is preferable. Because the possibilities open up. Responsibility for controlling technology is discussed separately on a separate issue.

Kepler’s Data

Tycho Brahe left Kepler with the vast amount of data he collected in his will as his legacy. Kepler receives valuable and valuable data and organizes it to create various laws. From the achievements of the two, Kepler’s law that remains today was completed. The movement of planets is systematically and geometrically represented. Kepler created a framework for thinking about stars. And he was connected to the following various theoretical systems.

に投稿 コメントを残す

R・J・E・クラウジウス 【1822年1月2日 ~1888年8月24日】‐4/8改訂

deutuland

こんにちはコウジです。クラウジウスの原稿を改訂します。改定内容は関連リンクへの挿入が主です。英訳もつけています。以後。個別人物からのリンクと記事内容の改定を検討します。ご覧ください。【以下は原稿です】


【スポンサーリンク】

クラウジウスはドイツ系の人で、名前をつづると
Rudolf Julius Emmanuel Clausius, です。

クラウジウスはプロイセン王国領生まれました。今で言う、ポーランド地域の生まれです。お父様は牧師として務める傍ら、小学校の校長を務めていました。そこでクラウジウスは学び始めます。ベルリン大学の時代に熱力学に関心を抱き始め、初の論文をまとめます。それは、当時の物理学の中心となっていた熱(温度)、圧力、 対象となる物質の体積(占めている空間)、およびその質量に関する関係の考察でした。ニュートン力学が広く知られ、その質点モデルをもとに人々が分子であるとか、原子であるとかいう概念を想像していくうえで、知見をまとめていっている段階での考察であり、手探りの中で気体分子の(またはその幾つかの合成物の)性質を突き詰めていった人の一人がクラウジウスなのです。今で言う化学と熱力学の境界線はどう考えられていたのでしょうか。概念形成の歴史を考えていく中で一つの転換点となっている気もします。後に放射線を使って原子を少しでも可視化したりする前の、関連概念の形成時代があったのです。

斯様な考え方で考えていくと、クラウジウスの諸業績の中で第一に思いつくものは熱力学に対する業績で、特に、エントロピーの概念が最も大きいのではないでしょうか。気体分子を単純化して特定環境下(温度下)での個々の質点の位置と運動量で考えていった時にエントロピーはボルツマンが後程、再定義しています。
熱力学第一法則・第二法則の定式化も定式化しました。エントロピーの定義は

 dS = {dQ }/ {T}

1824年、カルノーは、熱量は保存され、熱が高温から低温へと移動するときに仕事が発生するという理論を組み立てました。この理論は1840年代後半、ウィリアム・トムソンによって世に広まった。一方、同じ頃に、熱そのものが仕事に変化し、また仕事も熱に変化するというジュールの測定結果が、おなじくトムソンなどによって世に認められるようになった。しかし、この2つの理論は互いに矛盾するように思われました。そのため、トムソンは初め、ジュールの測定結果のうち、「仕事が熱に変化する」という箇所については否定的な見解を示していました。

これに対しクラウジウスはジュールの理論を受け入れ、熱と仕事は互いに変換可能だと考えた。しかし、カルノーの理論を完全に捨て去ることもしませんでした。クラウジウス独自のから、熱に関する2つの原理が生み出されました。 

またクラウジウスの不等式の概念は内部エネルギーや散逸を考えていく上でおおきな足掛かりとなりました。

〆最後に〆

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2022/04/01_初回投稿
2022/04/08‗改訂投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(対応英訳)

Clausius is of German descent, spelling his name
Rudolf Julius Emmanuel Clausius,.

Clausius was born in the Kingdom of Prussia. He was born in Poland in these days. While his father was a minister, he was the principal of an elementary school. There Clausius begins to learn. He began to take an interest in thermodynamics during his time at the University of Berlin and summarized his first treatise. It was a consideration of the relationship between heat (temperature), pressure, volume of the target substance (occupied space), and its mass, which were the core of physics at that time. Newtonian mechanics is widely known, and it is a consideration at the stage of summarizing the findings in imagining the concept that people are Molecules or Atoms based on the mass model, and it is in the process of groping. Claudius is one of the people who scrutinized the properties of gas molecules (or some of their compounds). What was the boundary between chemistry and thermodynamics as it is now? I feel that it is a turning point in thinking about the history of concept formation. There was an era of the formation of related concepts before later using radiation to visualize atoms as much as possible.

Considering this way of thinking, the first thing that comes to mind among Clausius’s achievements is his Achievements in Thermodynamics, and in particular, the concept of Entropy is probably the largest. When he simplified the gas molecule and thought about the position and momentum of each mass point in a specific environment (under temperature).

