に投稿 コメントを残す

電磁気学関係の纏め
【分野別に関連人物を纏めます・量子・統計と重複します】

電磁気関連の原稿を改定します。主な改定点はリンク切れの置き換えと

リンクページであるリニアコライダーのご紹介ページの改定です。

ご覧下さい。【以下原稿です】

【↑Credit:Pictaso.com】

はじめに

以下、電磁気学関係を纏めます。アンペールから始まりマクスウェルで終わることなく、その後の他分野の発展と共に電磁気学の研究は進んでいくものだと思っています。実際に原子核の状態遷移で放射線が出た際も現象毎に固有な電磁波が生じるのです。また、日本で建設計画があるリニアコライダー(ILC)でも沢山の電磁波が現象理解に必要で、「現象の担い手」となるのです。そんな大事な物理量、「電磁波(場)」の発展史でもあります。ここでは波動の伝番として電磁波や光をとらえていて、ホイヘンスから話を始めています。また、関連画像としては電車の画像を使っています。我々は大量輸送手段として電気を動力として使う電車を使っているのです。日頃、大変便利に使っています。そんな原理の発展史をご覧下さい。

【時代順のご紹介】

クリスティアーン・ホイヘンス_1629年4月14日 ~ 1695年7月8日

P・V・ミュッセンブルーク_1692年3月14日 ~ 1761年9月19日

C・A・クーロン__1736年6月14日 ~ 1806年8月23日_

アントニオ・ヴォルタ_1745年2月18日 ~ 1827年3月5日

トマス・ヤング_ 1773年6月13日生まれ ~ 1829年5月10日

アンドレ・アンペール_1775年1月20日 ~ 1836年6月10日_

ヨハン・C・F・ガウス_1777年4月30日 ~ 1855年2月23日_

ハンス・エルステッド_1777年8月14日 ~ 1851年3月9日

オーギュスタン・J・フレネル_1788年5月10日 ~ 1827年7月14日

G・S・オーム_1789年3月16日 ~ 1854年7月6日_

マイケル・ファラデー_1791年9月22日 ~ 1867年8月25日

C・A・ドップラー_1803年11月29日 ~ 1853年3月17日

H・レンツ_1804年2月12日 ~ 1865年2月10日

Sir・G・G・ストークス_1819年8月13日 ~ 1903年2月1日

A・H・ルイ・フィゾー_1819年9月23日 ~ 1896年9月18日

H・ヘルムホルツ_1821年8月31日生まれ~1894年9月8日没

G・ロベルト・キルヒホフ_1824年3月12日 ~ 1887年10月17日

ウィリアム・トムソン_1824年6月26日 ~ 1907年12月17日

J・C・マクスウェル_1831年6月13日 ~ 1879年11月5日

J・A・フレミング_1849年11月29日 ~ 1945年4月18日

H・A・ローレンツ_1853年7月18日 ~ 1928年2月4日

J・J・トムソン_1856年12月18日~1940年8月30日

ハインリヒ・R・ヘルツ_1857年2月22日 ~ 1894年1月1日

ロバート・ミリカン_1868年3月22日 ~ 1953年12月19日

アーネスト・ラザフォード_1871年8月30日 ~ 1937年10月19日

フォン・ノイマン_1903年12月28日 – 1957年2月8日

D・J・ボーム_1917年12月20日 ~ 1992年10月27日

ハイブリット英会話スタイルで伸ばす「アクエス」

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
最近全て返事が出来ていませんが
問題点には適時、改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/07_初稿投稿
2021/12/11_原稿改定

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係
熱統計力学関係
量子力学関係

【このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています】

に投稿 コメントを残す

力学関連のまとめ
【分野別に関連人物を纏め・数学と天文学-12/10改定】

本日、力学関係に関して改定します。主な改定内容はリンクの更新で、

提携解消などの反映をしています。ご覧下さい。【以下原稿です】

credit:pictaso↑

分野別に関連人物を纏める必要性の観点から本稿を改定します。。ニュートンとパスカルは近い世代の人だったと気付いたりします。ごゆるりと、ご覧下さい。

力学体系の創始者達:


ピタゴラス_BC582 ~ BC496
デモクリトス_BC470  ~BC399
ガリレオ・ガリレイ_1564年2月15日 ~ 1642年1月8日

C・ホイヘンス_1629年4月14日 ~ 1695年7月8日
ロバート・フック_1635年7月28日 ~ 1703年3月3日
アイザック・ニュートン_1642年12月25日 ~ 1727年3月20日

数学・解析力学・科学史で整理した人々:

ブレーズ・パスカル_1623年6月19日 ~ 1662年8月19日
コリン・マクローリン_1698年2月 ~ 1746年6月14日
ダニエル・ベルヌーイ_1700年2月8日 ~ 1782年3月17日
L・オイラー_1707年4月15日 ~ 1783年9月18日
ジェームズ・ワット_ 1736年1月19日 ~ 1819年8月25日
オーギュスタン・J・フレネル_1788年5月10日 ~ 1827年7月14日

ルイ・コーシー_1789年8月21日 ~ 1857年5月23日
エルンスト・マッハ_ 1838年2月18日 ~ 1916年2月19日

ウィラード・ギブズ_1839年2月11日 ~ 1903年4月28日
アンリ・ポアンカレ_1854年4月29日 ~ 1912年7月17日

天文・深海を通じて考えた人々:

