に投稿 コメントを残す

石原純
【1881年1月15日生まれ‐3/20改訂】

東大

こんにちはコウジです。「石原純(あつし)」の原稿を改定します。投稿作業としては関連リンク、内部リンクの改定、小見出しの設定、装丁の改善です。特に提携終了となった「テキストポン」などの商標は順次置き換えていきます。私の文章で遷移語が不足しているようです。遷移語は、「同様に」、「しかし」、「に加えて」、「たとえば」などの単語です。以後加筆します。別途、個別の人物の追加もトピックスのご紹介もしていく予定です。今後もご覧下さい。また、ブログ宣伝でツイッター使います。7/11(日)朝の時点でフォロワーは合計【11691】でした。半年後の2/9と2/20時点で‗
①SyvEgTqxNDfLBX‗3385⇒3395‗②ev2Fz71Tr4x7b1k‗2717⇒2736
‗③BLLpQ8kta98RLO9‗2543⇒2593‗④KazenoKouji‗3422⇒3477
なので合計‗6102+5965=【12057@2/9】⇒6131+6170=【12301@2/20】

作業としてフォロワー増は暢気に続けます。
それよりも紹介の内容を吟味します。【以下原稿です】

【1881年1月15日生まれ ~ 1947年1月19日没】


【スポンサーリンク】

日本の物理学史の中から一人、

ご紹介します。2021年の時点で

同性同名の方が現存されますが、

これは19世紀の物理学者の記事です。

石原さんの業績

物理学者として石原さんには

大きな二つの業績があると思います。

先ず、黎明期の日本において

外国で進んでいた最新の物理学を成果を

いち早く紹介して広めたことです。

そして、2つ目は結晶解析に対する考察です。

この後者の業績は国内に留まらずに

最先端の学者達に色々な

刺激を与えたことでしょう。

日本でもそうした共感が始まりだしたのです。

多彩な活躍をした石原さん

山川健次郎田中館愛橘長岡半太郎

本多光太郎寺田寅彦、、、、

と続く黎明期の中で異色の人生を歩み

ました。アインシュタイン来日時に

通訳を務め、西田幾多郎に不確定関係

を伝えたパイオニアです。

日本物理学界に多大な貢献を残しつつ、

女性関係で帝大を去ります。あーぁあ。

そもそも石原さん、歌人の

伊藤左千夫の弟子なので斉藤茂吉に家庭を

大事にするように説得されたりしていますが、

聞く耳を持たずにのめり込んでいたようです。

アララギの発刊に携わったメンバーでしたが、

この事件でアララギ脱会に至ります。

と、ここまではwikipedia等に載っている

範疇の話です。

 

語り継がれた石原さん

私的な思い出としては、大学の恩師が彼を評価

していて、講義の中で情熱を込めて語ってくれて

いた時間です。日本の科学の為に多大な功績を

残しながらも学会と距離を置き、交通事故による

不慮の最後を遂げた人生を思いを込めて暖かい

語り口で講じていました。

 英語が話せるようになる「アクエス」

【スポンサーリンク】

〆最後に〆

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
適時、返信・改定をします。、

nowkouji226@gmail.com

2020/11/11_初回投稿
2022/03/20_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
日本関連のご紹介
東大関連のご紹介
力学関係のご紹介
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

 (2021年10月時点での対応英訳)

I would like to introduce one person from the history of physics in Japan. As of 2021, the same-sex name still exists, but this is an article by a 19th-century physicist.

Mr. Ishihara who played a variety of roles

I lived a unique life in the early days of Kenjiro Yamakawa, Aikitsu Tanakadate, Hantaro Nagaoka, Kotaro Honda, Torahiko Terada, and so on.

He was a pioneer who acted as an interpreter when he came to Einstein and conveyed the uncertain relationship to Kitaro Nishida. He leaves the imperial university in relation to women, leaving a great contribution to the Japanese physics world. Ahhhh.

In the first place, Mr. Ishihara, a disciple of the poet Sachio Ito, was persuaded by Mokichi Saito to take good care of his family, but he seemed to be absorbed in it without listening. She was a member involved in the publication of Araragi, but this incident led to her withdrawal from Araragi. So far, it is a story of the category listed in wikipedia etc.

Mr. Ishihara’s achievements

As a physicist, I think Mr. Ishihara has two major achievements. First of all, I was the first to introduce and disseminate the latest physics that was advancing abroad in Japan in the early days. And the second is consideration for crystal analysis. This latter achievement would have inspired cutting-edge scholars not only in Japan. Such sympathy began in Japan as well.

Mr. Ishihara handed down

My personal memory is the time when my college teacher was praising him and talking passionately in his lectures. Although he made great achievements for Japanese science, he kept a distance from the academic society and gave a warm talk about his life, which had ended unexpectedly due to a traffic accident.

Follow me!

コメントを残す