Boltzmann later redefined
Formulation of the first law and the second law of thermodynamics.and,

the definition of entropy is

dS = {dQ} / {T}

In 1824, Carnot constructed the theory that heat is conserved and work occurs when heat moves from hot to cold. This theory was popularized by William Thomson in the late 1840s. On the other hand, in the same period, Joule’s measurement result that heat itself turns into work and work also turns into heat came to be recognized by the same Thomson and others. However, the two theories seemed to contradict each other. As a result, Thomson initially gave a negative view of Joule’s measurements of “work turns into heat.”

Clausius, on the other hand, accepted Jules’ theory and thought that heat and work could be converted into each other. But he did not completely abandon Carnot’s theory. This gives rise to two principles of heat.

に投稿 コメントを残す

ガリレオ・ガリレイ
【1564年2月15日生まれ‐4/7改訂】

こんにちはコウジです。「ガリレオ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と5/28の時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3533‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒3085
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒4725‗④KazenoKouji‗3422⇒5831
なので合計‗6102+5965=【12067@2/9】⇒6618+10556【17174@5/28】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1564年2月15日生まれ ~ 1642年1月8日没】


【スポンサーリンク】

ガリレオの生きた時代

先ずガリレオの生誕年での西暦はユリウス暦で

死没年の西暦はグレゴリオ暦です。

ガリレオ・ガリレイはそんな

2つの暦を使う時代に生きていました。

イタリアのガリレオ・ガリレイの名は世界中で近代科学の父、天文学の父として知られています。数学的なモデルを確かにして現象からパラメターを選びその数値を観測可能な道具を選ぶ事で実験検証する手法はガリレオが確立したものです。

そんなガリレオが生きた時代には自然科学の考えに対して

暗黒の時代背景がありました。教会が力を持ち、

表現が不適切とされた時には社会的な制裁を受けました。

ジョルダーノ・ブルーノという哲学者は火炙りに処されています。

ブルーノの断罪は多岐に渡ります。

その中の一つが天体関連です。

当時の教会の考えでは、地球が太陽や土星の様に

運行してはならないのです。今では理不尽とも思えますが。

ガリレオの研究環境と業績

そんな時代の中でガリレオは艱難辛苦に晒されます。

権力争いに巻き込まれ、天体に関する考えから

異端審問を受け、社会的立場を悪くします。

軟禁状態にあり、体調も悪くなっていきます。

そんな有り様を知ったデカルトは論文発表を控えた

と伝えられています。更にはガリレオは失明します。

これは一説には過度の天体観測のせいだとも

言われています。ただ、その後も息子や弟子達の

助けを借りて出版をしたり振り子時計を発明したりしています。

振り子の等時性をもとにして,周期を起点に考えていき、

時を刻む仕組みを設計していたのです。

まさにプロトタイプの精密機械ですよね。

そして、最後は77歳で亡くなっています。

〆最後に〆

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/22_初回投稿
2022/04/07_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
イタリア関係のご紹介
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】


(対応英訳)

First, Galileo’s birth year is the Julian calendar and the death year is the Gregorian calendar. Galileo Galilei lived in an era of using these two calendars.

The name Galileo Galilei of Italy is known all over the world as the father of modern science and the father of astronomy.

Galileo has established a method for experimentally verifying by making sure of a mathematical model, selecting parameters from phenomena, and selecting tools that can observe the numerical values.

When Galileo lived, there was a dark background to the ideas of the natural sciences. He was subject to social sanctions when the church was powerful and improperly expressed. A philosopher named Giordano Bruno is burned at the stake.

Bruno’s condemnation is wide-ranging. One of them is related to celestial bodies. The idea of ​​the church at that time was that the earth should not operate like the sun or Saturn. It seems unreasonable now.

In such an era, Galileo is exposed to hardships.

He gets caught up in a power struggle, gets an inquisition from his thoughts on celestial bodies, and makes his social position worse. He is under house arrest and his condition is getting worse.

It is reported that Descartes, who knew such a situation, refrained from publishing his treatise.

Furthermore, Galileo loses his eyesight. It is said that this is due to excessive astronomical observation in one theory. However, he has continued to publish and invent pendulum clocks with the help of his sons and disciples.

Based on the isochronism of the pendulum, he started thinking from the cycle and designed a mechanism to keep track of time. It’s a prototype precision machine, isn’t it?

And he finally died at the age of 77.