ティコ・ブラーエ_1546年12月14日 ~ 1601年10月24日
ガリレオ・ガリレイ_1564年2月15日 ~ 1642年1月8日
ヨハネス・ケプラー_1571年12月27日 ~ 1630年11月15日
クリスティアーン・ホイヘンス_1629年4月14日 ~ 1695年7月8日
アウグスト・ピカール__1884年1月28日 ~ 1962年3月24日

E・パウエル・ハッブル_1889年11月20日 ~ 1953年9月28日
ロジャー・ペンローズ_1931年8月8日生まれ ~ (ご存命中)

スティーヴン・W・ホーキング_1942年1月8日 ~ 2018年3月14日
ブライアン・ハロルド・メイ_1947年7月19日~ご存命中

日本において力学から伝えていった人達:

山川 健次郎_1854年9月9日 ~ 1931年6月26日
田中舘愛橘_1856年10月16日 ~ 1952年5月21日
長岡半太郎_1865年8月19日 ~ 1950年12月11日
本多光太郎_1870年3月24日 ~ 1954年2月12日

寺田寅彦_1878年11月28日 ~ 1935年12月31日
石原敦_1881年1月15日 ~ 1947年1月19日
朝永振一郎_1906年3月31日 ~ 1979年7月8日
湯川秀樹_1907年1月23日 ~ 1981年9月8日
坂田 昌一__1911年1月18日 ~ 1970年10月16日
矢野 健太郎_1912年3月1日 ~ 1993年12月25日
久保 亮五_1920年2月15日 ~ 1995年3月31日
竹内均_1920年7月2日 ~ 2004年4月20日
中嶋 貞雄_1923年6月4日 ~ 2008年12月14日

南部 陽一郎_1921年1月18日 ~ 2015年7月5日
江崎玲於奈 _1925年3月12日 ~ 【ご存命中】
小柴昌俊 _1926年9月19日 ~ 2020年11月12日

また、登場人物を活躍場所で別途纏めていますので
ご参考にして下さい。加えて、
別途時代別にも纏めています。



以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
この頃は全て返信できていませんが
頂いたメールは全て見ています。
適時、返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/06_初稿投稿
2021/12/10_改定投稿

(旧)舞台別のご紹介
纏めサイトTOP
舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
電磁気関係
熱統計力学関係
量子力学関係

 

に投稿 コメントを残す

歴史的な集合写真
1927年10月開催
【第五回ソルベー会議】

SolvayConf-1927

本日以降、以下原稿を見直します。

網羅されていない参加者もおもいつきますが、

特に今後、ブルリアンらを取り上げてみる予定です。

これからもご覧下さい。【以下原稿です】

第五回ソルベー会議

著作権が切れていると思われる素敵な写真を見つけ、
このサイトのTOPで使っています。1927年10月に開催された5回ソルベー会議での写真です。この時の議長はヘンドリック・ローレンツで、論題は「電子と光子」です。多くの革新的議論がなされました。物理を築いてきた偉人に加えてハイゼンベルグ、ディラックといった若手が育っていった時代で、大きな変革期になっていった時代です。天才達が議論した偉大なブレイン・ストーミングです。

【後列左から】アウグスト・ピカール、エミール・アンリオ、ポール・エーレンフェスト、エドアード・ゲルツェン、セオフィー・デ・ドンデ、エルヴィン・シュレディンガー、JE・ヴァーサフェルト_W・E・パウリウェルナー・ハイゼンベルク、ラルフ・ファウラー、レオン・ブルリアン
【中列左から】ピーター・デバイ、マルティン・クヌーセン、ウィリアム・ローレンス・ブラッグ、ヘンドリック・アンソニー・クラマーズ、ポール・ディラックアーサー・コンプトンルイ・ド・ブロイマックス・ボーンニールス・ボーア
【前列左から】アービング・ラングミュア、マックス・プランクマリ・キュリーヘンドリック・ローレンツアルベルト・アインシュタインポール・ランジュバン、チャールズ・ウジェーヌ・ギイ、CTR=ウィルソン、オーウェン・リチャードソン

以後

リンクは随時更新します。お楽しみに。

以上、間違い・ご意見は
以下アドレスまでお願いします。
例えば問題点には適時、
返信・改定をします。

nowkouji226@gmail.com

2020/11/19_初版投稿
2021/11/29_改定投稿

舞台別のご紹介
時代別(順)のご紹介
力学関係
電磁気関係
熱統計関連のご紹介
量子力学関係




(2021年9月時点での対応英訳)

I found a nice photo that seems to be out of copyright
It was used at the TOP of this site. This photo is a taken at the 5th Solvay Conference held in October 1927. The chair at this time was Hendrik Lorentz, and the topic at this time was “electrons and photons.” Many innovative discussions took place. In addition to the great men who have noticed physics, young people such as Heisenberg and Dirac grew up, and it was a time of great change. Great brainstorming discussed by geniuses.

[From left in the back row] August Picard, Emile Henriot, Paul Ehrenfest, Edoard Herzen, Theophie de Donde, Erwin Schrodinger, JE Versafeld_WE Pauli, Werner Heisenberg, Ralph Fowler , Leon Herzen
[ in the middle row from left] Peter Debye, Martin Knudsen, William Lawrence Bragg, Hendrick Anthony Kramers, Paul Dirac, Arthur Compton, Louis de Broglie, Max Born, Niels Bohr
[From left in front row] Irving Langmuir, Max Planck, Marie Curie, Hendrik Lorentz, Albert Einstein, Paul Langevin, Charles Eugene Guy, CTR = Wilson, Owen Richardson

After that, the link will be updated from time to time. looking forward to.

Above, mistakes and opinions
Please contact the following address.
For example, when it comes to problems,
We will reply and revise.

nowkouji226@gmail.com