に投稿 コメントを残す

E・O・ローレンス
【1901年8月8日生まれ-4/7改訂】

gettyimages-Yale-Uni

こんにちはコウジです。「1ローレンス」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1901年8月8日~1958年8月27日】


【スポンサーリンク】

 優れた実験家ローレンス

その名はErnest Orlando Lawrence。

ローレンスは優れた実験家で今でも頻繁に

応用されているサイクロトロンを発明した事

で広く知られています。

 

ノルウェー系の両親に生まれ少年時代はMerle Tuveと

共に簡易無線装置を作成したりしていました。

その後、

サウスダコタ大学時代は医学を志望してましたが、

化学の学士号、物理学の修士号を習得

します。Tuveと共にスワン先生の下で学びます

ローレンスがイェール大学で博士号をとった時

には光電効果に関する研究をしていたようです。

その後、恩師だったスワン先生がイェール大学

を去るタイミングでカリフォルニア大

に移ります。ローレンスは実験家として大変、

有望視されていました。

ローレンスの業績 

サイクロトロンを使った実験で、
ローレンスがその装置を活用
した応用例が人工放射性元素でした。
ローレンスと彼の率いる
バークレー国立研究所は
自然界に存在する元素だけでなく、
不安定な元素を作り出したのです。

強い磁場を使い帯電しているイオンを

ビーム状に出す事が出来るので

ローレンスの作ったサイクロトロンは

イオンが反応する状態を作れるのです。

日本、イギリスが同様な措置を計画していきます。

サイクロトロンを使えば特定金属にイオンビームを

当て続ける事が出来たりする訳です。

こうした装置の開発を通じて
ローレンスは人類に新しい知見を
もたらしたのです。


【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/31_初回原稿
2022/04/07_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介
アメリカ関連のご紹介へ
イェール大学関連のご紹介へ
UCBのご紹介

熱統計関連
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Excellent experimenter Lawrence

Its name is Ernest Orlando Lawrence. Lawrence is a well-known experimenter and widely known for inventing the cyclotron, which is still frequently applied.

Born to Norwegian parents, he worked with Merle Tuve as a boy to create simple radios.

Later, Lawrence aspired to medicine when he was at the University of South Dakota, but he earned a bachelor’s degree in chemistry and a master’s degree in physics. He studies with Tuve under Dr. Swan. When Lawrence got his PhD at Yale University, he seems to have been studying the photoelectric effect.

After that, his teacher, Swan, will move to the University of California when he leaves Yale University. Lawrence was very promising as an experimenter.

Lawrence’s achievements

In his cyclotron experiments, Lawrence’s application of using the device was an artificial radioactive element. Lawrence and his Berkeley National Laboratory created unstable elements as well as those that exist in nature.

Since it is possible to emit charged ions in the form of a beam using a strong magnetic field, the cyclotron made by Lawrence can create a state in which the ions react. Japan and the United Kingdom will plan similar measures.

If you use a cyclotron, you can keep shining an ion beam on a specific metal.

Through the development of such equipment
Lawrence gives humanity new insights
he brought it.

に投稿 コメントを残す

W・E・パウリ
【1900年4月25日生まれ-4/6改訂】

SolvayConf-1927

こんにちはコウジです。「パウリ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1900年4月25日生まれ ~ 1958年12月15日没】


【スポンサーリンク】

その名はWolfgang Ernst Pauli

パウリはオーストリア生まれの

スイスの物理学者。パウリの排他率律で有名です。

排他律を排他率と書いてしまいがちですが

排他律です。その「パウリの排他律」は

「パウリの原理」とも呼ばれています。

1945年にアインシュタインの推薦で

ノーベル物理学賞を受けています。

ミドルネールのエルンストはパウリの名付け親、
パウリが尊敬するマッハに由来します。
父方はユダヤ系で有名な出版社を
経営していたようです。

さて、

排他律の具体的な内容に関してですが、

ナトリウムの分光実験から話が始まります。

再現性の高い事実として磁場付加時の分光は

電子の自転に由来するという仮説をパウリは立て、

後にそれをスピンと名付けます。

新しい量子的自由度です。

後に行列力学を基盤とした定式化

を行い数学的に表現します。 

パウリと著名人の交流

個人的に興味を引くのはミュンヘン大学でパウリがゾンマーフェルト_の指導を受けている点です。私が講義を受けた先生がゾンマーフェルト_を研究していて、マッハの名前も、その先生から教えてもらいました。そして、マッハ・ゾンマーフェルト・パウリとつながったのです。そしてもう一つ個人的な話を続けます。今使っているドメインへの投稿です。

何故か半歳程、投稿漏れに気づかずにいたのですが、ある日「パウリ」について気になって上記ゾンマーフェルトとの関係を思い出したのです。そして急ぎ作業を続けていて驚いたのは、その日がパウリの誕生日だったのです。

パウリが生まれてから220年が終わった瞬間でした。後述するユング達が極めた深層心理の世界では意識下と無意識下の間に「潜在意識」を想定しますが、そんなことも少し考えてしまいました。よもや潜在意識下で決めた投稿日だったのでしょうか。または深層意識下で「投稿していませんよ!」と告げてくれた人がいたのでしょうか。とか色々と考えてしまいました。
まぁ、普通に考えたら単なる偶然ですね。

私の頭の中での奇妙な三角関係はさておき、

パウリは人間的にも面白い人だと思えます。

独自に培った知性で各界の著名人を魅了しているのです。

例えば、博士号を習得した直後、パウリは

ゾンマーフェルトに独逸語での百科事典の記事執筆

を依頼されます。内容は相対性理論に関する記事

でしたが、2か月ほどをつかって完成させました。

その結果はアインシュタイン本人の査読にかなう

見事なもので、今日においても読み応えのある

ものとなっているそうです。アインシュタインは

パウリのミドルネームに気付いていたのでしょうか。

マッハとの関係を知っていたのでしょうか。

機会があれば調べてみたいと思います。

マッハ・アインシュタイン・パウリの三角関係です。

更に妙な繋がりは心理学者C・G・ユングとの関連です。パウリは離婚後に精神を病んでいた時期がありました。今や、夢分析の世界で有名なユングに完璧主義者のパウリが出合ったのです。先生と生徒という関係を築き、生徒としてユングにパウリは科学的な批評を加えます。互いに有益な関係だったのでしょう。

因みにユング関連での兄弟弟子フロイトもユダヤ系です。アインシュタインもユダヤ系です。この切り口で考えていっても特有の文化に起因する思考的な共有点が見いだせると思います。思考の方法を考えるうえで、少し興味深い対象です。

パウリと1/137

そして、

パウリは最後まで愛した物理学を愛し続けました。

戦争での苦難の時代の後に帰国して、

病床でも完璧主義者として見舞客と議論を続けました。

その中で語り継がれている話があります。

微細定数と呼ばれる無次元量があって、

それはプランク定数に関わる相互作用を

特徴付ける量です。パウリはその値に最後まで、

こだわり抜きました。

もし、パウリが神に謁見したら、
神に微細定数 1/137.036…の
理論的根拠を尋ねたとしたら、
神様は物凄い速度で計算式を
書き連ねるだろう。その後、
きっとパウリは「違う!」
と唱えて、話し続けるであろう。

よもや、神様さえも「あ!」
と唱えるのではないか、
と不遜にも想像してしまいました。

〆 

 



【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
時間がかかるかもしれませんが
必ず返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/19_初稿投稿
2021/04/25_原稿改定
2022/04/06_改定投稿

纏めサイトTOP
舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介

スイス関係のご紹介へ
オランダ関係のご紹介へ
ドイツ関係のご紹介へ
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

 

(2021年10月時点での対応英訳)

Its name is Wolfgang Ernst Pauli

Pauli is an Austrian-born Swiss physicist. It is famous for Pauli exclusion principle. It is easy to write the exclusion principle as the exclusion rate, but it is the exclusion principle. The “Pauli exclusion principle” is also called the “Pauli principle”. He received the Nobel Prize in Physics in 1945 on the recommendation of Einstein.

Middlener Ernst comes from Pauli’s godfather, Pauli’s respected Mach. His father seems to have run a well-known Jewish publisher.

Now, regarding the specific content of the exclusion principle, the story begins with a spectroscopic experiment of sodium.

As a highly reproducible fact, Pauli hypothesized that spectroscopy when a magnetic field was applied was derived from the rotation of electrons, which he later named spin. A new quantum degree of freedom. He later formulates based on matrix mechanics and expresses it mathematically. Twice

Exchange between Pauli and celebrities

Personally, I’m interested in Pauli’s guidance at Sommerfeld at the University of Munich. The teacher I was giving a lecture on was studying Sommerfeld, and he also told me the name of Mach. And he was connected to Mach Sommerfeld Pauli. And I will continue with another personal story. This is a post to the domain you are currently using. For some reason, I was about half a year old and didn’t notice the omission of posts, but one day I was worried about “Pauli” and remembered the relationship with Sommerfeld.

And what surprised me as I continued to work in a hurry was that day was Pauli’s birthday. It was the moment when 220 years had passed since Pauli was born. In the world of deep psychology, which Jung and his colleagues have mastered, we assume a “subconscious” between consciousness and unconsciousness, but I have thought about that for a moment. Was it the posting date decided under the subconscious? I have thought about it.
Well, if you think about it normally, it’s just a coincidence.

Aside from the strange love triangle in my mind, Pauli seems to be a humanly interesting person. His unique intelligence attracts celebrities from all walks of life.

For example, shortly after completing his PhD, Pauzo was asked by Nmarfeld to write an encyclopedia article in German. The content was an article about the theory of relativity, but it took about two months to complete. The result is excellent enough to be peer-reviewed by Einstein himself, and it seems to be readable even today. Did Einstein notice Pauli’s middle name? Did he know his relationship with Mach? I would like to find out if I have the opportunity. It is a love triangle of Mach Einstein Pauli.

A more strange connection is with the psychologist CG Jung. Pauli had a period of mental illness after his divorce. Now, the perfectionist Pauli meets Jung, who is famous in the world of dream analysis. He builds a teacher-student relationship, and Pauli gives Jung a scientific critique as a student. It must have been a mutually beneficial relationship. By the way, Jung’s brother and disciple Freud are also Jewish. Einstein is also Jewish. Even if you think from this perspective, you can find a thoughtful shared point due to the unique culture. It’s a little interesting when thinking about how to think.

Pauli and 1/137

And Pauli continued to love his beloved physics until the end. He returned home after a period of hardship in the war and continued to discuss with visitors as a perfectionist in bed. There is a story that has been handed down in it.

There is a dimensionless quantity called the fine constant, which is the quantity that characterizes the interactions involved in Planck’s constant. Pauli was particular about that value until the end. If Pauli had an audience with God and he asked God for the rationale for the fine constant 1 / 137.036 …, God would write the formulas at a tremendous speed. After that, Pauli will surely say “No!” And continue talking.

I have imagined that even God would say “Ah!”.

に投稿 コメントを残す

ジョルダーノ・ブルーノ
【1548年生まれ 4/6改訂】

こんにちはコウジです。「J・ブルーノ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。星の世界を今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1548年生まれ ~ 1600年2月17日没】


【スポンサーリンク】

ジョルダーノ・ブルーノはイタリア生まれの哲学者にして

ドミニコ会の修道士です。ルネッサンスの時代の人で

有名なガリレオ・ガリレイと生きた時代が重なります。

科学者のご紹介という視点からは少しずれますが、

自然観の変遷という観点から科学史の中で論じます。

 

コペルニクスの時代から時が過ぎ、

教会の世界観は変化しています。

当時のヨーロッパの人々の世界観について

教会が支配的立場をとるのです。その中で、

現代の我々の視点からは当時人々の不合理さは

受け入れ難いです。最終的にはブルーノは

火炙りに処されてしまいます。宇宙は有限ではなく無限で、

地球や太陽も星の1つ、というブルーノの考えは

当時の社会的な価値観と合いませんでした。

当時としては不愉快な考えだとも思われたのです。

そして火あぶり。酷い話です。

 

何よりも、ブルーノは

ドミニコ会の修道士でした。

「神の作りたもう世界は限り無い」

という信念をもっていて、

権威に立ち向かいつつも

彼なりに良心的な判断をして

考え方を構築していったのです。

 

数学的モデルで検証して欲しかった。

実験結果と照らして判断して欲しかった。

科学が得意な人々と議論して欲しかった。

私は勝手に、そう思います。

 

最後に、ブルーノの名誉回復の話です。

20世紀になってヨハネ・パウロ2世の時代に

過去の見直しが成され、処刑は不当であるとして、

異端判決を取り消しています。新しい発想を

作り出したブルーノが再評価されたのです。

今、ブルーノは思想の自由に殉じた

”殉職者”として評価されています。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/10/23_初回投稿
2022/03/26_改定投稿

(旧)舞台別
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)
イタリア関係
力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Giordano Bruno is an Italian-born philosopher and Dominican monk. Bruno lives with the famous Galileo Galilei.

This paper discusses Bruno in the history of science from the perspective of nature.

 

Time has passed since the days of Copernicus, and the world view of the church has changed. The church takes a dominant position in the worldview of the European people at that time. Among them, the absurdity of people at that time is unacceptable from our modern point of view. Eventually Bruno will be burned at the stake. Bruno’s idea that the universe is not finite but infinite, and that the earth and the sun are one of the stars, did not fit the social values ​​of the time.

It seemed like an unpleasant idea at the time. And Bruno burns at the stake. It’s a terrible story.

Above all, Bruno was a Dominican monk.
He had his belief that “the world created by God is endless,” and he built his mindset while confronting authority and making his own conscientious decisions.

He wanted it to be verified with a mathematical model. He wanted him to judge in the light of the experimental results. He wanted to discuss with people who are good at science. I think so without permission.

Finally, the story of Bruno’s rehabilitation. In the 20th century, during the time of John Paul II, and the heretical judgment was revoked, saying that the execution was unjustified. Bruno, who created a new idea, was re-evaluated. Bruno is now regarded as a free-spirited line of duty death.

に投稿 コメントを残す

S・ナート・ボース
【1894年1月1日生まれ-4/5改訂】

こんにちはコウジです。「ボース」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1894年1月1日生まれ ~ 1974年2月4日没】


【スポンサーリンク】

BOSEという名前の読み方

ボーズ(BOSE)は珍しいインド人物理学者です。

フルネームで名前を書き下すと、

 サティエンドラ・ナートボース

:Satyendra Nath Bose となります。

以下、ボーズの名前に濁音がついていますがご了承下さい。

名前の最後の「ズ」の所です。

BEC(ボーズアインシュタイン凝縮)、

ボゾンといった用語で学生時代に議論して、

その感覚がどうしても消えません。

そもそも実際の綴りはBOSEでしすし、
正式にはボースと発音するようで、
Wikipediaの記載もボースです。しかし、そもそも、
ここに拘っている人は少ない印象です故、
特に訂正しません。

BOSEの物理学での業績

さて、インドは独自の数学体系を持ち
計算(暗算)方式も独自の形式を持ちます。
そんな学問体系で素粒子の世界に
挑んだボーズは統計力学で
今世紀初頭にEinsteinと共に
今でいうBOSE粒子群(BOSON)の
振る舞いを定式化するのです。

1924年にアインシュタインへ

論文を送った時点が始まりです。

その論題は「プランクの放射法則と光量子仮説」

でした。アインシュタインはその仕事を

高く評価して後にそれを発展させますが、

学会で討議する以上の交流は未だ私には

調べきれていません。インド独自の学問体系の中で

ボーズ粒子は育っていったと考えています。

後に英国の王立協会からフェローに

任命されていますので

最後のリンクにイギリスは含めました。

BOSNとFERMION

前段の知識として後世の理解で整理すると
素粒子はスピン角運動量の数でBOSONとFERMIONの
二種類に分かれます。いわゆる凝縮系の世界でも
BOSONは特異な振る舞いを示します。
具体的にBOSONとは光子、音子、ウィークボソン、
グルーオン、π中間子やK中間子、D中間子、
B中間子、ρ中間子、等で
スピンの奇遇性からボゾンに分類されて、
BOSE-EINSTEIN統計に従います。

BOSEの人物像

ただ残念な事に西洋の学者と異なり、

インド系のボーズは「人となり」が

伝わっていません。

何よりボーズの業績である、

BOSONで名を残しています。

私がインドに行って調べたいくらいですが
あいにく機会ができません。
いつか調べてみたいと思っています。
その時は関係者と話す時に「ボース」と心がけながら話そうと思います。人の名前は間違えると違和感を与えますからね。いや、ひょっとしたら関係者も「ボーズ」を多用するかもしれません。その確認も小さな楽しみです。

英語が話せるようになる「アクエス」
【スポンサーリンク】

以上、間違いやご意見があれば
以下アドレスまでお願いします。
問題点には適時、
返信・改定を行います。

nowkouji226@gmail.com

2020/09/12_初回投稿
2022/04/05_改訂投稿

旧舞台別まとめ
舞台別の纏め
時代別(順)のご紹介
イギリス関係
熱統計力学関係

量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

How to read BOSE(iN jAPAN)

BOSE is a rare Indian physicist. If you write down the name with the full name,

Satyendra Nath Bose

: It will be Satyendra Nath Bose. Please note that the name of Bose has a voiced sound below. This is the last “Z” in the name. When I was a student, I argued with terms such as BEC (Bose-Einstein Condensation) and Boson, and that feeling never disappeared.

In the first place, the actual spelling is BOSE, and it seems to be officially pronounced as Bose, and the description on Wikipedia is also Bose. However, in the first place, I have the impression that few people are concerned about this, so I will not make any corrections.

BOSE’s achievements

By the way, India has its own mathematical system and its own calculation (mental arithmetic) method. Bose, who challenged the world of elementary particles with such an academic system, uses statistical mechanics to formulate the behavior of what is now called the BOSE particle group (BOSON) with Einstein at the beginning of this century.

He began when he sent a treatise to Einstein in 1924. The subject was “Planck’s law of radiation and the photon hypothesis.” Einstein appreciates his work and develops it later, but I haven’t been able to find out more than the discussions at the conference. I believe that bosons grew up in India’s unique academic system. I was later appointed as a Fellow by the Royal Society of England, so I included the United Kingdom in the last link.

BOSN and FERMION

Elementary particles can be divided into two types, BOSON and FERMION, according to the number of spin angular momentums. Even in the so-called condensed world, BOSON behaves peculiarly.
Specifically, BOSON is classified into bosons based on the oddity of spins such as photons, phons, weak bosons, glueons, π mesons, K mesons, D mesons, B mesons, and ρ mesons, and follows BOSE-EINSTEIN statistics.

BOSE portrait

Unfortunately, unlike Western scholars, Bose of Indian descent does not convey “becoming a person”. Above all, he has left his name in BOSON, which is the achievement of Bose. I would like to go to India to find out, but unfortunately I can’t get the chance. I would like to find out someday. At that time, when I talk to the people concerned, I will try to talk with “Bose” in mind. If you make a mistake in a person’s name, it will make you feel uncomfortable. No, maybe the people involved may also use “Bose” a lot. The confirmation is also a little fun.

に投稿 コメントを残す

ティコ・ブラーエ【;Tycho Brahe‐1546年 ~4/5改訂】

デンマーク

こんにちはコウジです。「ティコ・ブラーエ」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしましています。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1546年12月14日生まれ ~ 1601年10月24日没】


【スポンサーリンク】

ティコ・ブラーエはデンマークの貴族です。

多彩な能力を持っていて天文学で業績を残した他に、

作家・占星術師・錬金術師としても活動していました。

実際そうした活動領域の「あいまいさ」は当時の科学者

と呼ばれていた人に広く見受けられる傾向で、

自然科学が広く行き渡った我々の時代からは全く

想像出来ない環境です。概念的に今でも

心理学やマーケティングでペルソナという概念が

使われていたりしますが、当時は真面目に悪魔の存在

が信じられていたりしました。むしろ悪魔の概念を、当時の

キリスト教会の指導者達が利用した面もあります。

 

さて、意外なエピソードとして

「ティコ・ブラーエの鼻」の話があります。

その鼻は若き日の決闘によって鼻梁が無くなっていて、

それ以降、ティコは金属製の付け鼻をしていたのです。

ティコ・ブラーエの考え方では

地球が世の中の中心にあり、太陽は地球の

周りを回転していると考えていました。地動説で

天体運動を考えた時にプトレマイオスの

「アルマゲストという著作が有名で慣性を考慮せずに

「地球が動くなら空の鳥は西に流されていく」だから

(実際には)「地球は動かない」人々は信じていました

確かに相対的な位置関係としては

太陽の動きは説明出来ますが、後の学者達

が整理した色々な星のデータベースと

整合性がとれる考えではありませんでしたでした。

特に、コペルニクスの著書である「天球の回転について」

をティコ・ブラーエは所蔵していて

綿密な書き込みをしていたという研究報告もあります。

当時のコペルニクスの著作は売れていない本だったよう

ですが天体関係者達のネットワークの中で「天体の…」

「良書」だと噂され議論の題材となっていたのです。

そのようにして、ティコ・ブラーエが科学的アプローチを

続ける中で当時の知見を使って判断していたのです。

ただ何より、ティコ・ブラーエの観測データは

正確無比でした。後にデータを引き継いだ

ケプラーがコペルニクス的転回をして地動説の知見

に立ち返り、データをもとに地球が自転しながら

太陽の周りをまわる理論を打ち出します。

全体的に見て、ティコ・ブラーエの考えは間違いでしたが、

星の観測の業績としてはとても大きかったと言えるでしょう。

また、色々な人の業績がつながっていく視点で見た時に、

ティコ・ブラーエの残したデータが後に使われていた事実は

とても重要だといえます。間違った点があったことは事実ですが、

ティコ・ブラーエ彼はそれでも追及を続けていて、

彼の残したデータをもとに後の人々が議論をして、

宇宙の理解へと進んでいったのです。

現代の考えに近づきロケットが飛び知見が重なり、

これからも進化するのです。

【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
全て読んでいます。
適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/12/22_初版投稿
2022/05/05_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
デンマーク関係の紹介へ
力学関係のご紹介

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(対応英訳)

Tycho Brahe is a Danish aristocrat.
In addition to his versatile abilities and achievements in astronomy,
He was also active as a writer, astrologer, and alchemist.
Also, as a surprising episode, there is a story about “Tycho Brahe’s nose”.
The nose of Tycho Brahe has lost its bridge
due to a young duelSince then, Tycho has had a metal nose.

Tycho Brahe thought that the earth was at the center and the sun was rotating around the earth.

It is true that the movement of the sun can be explained as a relative positional relationship, but it was not an idea that was consistent with the database of various stars organized by later scholars.

In particular, there is a research report that Tycho Brahe possessed Copernicus’s book “On the Revolutions of the Heavenly Spheres by Nicolaus Copernicus of Torin 6 Books” and wrote it in detail. That is how Tycho Brahe used his knowledge at the time to make decisions as he continued his scientific approach.

But above all, the observation data of Tycho Brahe is
It was unmatched in accuracy. Kepler, who later took over the data, makes a Copernican revolution, and based on the data, he proposes a theory that the earth rotates around the sun.

Overall, Tycho Brahe’s idea was wrong, but it was a huge achievement in star observation.

Also, from the perspective of connecting the achievements of various people, the fact that the data left by Tycho Brahe was used later is very important. It’s true that there was something wrong, but Tycho Brahe was still pursuing,

Based on the data he left behind, later people argued and proceeded to understand the universe.

Rockets will fly closer to modern ideas, and knowledge will overlap, and they will continue to evolve.

に投稿 コメントを残す

アーサー・コンプトン
【1892年9月10日‐4/4改訂】

SolvayConf-1927

こんにちはコウジです。「コンプトン」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、個別の人物の追加をしました。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。
7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。

【1892年9月10日 ~ 1962年3月15日】


【スポンサーリンク】

コンプトン効果

アメリカのコンプトンは波動の粒子性を示した実績と

マンハッタン計画で指導的役割を果たしたこと

知られています。コンプトンは1919年に英国の

キャンデビッシュ研究所に留学し、

そこでガンマ線の散乱・吸収を研究します。

そこで「波動のコンプトン効果」

を発見するのです。この考えは今では量子力学の

基幹をなしていますが、大まかには以下の理解を

していれば良いと思います。つまり、

「微視的に物事を考え始めた時に粒子性と

波動性が同時に具現化する」

ということです。

その考えで話を進めると自由電子により散乱された

X線量子がより長い波長となるという事実に対して

「波長が長くなる状態」つまり

「光線のエネルギーが落ちる状態」で

子性に着目して弾性散乱の視点で考えていくのです。

コンプトンの微視的な視点 

具体的に量子力学では不確定関係という枠組みで物事を考えますので2つの値が同時に確定しなかったりします。例えば位置と運動量を同時に確定しません。また、時間とエネルギーを同時に確定しません。但し、時間×エネルギーや位置×運動量といった値を物理量として確定出来るのです。これは作用と呼ばれる次元の物理量です。時間という物理量やエネルギーという物理量と関連していますが異なります。

以上は量子力学を理解した人々には納得出来ても一般の人々には中々説明がし辛い部分です。誤解無く伝わっているかいつも不安になります。そんな意識改革をコンプトンが進めていたのですね。波動として考えていたガンマ線やX線に粒子性を見出したのです。

コンプトンとマンハッタン計画 

また、コンプトンはマンハッタン計画を進めた

主要メンバーでもあります。そもそも原子爆弾は

原子炉の製造から計画しなければいけません。

そこでウランをプルトニウムに変換して、プルトニウムと

ウランの混合物からプルトニウムを分離するプロセス

が必要です。コンプトンはこのプロセスをSEとして

設計してプロジェクトが進んでいく現場で働きました。

また、原子爆弾を兵器として使用するには

敵国で使用時に、出来るだけ早くに最大限の攻撃力を

発揮しなといけませんが、そうした損傷兵器

の仕組みをを設計する方法についても

コンプトンは計画をしていきました。

なお同計画はオッペンハイマーの設計もあり、

フェルミローレンスとの議論も経ています。

全米の知能を集め計画を進めていたのです。

 

そしてコンプトンの業績はノーベル賞を初めとする

々たる栄誉で称えられています。

それと同時に、

マンハッタン計画の主導者として

計画自体の是非を論じる際に

何度もその名があがります。

もともとは、

コンプトンはもともと星の好きな少年でした。

そんな所からガンマ線の究明に話が進みましたが、

彼の名はガンマ線検出の為の

NASAの衛星に残されています。

英語が話せるようになる「アクエス」
【スポンサーリンク】

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/07_初稿投稿
2022/4/04_改定投稿

舞台別のご紹介へ
時代別(順)のご紹介

アメリカ関連のご紹介へ
イギリス関係
ケンブリッジ関連

熱統計関連のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

(2021年10月時点での対応英訳)

Compton effect

Compton in the United States is known for its track record of wave particle nature and for its leadership role in the Manhattan Project. Compton studied abroad at the Candevisch Institute in the United Kingdom in 1919, where he studied gamma-ray scattering and absorption.

There he discovers the “Compton effect of waves”.
This idea is now the basis of quantum mechanics, but I think it is good to have the following general understanding. In other words, “when you start thinking microscopically, particle nature and wave nature are realized at the same time.” If we proceed with that idea, we will focus on the particle nature in the “state where the wavelength becomes longer”, that is, the “state where the energy of light rays falls”, in contrast to the fact that the X-ray quantum scattered by free electrons has a longer wavelength. Think from the perspective of elastic scattering.

Compton’s microscopic perspective

Specifically, in quantum mechanics, things are considered in the framework of an uncertain relationship, so two values ​​may not be fixed at the same time. For example, the position and momentum are not fixed at the same time. Also, time and energy are not fixed at the same time. However, values ​​such as time x energy and position x momentum can be determined as physical quantities. This is a physical quantity of a dimension called action. It is related to but different from the physical quantity of time and the physical quantity of energy.

The above is a part that is difficult to explain to the general public even if it is convincing to those who understand quantum mechanics. I’m always worried if it’s transmitted without any misunderstandings. Compton was promoting such a change in consciousness. He found particle nature in gamma rays and X-rays, which he thought of as waves.

Compton and Manhattan Project

Compton is also a key member of the Manhattan Project. In the first place, the atomic bomb must be planned from the production of the reactor. Therefore, a process is required to convert uranium to plutonium and separate plutonium from the mixture of plutonium and uranium. Compton designed this process as an SE and worked in the field where the project progressed.

In addition, in order to use an atomic bomb as a weapon, it is necessary to exert maximum attack power as soon as possible when using it in an enemy country, and Compton also plans how to design the mechanism of such a damaged weapon. I went on. The plan was also designed by Oppenheimer and has been discussed with Fermi and Lawrence. He was gathering intelligence from all over the United States and working on a plan.

And Compton’s achievements are praised for its lush honors, including the Nobel Prize. At the same time, as the leader of the Manhattan Project, he is often mentioned when discussing the pros and cons of the plan itself.

Originally, Compton was originally a star-loving boy. From that point on, we went on to investigate gamma rays, but his name remains on NASA’s satellite for gamma ray detection.